FC2ブログ

ランドナーで山道を棚田まで

浜金谷-大山千枚田-館山
昨日の雨も上がり雲ひとつ無い青空、台風一過で風は強いものの、
快晴の中を浜金谷から大山千枚田迄走ります。

昨日中止となった内房サイクルイベント「Mari e Monti   
FERRO2017」、それでもエイドステーションは設営頂い
たので、そこを廻って雨の中ヴィンテージバイクで走った方が、
6名いたそうです。凄いね。

で、その人逹を見習って、その翌日独りで走る亀でありました。

浜金谷-大山千枚田-館山
昨日の雨が嘘のよう。

浜金谷-大山千枚田-館山
うっすらと富士山が望めます。

浜金谷-大山千枚田-館山
保田迄海岸沿いを走りそこから山道を進みます。緩やかな上り坂、
雨上がりの山々はそろそれ紅葉に色付き始め、懐かしい日本の秋
が拡がっています。とても気持ちの良い朝です。

と、この後辛い目に会うなど、この時は全く想像すらしていない
亀でありました。

浜金谷-大山千枚田-館山
で、少し走って道の駅。
廃校になった学校を活用した道の駅です。

浜金谷-大山千枚田-館山
さて、緩い上り坂を上がります。

浜金谷-大山千枚田-館山
段々と上りの傾斜はきつくなっていきます。初めて走る道なので、
何処まできつい上り坂が続くのか分かりません。
なので、ここは頑張った方が良いのか、またはここで頑張過ぎる
とずっと続く上り坂で、無駄に体力を使ってしまうのかが分かり
ません。
段々と心拍数が上がってきたので、ここは無理せず休憩です。

浜金谷-大山千枚田-館山

浜金谷-大山千枚田-館山
まだ生まれて間もない猫がいます。
こんな所で休憩すると、見も心も休まります。

さて、ここで休憩をして正解だった上り坂や、もう少し頑張れば、
ピークだった上り坂など、幾つかのきつい上り坂を越えた所で、
大山千枚田に行く看板のある小路に曲がり坂道を上がります。

浜金谷-大山千枚田-館山
段々と傾斜はきつくなり、山ひとつ越え今度は急な下り坂を下り
大山千枚田に到着します。

浜金谷-大山千枚田-館山
随分と山道を上り、一山余計に上がり大山千枚田に到着しました。

浜金谷-大山千枚田-館山

浜金谷-大山千枚田-館山
棚田の風景を堪能したら、山を下って浜金谷に戻ります。戻るの
にまた同じ道を走るのもつまらないですし、第一また一山越えて、
行くのもしんどいので違う道を走ります。
丁度別の平坦な道が続いているので、そちらを走ります。

カーブを曲がり、今まで見えなかった先が見えるようになったら、
また上り坂。またまた別の山を、一山越す羽目になってしまいま
した。

浜金谷-大山千枚田-館山
そして、急な下り。

浜金谷-大山千枚田-館山

浜金谷-大山千枚田-館山
さあ広い道に出たので浜金谷目指し下ります。
途中、保田や岩井などの浜金谷に近い地名が書かれた看板のある、
右に折れる脇道がありますが、皆、何となく上り坂になっている
のでそちらには行かず、館山に向かう緩い下り坂の道を走ります。

浜金谷-大山千枚田-館山

浜金谷-大山千枚田-館山
途中の道の駅でアイスクリームを頂きます。
走り疲れた後の甘いものは、幸せを感じます。

ずっと走ると、館山市街の外れ迄来てしまいました。
ここから海岸沿いの道を走ります。

浜金谷-大山千枚田-館山
台風で白砂がかき混ぜられた海は、滅多に見られない風景です。

道はずっと向風、なかなか前に進みません。

なんだかんだで結局「内房サイクルイベント」ミドルコースより
長い距離を走ってしまったようです。


浜金谷-大山千枚田-館山

浜金谷-大山千枚田-館山

浜金谷-大山千枚田-館山




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまでした。

素敵なイベントがあったんですね。自分も休みが合えば参加したく思いました。

No title

★ さくらなみきさん
こんばんは。

多分、また来年ありますよ。
ぜひ、ご参加してみて下さい。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR