FC2ブログ

デローザで行く 木更津-日本橋


木更津-日本橋
風薫る5月が過ぎ、梅雨の6月とはなったものの、この週末は、
湿度も低く清々しい陽気となりました。こんな日はロードバイク
で颯爽と、清々しい風を浴びて走ってみたくなります。

なので何処を走ろうかと、悩んだ末に決めたのが木更津-日本橋、
ここの区間を走ると、亀が今までに走った海沿いの道、水戸から
ぐるりと房総半島を巡り、三浦半島もぐるっと廻って小田原まで
繋がる事となります。また、街道も含めると水戸から京都までが
繋がる事となります。
幕末、水戸藩の御用学問であった朱子学を突き進めていった結果、
天皇を中心としたまつりごとを行うべきと、本家である徳川家を
ぶっ潰したこの水戸藩が、明治維新を推進する原動力となったの
は、何とも皮肉なお話で何故と思える、日本の近代史であります。
幕末、その水戸藩の藩士達が上ったであろう、京都までの道筋が
この木更津-日本橋の間を走る事で、繋がります。
なので、その思いを胸に刻んで、感慨に耽りながら走ろうと思い
たったのでありました。

でもまあ、この道、実は余り走りたい訳ではありません。
何故ならば、ずっと平坦で変化が無さそうな道であります。また、
16号線や京葉道路を走るとなると、結構な勢いで走る自動車と
一緒に走る事となるので、緊張しながらの走りとなりそうです。
なので、ずっとこの道を走るのを躊躇ってはいたのですが、ここ
に来てよし走ってみようと思い至ったのは、冒頭で書いたように、
湿度も低く清々しい陽気なのと、この道沿い、楽しそうな施設が
あるようです。また、今日は、これも面白そうなイベントがこの
沿線で行われてるようです。
なので走りながら、その施設と、イベントを楽しんでみようとの
魂胆であります。

と、いう事で・・・

またまた、いつものように年寄りのせいか、前置きが長くなりま
したが、「デローザで行く 木更津-日本橋」始まります。

木更津-日本橋
で、木更津まではバスに乗り輪行でアクアラインを走ります。
以前、房総半島を走る際には京急で羽田空港まで行き、羽田空港
からバスに乗ってアクアラインを走って木更津まで行きましたが、
今回は、川崎駅からの出発です。京急に乗らない分、乗り換えが
無くて楽です。
以前の羽田空港からのバスは、輪行袋を荷物室に入れて運ぶ事が
出来ましたが、川崎からのバスも同じように、輪行袋を荷物室に
入れて運んでくれるか心配です。他の路線を走るバスでは、大抵
輪行は断られてしまいます。なので、不安だったので、川崎から
出ているアクアライン経由のバスを運行している、日東交通へと
電話で確認したら、輪行はOKとの事、なので今回は川崎からの
出発です。

木更津-日本橋
バスが来たので、自分で輪行袋を荷物室に入れて出発します。
何故自分で入れるかというと、以前、運転手が荷物室に入れたら
降りる時に自転車に傷が付いたと、クレームを入れた客が居たん
だそうで、それ以来、自分で入れて下さいとなったとの事、自己
責任という訳であります。

ところで、出発したバスは、輪行がOKかどうか聞いた日東交通  
では無くて、日頃お世話になっている臨港バス、まぁいいか~。

木更津-日本橋
車窓からは、房総半島が見渡せます。

で、木更津に到着し、自転車を組み立てて出発です。

木更津-日本橋
国道16号線は避けて、昔からの幹線と思われる道を進みます。
この道、右側が小高い崖となっています。
昔はここが海岸線だったのでしょうか?

木更津-日本橋
左は線路、右は崖、の道が続きます。

木更津-日本橋
空が広いです。

木更津-日本橋
と、行き止まり。
何だぁ~と思ったら海釣り公園でした。

木更津-日本橋
遙か向こうに幕張のビル群が見えます。

木更津-日本橋
暫く走ると千葉ポートタワーが見えてきます。
一度も来た事が無いので向かいます。

木更津-日本橋
千葉ポートタワーに到着です。

木更津-日本橋
デローザなので、薔薇。
ジロデイタリアなので、マリアローズ。

木更津-日本橋
お子ちゃまが喜びそうな乗り物が走っています。

木更津-日本橋
広い路肩。
さて、千葉市を抜けて幕張目指して走ります。

それにしても今日は結構な向かい風、斜め左よりから吹く北西の
風です。なので、この先湾岸の道は斜め左に湾曲しているので、
ずっと向かい風となります。
同じ距離を走るのに、向かい風の負荷が係って徳をしたと思うか、
又は、損をしたと思うかは人それぞれですが、亀は変態では無い
ので、徳をしたとは思いません。

木更津-日本橋
幕張到着。緑が豊かな散策路です。

木更津-日本橋
お洒落なヨットハーバー。

木更津-日本橋
お洒落なアメリカンバイク。

木更津-日本橋
さて、この湾岸沿いで行われる今日のイベント。
何かというと、レットブルエアレースが開催されています。
規制線が張られ、海岸に出る事が出来ません。なので、その規制
線の内側で皆さん、入場料を払わずに、タダで見ています。
でも、ここからは見えませんけど・・・

木更津-日本橋
もっと良く見える場所を探して走ります。

木更津-日本橋
で、たどり着いたのがここ。
飛行機飛んでいます。凧みたいのがそれ。

木更津-日本橋
さあ、次は葛西臨海公園目指して京葉道路を進みます。
こんな道走りますが、この道自転車走ってもいいんでしょうか?

木更津-日本橋
葛西臨海公園に到着です。
ここも初めて来たので、記念写真をパチリ。

さて、ちょっと休憩してまた走り始めようと、入口まで自転車を
押して戻っていると、歩道を向こうからパトカーがゆっくりと、
進んできます。
よく見るとフェアレディーZのパトカー、チューンアップされた
NISMO仕様の特別車です。レッドのディスクブレーキと大口
径の扁平タイヤを履いたホイールが、およそパトカーらしく無い
出で立ち、思わず何だぁ~と振り返ってしまいます。
このフェアレディーZのパトカー、日本に三台しか無いそうです。
以前、銀座の交差点で見掛けた事があるので、日本に三台だけの
割には、遭遇率はかなり高いかも知れません。
銀座の時と同様、今回も写真撮るの忘れてしまいました。

木更津-日本橋
さあ、葛西臨海公園を後にしてまた、湾岸ラインを進みます。
この道、サンダーバードみたい。

木更津-日本橋
さて、湾岸沿いを走って有明に到着します。
ここで、本日ふたつめのイベント、エチオピアフェスティバルが
開催されています。

木更津-日本橋
ステージの上では何かをやっています。

食べ物を売っている屋台が沢山並んでいます。
ドラム缶を半分に切った、炭火焼きのグリルで鶏を焼いています。
ドラム缶の半分に切った残りを蓋代わりにして、その上に小さな
煙突を着けて、オーブンのように焼いています。
ジャークチキンというんだそうです。

木更津-日本橋
で、そのジャークチキンのサンドイッチとアイスコーヒーを頂き
ます。ジャークチキンが美味しかったので、後で調べてみたら、
これ、エチオピア料理では無くてジャマイカ料理でした。
でも、コーヒーはエチオピア産のコーヒー豆であります。

木更津-日本橋
さあ、有明を後にしてお台場にやってきました。

木更津-日本橋
日曜日の午後、良い天気に誘われ人々が海岸でのんびり過ごして
います。

木更津-日本橋
こんな絵画を思い出しました。

木更津-日本橋
堅牢そうなキャンピングバイク。

木更津-日本橋
レインボーブリッジに到着しました。
さあ、ここも今日のお楽しみの場所です。
これからレインボーブリッジを渡るのですが、この橋、普通には
渡れません。

木更津-日本橋
こんな事をしなければなりません。

木更津-日本橋
で、どんな台車かというと、こんな台車。

木更津-日本橋
これを自転車の後輪に括り付けて、自転車を押して渡ります。
係りの方が巡回しているのと、防犯カメラがあちこち設置されて
いるので、途中で台車を外し自転車に乗ってというズルは出来ない
ようになっています。

木更津-日本橋
デローザにこんな台車を付けて、初レインボーブリッジ歩きです。

緩い上り坂を上がっていくと、かなり高い所まで来ました。
海面からの高さでいうと、この前走ったしまなみ海道の来島海峡に
掛かった橋の方が高さは有りそうですが、高所恐怖症の亀にとって
は、このレインボーブリッジの方が怖く感じます。
何故って、この前走ったしまなみ海道の来島海峡の橋は、自転車に
乗って渡りましたが、今回は自転車を押して渡っております。亀の
高所恐怖症は、正しくは、高い所に行くと飛び降りたい衝動に駆ら
れる自分が恐ろしい恐怖症であります。なので、自転車に乗っての
橋渡りは、自転車乗ったまま欄干を跨ぐ事が出来ないので、心配は
無いのですが、歩いていると、ついふらふらと欄干を越えてしまう
のではないかと、ハラハラの連続です。

なので、このレインボーブリッジ、怖い。

木更津-日本橋
そして、橋脚から飛び出したこんな灯りを見てしまったら、もう、
とんでも無い事となります。
こんな場所で誰が点検をするんでしょう。亀には有り得ません。
もし、亀がこの仕事をやったら、点検の前に飛び込んでいます。

さて、このレインボーブリッジ自転車台車付きでの橋渡り、ひとつ
難が有ります。それはこの台車、持ち上げるとバンドが緩んで来て
しまいます。なので押すコツは持ち上げない事なのですが、この橋
所々に小さな段差が有ります。そこで、この段差を越える際には、
台車を持ち上げなくてはならないのですが、その度毎に、お約束の
如く台車のバンドが緩むので、毎回締め直さなくてはなりません。
「ほれ、自転車でこの橋を渡るとこんな難儀をするんだぞ~!!」
と云わんばかりの罰ゲームです。

木更津-日本橋
でもまあこのガラガラ難儀な台車行、慣れると嵌るかもしれません。

木更津-日本橋
で、無事レインボーブリッジを渡りきり、少し北上して日本橋へ。

さあ、この後は、久しぶりに「RinzTOKYO」に向かう事と
します。

木更津-日本橋
「RinzTOKYO」に到着したら、程良い夕刻の時間です。

今日は呑んじゃいます。帰りはまた輪行、自転車押して帰るので、
大丈夫です。

赤ワイン三種味比べ、お得セット。亀はこれを二巡します。

で、また悪い癖で、写真撮る前に呑んじゃっていますが・・・

木更津-日本橋
前菜は、サーモンと野菜のミルフィーユ。量多し。

木更津-日本橋
店内にはかわゆい自転車、孫に買ってあげるには最適な自転車。
亀には孫はいませんけど・・・

木更津-日本橋
メインは、子羊のロースト。
あああ~、堪らん。

で、その後は、黒トリフたっぷりのクリームパスタを頂きます。
こちらも毎度の如く悪い癖で、食事に夢中になるとついつい写真
を撮るのを忘れてしまい、写真は有りません。

ところで、冒頭に書いた幕末水戸藩士になった気分での京都まで
の道のりの感想、今回、木更津から日本橋まで走ったので、これ
迄走ったところを足すと、水戸から京都まで走った事となるので
ありますが、一言で云うと、

遠いね。

という事、「デローザで行く 木更津-日本橋」おしまい。

木更津-日本橋

木更津-日本橋

木更津-日本橋







にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR