FC2ブログ

革細工の道具

以前、輪行用用具を入れているトートバックをサドルバックに変身
させようと、フロントバックをオーバーホールして頂いた皮専門の
職人さんから頂いた皮バンドを使って、自分で作って以来、皮細工
の面白さに、目覚めてしまいました。

身近に、革細工用品を置いている手芸屋さんがあったのと、以前、
ビジネスバックのファスナーを直して頂いた際に、そこらのバック
がみっつくらい買えるくらいに費用が掛かったので、このくらいは
自分でも十分に直せるのでは思っていたので、いつかは一度、革で
遊んでみようと思っていたのが、ランドナーに乗ったおかげで現実
となってしまいました。

で、さらに色々なものを作ってみたいなぁ~と、革細工の道具を、
集めてみました。

革細工
ざっとひと揃え道具を集めてみました。

革細工
ゴム台
切る打つを行います。これは専門店で買いました。

革細工
ポンチの道具と革鋤
左上から特大カシメ打棒13mm、大カシメ打棒、これはカシメや
スナップボタンなどを着ける時に使います。
6本ヒシ目打ち、縫い目を付けていきます。これ、便利です。
コーンカッター、革を薄く削ぐ時に使います。
下がカシメ台、大きさの違うカシメに応じて、凹みが切ってあり、
ここでカシメ打ちを使ってカシメを固定します。
以上は、これも専門店で買いました。

革細工
プラスチックスの玄能
カシメやヒシ目打ちに使います。ホームセンターで安く購入。

革細工
ローラーと接着剤
両方とも100円ショップで購入。ローラーは料理用のシリコン材
接着剤は革専用のもの。

革細工
カシメ類
大きさと色の違うものが数種、これも専門店で購入。

革細工
レトロな専門店の袋
主にカシメとカシメ打ちと端切れの革を購入。場所は浅草橋、端切
れの革は格安のお値段で売ってます。

さあ、これでまずは、サドルを本革に変えてみます。






スポンサーサイト



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR