FC2ブログ

デローザで 都内近郊独りセンチュリーライド

都内周辺センチュリーライド
自転車に夢中になってあちこちを走っていたのは、中学生の後半
から高校生の前半にかけての頃、そして、再開したのが55歳に
なってからです。それから約5年、長時間走る事や、ある程度の
スピードで走る事は出来るようになりました。
そうなると、どの位まで走れるのか試してみたくなります。
でも、レースには出たいとは思いませんし、山や坂道を上る様な
ヒルクライムイベントも疲れそうなので、遠慮をしたいところで
あります。ブルペも200キロ以上走るとなると、夜まで掛かる
可能性があるので余り気乗りしません。ましてや、600キロも
走るシュベルランドヌールなんてもっての外です。

では、どの位が妥当かと調べてみると160キロ、100マイル
のセンチュリーライドというのがあります。こちらのイベントは
あちこちで開催されていますし、また、参加された方のブログを
拝見させて頂くと何だか楽しそうです。さらに、最も有名なこの
センチュリーライドイベントが、ハワイで毎年開催されています。
その名も「ホノルルセンチュリーライド」ハワイ好きの亀として
は、これは是非とも参加してみたいイベントです。

とはいえ、160キロ、100マイルをちゃんと走れるのかが、
心配になります。なので試しに身近なところで走ってみました。

160キロ走れるコースを考え、このイベントのロケーションに
似ているコースとして、我が家から小田原迄のコースと、同じく
我が家から、三浦半島を一周して江ノ島から逗子を通って帰って
くるコースがそれに似ています。

まあ、似ているといっても、海を見ながら走るという点だけです
が・・・

なので、このふたつのコースを走ってみたところ、完走規定時間
が「ホノルルセンチュリーライド」の規程時間に間に合うか間に
合わないか、微妙な塩梅となりました。

若ければ練習する事でタイムは向上するかも知れませんが、何分
還暦間近のオッサンとしては、なかなか思うようになりません。
段々と体力が衰えていく中で、距離と時間はこれが限界かなとも
感じます。
丁度節目である還暦の年に「ホノルルセンチュリーライド」で、
100マイルを走るのが、最初で最後かも知れません。そして、
今年は、その前哨戦として140キロを走る「グラン・ツール・
せとうち」に申し込んで、お金も払っちゃいました。

この「グラン・ツール・せとうち」、開催は4月、あと一月後と
なります。これ、無事に規程時間内に走れるんでしょうか?
冬の間、朝ランしていなかったので、確実に間違い無く、体力は
落ちています。
そんな事で無事、規程時間内に走れるかどうか試すと同時に練習
を兼ねて、先週、小田原迄の片道を走ってみました。その結果、
規程時間に間に合うかどうか、これも微妙な時間でした。

まあ、その時は足慣らしの意味もあって、走った後で温泉に入り、
美味しい魚で一杯と緩いお試しではあったのですが、この結果を
踏まえると、緩くおチャラけている場合ではありません。
なので、その後朝ランした上で今回160キロを走ってみた次第
であります。

と、長い前置きとなりました。
歳のせいか、話がくどくなり勝ちです。
文字数制限のブログでは、次回に続くとなるのでしょうが、亀の
ブログは文字数制限が無いので、このまま続きます。




さて、走る前にルートナビで走るコースを想定してみました。
走るは都内周辺。万が一、途中で疲れたら切り止めて帰ってくる
事が出来ます。
でもまあ、このコース通り走れるかはあやしい処ではあります。

都内周辺センチュリーライド
まず、向かうは府中街道で「喜津根多摩尾長坂」
ここ標高差60メートルの坂道です。何故、ここに向かったかと
いうと、「グラン・ツール・せとうち」で走る中で、最大の坂道
の標高差が60メートルあるからです。
で、この坂、三浦半島の松輪の坂に似たけっこうキツイ坂でした。
でも、「グラン・ツール・せとうち」の坂よりも距離が短いので、
4月に走る「グラン・ツール・せとうち」の坂は、こんなに傾斜
はありません。
あまり参考にはならなかったようです。

都内周辺センチュリーライド
ここが頂上辺りです。結構な坂の上には立派な住宅が立ち並んで
います。毎日、この坂上り下りしているんでしょうね。大変だな
と思います。

都内周辺センチュリーライド
崖です。60メートルは結構な高さです。

さて、ここから多摩川目指して走ります。

都内周辺センチュリーライド
多摩川に出たので、一休み。

都内周辺センチュリーライド
この光具合で見るヌーボレコードのクランクは、特に美しい。

さてさて、この多摩川サイクリングロードを登戸まで向かいます。
そしてこの前、「RinzTOKYOクラブラン」で走った道を
吉祥寺まで走ります。

都内周辺センチュリーライド
吉祥寺通りを北上します。
この道、舗装状態が良く大変走り易い道です。

都内周辺センチュリーライド
吉祥寺通りから青梅街道に出て、都心に向かいます。

都内周辺センチュリーライド
山手通りを五反田方面に向かいます。

都内周辺センチュリーライド
山手通りを走っていると、トークリップの革のバンドが突然切れ
てしまいました。

大倉山駅近くのパン屋さんで、買ったバケットをトップチューブ
に括り付ける為に、いつも携帯している革のバンドをその代用品
で着けてみると、何とか使えそうです。

都内周辺センチュリーライド
こんな感じとなりました。
色は茶色では無く黒ですが、まあ使えそうです。

都内周辺センチュリーライド
さて、そのまま走って五反田の坂を上がって下り、東京タワーの
近くの公園で一休み。赤く見えるのが東京タワーで、その手前に
は滝があります。

都内周辺センチュリーライド

都内周辺センチュリーライド
さらに走って、虎ノ門ヒルズが見える「RinzTOKYO」に
行く時のいつものコース。でも今日は、「RinzTOKYO」
に行かずに、ここから御徒町まで走って春日通りに曲がり、厩橋
を渡って三目通りを南下して、葛西橋通りを荒川まで進みます。

都内周辺センチュリーライド
葛西橋通りを進んでいると、今度は左のペダルのトークリップの
革ベルトが切れてしまいました。
まるで、ソニータイマーみたい。
こちらも、もう一本あった、大倉山駅近くのパン屋さんで買った
バケットをトップチューブに括り付ける為に、携帯している革の
バンドで凌ぎます。

都内周辺センチュリーライド
で、荒川。

都内周辺センチュリーライド
ここは追い風、気持ちよく走ります。

都内周辺センチュリーライド
荒川サイクリングロードを北上して、扇大橋から西日暮里を通り
白山を抜け、白山通りを後楽園まで進み「RinzTOKYO」
でエスプレッソを頂いて休憩です。

さあ、ここからはまた都内を走って家路にと戻ります。

都内周辺センチュリーライド
日比谷公園も春の緑がちらほら。

都内周辺センチュリーライド
そして、浜松町の自転車屋さんの前を走り、目黒のBCCの前を
通って進みます。

都内周辺センチュリーライド
目黒からまた山手通りに入り、駒沢通りを走り「コルサコルサ」
の前を走ります。

都内周辺センチュリーライド
駒沢公園の前を通り、さらに進みます。

昔、自動車でこの道をよく通りましたが、確かこの道、以前は、
途中で目黒通りに合流していた記憶があります。今回も目黒通り
に出ると思いきや、そのまま真っ直ぐに進んで、二子玉川に出て
しまいました。

さてさてところで、「ホノルルセンチュリーライド」や「グラン
・ツール・せとうち」の規定時間内に走れているんでしょうか?
まず、140キロ走る「グラン・ツール・せとうち」の規定時間
は、9時間半なので、その時間が経過した辺りでキャットアイの
アプリを見ると・・・

都内周辺センチュリーライド
あれ、140キロに達していません。
いかんね、これは。

都内周辺センチュリーライド

都内周辺センチュリーライド
で、いかんなぁ~と思いつつ、ここから多摩堤通りを走り、今朝
渡った多摩水道橋を渡り多摩川サイクリングロードを走ります。

都内周辺センチュリーライド
で、140キロあたりの経過時間を見てみると、30分程余計に
時間が掛かっています。
ありゃりゃ~

都内周辺センチュリーライド
折しも、早咲きの桜が咲いています。
いかんいかんと思いながらも休憩です。

さらに多摩川を南下します。

都内周辺センチュリーライド
さて「ホノルルセンチュリーライド」は走行距離が160キロ、
こちらの完走規定時間が10時間半です。
で、その10時間半走ったところで距離を測ると、150キロ、
10キロ足りません。

こりゃ~困った。

この冬の間、2日毎に走っていた、朝ランを中断したせいなので
しょうか?またそのおかげで体重が約3kg増えたせいでもある
のでしょうか?これは、早々に朝ランを続けなければなりません。

まだ、家路には少しあるので、このまま多摩川沿いを走ります。

都内周辺センチュリーライド
大師橋から夕日が沈む川崎のビル群を眺めます。
この時間帯にここを走る事はめったにありません。

都内周辺センチュリーライド
多摩川を大師橋まで下ったら、また上って多摩川大橋を渡ります。
ここからは、夕映えの富士山が望めます。

さて、翌日。
160キロ走ったデローザを掃除していたら、走っていた時には
気が付かなかった不具合が新たに見つかりました。

都内周辺センチュリーライド
ひとつめは、カラカラと鳴らすベル、通称「ちゃりりん2」の鳴らす
為の中にある棒、クラッパーというんだそうですが、それも落ちて
しまっています。
走っている途中からベルが鳴らないなぁ~と思っていたのですが、
こんな物が落ちてしまうとは思いませんでした。

都内周辺センチュリーライド
また、フロントブレーキの袋ナットが外れ、ありません。
どうやら、緩んでいたのが走っている時に外れて落ちてしまった
ようです。

走っている時に気が付いた、トークリップのベルトが切れた件と
いい、今回は細かなトラブルが続きます。
まあ、160キロ走るイベントの前に起きた事なので、良かった
ともいえます。
今回の事前練習、イベントの規定時間には間に合わなかったもの
の走らないより走って良かったとしみじみ思う亀でした。

都内周辺センチュリーライド

都内周辺センチュリーライド

都内周辺センチュリーライド






にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

都内を走るのって結構面白いですよね。それにトラブルがあってもなんとか対応出来るという安心感もありますしね。今回はストラップが切れたり、袋ナットが飛んだり色々ありましたね。でも致命傷でなくて良かった。安全運転で楽しんでください。

お疲れ様でした。

亀次郎さん、こんにちは。
細かなトラブルが続く中センチュリーライドお疲れ様でした。
都会でのセンチュリーライドは信号が多くて時間がかかりそうですね…その点しまなみ海道やホノルルなら周りに参加者も居ますし時間的には問題無く行けるような気がします。
先ずは4月のグランツールせとうちですが、デローザでの参加でしょうか。
良い季節、天候に恵まれるといいですね〜
センチュリーライドのトレーニング頑張ってください。

センチュリーライド

こんばんわ。
凄いですねぇ。160kmですか!
私、先日久方ぶりに70km走ってヘロヘロになりました。
最後の山道で、両足の腿が痙攣起こしてしまい、恥ずかしながら大変な思いをしてしまいました(苦笑)。
やはり日々トレーニングしないと駄目ですね。

No title

★ 六浦っ子さん
おはようございます。

都内であれば、何かトラブルがあっても安心ですね。
でもその分、あのお店でコーヒーを一杯とか、パン屋さんや拉麺屋さんやお蕎麦屋さんなどがあると、ついふらふらと立寄りたくなる誘惑が沢山あり大変です。
トラブルはイベントの時では無く、事前だったので良かったです。

★ ふじしんさん
おはようございます。

そう、信号待ちが多かったです。
合計で3時間近くロスしている事になっていました。「グランツールせとうち」信号少ないですかね。だといいんですが、その分、アップダウンが多そうで不安です。
関東では「尾根幹」という誰がこんな道、考えて造ったのかと思うようなアップダウンばかりの道があって、坂好きのロードバイク乗りがよく走っていますが、アップダウンの練習で、ここ15往復位して練習しなきゃならないかと思うと、ぞっとします。
さすがにここ走って練習する気にはなりません。

「グランツールせとうち」はデローザで走ります。
コルナゴで100km以上走るのは、亀の体力では辛いものがあります。
それに比べて、デローザは長く走っても疲れを感じない不思議な自転車ですね。
でも、ピンクのビンテージで140km走るのは、周りから見るとおチャラけて見えるでしょうか?
おまけに還暦間際のじいさんになりかけたおっさんですし・・・

★ ぼのさん
おはようございます。
ご無沙汰しています。

ぼのさんのお住まいの近くは山が多いので、平地の160kmと山の70kmは、全く違うと思いますよ。

痙攣までには成りませんでしたが、亀も以前、三浦半島を走った際、池子と金沢八景の間の峠で、太腿が攣った経験があります。
上り坂の途中で足攣るとちょっと辛いものがありますね。

ようやく寒くは無くなり、日の出も早くなったので、朝ラン再開となりましたが、まだ一回しか走っていません。
日々トレーニング、全く同感です。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR