FC2ブログ

コルナゴ マスターの組上げ その3

前回のBB取付けの失敗、ちょっとガックリで疲れました。
まあ、この手の事は良くある事で自慢じゃ~ありませんが、過去、
1回として1度でBBを上手く組込めた試しがありません。その
度に外して、他のBBを用意してと、1度で済む作業が着けて、
外してまた着けると、2回も余計な作業となります。外したBB
は固着しないようにたっぷりとグリスを塗っているので、手は、
汚れるは、その手で触ったフレームも汚れるは、工具も汚れるは、
外したBBも埃が着くは、で大変です。

組み上げ
さて、前回組込みフロントギアが当たったBB、カンパニョーロ
のコーラス、これ軸長102mmのようです。なので、デローザに
着いていたシマノのBB-UN53を着けてみます。こちらは軸長は
110mmとなります。

ちなみに全くの余談ではありますが、このデローザに着けていた
Cレコ時のレコードのクランクセットを取り外し、その前の時代
のBCD144mmのスーパーレコードのクランクセットに交換した
らインナー側のギアがフレームのステーに当たってしまいました。
なので、こちらも苦労して見つけたシマノのBB-UN52を付替え
た事がありました。このBB-UN52は軸長115mm、その5mmの
差が、大変面倒な事となりました。

で、今回も8mmの差で、カンパニョーロのコーラスのBBは着け
られず。回転の軽さは断然にカンパニョーロのコーラスに軍配が、
上がるので、またまた、コーラスの出番無しで残念です。

組み上げ
さあ、気を取り直してシマノのBBを着けちゃいます。
今回もシマノのBB用の専用工具とトルクレンチで、しっかりと
組んでいきます。

組み上げ
クランクセットが着く側も、きっちりと組んでいきます。
こちら側は金属製では無く、樹脂製というのがちょっと
緩い仕様でもあり、お値段の差なんでしょうか?

組み上げ
インナー側のフロントギアのクリアランスもいい感じ。
もっと狭くとも良いかなと思いましたが、贅沢は言いません。
ちなみに今回組んだクランクセットは、コーラスの5本足でアウ
ターが52T、インナーが39Tのコンパクトです。リアのスプ
ロケットが8速の最大21Tなので、もしも、フロントインナー
42Tを着けたとなると、これは亀にとっては、まるで大リーグ
養成ギブスみたいなものとなってしまいます。
なのでインナーは39T、いわゆるコンパクトであります。

と、ここで・・・

以前、デローザにスーパーレコードのクランクを着けた時にも、
同じようにフレームのステーにインナーのギアが当たってしまい
難渋した事がありました。その時、ブログのコメントでインナー
のギアの表と裏を代えたら良いですよと、アドバイスを頂きその
とおりにしたら上手く収まった事があった事を思い出しました。
今回取り付けたコーラスのクランクはアウター、インナーともに
表向きとなっています。
あら、まぁ~。

が、既にシマノのBB着けちゃった後であります。
次回、クランク廻りをメンテナンスするまで、この事は忘れる事
と致します。

でも、その時思い出すんでしょうかね?
まあ、深く考えるのは止めましょう。
体に良くありません。

組み上げ

組み上げ
で、着けるペダルはCレコ時のコーラスのエアロペダル。
ちゃんとしっかりと、グリスアップしペダルレンチで取付けます。
くるんくるんとか~るく廻る仕上げの綺麗なペダルです。ペダル
もクランクセットもコーラスにしたのに、BBがシマノで、同じ
カンパのコーラスじゃないのが残念です。

組み上げ
で、こんな感じで取り着きました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR