FC2ブログ

梅を見に 東海道 蘇我

梅見
さて、今年も梅の季節となりました。なので、今年もまた蘇我の
梅の花見にランドナーで向かいます。
今回は行きは輪行では無く、鶴見から国道1号線を走ります。
国道1号線は、旧道では無くて今の東海道です。

梅見

梅見
保土ヶ谷辺り、ここは時々、旧道と交わいます。

東海道で、権田坂。
旧道は山の頂き目指して進んで行きますが、今の東海道は緩くて
長い坂を上がって行きます。この国道1号線、切通しの道となって
います。昔は山だったところを切り崩したんでしょうか?だから、
旧の権田坂が、あんな山の稜線を辿るような道となっていたので
しょう。

戸塚辺りで道に迷います。
国道1号線が自転車が走れない区間があり、脇の別の道を進まな
くてはなりません。戸塚駅近くでは袴線橋は自転車では通れず、
脇道を進んで踏切を渡るのですが、その踏切が見つかりません。
携帯の地図で踏切があるのに、実際の道には踏切がありません。
ぐるぐると辺りを探しますが、見つかりません。仕方が無いので、
迂回してまた国道1号線に合流します。

梅見
県道23号線、いわゆる環状4号線を、原宿交差点に向かいます。
この辺り地名は田谷。ここの坂、本日一番のきつい坂でした。

梅見
平塚を過ぎると道路の舗装は良くなり、自転車専用ラインを走り
ます。気持ちがいいねぇ~。

梅見

梅見
大磯辺りに来ると、日射しと空気がカラッと明るくなった感じが
します。まさに湘南です。

梅見
蘇我の里です。

梅見
曽我の梅はまだ二分咲きのよう、今月下旬頃が見頃でしょうか?
ほのかに甘くて酸っぱいような梅の香りが辺りに漂っています。

梅見
お腹が空いたので、ここで昼ご飯です。質素&エコ・・・

梅見
古来、日本人は桜より梅を愛でていたようです。桜よりも早く咲く
その花が初春の最初の訪れを感じさせてくれるのと、桜より香りが
高い梅の花の香りが好まれたのでしょうか?

梅見
みかん畑から続く折り返しの坂道を、収穫したてのみかんを積んだ
軽トラックが下ってきます。
冬枯れの木々が連なる山裾は、もうすぐ暖かくなって来ると、様々
な明るさの緑で溢れる事でしょう。

梅見
梅の下で宴会です。

梅見

梅見

梅見
ちょっと季節は早いですが、梅をすっかりと堪能しました。

さあ、帰路は平塚まで。平塚駅から輪行で帰ります。

梅見
二宮駅と大磯駅の間にある神社にお参りします。ここは相模の国の
神社の総代社。由緒有る神社です。と、同時に神社の裏の公園には、
見事な紅梅の木があります。お参りした後で、ぐるっと回って裏の
公園の紅梅を愛でます。

梅見
こちらもまだ、二分咲き程度です。

紅梅を愛でた後で、今来た道とは違う道を進むと、すぐに神社へと
出ました。今まで知らずに大回りをしていたようです。

梅見
大磯では、「西行饅頭」と「桜餅」と粒餡を固めた「時雨」を買います。
これで我が家のお土産が出来ました。

梅見
平塚では平塚八幡宮にお参りします。

梅見
境内では鴨が群れています。

さあ、平塚駅でランドナーを分解して川崎駅へと帰ります。
今日は、天気にも恵まれて楽しいサイクリングでございました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR