FC2ブログ

多摩川右左 盛夏

夏到来です。
あまりに暑いので倒れても何だかと思い、この時期サイクリングは
控えようと思ったんですが、朝、起きたら快晴だし、風も心地良く、
気温もあまり高くないようなので、午前中のサイクリングならば、
いいかと、出掛けたのでした。

ここのところ、週三回の早朝ボタのおかげで、体重と体脂肪がいい
具合に減ってきて、これに気を良くして毎日の食事を毎食美味しく
調子に乗って沢山食べてしまい、何となくお腹が出てきてしまって
いるのに、気が付いてしまったのでした。

少し走らなくてはと思いつつも、先週は雨が続いて思うような走り
が出来なくてこれは、少しまずいなぁ~と思ってもいたのでした。
さらに、今月と来月に掛け会社の健康診断の検査があり、毎年良い
結果を出そうとこの日の為に体調を調整していて、ここで引き締め
ようとの考えもあります。
何しろ、メタボと診断されると、体質改善レポートの提出と改善が
されたかどうかのチェックが厳しく、レポートは業務報告書の作成
よりも大変で始末書に近い文面となるそうです。会社の同僚で毎回
この時期になると、これのおかげで泣いているのを何人も何人も、
見かけます。ああはなりたくは無いものです。
何しろそのレポートよりも怖いのは、改善チェックの面談だそうで
その内容は健康相談というよりも自己改善研修に近く、何故メタボ
から脱出出来ないを延々と自己批判していくそうです。

そんな屈辱的な思いをするのなら、ダイエットしたほうがマシです。
まあ、怠けていても、当分メタボにはならないのですが、太る方向
に加速が付くといつメタボにまっしぐらとも限りません。
という事で、今日は暑い中、多摩川リバーサイドランと相成った訳
です。

今日向かうのは、立川駅、まずは川崎駅から小一時間電車に揺られ
多摩川上流を目指します。

輪行
さて、立川駅に着き自転車を組み立てて出発と行きたいところです
が、まずは食料確保です。
サイクリングする時は、いつも梅干しの入った小さいおにぎりを、
ふたつ用意します。一時間か二時間毎にひとつづつ食べる事にして
います。何でも脂肪を燃やすには、その着火剤としての炭水化物が
必要なんだそうです。
そのためには梅干しが入った小さなおにぎりが最適だと思うので、
それを用意しているのですが、今回そのおにぎりを忘れてしまった
のでした。

さあ、食料も確保して多摩川の川岸をこれから走ります。
多摩川に出るのは、多摩モノレールの下を多摩丘陵の方へ向かって
走ります。

モノレール

上流の橋


上流
しばらくすると多摩川、上流は小さな流れです。
ここからまずは左岸のサイクリングロードを進みます。

マラソン
今日は、フルマラソンのイベントがあるようです。沢山のランナー
が向かってきます。この暑いのに大変です。

緑
深い緑

糸杉
糸杉の大木
上流は下流と違って緑も多く、都会の風景とは異なります。

この暑いのに、河原では野球やポロやゴルフをしている人が、多く
います。ロードバイクも多いです。
また、河原でのバーベキューを行う人の列も凄いです。この暑さの
中、食材の入った大きな段ボールを抱えて土手を降りる人も、多く
見かけます。大変ですね。

中央高速

河原
ここで、発見。
夏だけなのかもしれませんが、二子玉川の橋の近くの土手の側で、
バーベキューの人達用なのか、水飲み場と洗い場を発見しました。
この時期、水の補給は大事で500ミリリットルのボトルだけでは
足りません。
で、ゲージに付けるボトル以外に、1リットルのボトルをフロント
バックに忍ばせているのですが、これが結構重いんです。なんせ、
1リットルですから1kgはあります。
ここの水飲み場で給水すれば、フロントバックは軽くなります。
多摩川サイクリングロード、なかなかやるじゃん!!てな感じです。

このあたりはいつも見慣れた風景、そろそろ川崎駅です。











スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR