FC2ブログ

まだまだ続きます 鏡面仕上げへの道

この間から、アルマイトを剥がしたコンポーネンツをピカピカにと
磨くのに嵌っていますが、さらなる鏡面仕上げの道具をば見付けて
しまいました。

鏡面仕上げ研磨材
これがそれ。
99工房の液体コンパウント、3000番、7500番、9800
番の3種がセットとなったお試し版です。

鏡面仕上げ研磨材
専用スポンジも付いています。
各々の番数専用でスポンジを使わないと、磨く意味がありません。
なので間違えるといけないので、スポンジに番目を書いておきます。

これで、鏡面磨きをする為今まで持っていた軸付ゴム砥石120番、
180番、240番、600番、1200番、さらにさらに耐水性
の2000番の紙ヤスリで仕上げた上に、さらにさらにさらにと、
細かい傷を取って鏡のように仕上げる事が出来そうです。

試しに、アルマイトを剥がして先程の磨き材で磨いた、ストロング
ライトの、クランクを磨いていきます。
下のクランクが、液体コンパウント3種でちょっと磨いたものです。
上のクランクにあるような細かい傷が、綺麗に無くなっています。

鏡面仕上げ研磨材
両方のクランクをちょっと磨いてみたのがこれ。
なかなかです。

鏡面仕上げ研磨材
ところでこの写真、重大な間違えがあります。
その間違えが後々、大きく響くのですが・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

この7500とか9800というのは、ヤスリの番号と同じ基準なんですよね。うーむ、これは凄いです。あたしも一時期は鏡面仕上げにはまりましたが、いまはいい加減なモンですσ(^_^;)

No title

★ 六つ浦っ子さん
おはようございます。

番号、サンドペーパーと同じだと思います。
これも、ピカール同様ルータでバフ出ししたら楽だと思いますが、小さなバフにいちいち番号を書くのが面倒なので、付属のスポンジで地道に磨いてみようと思います。因みにピカールも研磨剤ですが、ヤスリでいうと何番くらいになるんでしょうね?

蛇足ながら、この99工房の研磨剤、ピカールのような臭いがありません。ピカールはその臭いで我が家では室内使用禁止ですが、これは大丈夫そう。寒いこの時期のお楽しみ時間となりそうです。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR