FC2ブログ

ロードバイク ディレーラーワイヤー交換

今日は雨、自転車で出掛けようと思っていたのですが、この雨の中
走る気にはなれません。こんな日は、日頃暇があればやろうと思い
つつもなかなか出来なかった事をやるには、丁度良い日であります。
こんな時は、じっくりとお手入れに勤しみます。

デローザのフロントディレーラー、時間が経過してくると、緩んで
きてアウターに入らなくなってきます。

ディレーラーワイヤー交換
見ると、元々ワイヤーの余長が短くて、さらにワイヤーがささくれ
立ってきています。今まで、何とか騙し騙しでワイヤーを締め直し
をしたりしながら過ごして来たのですが、これが限界です。
と、いう訳でディレーラーワイヤーを交換します。

ディレーラーワイヤー交換
交換するなら、まずは直付けの位置を変えてみます。
アウターの歯とフロントディレーラーのガイドの間隔を、少しだけ、
狭くします。

ディレーラーワイヤー交換
変更するのは約1mm、大した寸法の差ではありませんが、この
僅かな差でも、変速の度合いは大きく違ってきます。
ここは、トルクレンチでしっかり5Nで締めます。

ディレーラーワイヤー交換
さて、ワイヤーの交換ですが、以前のワイヤー止めの鉛の太鼓が、
レバーに食い込んで外れません。しばし格闘しますが、ダメです。
時々、ネットオークションでこの太鼓が外れないレバーが格安で、
出展されているのを見ます。
さて、どうしましょうという事で、ハンダごてを取り出します。
この太鼓、鉛で出来ているのでハンダごてで溶かそうとの魂胆です。

で、こちらも格闘する事3分、全然溶けません。

やれ、困ったなとラジオペンチでワイヤーを押したり、引いたりと
格闘する事5分、太鼓が緩んできました。ここで、すかさずラジオ
ペンチで太鼓の端を掴んで引き抜くと、スポっと抜けました。
ああ~、よかった。

ディレーラーワイヤー交換
で、無事新しいワイヤーを付けて適当な長さに切ります。
このあと、ワイヤー止めを締め付けて完了です。
亀は、ワイヤーエンドにはんだ付けはしないで直接ワイヤー止めを
締め付けます。面倒でしょ?
(このブログを書く段になって、初めて気が付きましたが、太鼓を
外すのに、わざわざハンダこてを持ち出したので、その時、ついで
にハンダ付けすればよかったのにと思い起こしました。)

さあ、ついでにリアディレーラーのワイヤーも交換しましょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました♪

急なお礼で困惑させているかもしれないんですが…(汗)亀次郎さんのブログ見させてもらって、下にばかり落ちてく気持ちを止めることが出来たというのか
気がついたら少し上向きになった気がしました。
良い言葉が出て来ずもどかしいのですが感謝してます。
厄年ではないはずなのに悪い事ばかり降りかかりため息ばかりの日々を過ごしていて
少しでも気分転換になればとブログのお散歩してたんですがだいぶ心が軽くなりました。

素敵なブログを書かれている亀次郎さんに今の悩みを聞いて頂けたらなとふと思い、勇気を出してコメントさせてもらいました。

突然でご迷惑ならすみません。
聞いてもらえるだけでいいので連絡してもらえませんか?

お役に立てれば

★ cakeさん
こんばんは。

こんなブログがお役に立っていれば、有り難いです。

亀も普段は、度を超えたポジティブでチャレンジャーと言われては
いますが、50歳を越える時に変化が有りました。

いわゆる鬱状態というか、気力が萎えてきた時期があります。
およそ2年位はそんな状態でした。仕事で重責を負う立場になり
また、かたや老後の事を考える事でストレスが溜まったのが、
その原因だと思います。なかでも一番大きかったのは、体力の
低下と、廻りがそれなりの歳を取った亀をそれなりに気を遣って
扱い始めたのが、自分自身でとても違和感を持つものとなって
具合が悪くなったのが、一番の要因だと思います。

要は、変化に自分が追いついていけなかったのがその原因と
言えると思います。

元々鬱にはなるはずがあり得ないと、自他共に認める亀でも
この状態は、結構しんどかったので、まじめな方のしんどさは
亀にとって計り知れないものがあります。
まあ、誰でも一度や二度は、こんな状態になるんだと思います。

とりあえず、ここでは語れない事もあるかと思いますので、メール
をお送りします。

なお、非公開メッセージも受け付けています。
その際は、「管理者にだけ表示を許可する」に印を付けて送って
下さい。

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR