FC2ブログ

小細工 その2

前回の「小細工」やはり、ささやかな知恵では無く浅はかな知恵
でございました。

革をきつく締めたつもりではいたのですが、走っていると、鳩目
を越えてずれてしまいます。これでは、気休めどころか気を揉ん
でしまいます。

停まるたびにずれた革を、元の位置に戻そうとしていると、その
うち、革が切れてしまいました。
これでは、気休めを通り越し、さらに気を揉むのも遙か彼方に、
通り越して、どうする事も出来なくなってしまいました。何も、
出来ず、辺りは静寂が漂っています。

というよりも、このままではまたこのトークリップ、縄抜け手品
の如く、まったく用を成さないおもちゃとなってしまいます。

なので、小細工 その2です。
今回もささやかな知恵では無くて、浅はかな知恵となってしまう
のでしょうか?

小細工2
今回施す小細工は、もっと大胆にカンパマークの根本からバンド
を留めているところまで、長く革を巻くという基本的には、前回
の「小細工」と構造的に全く変わりばえがしない方法です。
世の中的には、こういうのは「焼け石に水」とか「気休め」とか
「基本的な部分がなってないじゃん」とかネガティブな表現で、
言われる事が多いですが、他にアイデアが無いんだから、仕様が
ありません。

さて、基本的には、全く変わらない手法ながらも、以前の考え方
からすると、飛躍的に進歩したのではないかと思われるこの手法、
何が違うかというと・・・
このトークリップ、カンパマークの先あたりから細くなっている
ので、細い方から革を巻いて、太くなるところでそれより先に、
革が行かないようにすれば、鳩目とバンドを留める間を革で固定
する事が出来ます。

理論的には、・・・ね。

本来は、さらにその理論をより完璧にする為に、カンパマークの
ところまで革を被せてしまえば良いのですが、そうすると、何の
為にペダルが買え、おつりが来るようなバカ高いカンパニョーロ
のトークリップを付けているのか訳が判らなくなってしまいます。

小細工2
なので、ここらあたりで上手く固定してくれればいいなぁ~と、
いう今の亀の気持ちであります。
故に小細工でございます。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

上手くいくと良いですね。

ちょっと素人考えなんですが、最初に接着剤使ったじゃないですか、アレって硬貨しちゃうんで振動とかに弱いと思うんですよ、で今回川まいてるじゃないですか、もし駄目なら粘り気のある接着力、例えば強力な両面テープをハトメの所を挟んで上から皮を巻くなんてどうでしょう?
で、割れた方はアルミテープ・・・
あくまで今思いついただけなんですけどね。

No title

★ jamさん
こんにちは。

アドバイスありがとうございます。
また、浅知恵で終わったら、やってみます。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR