FC2ブログ

小細工

前回「崩壊 トークリップ」で、お伝えしたように瞬間接着剤で、
鳩目の部分を動かないようにしてみましたが、翌日、デローザに
乗って走ったら、また、元のように外れてしまいました。
とっても、全く、全然、気休めにすら、なりません。

という事で、これも五十歩百歩とは思いますが、ちょっと小細工
をしてみます。

いつものように、困った時の革細工でございます。

小細工
まず、ペダルからトークリップを外します。
これ、外さないと小細工が出来ません。

なかなか見事に汚れています。小細工の前にまずはお掃除します。
こんな時に便利なのが、ピカール。ピカールで磨いていきます。

小細工
見事にくすんでいます。

小細工
くすんでいたトーククリップのカンパマークが蘇りました。

小細工
ボルトの頭もくすんでいます。

小細工
ほれ、こちらも磨けば輝きます。

で、小細工の本題です。

トークリップ
このように、鳩目を中心にくるりと回ってしまいます。
なので、この鳩目とベルトの間をくるりと回らないような小細工
をすれば、問題解決となります。

小細工
で、これが、その問題解決の小細工の小道具。
小さな革のベルトです。これで鳩目とベルトを留める間の割れた
金具がくるりと、回らないようにします。

小細工
ついでなので、靴を固定するベルトが緩いので、この、少し緩い
ベルトの穴をひとつ増やして、今までよりも、きつく締められる
ようにします。

さて、この鳩目とベルトを留める間の割れた金具が、くるりと、
回らないよう小さな革のベルトを付けていきますが、小さいので、
縫い穴はひとつだけとなります。ここに麻糸を二重に通して締め
込んでずれないようにします。麻糸をきつく締めすぎると、麻糸
や革が切れてしまいます。実際、この後、きつく締め付けすぎて
革が切れ作り直しをする羽目に・・・ちょっと面倒な作業です。

小細工
こんな感じで仕上がります。これ、まだ片方だけ仕上がった状態
です。この後、もうひとつを作っていたら、先程の麻糸締めすぎ
で、革が切れて、作り直しをする羽目となりました。

小細工
最後にペダルに取り付けます。
これからの消耗を考慮して、トークリップは左右入れ替えて付け
直します。浅はかな知恵?!では無くて、ささやかな知恵です。


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ



スポンサーサイト



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~ 本日日比谷公園でブログ主様のデローザを拝見いたしました。(笑)

またお時間改めてどこかでお会いできたら光栄です(^^)

No title

おはようございます。

いつもブログ拝見させて頂いています。

日比谷公園、いらしていたのですか。皆さん
個性的な自転車でいらしていて、目の保養に
なりました。亀のデローザの隣に留めていた
バイクも素敵でした。亀と同じスーパーレコ
ードのディレーラーとクランクだったので、
ついつい、そのバイク、見惚れていました。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR