FC2ブログ

フロントバックの補修

フロントバックのメンテ

ずっと保管していたランドナーのフロントバック、ボロボロとなった
革ベルトを新調して、また使い始めました。
それからおよそ2年、あちこちと結構痛んできました。

フロントバックのメンテ
まず、フロントバックの蓋をするベルトですが、留める位置が低い
ので蓋を留める際に、いつも屈み込まなくてはなりません。
これって、結構腰に来る動作です。
もう少し上で蓋を留められるように位置を変更します。

フロントバックのメンテ
次にマップケース、ビニールが割れてしまっています。また、縁も
ボロボロになってきています。
何か、新しいものと交換しなくてはなりません。

最後に両脇のポケット。
ここは、ブレーキレバーを操作する際に手が当たるので、ポケット
の縁が擦り切れてきました。
ここを革で縁取りして補修します。

と、いう訳で補修開始です。

フロントバックのメンテ

フロントバックのメンテ
最初は、フロントバックの蓋のベルト。
上側の長いベルトを取り外して短く切ります。その切った部分を、
今度は、同じく取り外した下側のベルトに継ぎ足して長くします。

次は、マップケース。
これはボタンで取り外せるようになっているので、この部分だけを
新しく交換します。

で、何かいいか?

亀はこのマップケース、あまり好きではありません。
このフロントバックの素材は、このマップケース以外は、全て自然
素材、エイジングも自然な状態となりますが、このマップケースは
その性格上から透明で無くてはなりません。なので、どうしても、
プラスチック素材となってしまいます。プラスチック素材だとその
寿命は、自然素材と比べて短くて今回のように、時々、交換をする
必要があります。また素材が違うので、このマップケースはどうも
浮いた感じがします。

河童の頭のような感じです。

最近はスマホがあるので、あまり使う事が無くなりましたが、それ
でも何時でも見る事が出来る紙の地図を、ここに入れておくと便利
です。なので、新しいマップケースを付ける事とします。
とはいうものの、プラスチック素材では、また何年か使うと、ボロ
ボロになってくるので、あまりお金を掛けるべき物でもありません。

フロントバックのメンテ
という訳でここは便利な100円ショップで物色します。
縁の色はフロントバックの色に合わせて黒とします。
でも、ファスナーもついて補強にリベットも打ってあって、これで
100円とは驚きです。100円ショップ、探せば色々な便利もの
があります。

フロントバックのメンテ
こんな感じでファスナーで大きく口が開きます。

フロントバックのメンテ
これに留めるホックを付けていきます。
ちなみに、ホックの金具の間に入れるワッシャーは、いつもゴムを
使用していますが、今回は見えるところなので、革のワッシャーに
してみます。

フロントバックのメンテ
で、出来上がりました。
前のものより厚みも増したので、さらに河童の頭が強調された感じ
となりました。
正直言って、かなり変です。

フロントバックのメンテ
まあ、使わない時は取り外せば、可笑しくはありません。
そのうち、全部が革で出来たプラスチックのカバーが無い、マップ
ケースでも作ってみましょうか?

フロントバックのメンテ
最後は、脇のポケットの補修。
2センチの革を縁に巻き付けて、縫って完成です。
前よりも精悍な感じがします。

ランドナーに取り付けてみました。

650C
これは、以前の写真。

フロントバックのメンテ
これが今回取り付けた写真。
マップケース、遠目ではそれ程気になるものではありません。

当分、このスタイルで走ってみましょう。
プラスチック素材なので、またそのうちにボロボロになってくるで
しょうから、その時は、また別のものを考えましょう。


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ



スポンサーサイト



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR