FC2ブログ

試作 ポシェット

以前から使用していた、もう40年近く前に買ったポシェットですが、
ここ最近、ほころびが出てきました。

房総ラン
これ、今の代の前の京都「一澤帆布」のポシェットで、ビンテージの
レア物です。このまま使っているとボロボロになる可能性があります。
また、自転車小物は黒でまとめているのでこのカーキ色のポシェット
は、あまり似合いません。
ということで、冬の間、寒くてあまり走れない頃、またまたデニムと
革で作ってみました。

ポシェット
こんな感じとなりました。

ポシェット
まずは、型どりと裁断です。結構パーツはあります。

ポシェット
内側のポケット作りです。両面テープで一度折り返します。

ポシェット
さらに両面テープで折り返します。
ここのところをしっかりと折り返してあげないと、後で革で縁取りを
した際に、布地が外れてしまう事があります。

ポシェット
クリップで仮止めしながら縫っていきます。

ポシェット

ポシェット
次は側面のポケット作りです。

ポシェット
細かいパーツを作ったら、それをひとつにまとめて行きます。

ポシェット
両脇のベルトを縫いつけます。ここは丈夫にしなくてはならないので
しっかりと縫いつけ、後でかしめを打ちます。

ポシェット
ポシェットを組み上げてひとつにまとめていきます。
縫いながら気が付きましたが、布地を縫ってからその上でさらに革を
縫っていったほうが、きちんと見栄え良く仕上がります。

ポシェット
ベルトのかしめ打ちです。

ポシェット
こんな感じで仕上がります。
今回もハンマーを使わない音が出ない方法で仕上げます。

ポシェット
こんな感じで蓋をします。
これも作ってみて気が付いた事ですが、留め具の駒はもう少し足が、
高いものの方が良かったです。

ポシェット
さて、脇のポケットの留め具です。
これが、今回のパーツの中で飛び抜けて高かったパーツです。
なんでこんなに高いんだろうと思われるようなパーツ、手が込んで、
いるんでしょうか?

ポシェット
このパーツを付ける為、布を切って穴を開けます。

ポシェット
こんな感じに仕上がります。仕上がりは亀としては、綺麗に出来ました。

ポシェット
で、これが完成型です。一応中に荷物を詰めてどのくらい入るかを
確かめた様子です。

ポシェット
京都「一澤帆布」をリスぺクトして、裏には亀マークのロゴを入れて
みました。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ




スポンサーサイト



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

いい仕事してますね〜

素敵なポシェットができましたね。
これを持って旅をすると旅の楽しさも倍増ですね。
私も少し革細工には興味が有ったりしますので、まだまだですが今後の参考にさせていただきます。(^_^)

No title

★ ふじしんさん
こんにちは。
今、ショートメールしたばかりです。

ポシェットありがとうございます。
仕上がり、全然ダメです。
試作を繰り返して、仕上がりをもっと
良くしていかなければなりません。

先は長いです。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR