FC2ブログ

外房 銚子-御宿

外房でまだ走っていなかった区間、銚子から御宿までの海岸沿いの
道、およそ100キロを走ります。

まず自宅から新川崎駅まで走り、ここから輪行で銚子駅まで向かい
ます。今回はデローザで走ります。房総の海岸線は、緩い坂と直線
の道が多いので、ロードバイクで走ったら楽しいかなとの思いです。
で、デローザでの輪行となりました。
ところが、ロードバイクは輪行が簡単なはずなのですが、この間、
ランドナーで輪行したのとごっちゃになり、もたもたしている間に
乗る予定だった電車を乗り過ごしてしまいます。
せっかく朝早く起きたのに、何をやっているんでしょうね。
まったく・・・

で、早朝の新川崎駅で待つこと約1時間、次の成田空港行きに乗り、
成田駅で成田線に乗り、銚子駅に到着しました。
途中、成田駅での乗り換え時間が3分と短めです。もしランドナー
で来たら、乗り換えに間に合わなかったかもしれません。

とは言うものの、ロードバイクの輪行、けっこうがさばります。

外房 銚子-御宿
これは、横須賀線の電車の先頭車両。
横に置けないので縦に置きます。
後輪は固定すると縦に置けます。と、以前ふじしんさんから教えて
頂いた方法で固定します。この方法を教えて頂いてなかったら縦に
置く事が出来ずに、ずっと持っていなければなりませんでした。

外房 銚子-御宿
これは、成田線の電車。
こちらは、縦に置くための手すりがあるのですが、運転手席から、
車両内に出る扉の前にある為、そこには置けません。横の手すりに
止める為、こんな形になります。

外房 銚子-御宿
さて、何だかんだで銚子駅を出発したのが午前10時半、
まずは犬吠埼に向かいます。

犬吠埼に向かう道を走っていると、いきなり五重塔が見えます。
何だ何だと寄り道です。

外房 銚子-御宿
飯沼観音です。
なにやら読経の合唱が聞こえています。
気にはなりますが、一々立ち寄ってあちこち見ていると、なかなか
先に進めません。ここは、こんなところで先に進みます。
なにせ、今日は約100キロを走るので、一々立ち寄っていると、
陽が暮れしまいます。また、出足も約1時間遅れているので、先を
急ぐ事とします。

外房 銚子-御宿
しばし走りますが、海が見えません。
ちょっと脇道を海に向かって進んで、速くも休憩です。

結構な坂を上り下りして、また上り、着いたのが犬吠埼です。

外房 銚子-御宿
お約束の一枚です。

さて、ここからまた結構な坂を上り下りして外川の港に着きます。
ここは沖釣りの船が出る有名な港、亀はまだここでの沖釣りはした
事がありませんが、何やら魚が沢山いそうな海です。

外房 銚子-御宿
坂の途中に神社があります。名前は海渡神社、風情があります。

その先もまたいくつかの坂を上り下りして飯岡に着き、ここからは
平坦な道が続きます。

外房 銚子-御宿
ちょっと脇の道に入ると、こんな風情の街並みが続きます。

さて、九十九里を走りますが海が見えません。
道もコンクリートだったり、荒れた砂利混じりのアスファルトの道
だったりで走り辛い道です。おまけに向かい風、この先、まっすぐ
なのでこの向かい風が、ここからずっと続く事となります。
何か、向かい風の中の朝ランを7本続けて走るような感じです。
朝ランは鶴見川の往復なので、行きが向かい風ならば、帰りは追い風、
でも、この九十九里はずっと前から風が向かってきます。

外房 銚子-御宿
海が見たくなり、道を逸れて海に向かいます。

外房 銚子-御宿
見ると、ここはサイクリングロード、誰も走っていません。

外房 銚子-御宿
看板は、自転車専用の県道となっています。
こんなの初めて見ました。

また、一般道に戻ります。
単調で向かい風、何だかあまり面白くありません。休憩出来るような
公園もありません。そして、昼過ぎ頃からお尻が痛くなってきました。

外房 銚子-御宿
仕方なく、道端で休憩します。
さすがに、民家の前で休むのも気が引けるので、畑の前のブロックに
腰掛けて一休みです。
お尻の痛さ、冬の間、あまり走っていなかったせいでしょうか?お尻
が鈍ってしまったんでしょう。
それにしても、お尻が痛くなるのが早すぎます。何とか、走ってみた
ものの痛さは増すばかり、我慢出来なくなり、サドルの高さ2ミリ程
下げてみました。
そうしたら随時楽になりました。輪行の際、サドルを外すので組立て
の時に、またサドルを差した時、高さが違っていたのでしょう。
でも、元の高さから2ミリ違っていても判りません。走ってこまめに
調整するしかありません。
こんな時、クイックレリーズはとっても便利です。

外房 銚子-御宿
白子を過ぎたあたりから、道の舗装も良くなってきました。
道の脇の景色もそれらしい風景となってきました。

外房 銚子-御宿
ワイキキのホテルのようなピンク建物があります。
同じピンクのデローザと記念撮影です。

外房 銚子-御宿
何となく、感じる所があって立ち寄った道脇のお地蔵様。

外房 銚子-御宿
由来をみたら、関東大震災の後、海岸に流れついたお地蔵様、ここに
祀られていたところ、平成4年に大型トラックが突っ込んで、お堂が
破壊されて、お地蔵様の首も取れてしまったそうです。
でも誰も怪我が無かったので、お地蔵様が身代わりになったと評判と
なり、また、元の姿となって以前よりも多くの方がお参りに来るよう
になったそうです。

外房 銚子-御宿
何がを感じます。

さあ、そろそろ陽が暮れます。
亀も足とお尻に来ています。
緩くて長い坂を上り下り、また上り下りして御宿の町となります。

外房 銚子-御宿
御宿駅に到着です。

ちなみに今までの房総半島、海辺の道はこんな感じです。

外房御宿-内房富浦
内房富津-木更津

帰りは、蘇我まで特急で帰ります。
車両の座席の一番後ろにロードバイクを置こうとしますが、備え付け
のテーブルが邪魔で置けません。

外房 銚子-御宿
仕方なく、ドアの脇に置きます。

外房 銚子-御宿
これは臨海線の電車の先頭車両、また留め方が違います。

ああ、今日は走りました。
考えてみたら、このデローザで100キロを走ったのは初めてでした。
10時半スタートという事なので、お尻さえ痛くならなければ、まあ
まあの走りでした。










スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR