FC2ブログ

東海道その6 藤枝-浜松

連泊2日目です。藤枝を朝7時前に出発します。

今日は昨日と比べて大きく違うのが、向かい風の強さです。
半端じゃありません。
その向かい風に立ち向かうので、なかなか前に進めません。
走る速さは、軽くジョギングするクラスの速さ、帽子も風に煽られて
飛ばされてしまいます。
下り坂を走る時には、片手ハンドルで片手は帽子を抑えていなくては
なりません。普段走る半分程のスピードしか出ません。
あたりの景色も、特に見るべきものも無く、何だか苦行の修行をして
いるようです。

やがて大井川が見えてきます。
蓬莱橋3Kmと、看板があります。
今回、東海道を走るにあたってぜひ見たい場所のひとつです。
川沿いを蓬莱橋に向かいます。
蓬莱橋に向かう道は追い風となり、今までとは打って変わっての快走
となります。ここ2日間で最も心地よい走りです。

東海道
蓬莱橋に到着、まだ朝が早いので人影はまばらです。
ここを渡るのには100円係ります。料金を徴収する施設は、早朝の
為、まだ開いていません。
橋の入り口に徴収箱が有り、ここに通行料100円を入れます。
入れた後で気が付きましたが、徴収箱の先には防犯カメラがあります。
しっかりしています。

東海道
対岸に渡ります。

東海道
また戻っていくとここからも富士山が綺麗に望めます。

東海道
凄い向かい風です。

東海道
旧東海道で大井川を渡ります。

東海道
金谷を過ぎると緩やかではありますが、長い上り坂が、続きます。
小夜の中山です。

東海道
峠の売店で飴を買います。

東海道
小夜の中山を越えた先に面白い名前の神社があります。

東海道
由緒ある神社のようです。
由来を書いた案内板を読むと、東海道の通りを挟んで向こう側の山が
ご神体だそうです。磐座(いわくら)も山頂にあるとの事、これは、
かなり歴史のある神社です。磐座を見に行こうかと一瞬、頭によぎり
ますが、今日は他に時間を潰すところがあるので、ここはパスします。

東海道

東海道

東海道

東海道
紅葉が綺麗です。

東海道
さらに進んでいくと、川の脇に「秋葉街道」の案内があります。
古来より秋葉神社のお参り道として有名な「秋葉街道」です。
この道は、秋葉信仰よりもさらに古い時代から塩の道として使われて
いた道だそうです。駿河湾から秋葉神社を通り、諏訪神社まで続く道
となります。
いつか、秋葉街道も走ってみたいと思いますが、坂道多そう・・・

さて、今日は街道を走るついでにご利益ポタします。
遠州三山を巡ります。
その様子は「遠州三山お寺巡り」をご覧下さい。

昼となりお腹がすいてきました。
秋葉街道の入口にあたる川沿いでおにぎりを食べ、先程の小夜の中山
でもおにぎりを食べと、小鳥のように時々に補給をしてきましたが、
今日は風が吹いて寒いので、温かいラーメンが食べたくなります。
サイトで探すと、地元で親しまれているラーメンチェーンがヒット、
迷わず、ここに入ります。

東海道
今日は、おにぎりばかりで野菜ものが無いので、この店の名物の野菜
ラーメンとこちらも同じく名物の餃子を頂きます。
野菜ラーメンは、普通のタンメンにゴマ油を掛けた感じのラーメン。
旬の冬キャベツが美味しい一品です。
餃子は、皮がパリパリしていてニンニクの効いた味です。

東海道
ところで、今日はどこに泊まりましょうか?
風がきつくて、なかなか前に進めないのと、そろそろサドルに当たる
お尻が痛くなってきました。

東海道
浜松の街を過ぎると、その先まではかなりあるので、無難に浜松の宿
を探します。鰻が亀を呼んでいるようです。

この宿も楽天トラベル素泊まり宿を検索し、駅前にもかかわらずに、
思いの外、安いビジネスホテルを見つける事が出来ました。
ちなみに、泊まったビジネスホテルはどんな人が利用しているのかと
気になり、同じ時刻にチェックインしている人達を何気なく見ている
と、スポーツ大会に参加する学生さんが多いようです。
それも、予選から決勝戦までずっと滞在するのか、9連泊くらいする
ようです。学生のスポーツも経費は大変なんだなぁ~と思うと同時に、
こんな便利なシステムが、学生のスポーツ振興を支えているんだと、
妙に関心してしまった亀でした。

ついでに、ランドナーの保管場所について。
自転車で旅する方のブログを見ていると、ホテルの部屋に自転車を、
置かせて頂いているようですが、昨日の宿も今日の宿も部屋に置き
たいと交渉したところ、カーペットが汚れるのでと断られてしまい
ました。
では、どこに置いたかというと、屋根のあるランドリーコーナーの
脇に鍵を掛けて置かせて頂きました。
ここだと、外からの侵入者はありませんし、屋根のあるので万が一
雨が降っても、大丈夫です。

で、夕食。
もちろん鰻です。
これもサイトで駅近くの人気の鰻屋さんを見つけ、向かいます。

東海道
白焼きです。
出来上がるまで待ち遠しかったので、つい写真を撮らずに一口食べて
しまいました。うう~ん、旨い!!と唸ってから写真撮らなくてはと
思い出し、慌てて写真を撮りました。
よくこんな事はあり、折角綺麗に盛られた美味しい料理の記録を撮り
忘れてまぼろしの名料理というのが、亀の頭の中にはあります。

この白焼き、関東では「しろやき」では無く「しらやき」と言います。
これって全国共通なんでしょうか?
ちなみに「しろやき」と打っても変換してくれません。「しらやき」
と打たないと「白焼き」と変換してくれないので、全国共通なのです
ね。きっと・・・
お店の方に聞いてみようとは思いましたが、閉店間際で急に混雑して
きて忙しそうなので聞き忘れてしまいました。
後で考えたら、馬鹿な事を聞かなくてよかったなと思いました。
間抜けなおやじが空腹の中、美味しいお酒と美味しい鰻を頂いてつい
酔っぱらって良い気持ちになっての戯言でした。

東海道
お品書きを見ると、お土産の蒲焼きが二種類あります。値段が微妙に
違います。賞味期限の違いなんでしょうか? 人生初めて見る不思議
な価格差商品でした。

白焼きで一杯、良い心持ちになってきたのでご飯ものを頼みます。
ここの名物はひつまぶしだそうです。
が、ここは、やはり、鰻重でしょう。
で、一番高い特の文字がふたつもついた特特上を頼みます。

東海道
お重が二段重ね、片方のお重には鰻の蒲焼きだけで、片方のお重には
鰻重です。これは堪りません。うふぇへへへへ・・・

やや甘めのたれの蒲焼きです。
鰻の身は癖の無い軟らかくも、バリっとした品の良い味です。
すっかりと堪能させて頂きました。











スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

蓬莱橋

蓬莱橋懐かしいです。昔はバイクで渡れたので750ccのバイクでビクビクしながら渡りました。
おみやげ蒲焼きのおねだんは真空パックとビニールパックの差ですね。
病気のため今は乗れませんが今一度、ランドナーで蓬莱橋を訪れたいものです。
続き楽しみにしてます。

浜松

私の元故郷、浜松に入られましたね(笑)。
浜松は高校までいました。
大井川も天竜川も懐かしいです。
ところで秋葉街道。これ、私も走ってみたい街道なのですが、
やはりかなり道は険しいみたいです。
途中で分断されているところもあるとか。
でも、所々にある宿場など、見どころ満載みたいですよ。

あと、鰻も美味いですが、浜松ではもうひとつ、B級グルメですが浜松餃子を是非。
あと、ハンバーグの地元チェーン店、「さわやか」で是非ハンバーグをご賞味ください。お薦めです♪

コメントありがとうございます

★ MHRさん
初めまして。

蓬莱橋ナナハンで走られたのですか?
木の板大丈夫でしたか?

蒲焼き、真空パックとビニールの差、納得です。
ぜひ気候の良い時にランドナーでいらして下さい。

なお、2泊3日東海道 続きがあるのでお楽しみに・・・

★ ぼのさん
おはようございます。

故郷浜松でしたか?
亀の出生地は伊東です。同じ静岡県人ですね。
秋葉街道きついずらね。

浜松の餃子、看板見ました。餃子は宇都宮というイメージ
しかありませんでした。今度食べてみます。
あと、ハンバーグですね。
浜松は、出張で通過する事はあっても、ここで降りる事が無い
ので、なかなか機会がありません。

いつかは、浜名湖一周サイクリングをしたいと思っています。
その折には挑戦してみましょう。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR