FC2ブログ

秩父札所巡り その3 34番・33番

はてさて秩父札所巡り、あれからどうなったかというと・・・
遡る事、11月8日のお話です。

秩父札所巡り
さて、今日は残りの五つの札所を回ります。
今日廻り終えれば、34ヶ所の札所全て廻った事になります。60年
に一度の総開帳、また、今回限りでしか配らない散華シール、貴重な
レアアイテムです。

その総開帳も期間も11月18日までとなるので、今回廻りきれない
と、チャンスは次の週末しかありません。
もし、次の週末に雨が降ったら・・・
と、考えると今日廻りきらねばとプレッシャーがかかります。

仕事と家庭以外では、あまりプレッシャーがかかるのは好きではあり
ません。出来れば、そのふたつからも解放されたいとは思っている位
です。
好きで始めた自転車乗りで、こんなプレッシャーがかかるとは、思い
ませんでした。
とはいっても、興味無い人からすると子供のポケモンラリーとどこが
違うのかと一緒にされそうですが、案外と、ノリは、変わらないかも
しれません。

と、いう訳で今日が最終日となるよう頑張ります。

今日巡る予定のお寺は五ヶ所と、巡る数は今までからすると少ないで
すが、お寺とお寺の間の距離があるので、日があるうちに回りきる事
が出来るのかが心配です。

なので、今日は朝早く我が家を出発して、綱島駅から輪行で、午前5時
すぎに電車に乗ります。
おかげで午前8時すぎには西武秩父駅に到着しました。

今回は、早朝過ぎて特急電車がまだ走っていないので、普通の電車で
飯能まで行き、ここから乗り換えます。
ふたつドアのこの列車、先頭車両のトイレの前に比較的広いスペース
があります。ここに輪行袋を置いてもその隣に車いすのスペースは、
充分取れます。ロードバイクの前輪だけ外す輪行の方法でも充分に、
スペースは取れます。
自転車乗りにとってこの車両は便利です。

秩父札所巡り
ここでランドナーを組み上げて、出発です。

秩父札所巡り
まずは、34番札所の水潜寺に向かいます。
今日は今までと違って最後の札所から、若い番号の札所へと廻る逆の
廻り順となります。
その34番札所に向かう道すがら19番札所に寄ります。
何故かというと、秩父札所巡りの初日、19番札所で散華を頂くのを
忘れていたのでした。
で、無事、散華シールを頂き、34番札所に向かいます。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
34番札所は、秩父華厳の滝の近くだと案内の地図に書いてある
ので、2番札所のように急な坂道を延々と上るのかと思ったら、緩い
坂を上ったところだったので、ほっとします。

秩父札所巡り
並んでいるは観音像。

秩父札所巡り
一番手前が千手観音像です。

秩父札所巡り
観音堂に到着です。

秩父札所巡り
山の斜面には仏塔がいくつか見えます。
森の香りがして、清々しい気持ちとなります。

ここで、腹拵えにおにぎりをひとつ。
どうも亀はサイクリングの時には、2時間おきにひと口ふた口、何か
を食べるのが一番調子が良いようです。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
秩父もようやく紅葉の良い時期となってきたようです。

秩父札所巡り
次は33番札所の菊水寺、
ここも34番札所からは距離があります。
しかし、ここまでの道は緩やかなアップダウンの連続で気持ちの良い
道です。あまり自動車も通らず、道も整備されています。
今までの札所巡りの道と比べると、この道はサイクリングには絶好の
道です。
紅葉も綺麗ですしね。

秩父札所巡り
観音堂には人が溢れています。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
気持ちの良い道を走ります。

そろそろここらあたりで、お昼とします。
折角、秩父に来たのだから、蕎麦を食べたくなります。

秩父札所巡り
道すがら、何となく感じの良さそうな雰囲気の外観に引かれてお蕎麦
屋さんに入ります。

秩父札所巡り
熟したはちや柿を持ち帰る事が出来ます。
お土産に持ち帰ろうかと思いましたが、フロントバックの中で潰れた
たら困るのでやめにします。

さて、お店に入り盛蕎麦を注文します。
初めて入るお店の盛蕎麦は、どのくらいの量があるかわからないので
ついつい大盛を頼んでしまいます。

秩父札所巡り
出てきた大盛の蕎麦は、適度な量です。
味はまあまあ、田舎風のコシがある蕎麦です。
普段は蕎麦は噛まないのですが、この蕎麦、結構コシがあります。
噛むと蕎麦の香りが、口一杯に拡がります。
人にもよるのでしょうが、この噛み心地が癖になると、この蕎麦じゃ
なければ蕎麦を食べた気がしないと思わせるような蕎麦でした。

さあ、お昼も食べたし、エネルギー補給も出来たので次に進みます。

散華
これが今回廻った札所の散華シールです。










スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!はじめまして いつも楽しくブログを拝見させていただいております。ランドナーでのツーリングはヤハリ絵になりますね、とても魅力的な記事が多いので更新されるのが楽しみです。 またお邪魔させていただきますね~

はじめまして

趣味部屋管理人さん

現在、東海道を西に向かってまっしぐら、
今、浜松です。
こんな時間に起きてしまいました。
超じじい化しています。
で、おはようございますかな、それとも今晩は
でしょうか?

コメントありがとうございます。
こんなコメントを頂くと、大変励みに鳴ります。

ランドナーって自然のふう風景に合いますね。
これからも綺麗な風景で、写真を撮っていきたい
と思います。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR