FC2ブログ

秩父札所巡り その2 23番~29番

そろそろお昼の時間となり、お腹が空いてきました。
どこかに良いお蕎麦屋さんは無いかと走りますが、これだというよう
な風情のお蕎麦屋さんが見つかりません。

走っていると22番札所と23番札所の間に、ちょっと風変わりな、
餃子屋さんがあったので入ってみます。壁に掛かったメニューを見る
と水餃子があります。水餃子を置いているお店はなかなかありません。
思わず水餃子と炒飯を頼みます。

秩父札所巡り
本当は、秩父に来たので蕎麦を食べようと思っていたのですが、この
お店の風情で餃子に決めてしまいました。で、これ、なかなかの味
です。中国人の方が作っているとの事で、本場の味がします。

さて、腹拵えをして23番札所に向かいます。
お寺の名前は「音楽寺」
ここは2番札所と同じように急な坂を上った先にありました。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
ここまで頑張って登って上ってきましたがここでダウン。
後は押して上がります。

秩父札所巡り
23番「音楽寺」入り口です。

秩父札所巡り
観音堂です。
ここは音楽寺というだけあって、音楽関係の方が多く参拝にくる
ようです。観音堂の脇に歌手のポスターが沢山貼られていました。

秩父札所巡り
次は、24番札所「法泉寺」です。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
急な石段を登った先にお堂があります。

秩父札所巡り
ここからも武甲山が望めます。

秩父札所巡り
観音堂です。

次は25番札所「久昌寺」を目指します。
このあたりの道はアップダウンが連続しています。先程23番札所で
頑張ったせいか結構疲れます。
この25番札所もちょっとした登り坂です。そろそろ疲れが溜まって
きます。

秩父札所巡り
良い景色です。

秩父札所巡り
で25番札所「久昌寺」に到着です。

秩父札所巡り
岩の上のお地蔵さん、まるで京都のお寺のようです。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
この番札所、とても綺麗な池と本堂があるお寺です。
紅葉真っ盛りの頃は、もっと素晴らしいんでしょうね。

さて次は対岸の26番札所「円融寺」を目指します。
お遍路の古道の案内板があります。それに従って、走ります。
途中で道は細くなり藪の中に続いています。あれ、道間違えたかと
近くの畑で野良作業をしている女性の方に尋ねると、この道は確か
にお遍路の古道だけど、途中崖が崩れて今は通れないとの事だ
そうです。
「円融寺」に向かう道を伺うと、今来た道を戻る坂の多い道と、ここ
から対岸に渡って行ける坂の緩い道の二通りの道があるとの事です。

そして、その女性曰く「坂の多い道だけど、私も自転車で普段よく、
走るよ」との事、じゃ、その道を行きますと本来は答えるのでしょう
が、いい年となった亀は「じゃ、坂の緩い道行きます」と答えます。

さて、橋を渡り対岸に出て、次は26番札所「円融寺」です。
秩父札所巡り

秩父札所巡り
その近くにある27番札所「大淵寺」です。

秩父札所巡り
趣あるお休処。

秩父札所巡り
石段を登ると観音堂があります。

次は、28番札所「橋立堂」に向かいます。

秩父札所巡り
趣あるお遍路古道を走ります。

秩父札所巡り
28番札所「橋立堂」に到着です。

秩父札所巡り
ここは、橋立鍾乳洞の入り口でもあります。
このお堂の脇にはお洒落なカフェもあり、なんだかミスマッチ。

秩父札所巡り
さて本日最後の札所29番「長泉院」です。
見事なしだれ桜です。

秩父札所巡り

秩父札所巡り
参道を入ると見事な庭が望めます。

秩父札所巡り
観音堂です。

さて、これで本日の札所巡りは終了です。
ここから西武秩父駅に向かい、帰路に就きます。

帰りの池袋駅の乗換えは、あまり歩かなくて済むように湘南ラインで
新川崎駅まで輪行して、新川崎駅で組み立てます。
湘南ライン、乗り換えであまり歩かなくて済んでよかったのですが、
電車が遅れていて車内は結構な混雑です。
大きな輪行袋で、まわりの方に迷惑を掛けないよう気を遣います。

さて、残るは5ヶ所。
ところがこの5ヶ所、飛び飛びで、上り下りのある長距離のコースと
なります。さてさて無事に廻りきる事が出来るのでしょうか?

秩父札所巡り
ちなみにこれまでのお寺で頂いた散華がこれです。










スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

札所巡り

秩父の古い町並み、参道、山道・・・
全て素晴らしいですね~。
久昌寺~大淵寺の参道、そして長泉院の庭園が素晴らしいですね。
この時期の巡礼は気候的にも眺めもいいですよね。
私も巡礼してみようかな。

おはようございます

ぼのさん、
おはようございます。

秩父は、多分ここ2週間くらいが紅葉の見頃かと思います。
ぜひ、行ってみてください。

長泉院の庭園はすばらしかったです。
ぜひ、その眼で直接ご覧頂くことをお奨めいたします。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR