FC2ブログ

ランドナーのレストア クランク廻りの交換

ここのところロードバイクネタが多かったので、我が憧れのランド
ナーネタをお届けします。

デローザに続けて、ランドナーもレストアしてしまいます。

これから冬の季節、涼しくなって来たので峠道をゼーゼー言って、
登っていっても汗をかく事がありません。また、ちょっと魂胆が、
あって、少し山道を走らなくてはならない羽目になるかもしれない
ので、インナー30のベローチェトリプルに履き替えてしまいます。

ランドナーレストアクランク廻り
まずは今付けているコーラスのクランクの外ねじを外します。

ランドナーレストアクランク廻り
次はコッタレス抜きでクランクを外します。

ランドナーレストアクランク廻り
次はペダルを外します。ペダルはスーパーレコードに交換します。
ビンディングはカンパニョーロ製が無いので、今までランドナーで
履いていたMSKのビンディングをそのまま流用します。

ランドナーレストアクランク廻り
今付いているボトムブラケットを外します。こちらはJISなので
逆ねじです。

ここで、アクシデント。
逆ねじなので、トルクレンチはトルクが掛かる状態で緩めますが、
硬いので、トルクを最大限にしたら、ボトムブラケットは外す事が
出来たのですが、トルク調整のねじが、元に戻らなくなってしまい
ました。このままでは、いつも最大限の110ニュートンのトルク
となってしまいます。

どうしようと悩んでみましたが、ここで手を休めていると先に進む
事が出来ません。気を取り直して先に進みます。

ランドナーレストアクランク廻り
ボトムブラケットをレコードに換えてみます。ちょっと見えない
ところに贅沢です。ちなみにこのレコードのボトムブラケットは、
今までランドナーに付いていたボトムブラケットと廻り方が、全然
違って、とても軽く、くるくる楽しく回ります。

ランドナーレストアクランク廻り
こんな感じで組上がります。

が、クランクを付けてみると、フレームに当たります。
今まで付いていたボトムブラケットの長さが113.5ミリに対し、
レコードのボトムブラケットが102ミリ、おまけにトリプルの
クランクギアなので、当たるのが当たり前です。

どうしましょう?と思いついたのが、デローザ用にと手に入れた、
タンゲの118ミリ。ちょっと長いですが、これがいいやと早速
取り付けてみました。

ランドナーレストアクランク廻り
上がタンゲで下が今まで付いていたCHIN HAURという台湾製の物
タンゲの方が軽く回ります。

ランドナーレストアクランク廻り
タンゲのボトムブラケットに付け直したところ。

ランドナーレストアクランク廻り
インナーとフレームの隙間、結構あります。でもまあいいや。

ランドナーレストアクランク廻り
で、こんな感じ。ランドナーぽくなりました。
フロント30Tに対してリア26T、これで坂道も登れそうです。






スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR