FC2ブログ

コーラス ボトムブラケット 36x24T

久しぶりのカンパネタです。
デローザに付け損なったボトムブラケットです。
軽くて廻りが良かったのに残念です。

コーラスBB
またまた手頃な値段だったので、手に入れたボトムブラケット。
以前入手したものよりも汚れは目立つものの、動きはスムースです。
レコードのボトムブラケットは、とんでもない値段がしますが、この
コーラスは比較的手頃な値段で、かつ、レコードの次に位置する性能
のシリーズなので、お買い得感はあります。

コーラスBB
この間、デローザに付けてみたらワンの縁が取れてしまいました。

ところで、以前入手したボトムブラケットとは、若干違います。
以前のものは、こちらをご覧下さい。

コーラスBB

コーラスBB
以前入手したボトムブラケットは1,370x24Tなのに対して、今回
のは36x24T、見た目は殆ど変わりません。
調べてみたらこの数字、ネジの寸法だそうです。
1,370x24Tは、ネジの外径寸法が1,370インチでネジ山が25.4mm
当たりの24山という事だそうです。
で、36x24Tは、ネジの外径寸法が36mmでネジ山が25.4mm当たり
の24山との事です。

つまりこのふたつのボトムブラケット、似て否成る物でした。
自転車のボトムブラケットシェルの規格によって、付くものと
付かないものがあるという事です。

で、さらに詳しく調べると、
以前入手した1,370x24Tは、ISO、JIS規格のシェル幅が、
68mmのもので、ネジの締める向きがクランクギア側が反時計
廻りで、反対側が、時計廻りになっています。
で、今回入手した36x24Tは、イタリアン規格で、シェル幅が、
70mm、ネジの締める向きが、クランク側、その反対側共に、
時計廻りとなっています。

なんだか、とってもややこしい。






スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR