fc2ブログ

なんちゃってゼウスで行く ビワイチ その2

さて、ビワイチ二日目。

ビワイチ 2024 その2
近江中庄駅から出発します。

ビワイチ 2024 その2
今日は、湖畔沿いの風車街道を走ります。

ビワイチ 2024 その2
昨日とは打って変わって風も無く、霞が漂う春の風景です。

ビワイチ 2024 その2
暫く走るとバイパスと合流します。そのバイパスに沿って走る
延々と続く側道を走ります。

ビワイチ 2024 その2
そして、また湖岸に出て進むと湖の中に鳥居が見えてきました。

ビワイチ 2024 その2
白髭神社です。

ビワイチ 2024 その2
湖の水は澄みきっています。流石、湖北。

ビワイチ 2024 その2
湖岸の昔の町並みを残した集落を走ります。

ビワイチ 2024 その2
屋並みが綺麗です。

ビワイチ 2024 その2
良い感じの自転車屋さん。

ビワイチ 2024 その2
まったりと犬が日向ぼっこ。長閑な風景です。

ビワイチ 2024 その2
自転車専用道路を進みます。

ビワイチ 2024 その2
北比叡の山々。

ビワイチ 2024 その2
対岸は、昨日出発した米原辺り。

やがて、琵琶湖大橋が見えて来ました。
今回のビワイチは琵琶湖大橋を渡るショートカットコース。
この橋を渡ります。

ビワイチ 2024 その2
まあまあの高さ。高所恐怖症の亀としては、あまり嬉しい景色
ではありませんが、昨日から今日に掛けて走った湖北の景色が
見渡せます。

ビワイチ 2024 その2
琵琶湖大橋を下って、西岸から東岸を走ります。

ビワイチ 2024 その2
菜の花越しに雪を抱いた比叡の山々。

湖岸沿いの道を走りながら昨日から気になっていた事。それは、
琵琶湖には、沢山の川から水が注がれているのですが、その川
の大半が一級河川です。その水が流れ込む川は一級河川にして
は、川幅も川の長さも一級河川らしくはありません。しかし、殆どの
川が一級河川となっています。
何故?

ビワイチ 2024 その2
安土城跡。

ビワイチ 2024 その2
そして、彦根の城下町にやってきました。

ビワイチ 2024 その2
彦根城。

そして、本日の宿。
この辺りで一番安い宿を見つけて泊まります。
宿は何処と探したら、宿と同じ名前の食堂が在ります。食堂の
敷地内に入ると広い駐車場があり、大型のトラックが沢山駐車
しています。建物に入るとトラックステーションと書いてあり
ます。そういえば、宿の名前の下にTSと書いてあって何の略
だろうと思ったのですが、トラックステーションの略でした。

ビワイチ 2024 その2
さて、このお宿、ゲストハウス並みのお値段ながらドミトリー
では無くビジネスホテル並みの個室で、大浴場は24時間自由
に入れて、食堂は、午前6時から午後10時迄営業をしている
スグレモノの施設です。
おまけに朝定食が宿泊費に含まれています。
更には、此処から歩いて15分程の場所に駅が在ります。

ビワイチ 2024 その2
こんな施設が全国に何箇所も在るそうです。

ビワイチ 2024 その2
宿にあった業界新聞に書いてありました。

まあ、トラック運転者しか知らない世界を垣間見た瞬間であり
ました。世の中、まだまだ知らない事はあります。

ビワイチ 2024 その2
そして、食堂の食券の一覧表の端に入浴券の表示が・・・
立ち寄ったトラック運転手が食堂の自動販売機で食券と入浴券
を買う仕組みになっています。
もちろん一般の方も利用出来ます。トラック運転手は会員で、
一般の人よりも50円お安いようです。

日々の物流を守るトラック運転者の為の施設、なかなか充実を
しています。


チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR