fc2ブログ

地元 鶴見を知る一日 その2

つるみみらい会議
さて、またまた自転車とは関係無いお話の続きです。
前回のお話の中で、鶴見の特徴のひとつに「多文化共生の街」が
在りましたが、今回は、そちらがテーマであります。

亀のブログを読んで頂いている方は、ご存じかと思いますが、亀
の趣味で自転車と双璧をなすものとして、美味しいものを食べる
という事があります。と、いうより、自転車の趣味よりもこちら
の方が上かも知れません。このブログでも、しばしば「ゆるボタ
ぐるめ」と称して、サイクリングをしているのか、美味しいもの
を食べに行っているのか、分からんお話を書いたりしています。
また「走る悦楽 温泉 拉麺 蕎麦 饂飩 」と称してサイクリング
の時に知った美味しいお店を紹介をしていますが、このブログを
見て頂いている方々から、「自転車に関するブログかと思って、
読んでいたらグルメネタで驚いた」とか「いいかげんに、自転車
の話を書け」とお叱りのお言葉を頂きます。

で、誠に申し訳ありませんが、今回は、グルメネタであります。

「多文化共生」
鶴見の街の特徴のひとつですが、様々な国の文化の違いを知って、
お互いを理解するひとつの方法として、その国々の一般的な家庭
料理の成り立ちを知り、作って食べるという料理教室の会が在り、
亀は何回か参加しています。また、その会の講師となった方々も
亀のお散歩会に参加を頂いています。
そして、その方々からのリクエストで、亀のお散歩会でお配りを
するガイドテキストも今迄は、日本酒と英語だけだったのを前回
から、スペイン語とポルトガル語版も用意する事としました。
今後は、リクエストがあれば、更に、中国語や韓国語やベトナム
語やタガログ語やヒンズー語等も作成してみようかと思ってます。

本題からズレてしまいましたが、その多文化共生料理教室、今回
は、その料理教室とその会場となる、潮田地区交流センターとの
コラボイベントである「つるみみらい会議」に参加を致しました。
その日の午前中は「鶴見百景の会」で鶴見川を歩き、午後はこの
会に参加であります。

つるみみらい会議
今回は、料理を作るのでは無く各国のお菓子を頂きながら、今迄、
料理講師をして頂いた方々との会話を楽しむアフタヌーンティー
の会であります。今迄の料理教室は、料理を作る事に意識が集中
して、ゆっくりと会話が出来なかったので、今回は、会話を楽し
もうとの目的です。

今回の構成は、まず各講師からの感想と参加者との質疑応答。
そして、各グループでの講師と参加者との交流を行ないました。

つるみみらい会議

つるみみらい会議
まず、講師からの感想。

アルゼンチンのトマトベースのパスタ料理を教えて頂いたSさん。
亀のお散歩会にご参加頂いている方です。
料理を教えた感想として、次は食べる人になりたいとの事でした。
また、アルゼンチン料理に合うお酒は?との質問には、赤ワイン
とおっしゃっていました。

沖縄料理のもずくの天ぷらを教えて頂いたMさん。
沖縄料理を経営されている方ですが、教えるのは初めてできちん
と教えられるか心配だったとの事。
で、沖縄料理で使うお酒は日本酒で、泡盛は匂いが強すぎるとの
事でした。

ブラジル料理のフェイジョアーダを教えて頂いたIさん。。
料理教室は楽しかったとの事。ブラジル人はビールをよく飲むの
だそうですが、フェイジョアーダを食べる時は、カイピリーニャ
というカクテルを飲むそうで、サトウキビから造るカシェッサと
いうホワイトラムに似たスピリッツにライムと砂糖を入れるのだ
そうです。甘くて飲みやすいのですぐに酔ってしまうのだそう。

フィリピン料理を教えて頂いたAさん。
フィルピンは地域によって様々な料理があるので、代表的な料理
を選ぶのが難しくて、日本のフィルピン料理屋さんではなかなか
食べる事が出来ない野菜を使った家庭料理を作ってみましたとの
事。フィリピンではビールが高いので、ツッバというココナッツ
を原料とした自家製ワインを造って飲むとの事でした。

そして、皆さんに共通の質問として、地元の家庭料理を作る際に
日本では手に入らない食材はありますか?との問いに、殆どの物
が日本で手に入るとの事。皆さん、不便はないようでした。
しかし、フィリピン料理を教えて頂いたAさんは、フィリピンの
料理では、唐辛子の葉を使うのですが、なかなか手に入らないと
の事でした。それが、唯一の手に入らない食材だそうです。

また、日本料理を食べての感想として、全体に砂糖を使った料理
が多くて料理が甘いのが驚いたとの事。また、沢山の料理が個別
に並べられた松花堂弁当のどの料理から食べたらよいのか食べる
順番が分からなかったとの事でした。
また、フィルピンでは、海苔を食べた事が無く、日本に来て海苔
が巻かれたおにぎりの海苔は、ラッピングかと思い剥いて食べた
との事。
また、海の無いボリビアで生まれて育ったので、海胆、いくら、
牡蠣が苦手との事でした。
更に、納豆は苦手という方が多くいらっしゃいました。

また、こんな事がしたいとの問いに、母国では広い庭があって、
庭でバーベキューをよくしていたので、こちらでの家の近くで
バーベキューがしたいとか、同じ母国語で話せる食事会を開催
したいとの声を聞きました。

つるみみらい会議
そして、各国のお菓子頂きながらの意見交換。
各国のお菓子を頂きます。

つるみみらい会議

つるみみらい会議
アルゼンチンのエスカベーチェとアルファホール。
エスカベーチェは、お菓子というよりも、茄子を使ったお酒に
合う料理。地元では、お菓子として楽しまれているそう。丁度、
日本でのお茶受けの漬物といった感じでしょうか。
また、アルファホールは、ビスケットにジャムを挟んだもの。
このジャムが、果物のジャムと餡子を混ぜたような味で、昔、
どこかで食べたような記憶があるジャムでありました。

つるみみらい会議
ブラジルのトルタ・サウガッタ。
キッシュのような生地に、オリーブの実やオイルサーディーン
を入れて焼いたもの。これも、お酒に合いそうです。

つるみみらい会議
沖縄のサータアンダギーと紅芋コロッケ。
本場のサータアンダギーはドーナツより油が少なく、さっぱり
とした味です。

つるみみらい会議
フィリピンのアドボンマニとマンゴーチョコレート。
アドボンマニは、ピーナッツをニンニクオイルで揚げて、塩を
振ったもの。マンゴーチョコレートは、その名の通り、ドライ
マンゴーを地元の名産のチョコレートに浸したもの。
このチョコレートが最高に美味しかったです。

つるみみらい会議
そして、酸味の効いたお米を使ったプディング。
ヨーグルトと甘酒を混ぜたような味です。

さて、今回の「つるみみらい会議」。
お菓子を食べながら、これからの新しいプランが生まれました。
ひとつは、レアールつくの商店街に在る、歌声喫茶を月に一回
開催されてる喫茶店で、スペイン語のカラオケ大会をやろうとの
プランと、この秋に、三ツ池公園で開催予定の多文化共生交流の
イベントで「エンパナーダコンテスト」をやろうとの事です。
エンパナーダは、中南米各国で食べられているソールフード
なのだそうです。そして、その国々や各家庭で、味が異なる我が
家の料理です。そのフェイジョアーダを各講師の方々が作って、
どれが一番気に入ったかを競うコンテストです。

つるみには、既に沖縄の方々のお祭り「ウチナー祭」が開催され、
毎年、多いに賑わっていますが、その他の国々の方の祭りもこれ
から、どんどんと増えてきそうです。
多文化共生の街 鶴見。ますます面白くなりそうです。

さて、陽も暮れて、帰りも鶴見川沿いを歩いて帰ります。

つるみみらい会議
今日は大きな月が出ています。
亀が敬愛する、日本で最も美しい日本語を奏でると感じる西行の短歌に、
「願わくば 花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃」を思い出します。
まあ、当時は旧暦なので、実際は次の月なんですけどね。

地元 鶴見を知る充実した一日でありました。





チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR