fc2ブログ

地元 鶴見を知る一日 その1

今回も前回と同じく自転車とは全く関係無いお話であります。

亀の住む、神奈川県横浜市鶴見区には、独特の風景があります。
南側の海に面した地域には埋め立てられた工業地帯があり、最近
は、工場夜景がすっかり有名になりました。また、大黒埠頭の先
に或る海釣り公園では、様々な江戸間の魚釣りを楽しめます。
鶴見駅の近くでは、沖縄以外の日本の中での最大の沖縄タウン
「リトル沖縄」と呼ばれる仲通り商店街が在ります。そこには、
沖縄から中南米に移住した二世や三世の方達が鶴見に住む沖縄の
親族や友人を頼って鶴見に移住した方々や、中南米や東南アジア
から就労ビザを取得して働いている外国人の方達が多く住まい、
多文化共生の街として、他には無い風景が拡がっています。 
北側には、寺尾を中心とした丘陵地が拡がり、かつては、沢山の
入江となっていて豊富な海産物に恵まれ、縄文時代から多くの人
が暮らしていました。その地は、現在では海が後退してしまい、
他では見られないような沢山の急な坂道が点在していています。
そして、経済界や芸能界の著名な方々が住まう豪邸が建ち並んで
います。
更には、そんな鶴見の街を横断する旧東海道の街道筋の景色や、
縦断する鶴見川の景色等、他では見る事が出来ない様々な景色を
目にする事が出来ます。
 
そんな街の風景を自転車に乗りながら、また、歩きながら眺める
のは楽しいものです。そして、自転車で走って、そのスピードで
流れる風景から感じ取るものと、徒歩での散策のスピードで流れ
る風景から感じ取るものは全く違います。
なので、地元鶴見を感じ取る方法として、自転車乗りと同様に、
お散歩も亀の重要なライフワークのひとつであります。
今回もそんなライフワークのお話であります。

前回は、亀が主催するお散歩の会のお話でありましたが、今回は、
他の方が主催されているお散歩会に亀は参加致しました。この会
は、「鶴見百景の会」という、鶴見らしい印象的な風景を探して
100ケ所を選んで、その風景の写真を盛り込んだカレンダーを
作るという目的でお散歩をする会です。
こちらは、立派なホームページも立ち上げています。ご興味ある
方は、以下をご覧下さい。
「鶴見百景の会」
https://tsuru-meet.sakura.ne.jp/wp/

お散歩で鶴見川
で、亀の主催するお散歩会のテーマである、鶴見の街の歴史と、
その成り立ちという部分と、「鶴見百景の会」のテーマは共通を
しているので、以前から、この会に参加させて頂き、また、亀の
主催するお散歩会とのコラボもさせて頂く間柄となっています。
その「鶴見百景の会」の今回のテーマである鶴見川を歩く会に
参加して来ました。

お散歩で鶴見川

お散歩で鶴見川
鶴見川の水が綺麗になったので、手漕ぎボートのアクティビティ
が盛んです。

お散歩で鶴見川
カヌーもあります。

お散歩で鶴見川
そんなボートは、此処からクレーンで降ろします。

お散歩で鶴見川
JRの線路の鉄橋下。

お散歩で鶴見川
釣り船も係留しています。

お散歩で鶴見川
人に慣れています。

お散歩で鶴見川

お散歩で鶴見川
鶴見川の河口近くの貝殻浜。

天気に恵まれたお散歩会でありました。




チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR