fc2ブログ

お散歩で古道寺尾道を行く

今回は、自転車とは無縁のお話であります。

亀が主催しているお散歩の会、地元の歴史と街の有様を知る為に、
何人かの方と一緒に地元を歩こうという会です。歴史ある場所を
探訪し、商店街の理事の方や古刹の住職や神社の権禰宜の方など
に、地元に関するお話を伺い、スポットスポットでクイズを出し
正解者には景品を贈答し、最後はお食事会という催しであります。

亀の地元である鶴見は、外国の方や中南米で生まれた日系の方が
多く住まわれる多文化の街であります。で、このお散歩の会に、
ご参加される方にも、日本語が分からない方がいるので、お散歩
の案内テキストは、今のところは、日本語と英語とスペイン語と
ポルトガル語を用意しています。今後は、更に、中国語や韓国語
やイタリア語等も準備出来ればと思っています。

さて、今回のタイトルは、「古道 寺尾道を歩く」であります。

古道 寺尾道を行く
まずは、馬場花木園からスタートです。
此処は、この後向かう寺尾城の馬場が在ったところです。今でも
地名がそのままズバリ馬場となっていて、名主の御屋敷に赤門が
そのまま残っている場所でもあります。その近くに自然を残した
庭園の馬場花木園が在ります。

古道 寺尾道を行く
梅が咲き始めた馬場花木園を散策しました。古民家としだれ梅の
前で参加者との記念撮影。そして、このお散歩会恒例のクイズの
第一問をここで行います。

古道 寺尾道を行く
此処から坂道を上がって水道道路を挟んだ先に在るのが寺尾稲荷。
今回のお散歩のタイトルである古道 寺尾道の謂れとなる処です。
この後行く、戦国時代に築城された寺尾城の城主が、実は乗馬が
上手では無く、何とか乗馬が上手になりたいと願を掛けたところ、
乗馬が上手になったという謂れがある稲荷です。
時代は下って江戸時代となり、暇な旗本や江戸詰めの地方武士が
物見遊山の場所として、また、乗馬が上手になる為に願を掛けに
この稲荷を訪れたそうです。その江戸から旧東海道を歩いて鶴見
から分かれて、この神社に向かう道が寺尾道といわれて、かつて
は大変賑わったのだそうです。
後程、その道を下って鶴見迄向かいますが、その前に、この稲荷
に願を掛けた城主の住まう寺尾城に向かいます。

古道 寺尾道を行く
急坂を上がります。

古道 寺尾道を行く
さて、着きました寺尾城跡。
何もお城の痕跡はありません。
此処から見渡せるはずの鶴見の海。
かつては、この城の下迄海が拡がり、深い入り江の岬の上にこの
寺尾城が在ったのだそうです。当時の様子を妄想しながら、当時
の人達の暮らしを想像するのも史跡巡りの愉しみのひとつです。

さて、此処から水道道路を辿ってから古道 寺尾道を下り、鶴見
の街迄歩きます。

古道 寺尾道を行く
さあ、見えてきたのが、知る人ぞ知る水道配水塔。
その名の通り、水道道は水道の主管が通っています。その水道の
水をこの辺りで一番高い場所に在るこの水道配水塔に貯めていた
のだそうです。現在は、常にポンプで水を流しているので、この
水道塔は使われていませんが、この辺りのランドマークとして、
保存をされているそうです。

さて、ここから国道1号線を跨ぐ響橋、この辺りでは通称めがね
橋と呼んでいる橋を渡って左に曲がって進みます。
今回歩く道の反対側である、旧東海道から寺尾道に入る分岐点と、
その先に在る佃野商店街を通って、響き橋辺りを寺尾道が通って
いる事は分かっているのですが、その間がどうも判然としません。
で、今回は、古道の特徴である尾根道に一番近いと思われる幸運
坂から諏訪坂を通って佃野商店街に入ります。

古道 寺尾道を行く
さて、この先の古道 寺尾道ですが、現在は、JR東海道線線路
で分断されてしまっています。なので、少し迂回して旧東海道に
出ます。そして、旧東海道を鶴見川方面に進み、かつて旧東海道
と寺尾道が分岐していた場所に立つ碑に到着しました。

古道 寺尾道を行く
最後は、東海道を歩き鶴見川を越えて鶴見市場に在る香港料理の
レストランでランチを皆さんで頂きました。

今回は、多文化共生の街鶴見にふさわしく、日本語・英語・スペ
イン語・ポルトガル語を話す方々とご一緒に散策する事が出来て、
鶴見の歴史や各々生まれ育った場所の事など知る事が出来ました。
また、楽しい会話と美味しい料理を頂きながらのランチの一時を
過ごす事が出来ました。ご参加頂いた皆さん、ありがとうござい
ました。


------------------------------------------------------------

Today's topic is ' We walked along the old road Terao-Michi '.

I organise walks. We have done five walks in the past with
some people, mainly in the Tsurumi ward. This was the sixth
time we held a walking party.

The origin of the Terao Road is that during the Warring
States period, the lord of Terao Castle was not very good
at horse riding, so he prayed day and night to Terao Inari
and became very good at riding. On hearing that many
warriors from all over the country came to Terao Inari to
pray for safety on horseback and improvement in horsemanship.
It became a very crowded there.
This time, we started from Baba Kaboku-en, and then we walk
along the old road Terao-Michi connecting to the old Tokaido
Highway. And we were joined by people from Central and South
America who had moved to Tsurumi, so we prepared guide texts
in Japanese, English, Spanish and Portuguese, and we started
with a greeting in the language of each country.

・We strolled through Baba Kaboku-en, Then we did the first
question of this walk's regular quiz here.
・Terao Inari is located a short walk up the hill from Baba
Kaboku-en. This is the main place for this event. It's a
small shrine with no other visitors. It must have been
crowded with people in the past, but not anymore now.
・We headed up the steep hill to the ruins of Terao Castle.
This is the highest hill castle in the area. Nowadays, the
area is lined with houses and there is no trace of those
days. But bottom of this hill used to be a bay. Imagining
what it's like back then, One of the pleasures of visiting
historic sites is to imagine how people lived in those days.
・We walked down and along the waterworks road ' Suido-miti '
to the water tower. This water tower was built to
distribute water to the higher ground in the Terao area.
The water is now distributed by pumps. The water tower has
now been replaced by a pump, but is preserved as a landmark
in the Terao area. It's a little-known historical building.
・We continued along the water supply road ' Suido-miti ',
crossed the Hibiki Bridge and headed down Terao Michi
towards the Rare Tsukuno shopping street. We know that it's
an old road, but the route between crossing the Hibiki
Bridge and the Rare Tsukuno shopping street is unknown. So,
this time, we went from Koufuk Slope to Suwa Slope.
・We went out to the Misumi intersection and wanted to
follow the old road Terao-Michi to the old road Tokaido
Highway, but that road is now cut off by the JR line. So we
took the road towards Tsurumi Ward Office, and walked to the
monument on the Terao Road, which branches off from Tokaido
and heads towards Terao Inari.
・We then walked along the Tokaido, crossed the Tsurumi
River and had lunch at a Hong Kong restaurant in Tsurumi
Market.

This time we were able to walk with people speaking
Japanese, English, Spanish and Portuguese, as befits the
multicultural city of Tsurumi, and learn about the history
of Tsurumi and the places where they were born and raised.
We also had a lunch time with good conversation and
delicious food.

That's all, Thank you.






チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR