fc2ブログ

トーエーランドナーで行く 本州最南端 新宮-串本 潮岬

さあ、今日はいよいよ本州最南端の潮岬のクレ崎目指して走り
ます。

昨日の雨は上がりましたが、まだ路面は濡れています。
今日、本州最南端に行った後は帰路に就くので、予約した電車
に乗らないとならないので、その予約した電車に乗り遅れる事
がないようにしなければなりません。なので、少し時間に余裕
を持ってまだ暗い早朝に出発します。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
線路に沿った道を進みます。
今日は、昨日の強い南からの向かい風とは違い、北風ながらも
暖かな追い風。気持ち良く走る事が出来ます。
また、道も大したアップダウンも無く、予定よりも早く串本に
到着しそうです。

空が明るくなってきました。
雨上がりで、空気はもっちりと湿り気を含んでまとわりついて
きますが、暑くも寒くもないので不快ではありません。また、
昨日の雨に濡れた蜜柑の香りが辺りに漂います。
そして、静かな波音を立てる渚と様々な鳥の声。まるでハワイ
の朝のようです。これこそが、南の海沿いを走る楽しい味わい
です。

さて、道程の半分程度の所迄をを追い風に助けられ、約1時間
程で走ってしまいました。この分だと予想よりもかなり早くに
串本に着いてしまい、何処かで電車待ちの時間を潰さなくては
なりません。なので大地の町に寄り道します。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
この太地町。イルカとクジラ漁で有名な所。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
深い入り江、大きな船が停泊する事が出来たのでしょう。
今はもう亡くなられてしまいましたが、日本に定住して生涯を
過ごされたイギリス人の作家の方が書いた、この大地を舞台に
した小説をかなり以前に読んだ亀は太地町を一度は訪れたいと
思っていたのでした。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
山あいの道となりますが、平坦な道です。
太地町から串本迄の道は、案外と平坦で、気持ち良く走る事が
出来ました。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
彼方に見えるのが串本の町。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
面白い形の岩です。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
そしてこれが串本名物、橋杭岩。

そして、本州最南端の潮岬に向う道を進みます。
大抵の日本の端っこには付き物の急な坂道。100メートル位
上ったのでしょうか? 
此処からは緩やかなアップダウンが続きます。しかし、大抵の
日本の端っこには付き物の下って上がるが、当たり前ですが、
この本州最南端では、その上がったら下がるが無くて、上った
ままで最南端の場所に着く事が出来ました。
と、いう事は、帰りは上がらずに下るだけです。嬉しい端っこ
であります。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
芝生保護の為、此処の端っこには徒歩でしか行けません。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本


トーエーランドナーで行く 新宮-串本
本州最南端の碑が、ふたつもあります。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
此処が本当の最南端のクレ崎。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
本州最南端の沖で釣りを楽しんでいる人達がいます。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
潮岬の灯台。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
南紀の景色。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本


トーエーランドナーで行く 新宮-串本
さて、JR串本の駅から輪行する為に戻ります。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
サイクルツーリングを推奨している地だけあって、ちゃんと、
駅構内に輪行スペースを設けています。都市部の駅では、少し
でも駅の敷地に入って輪行の準備をしていると、駅の敷地から
出ていくように係の人から言われますが、此処ではそんな事は
ありません。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
また、思いの他、早く串本駅に着いたので、早い電車に乗ろう
と駅員に相談したら、券売機からコールセンターを呼び出して、
指定特急券の変更が、互いの顔を映像で見ながら変更が出来る
事を知りました。

トーエーランドナーで行く 新宮-串本
所定の場所に指定特急券などを置けば、カメラで、その内容を
コールセンターの担当者が判るようになっています。
今迄は、地方の小さな駅では、指定席券の変更等の対応が出来
なかったり、みどりの窓口で延々と並ぶしかなかったのですが、
このシステムで、迅速で、かつ、心地良く、乗る電車の変更を
する事が出来ました。世の中便利になったものです。

と、いう事で、まだ行っていない日本列島の端っこは、残りは、
2ケ所となりました。まだまだ、楽しみは残っています。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR