FC2ブログ

散歩で行く 我が家の近くの鬼階段

我が家の近くに、丘の上迄続く鬼のような階段を見つけました。
鶴見川を挟んだ対岸の丘に張り付くように在る長い階段です。
この地に住み30年以上経ちますが、その階段を見つけたのは
初めてです。今更感はありますが、そんなにつくづくと鶴見川
の対岸の丘を眺めた事はありませんでした。これもコロナ禍の
おかげでありましょうか。

鬼階段
そんな長い階段、行ってみたくなりました。
で、徒歩で向かいます。まだ、コロナ禍の緊急事態宣言が解除
が解除が延期され、もし、自転車で向かって交通事故でも巻き
込まれたら大変です。なので徒歩。まあ、階段見に行くという
事もあるので、自転車では無くて徒歩であります。

鬼階段
いつものように鶴見川を渡って対岸に出て、階段が在りそうな
道を進みます。
と、丘に上がる坂道と階段が在りました。

鬼階段
まず、坂道を進みます。

鬼階段
斜度14%、なかなかの坂道です。

鬼階段
と、途中で行き止まり。坂を下ってしまいます。

鬼階段
で、お目当ての階段。丘の上にと続いています。
まるで、しまなみ海道に繋がる広島の尾道の風景のようです。

階段なので自転車では上がれません。
階段の脇には、自転車を押して上がれるような細いスロープが
在りますが、まあ、良い子は、ここは自転車乗って上がっては
いけません。押して上がるか担いで上がるかです。
担いで上がるといえば、いつもヴィンテージライドで、ご一緒
するTさんは若かりし頃、自転車担いで富士山の山頂迄、登り
キャタビラ道を自転車に跨って疾走して下って行ったという、
とびきりの超変態坂バカの偉大なるレジェンドであります。
その彼ならばここの階段を自転車担いで上がる事でしょうが、
亀はようしません。
で、えっちらおっちらと階段を上がります。

鬼階段
階段を上がる事155段。階段の上に着きました。
と、その途中からもうひとつの階段に合流します。合流という
よりも、こちらが階段の本道のようで、今、上がってきた坂道
は、脇道であります。
で、その本道の坂道。どうもこちらが我が家から見つけた坂道
のようです。坂の下の道迄階段は続いているので、先程の階段
よりも段数は遙かに多そう。

さて、丘の上を末吉橋の方角に進みます。
丁度、鶴見川と三ツ池公園の丘の間に、この丘が在ります。

鬼階段
三ツ池公園側に下る階段が在ります。

鬼階段
尾根上の道を進みます。自動車が走って行くのでこの先は行き
止まりでは無さそうです。

鬼階段
三ツ池公園の駐車場が見えます。

鬼階段
そして、その反対側には鶴見川から川崎駅、我が家の方角の街
並みが続きます。

鬼階段
三ッ池公園に繋がる道を境にして、兜塚迄、伸びる丘の稜線に
張り付いた家々が見えます。

かつて、この左側の三ツ池公園の先の県立鶴見高校の脇に在る、
貝塚辺りから下には兜塚に至る丘に囲まれた深い入江が拡がり、
この丘が、広く続く東京湾の波を防ぐ岬の役目をしていた光景
が想像出来ます。きっと縄文の頃からこの辺りには集落が在り、
この光景を当時の人々は見ていたんだろうと、想像してしまい
ます。

鬼階段
さて、丘を下ります。

鬼階段
斜度20%超え。ワハハハ。

コロナ禍のおかげでよいものを見つける事が出来ました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
北寺尾に友人が住んでいたので土地勘があるのですが、この界隈も小刻みに急斜面な場所がありますよね。去年まで住んでいた南区も同じ感じでしたよ。
階段登ってどこに繋がるのかワクワクしながら登ったら行き止まりな場所も多々ありました。運動不足解消どころか、自転車よりハードだったりもしますよね。

No title

ぶとぼそさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

そう、結構な階段ありますね。
そこに住んでいらっしゃる方、日々の生活はどうされているんでしょうかと気になります。外出は必ず自分で自動車を運転。または、運転手さんがいて、買い物はお手伝いさんにお願いしての裕福な日常?
色々と想像してしまいます。
間違いなく、このコロナ禍が無ければ、この階段を発見する事も、さらには、階段を上がる事も無かったと思います。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR