FC2ブログ

ランドナーで行く 九州縦断 その1 福岡-日田

本州縦断を終えてから、改めて日本縦断をしてみたくなりました。
そして、9月は北海道最東端の納沙布岬迄、帯広からランドナー
で走りました。
で、今回は南に飛んで、九州縦断をランドナーで走ってみます。

10月上旬、まだ日中の気温は20度を上回る中、羽田空港から
福岡空港迄向かいます。

今回の飛行機、エアバスA350のJクラス。本革張りの大きな
シート。大変座り心地が良く、1時間弱のフライトでは座り足ら
ずもっとずっと座っていたい気分です。

そして、目の前のディスプレイでは、機体前方からと垂直尾翼の
上にあるカメラからライブ映像を観る事が出来ます。飛行機好き
には堪らないでしょうね。

福岡-日田
で、無事、福岡空港から出発します。
本当は空港の反対側に出たかったのですが、そう上手くはいかず、
空港をグルッと廻って博多駅を過ぎ、ようやく日田方面に向かう
道となりました。

福岡-日田
で、まずは腹ごしらえ。で、昔懐かしいラーメン。
そして、かしわのおにぎり。
この後、暫く走って太宰治天満宮目指して進みます。

福岡-日田
この左側の道が、古の都人が歩いた道でありました。

福岡-日田
坂本神社に到着。

福岡-日田
あの令和の基となった、和歌の石碑がありました。
でも、この歌から令和を引っ張り出すのは、かなり強引なやり方
と思われます。この歌の作者が生きていたら、作者の意図からは
大いに逸脱したものであり、また、無許可の二次使用侵害で訴え
られたかも知れません。まあ、既に著作権の期限は切れているし、
作者自身が、もう生きていない事が分かっていたからこそ、引用
をしたんでしょうけど・・・

福岡-日田
で、その隣に在るのが、太宰府史跡。
本日快晴。台風が近づいているようですが、台風、本当にやって
来るのでしょうか?

福岡-日田
昔は、ここに立派な施設があったのでしょう。今でいう、イミグ
レーションと迎賓館みたいなもの。
イミグレーションといっても、随分と海岸線からは離れています。
きっと、洪水と影響を避けるのと、もし、海沿いからの侵略で、
すぐに占拠されないようにする為、葦原だったであろう中洲地帯
から離れて建てられたのでしょう。

福岡-日田
そして、少し海側に戻った丘の斜面に建つのが、太宰府天満宮。

福岡-日田
すっかり、こちらの方が有名になってしまいました。

福岡-日田
で、お詣りして、お目当ての梅が枝餅。
亀の大好物のドルチェのうちのひとつ。

さて、ここ迄、福岡空港をグルッと廻り博多駅前を通り大回りを
してラーメン食べてと、すっかり道草をしてしまいました。
これからも一直線に本日のお宿の日田目指して走ります。

で、また例の如く道を間違え、上がらなくてもよい坂道を上り、
グルグルと走り国道3号線に出ます。此処から久留米迄24km
強い追風に背中を押されて、トップギヤで走ります。滅多に無い
ランドナーでの快走でありました。

福岡-日田
筑紫平野に拡がる金色の稲穂。
亀は、邪馬台国九州説を応援していますが、この広い筑紫平野を
見ていると、さぞ、昔は、このお米を食べる多くの人々が住む、
経済力の高い国々が、この九州北部に在った事でありましょう。
その経済力を基に、多くの小国が出来て繁栄していたのだろうと
想像してしまいます。

福岡-日田
昔懐かしい町並みが続きます。

福岡-日田
で、久留米を過ぎて道を左側に曲がると、斜め前からの向かい風
に変わります。ペースを落として進みます。

道は川沿いとなり、坂道を上り、ダム湖を超えて進むと、やがて
街が見えて来ます。日田の街です。
細い川沿いの道から、大きな街が見えて来るアプローチが、昨年
の秋に走った会津田島を思い出させてくれます。また、山あいに
拡がった盆地の地形は、京都にも似ています。

本日の宿を探して街中をウロウロします。

福岡-日田

福岡-日田

福岡-日田
昔の町並みを彷彿とさせる豆田町。
夕暮れの落ち着いた風情が似合います。

で、宿に到着。
本日の宿は、源泉掛け流しの温泉。
適度のお湯の温度と匂いの無い単純泉。いんや~、走った疲れが
ほどけます。

福岡-日田
で、宿で頂いた GO TO トラベルの地域共通クーポン。
期限は明日迄、こんなに使うところあるんでしょうか?







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR