FC2ブログ

ランドナーで行く 北海道 厚岸-根室

4日目は、根室迄の約100kmのコース。


このコースは、小さなアップダウンが続くコースとなります。

今日は、厚岸から根室迄走ります。
根室迄のルートはふたつ。内陸側を進む国道と海沿いを進んで、
霧多布湿原を通って国道に合流するのルート。さてどちらの道を
進もうかと悩んでいたら、出掛けに宿の方から、海沿いは景色が
綺麗ですよと、お奨めを頂いたので、海沿いのルートを走る事に
します。

厚岸-根室
緩やかな坂道を上り、丘の上の道を進みます。
そして、小さなアップダウンを繰り返しながら標高100m前後
の丘を進みます。
今日の行程は比較的余裕があるので、時速15km位を目安に、
ゆっくり走ります。
亀はサイクルコンピュータを持っていないので、道標にあるキロ
メートル表示を目安に走ります。時速15kmだと1kmを4分
で走る計算となります。時速20kmだと3分、時速25kmだ
と2分20秒少し、時速30kmだと2分、時速35km以上は
よう走りません。

厚岸-根室
国道と違い、静かな道を進みます。熊に遭ったらどうしょう。

そういえば、北海道に着いてから虫の音を殆ど聴いていません。
秋なのにね。

厚岸-根室
動物注意の看板。
いたる所に在ります。そして、いたる所に居る蝦夷鹿。

暫くアップダウンの続く道を走り、やがて海が見えてきました。

厚岸-根室

厚岸-根室

厚岸-根室

厚岸-根室
まるで日本じゃないような景色。

厚岸-根室
昆布を干しています。

厚岸-根室
北海道名物の大きな蕗。
コロポックル伝説は、こんな大きな蕗を知らない人達を騙す為の
悪戯だったのではないかと思ってしまいます。ランドナーもミニ
ベロに見えてしまいます。

厚岸-根室
霧多布の湿原が見えて来ました。
釧路湿原は有名ですが、霧多布湿原は始めて聞く湿原です。

厚岸-根室
その湿原の脇を走ります。
走っていて、亀は、ひょっとしたら、江戸時代前の江戸はこんな
景色だったんじゃなかろうかと連想してしまいます。

丘の上から見た景色は、さしずめ、高輪の御殿山から芝の方角を
見た景色。

そこからおよそ20分程走った辺りが日本橋辺り。

厚岸-根室
江戸にはこんな島在りませんけど。
でも、江戸城が出来る前の京橋辺りは、前島といって島が在り、
江戸城のお濠は、浅い入江になっていたというので、こんな風景
だったのかも知れません。
そして、また丘に上がる道は、埋め立てで切崩された神田山。
妄想は膨らみます。

豊臣秀吉から江戸にと言われ、三河から離れて初めて当時の江戸
を観た、徳川家康はどう思ったのでしょうか?
葦の生い茂る原野を観て、とほほと思ったのか、又は、こんなに
広い手付かずの土地を、ゼロから好きなように開拓出来る喜びに
震えたのか?
亀の場合は、後者です。

さて、丘に上り真っ直ぐの平坦な道を進みます。今迄の向かい風
が追い風に変わり、トップギヤでビュンビュン進みます。

気持ち良いね。

そして丁字路で国道に合流します。

厚岸-根室
この国道も延々真っ直ぐな道が続きます。ただ平坦では無いのと、
向かい風なのがちょっと残念。

厚岸-根室
その国道を延々と走って、丘を下り橋が見えて来ました。
この橋を渡ると根室も、もうすぐてす。

厚岸-根室
国境の街です。

厚岸-根室
海岸線の左側には北方四島が見えて来ました。島迄の距離感は、
伊豆半島から見た伊豆大島のよう。

厚岸-根室
さて、最後のアップダウンを越えれば、根室の街となります。

厚岸-根室
で、日本最東端の駅、根室駅に到着です。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR