FC2ブログ

東海道 その3 辻堂-箱根湯本 梅

東海道を行く、パート3です。

前回パンクのために辻堂で断念した、東海道を日本橋から進む旅、
尺取り虫風ではありますが、着実に進んでおります。

東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本

輪行袋から取り出し、いざ出発です。

辻堂駅から旧東海道までの道は、新しく整備された道でとても走り
易い道です。時刻は午前9時前、まだ道は空いています。

辻堂から平塚にかけては昔の風情を感じる道筋、かつては東海道を
行き来した人達の気配を感じる道筋です。
脇を自動車が走りますが、何故かほっとするような道筋です。

東海道 辻堂-箱根湯本
少し走ると、路側帯に自転車専用と書かれています。
この時は、まだ準備中との看板がありましたが、3月末には正式に
発足するようです。ここはロードバイクが箱根を目指して多く走る
道路です。あちこちでこんな道が増えるといいですね。

東海道 辻堂-箱根湯本
雪をかぶった富士山です。

東海道 辻堂-箱根湯本
鶴嶺八幡宮の大鳥居です。
一度は行ってみたいと思っていた神社、参道を進みます。

東海道 辻堂-箱根湯本
ここからは玉砂利、歩いて進みます。
この神社の由来は、源氏が関東に進出する際最初に創建した八幡宮
だそうです。あの鶴岡八幡宮よりも古い八幡様となります。

さて、東海道を箱根目指して上ります。

東海道 辻堂-箱根湯本
大磯です。
亀の好きな西行に謂れのある碑です。
亀と同じく西行に憧れた商人で、若くして隠居し歌の世界に遊んだ
大淀三千風という人が西行を偲んで建てた鴫立庵が、再建されてい
ます。
ちなみにここで、歌われたといわれる西行の歌は、

心なき 身にも哀れは 知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の 秋の夕暮

となります。

東海道の松並木を走っていると、これまた、引き込まれそうな神社
の看板があります。
参道は東海道線の線路を潜り、その先の神社に続きます。
ここも、一度は寄ってみようと思っていた神社です。

東海道 辻堂-箱根湯本
六所神社です。

東海道 辻堂-箱根湯本
由来は奈良時代よりも前、出雲から移った人々が奉ったのが始まり。
相模国の総社だそうです。たしかに風格があります。

ここの境内の緋毛氈が敷かれた長椅子を借りて、おにぎりを頂きます。
ランドナーで走る際、2時間毎に一口、二口で済むお腹にたまらない
食事が亀には一番合っています。
そんな時の食事は、おにぎりが一番良いですね。
ともすると、美味しそうなラーメン屋や定食屋が目に入りますが、後
でお腹に響いて後悔する事になります。
気持ちの良い天気の中、小腹に空いた時に食べるおにぎりが最高です。

ところでここの神社、大変フレンドリーです。
お会いする神社の方、皆さん声を掛けて頂きご挨拶されます。
後で神社のホームページをみたら、モデルさんを使ったビジュアル的
に大変分かり易い親しみ易い雰囲気が伝わってきます。
ここを通ったら、いつでも立ち寄りたいそんな神社です。

そんな雰囲気を持った神社だからでしょうか、亀のように引き寄せら
れたサイクリストの方がお参りに来ていました。
ご挨拶したら、最近、国立の方から平塚に引っ越してこられた方で、
近くを探検がてらポタリングされているとの事、昔は輪行もされたと
いう事で、話が弾みます。
こんな初めての方との会話も、サイクリングの魅力のひとつです。

これから曽我の梅を見に行くんです。と神社の方に言うとこの神社の
裏手の公園にも梅が咲いていると教えて頂き、さっそく見に行きます。
東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本

では、本命の曽我の梅を目指します。
暖かくなってきました。
ベストとウインドブレーカーを脱ぎます。
このふたつコンパクトにたためるのですが、ふたつもフロントバック
に入れると、この前のようなランドナーでは無く単なる買い物チャリ
となってしまうので、サドルバックを付けて走ります。

東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本

曽我の梅まつりは終了していました。
でも、梅はまだ真っ盛り。かえって混雑している梅まつりの頃よりも
のんびりと梅を堪能出来ます。
ここでも、小川の土手にランドナーを停めて、土手に座りおにぎりを
一口、青空の下で食べるご飯って何でこんなに美味しいんでしょう?

さて、次は今回の目的の二つ目、小田原で梅干しを購入します。
駅前にある梅干し専門のお店は、昔ながらの梅干しを売るお店、今時
の梅漬けではありません。正真正銘の梅干しです。

さてさて、その次は小田原名物あんパン。
今日は殆どあんパンがありません。以前開店直後の10時に行ったら
予約の方の分が全部はけて殆ど無い状態。その次、11時すぎに行っ
たら次の焼き上がりのタイミングに丁度会ったのか品揃えは、豊富。
で、今回は午後2時、この時間は品薄のようです。

お土産も沢山買ったし、フロントバックをいっぱいにして箱根湯本へ。
途中、大きな蒲鉾屋でちょっと試食をして坂を登ります。

東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本

東海道 辻堂-箱根湯本
事前にルートナビで調べたら、小田原から箱根湯本までは高低差が
100mと結構坂がきついよう見えたのですが、走ってみたら快適な
坂です。我が家の近くの獅子ヶ谷に向かう坂よりも全然快適。
このまま、強羅まで行こうかと思いましたが、そのまま行くと帰りは夜
となりそうなので、箱根路は今度のお楽しみに残し、ここで箱根湯本で
輪行の準備をします。

箱根湯本駅の登りエスカレータの脇で、ランドナーを分解します。
脇のエスカレーターを登る方とは、立って作業をしていると真近の距離
で目と目が合うので、屈んで作業を行います。
よく駅で分解していると声を掛けられる事が多いのですが、エスカレー
ターはどんどん進んでいくので、声を掛けられる事はありません。
割合とスムースに輪行の準備を行う事が出来ました。

さて、これから小田急線に乗って登戸駅まで行き、多摩川沿いを走って
帰宅する事とします。
次回は箱根路、燃えます。











スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR