FC2ブログ

電車に乗って ハンドメイドバイシクル展2020

ハンドメイドバイシクル展
いつもは、自転車に乗って行く「ハンドメイドバイシクル展」。
本日、朝、起きると雨が降っていたので、たまには電車に行くの
もよいかと電車に乗って向かいます。

ハンドメイドバイシクル展
やはり、朝方の雨のせいか、いつもは溢れんばかりの自転車も、
本日はまばら。まあ、昼からは雨が上がったので、自転車で来る
事も出来たのですが、路面が濡れているとあまり走りたくはあり
ません。

ハンドメイドバイシクル展
とはいえ、頑張って自転車で来られた方の中で、気になったのが
この自転車「La SCORSA」。亀は初めて聞くブランドです。
調べてみたら、ナショナルのロードバイクでした。
こんなん、出していたんですね。

で・・・
お宝自転車を拝見させて頂いた後、本題の展示会を拝見致します。

全体を見て回ります。

ハンドメイドバイシクル展
まず、入り口に置いてある古の自転車。
これ、BCCの所蔵なのでしょうか?
中でも亀が気になったのがこれ。

ハンドメイドバイシクル展
1960年の東京オリンピックのロードレースで走った自転車。

その歴史ある自転車の展示の先に、各ビルダーのブースが並んで
います。
今回の出展数は、去年より少し多いような印象を持ちました。
昨年は、このいつもの展示会場の科学技術館では無くて、大井の
流通センターだったので比較は出来ませんが、一昨年開催された
この科学技術館の展示スペースよりも広くなっているようでした。

とはいえ、亀としては、今年の出展ブース全体の印象として少し
大人しい感じを持ちました。もっと尖った展示があってもよいの
ではと感じました。
例えば、一昨年展示されていた、自宅でフレームを組んで溶接が
出来る「家庭用フレームジグ」とか・・・
また、リカンベントの自転車を造れる工房や、3Dプリンターを
使った一品のラグを作ってくれる工房等の出展があったら、興味
が湧いたのにと思いました。

とはいえ、気になった出展もいくつかありました。


ハンドメイドバイシクル展
「エクイリプリウム サイクルワークス」

ハンドメイドバイシクル展

ハンドメイドバイシクル展
綺麗な仕上がりのビルダーさんです。


ハンドメイドバイシクル展
「山音製作所」
もし、オーダーメイドでランドナーのフレームをお願いするなら、
此処と、亀は決めてはいるのですが、なかなか、その踏ん切りが
付かない亀であります。

ハンドメイドバイシクル展
この仕上げ具合が堪らんのであります。

ハンドメイドバイシクル展
さて、いつもは自転車で来る、「ハンドメイドバイシクル展」。
今日は、雨の心配から自転車では無く、電車に乗って来たので、
自転車では行けない皇居の中を散策して帰ります。

ハンドメイドバイシクル展
令和の大嘗祭が行われた施設も解体中。

ハンドメイドバイシクル展
カンツバキが植わっています。

ハンドメイドバイシクル展
満開の梅の木、今年は梅の咲くのも早いよう。

ハンドメイドバイシクル展
梅にメジロ。花札みたい。あれは鶯か・・・

ハンドメイドバイシクル展
武蔵野を再現した雑木林。

ハンドメイドバイシクル展
そして、永らく工事中だった、東京駅前の広場。

ハンドメイドバイシクル展
2020東京オリンピック迄、あと180日であります。

たまには電車に乗り、「ハンドメイドバイシクル展」に行くのも
良いかも知れません。








にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした

ワタシは土曜日に自転車で行きました。
ブログつながりさんや
知り合いとしばらくぶりの再会、
展示とともに楽しめました。

ビルダーさん、メーカーの人と
直接話ができるのは
刺激的ですね。

No title

oryzasativaさん
おはようございます。

土曜日は雨では無かったので、さぞ賑やかだった事でしょうね。

いつもビルダーさんと長話をすると、必ず何か余計なものを買ってしまうので、余りお話をせずに「見るだけ」に徹しました。
ちょっと後ろ髪を引かれましたが、我慢、我慢で拝見させて頂きました。

No title

お疲れさまでした。
日曜は雨予報もあったので、土曜日に来場者は集中したようです。
他の方の情報から昨年よりも来場者は増えていたようですし、オーダーメードの世界観の知名度がもっと広がると良いですよね。
出来合のロードバイクから脱却するサイクリストが増えることを願います。

ラ・スコルサをご存知なかったですか!!
ちょっと世代間ギャップを感じてしまいました。3角クロモリの入門的なサイクリング車ですが、今の50代半ばより下の世代では人気ある市販車でしたよ。

Re: Re: No title

ぶとぼそさん
おはようございます。コメントありがとうございます。

ラ・スコルサ、50代半ばより若い世代の方には人気だったんですね。
60代前半の亀は知りませんでした。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR