FC2ブログ

ヒューレージュビリーのプーリーガイドの交換 その1

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換
さて、手持ちのヒューレージュビリーリアディレーラーのプーリー
ガイドを、ショートからロングに換えてみます。

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換
で、これも新しく手に入れたのが、この工具。

以前、ランドナーに着けていた、このヒューレージュビリーのリア
ディレーラーを、カンパニョーロのベローチェにと交換した際に、
綺麗に掃除をしようと思って、プーリーガイドを外そうとしたので
すが、ネジが奥にあり、普通のボックスレンチでは外す事が出来ま
せんでした。
なので、何軒かのホームセンターを見て廻り、その中の一軒で見つ
けたのが、この工具です。

しかし、この工具もそうですが、その為だけの工具が結構手元には
あります。そのうち、その為だけの工具というタイトルで、纏めて
ブログで紹介しちゃいましょうか?

さて、その、この為だけに使う柄の長いボックスレンチでプーリー
ガイドを外していきます。
で、無事、プーリーゲイジとディレーラー本体を切り離す事に成功
いたしました。

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換
外したスプリングは、二重らせんになってます。珍しい形です。
一重ではテンションが足りなかったのでしょうか?

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換
そして、プーリーガイドとプーリーを外していきます。

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換
が、プーリーゲイジとプーリーを分離する事が出来ません。
プーリーゲイジとプーリーの間の軸受けのパイプが、外れません。
固着しているか、はたまた、圧入されているのかのいずれかのよう
です。

困りました。

で、さらに困った事に、プーリーゲイジのディレーラーに留める側
の形が、ショートゲイジとロングゲージで異なっています。
ロングゲージの留め穴の方が大きく、また、ネジ切りがされていて、
一旦、ネジ状の軸受けのようなものが必要となってくるようです。
さてさて、さらに困った事となりました。

困った時は、何時もお世話になっている綱島の行列が出来る自転車
屋さんに向かいます。

で、今回もゴールデンウィーク直前で、自転車の納車をお休み前に
やらなくてはならずに、その自転車の組み立てで忙しそうにされて
いる、自転車屋さんのご主人に、無理矢理相談をします。

で、相談した結果、
まず、新しいプーリーを用意する。
次に、メタルパテで穴を埋めて、ドリルで穴を開け直して、タップ
立てを行う。
今売っているプーリーは、当時のものよりも軸が細く、プーリーを
留めるネジ穴を小さくする必要があるんだそうです。そしてさらに
ネジを留める為に、その穴にタップ立てが必要なのだそうです。
そして、アルミパイプを短く切って用意する。
これは、プーリーとネジの間に軸受け用のパイプが必要となる為。

ヒューレージュビリープーリーガイドの交換
何だか、またやっかいな事になりました。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

ユーレーはいろんな改造ができるから楽しいですね。
私の場合はサクセスドッパーのプーリーケージをショート化しました。
アルミ板から切り出して作りました。
私は、ロングケージは美的感覚から好きになれないのです。
サクセスドッパーはキャパシティがありすぎるにもかかわらず、なぜかロングケージしかなく、自分で作るしか方法はありませんでした。
ユーレーサクセスはリターンバネを引っ張りばねに交換しライトアクション化しています。
アルビーは横型メカに改造しました。

No title

☆ 輪行菩薩さん
おはようございます。

コメントありがとうございます。

アルミ板からの削り出し、凄いですね。

輪行菩薩さんは、ロングゲージはお好きではないようですね。
亀も実は好きではありません。
カンパのラリーを見た時は、何だこれ??って思いました。
でも、ヒューレージュビリーのロングゲージだけは亀にとっては、別格です。ゲージ単体ではどうよって思うのですが、ディレーラーとして見ると、その曲線美が何ともいえません。

リターンばねの件は、実は亀も心配であります。
ショートとは留める位置も違うし、テンションも違うので、上手く作動するかが心配です。もっとも、その前に華奢なので、のぼり坂で、踏みこんだら曲がってしまうのではないかと思ってしまいます。
プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR