FC2ブログ

鶴見川 市民の森

2013年最後のランです。

身近なところで、まだ行った事が無いところ、新治と三保の市民
の森へと行ってみます。

まずは、いつもの末吉橋から鶴見川沿いを上ります。
新横浜を過ぎ、鴨居を過ぎて鶴見川の本流から支流の恩田川を、
上ります。この分岐点、鶴見川の本流より恩田川の方が流れの量
が多くまた、鶴見川の本流もここでは谷本川となるので、どちら
が鶴見川の本流か迷ってしまいます。

さて、恩田川を上り、十日市場駅あたりで恩田川から離れて新治
の森を目指します。
川を離れると、当然のごとく登り坂となります。
新興住宅街の整備された綺麗な登り坂が続きます。この坂、緩い
坂とはなっていますが、先が見えない長い坂となります。
先が見えないというのは、不安です。不安というよりどこで漕ぐ
のを止めて押していこうかと悩みます。先が見えたなら、ここで
止めようと目安を付けられるのでですが、先が見えないといいや
ここで止めようと押して歩いたら、すぐそこに登りの頂点がやっ
てくると何だ、残念という気持ちになってきます。
まあ、このあたり、坂が嫌いなところでもあり、ついつい登って
しまうところでもあるのですが・・・

市民の森
丘陵の頂点を過ぎ、これから下りとなります。
ところで、新治市民の森はどこなんでしょう?
ルートナビをiPHONで見ると、東名高速道路を超えた位置に
来ている事になっています。
ルートラボをiPHONで見ると、現在位置が西に約30m程、
ずれているので、道を一本間違える事も有り、そのうち混乱して
きて、ついつい、ルートから外れてしまいます。

で、このあたりをうろうろとしていると、森が見えてきます。
市民の森
多分、これが新治の市民の森なんでしょう。

市民の森
細い道が続きます。ここ、自動車では走れない細い道です。

市民の森
やはりここが新治の市民の森でした。

市民の森
市民の森に続く細い道があります。
下りの坂なので、当然、行き着けばまた登りの坂となりそうなの
でここは、パスして眺めるだけにします。
散策をされている方がいますが、自転車の方はいません。

市民の森
変わった風景です。

新治の市民の森から三保の市民の森を目指します。
道なりに進むと16号に出ました。とりあえず、ここを直進して、
向かって、左側にあるはずの三保の市民の森に向かう左折の道を、
探します。

左には、森が拡がっています。
左折する道がありましたが、その先を見ると登り坂です。
つい、今しがた、坂を登って下って来たので、また坂を登りたく
はありません。坂を登らなくてもよい道を探してそのまま16号
を、走ります。

後で地図を見ると、三保の市民の森は、前の写真の変わった風景
の左側に拡がった森のあたりだったようです。
新治の市民の森と三保の市民の森とは、その道を挟み両側だった
ようです。

16号を走りますが、なかなか左に曲がる道はありません。
このまま、進むと高島町に行ってしまうので、多少細くても左折
の道を探します。
中山と標識に書いてる左折の道を見つけてたので、ここを左に曲
がります。
と、登り坂です。
このあたり鶴見川は丘陵の間を流れているようで、鶴見川に戻る
には、どこの道からでも丘を越えて行かなければならないよう
です。

ゆるゆると丘を登り、そして下って鶴見川に出ます。
あとはいつもの道です。












スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR