FC2ブログ

ランドナーで行く 生麦旧東海道まつり

生麦旧東海道祭り
永く鶴見に住んでいて、全く知らなかった「生麦旧東海道まつり」
今年初めて行って来ました。

生麦旧東海道祭り
まずは、産土神の鶴見神社にお詣りします。
頃は七五三、境内では着飾った沢山の家族が、お詣りしてお祓いを
し、その後は記念撮影をしています。今のお子さんは、にこやかに
カメラに向かって写真を撮ってもらっています。
亀の七五三は、着慣れないスーツを着せられて、ぐずっていたのを
思い出します。今のお子さんは、大人しくしていて偉いなぁ~。

そして、今度の週末には、此処鶴見神社の清明宮で、三島由紀夫と
森田必勝の四十八回忌が行われます。
三島由紀夫と鶴見神社の間には、どんな縁があるのかと、ネットで
調べてみたら、鶴見にあるバーに、作家に成り立ての三島由紀夫が
毎晩のように通っていて、そのマスターが、盾の会のメンバーの方
から、三島由紀夫を祀る神社が無いといわれ、その縁で、清明宮を
遷座したんだそうである。
石原裕次郎の墓といい、この三島由起夫のお宮といい、この鶴見は、
昭和のビックネームには縁があるようです。

さて、本題の「生麦旧東海道まつり」。
旧東海道の道筋を彷彿させる、鶴見から生麦にかけての道筋には、
江戸時代より、この近くの海で獲れた魚介類を売る市が立ち、今
に続く魚屋さんが立ち並ぶ、歴史有る通りとなっています。
そこで、年一回、「生麦旧東海道まつり」と銘して屋台が並び、
穴子の天ぷらや、鰺フライ、海老フライ、焼き鳥、モツ煮込み、
等々を販売する賑やかなお祭りです。

お祭り会場の手前の、臨時駐輪場に自転車を停めて、人混みの中
を進みます。

生麦旧東海道祭り
赤貝の殻剥き。

生麦旧東海道祭り
剥き終えた貝殻。
此処は、貝市場としても有名です。

生麦旧東海道祭り
名物、穴子の一本揚げ。
残念ながら、穴子の天ぷらを買う事が出来る整理券は、終了。

生麦旧東海道祭り
魚介類も売っています。

生麦旧東海道祭り
白海老の素揚げ。
美味しそうなので、これをお土産に帰ります。

朝からお酒を飲んでいる方、多し。来年は、徒歩で来ようかなと
思案する亀でした。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR