FC2ブログ

カンパニョーロ 鉄レコ お掃除

カンパニョーロの鉄レコを入手しましたが、使い古されていて結構な
汚れがこびり付いていました。
この汚れが年代を感じると、あえて汚いままでコレクションされる方
も多いと聞きますが、やはり、新品の時により近い状態にしてあげて
使用出来るコンディションを維持するのも、ビンテージコレクターの
あり方ではないかなぁとも考えるので、お掃除をする事にします。
カンパレコード
綺麗になった状態

カンパ鉄レコ
掃除前の状態

パンタグラフの裏やプーリーに、びっしりと年代を感じる汚れが付着
しています。これを丁寧に落としていきます。
今回使うのは、ピカールと以前紹介した新兵器 ポリッシュマシン。
オレンジの洗剤を使うほどは汚れがひどくないので、今回はこれで、
掃除を行います。

まず、どのくらい汚れが付いているのかを確認します。
カンパ鉄レコ

まず、正面からチェックします。
プーリー廻りに油と泥の汚れが付着しています。また、パンタグラフ
の内側もかなり汚れています。
カンパ鉄レコ
裏はどうでしょう?
やはり、プーリー廻りやフレームと接続するねじの付根部分がかなり
汚れています。
このあたりと中心に汚れを取り、磨きをかけていきます。

カンパ鉄レコ
分解します。
パンタグラフとテンションのかかるねじ部分は、スプリングが入って
いるので、分解した後で組み立てる際に、うまく入らないと事なので
ここは日寄って分解しません。

カンパ鉄レコ
プーリー廻りが汚いので、ここは出来るかぎり細かくパーツを分解し
ていきます。

カンパ鉄レコ
特にプーリーは回転部分なので、軸まで外して掃除を行います。

カンパレコード

で、掃除を終了したのがこちら、かなり綺麗になりました。






スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR