FC2ブログ

デローザで行く 岡山-尾道

また今年も「グラン・ツールせとうち」に参加するので、尾道迄
向かいますが、その前に岡山駅で降りて福山駅迄走ります。
何故、真っ直ぐに尾道迄行かないのかというと、まずひとつは、
「グラン・ツールせとうち」は明日開催で、本日は、受付のみと
いう事で、地元に宿泊させて地元にお金を落として貰おうとの、
なかなか良く出来た仕組みなのですが、その為に、前日乗り込み
をするものの、本日は受付しか無いので時間が空いてしまいます。
なので、ついでにどこか走りたいと思ったからであります。
またもうひとつは、自転車で本州縦断を企んでおりまして、今の
ところ、北は日光から京都迄と、南は福山から尾道、飛んで広島
から徳山迄と走っております。
ならば、今回はその間の区間の一部として、岡山から福山迄走り、
福山駅から尾道駅迄は輪行で行き、「グラン・ツールせとうち」
の受付を済ませようとの魂胆であります。

で、まずは新横浜駅からのぞみで岡山駅迄、輪行で向かいます。

岡山-尾道
ほぼ定位置となった、新横浜駅の輪行準備スペース。

岡山-尾道
こんな感じでセッティング。
昨年の徳山からの新幹線の帰りで、ドアセンサーが輪行袋を感知
して、通路のドアが開いたり閉まったりを繰り返していたので、
今回はそんな事が無いよう、後輪も外してコンパクトにした、
「新幹線ドア引っ掛かり防止仕様」と致しました。

さらに、輪行袋をより身近に置いて置けるようにと、車両の一番
後ろの三列の席の窓側、いわゆるAの座席を指定しておきました。
この席なら、座席と後ろの壁の間の隙間に輪行袋を置いて置く事
が出来ます。
ちなみに何故窓側の席にしたかというと、のぞみの場合は、半数
以上の乗客は大抵、大阪駅迄で降りてしまいます。今回、亀は、
大阪駅よりも先の岡山駅迄行くので、通路側の席だと、他の乗客
の出入りの度に席を立つ必要があります。それも煩わしいのと、
さらに、窓側の座席だと壁に電源コンセントが有って便利だから
であります。
なお、仕事で出張の時は通路側。
大抵、大阪迄しか行きませんから・・・

で、新横浜駅のホームに定刻通りにのぞみが入って来ます。
こちらも、定刻に間に合うように、早めに新横浜駅迄走って行き、
大きなトラブルや忘れ物も無く、順調に輪行の準備が出来、お陰
で余った時間を持て余し、ホームのベンチで待ちくたびれた亀は、
えっちらおっちら輪行袋を肩に担いで、のぞみに乗ったのでした。

で、座席を見ると、座席と壁の間には既に荷物が置かれています。
まあ、この場所、最後尾の座席の人の荷物を置く、優先的な場所
では無いし、また、横浜駅も始発駅では無いので、折角この席を
取ったものの、仕方が有りません。なので、こんな事も有ろうか
と、トイレが在り、センサーに引っ掛かりそうに無い広い通路が
有る車両の座席を予約していたのでした。
そこに輪行袋を置いて、乗務員の方に置いて良いかどうかの確認
を致しました。

岡山-尾道
これで、のぞみで岡山駅迄、無事に輪行が出来ました。
しかし、本日もそうでしたが、大きなスーツケースを持った乗客
の方を多く見かけました。これからオリンピックに向けて、益々、
大きな荷物を持った、海外からの観光客が新幹線を利用する事で
しょう。その対策として、座席数を減らしてでも、荷物の収納の
スペースをもっと確保すべきなのではないでしょうか?

岡山-尾道
と、そんな事を考えている亀の思いを無視するかの如く、のぞみ
はさらに順調に走り、岡山駅に到着致しました。

さあ、デローザを組み立てて走り始めます。

走り出すと、いきなり後輪がロックして仕舞います。
降りて後輪を見ると、スプロケット側がエンドから外れています。
輪行で外した後輪を組んだ時に、クイックレリーズを締めるのが
弱すぎたようです。

危ない危ない・・・

で、また走り始めますが、どうも回転が重く感じます。
また停まって確かめます。
後輪を見ると、チェーンで引っ張られたスプロケット側が、前に
ずれてタイヤがフレームのステイに当り擦れています。
どうもクイックレリーズがバカになって、ロック出来なくなって
しまっています。

さて、どうしようと考えます。
普通、予備のクイックレリーズは、持ち合わせません。

ところが、亀は奇跡的に予備のクイックレリーズを持参しており
ました。それは、輪行の際にフロントとリアのエンドを保護する
為に、1セット余計に携帯していたのでした。

岡山-尾道
で、交換したクイックレリーズ。
カンパニョーロのストレート、好きな人はおっと思う一品です。
で、バカになったクイックレリーズは、輪行の時のエンド保護に
使います。こちらは余りテンションが係らないので、多分、使用
に耐える事でしょう。

何だか出だしから不調気味ですが、もうひとつ不具合があります。
それはキャトアイアプリ。記録画面は表示されるのですが、記録
の開始ボタンをタッチしても記録が出来ません。
以前から、時々、こんな症状が有りましたが、再度アプリを立ち
上げたり、少し時間を置くと上手く作動したのですが、今回は、
何度やっても記録が出来ません。
まあ、キャトアイのサイクルコンピュータ買わずに、アプリだけ
タダで使わさせて頂いているので、文句は言えませんが、これ、
サイクルコンピュータを持っていたら、頭に来るだろうなぁ~と
思います。

そんな事や、ホイールを付け直した際に毎回行うブレーキシュー
の左右の間隔調整に、時間を掛けて居たのと、道を間違え、行先
とは反対側の姫路方面に戻ってしまったのに気が付いて、また、
元に戻ったりと、時間を過ごして仕舞い、岡山市を抜けるのに、
二時間以上掛かって仕舞いました。

岡山-尾道
まあ気を取り直して、福山駅目指して走ります。

国道2号線のバイパスを走りますが、こちらも国道1号線と同じ
ように、陸橋は自転車通行禁止となっています。
なので、その度に迂回しなくてはなりません。
そんな迂回を何回か繰り返していると、そのうちに、陸橋でも、
自転車通行禁止の看板が無くなったので、これ幸いと陸橋に進み
ます。

岡山-尾道
延々と続く陸橋、と、いうよりも首都高速のような高架道路。
こんな道、自転車走っていいんでしょうか?
自転車通行禁止の陸橋と、そうで無い陸橋との違いの理由が、今
ひとつ、理解出来ない亀で有りました。

さて、出足に時間が掛かりましたが、緩い傾斜のアップダウンと
追い風のお陰で、ここからは順調に進みます。

さて、福山駅が近づいて来ました。
道標を見ると、尾道迄20キロと書いて有ります。
福山駅から輪行して、尾道駅迄行く時間よりも、このまま走って
尾道迄向かった方が、早いかも知れません。

岡山-尾道
なので、昨年、鞆の浦を通って海岸沿いを走る筈が道を間違えて、
また、福山迄戻って仕舞い、その時に走った尾道迄の道を改めて
今回も走ります。

で、本日一番の長い上り坂を越えて尾道迄、やって来ました。

岡山-尾道
初めて走る尾道商店街、長さの有る商店街です。

岡山-尾道
で、「グラン・ツールせとうち」の受付会場にやって来ました。
ガランとしています。
係の方が数名います。

岡山-尾道
と、「グラン・ツールせとうち」は中止との事。
数日前に、松山の刑務所から脱獄した犯人が、「グラン・ツール
せとうち」のスタートとゴール地点である、向島に潜伏している
らしいので、万が一を考えて残念ながら、中止となってしまった
そうです。
犯人が捕まるのをギリギリ迄待っていて、捕まったら受付開始を
しようと準備していたので残念だったのと、参加者の方には申し
訳ありませんとの事。
でもまあ、これは仕方ありません。

参加費は一部返却させて頂きますとの事ですが、事前準備に掛か
る費用を考えると、返却しなくても良いとは思います。

でも、何で脱獄犯は、あと一歩で本州となるところだったのに、
この向島に留まったんでしょうかね。

とはいえ、亀はこの「グラン・ツールせとうち」に引っ掛けて、
何日かの休暇を取って博多迄行こうと思っていたので、このまま
予定通りに、脱獄犯が潜伏しているだろうと思われる、向島へと
向かいます。

岡山-尾道
これが二泊する宿から見える尾道の街。
窓の下には、渡船に乗って向島から出る人を検問する警察の方が、
雨に濡れながらお仕事をしています。
皆さん、ご苦労様であります。


このルートラボは、事前の準備で作成したもの、この通りには、
走っておりません。






にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
そろそろ、リタイア後の時間を
いかに有意義に過ごすか?
考えてみる事にしました。
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR