fc2ブログ

なんちゃってゼウスで行く ビワイチ その3

ビワイチ 2024 その3
さて、ビワイチ三日目。
今日は、残りの距離を走ります。とはいっても、彦根の少し先
にある鳥居本という駅から出発です。
宿の関係と真鴨料理を食べたいが為に、此処からの出発となり
ました。で、ビワイチ出発地点である米原駅には、ほんの僅か
の距離であります。なので、旧道をゆっくり堪能して進みます。

ビワイチ 2024 その3
此方が彦根方向。

ビワイチ 2024 その3
此方が米原方向。

ビワイチ 2024 その3
そして、道標には、中山道鳥居本宿、江戸から63番目の宿と
書かれています。

ビワイチ 2024 その3
で、出発点である米原駅にと到着しました。
行きは、琵琶湖側の西口でしたが、帰りは、北国街道と中山道
が交わる山側の東口であります。

まあ、今回のビワイチ。日程と宿の関係から琵琶湖大橋を渡る
ビワイチショートコースとなりましたが、無事、琵琶湖を巡る
事が出来ました。
思った程、湖北の山道が厳しくなかったのと、平らな湖畔の道
に有り勝ちな変化の無い退屈な景色が続く事が無く、それなり
に変化のある風景を楽しむ事が出来ました。

また、来たくなる琵琶湖でありました。



チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 鶴見川の桜2024

鶴見川の桜
今年の桜の開花は例年と比べて極端に遅く、花見の予定をして
いた方は、日程の変更で大変な目にあっている事でしょう。

かく言う亀も、友人との花見を予定していたのですが、日程を
変更するかどうか色々調整をした結果、予約をした桜を眺める
事が出来るレストランで、蕾の桜を観ながらのランチを頂く事
となりました。まあ、桜の花は臨めませんでしたが、それなり
に楽しめたので良かったのですが、その日、そのレストランは、
同じような思いで予約したお客さんで満員で、フリーのお客の
方が多く訪れていたのか、お店の看板は閉店でなっていました。
まあ、そんな今年の皆さんが翻弄された桜でありますが、毎度
訪れる鶴見川の桜は、どうだろうかと、桜色のデローザに乗り、
鶴見川をポタします。

鶴見川の桜
鶴見川を暫く走ってようやく早咲きの桜を見つけました。

鶴見川の桜
満開の桜には、鳥が花の蜜を吸いに集まっています。

鶴見川の桜
梅に鶯ならぬ、桜にメジロ。

鶴見川の桜
ソメイヨシノの開花はまだまだのよう。

鶴見川の桜
鴨居の土手の提灯も寂しそうであります。


真っ盛りの桜はこんな様子なのにね。

今年は、お腹いっぱいに桜を堪能する事が出来ませんでした。




チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 江川せせらぎ緑道の桜とチューリップ2024


さて、こちらも期待薄ではありますが、江川せせらぎ緑道の桜
とチューリップはどうかと向かいます。

江川緑道の桜とチューリップ

江川緑道の桜とチューリップ
やはり、桜はおろか、チューリップの花も咲いておりません。

江川緑道の桜とチューリップ
咲いているのはネコヤナギだけ。

今年は、あてが外れました。
此処のチューリップと桜は本当に綺麗なのにね。

桜とチューリップ
ちなみに、これが、2023年の様子。

鶴見川の桜
これは、2022年の様子。

桜デローザ
これは、2021年。
この年は、チューリップが早く咲き過ぎてしまい、桜の満開の
頃はチューリップの花は既に無し。

江川緑道の桜
これは、2020年。

桜とチューリップ
これは、2019年。

この5年間の様子でありました。



チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

猫バカが観る ゴジラー1.0

ゴジラー1.0
先日、映画館で「ゴジラー1.0」を観てきました。
ブログのカテゴリーは、「バスルームでお勉強」となっています
が、今回は、バスルームでは無く映画館でお勉強であります。

アメリカのアカデミー視覚効果賞を受賞したとの事で、そのうち
アマゾンプライムでも、観れるだろうとは思っていたのですが、
テレビ朝日の朝の番組で、コメンテーターの玉川さんが、絶対に
映画館で観た方が良いと力説していたので、だったら平日の空い
ている映画館で、一番良いプレミアム席のすぐ前の真ん中の席で
観てみようと、観てまいりました。
まあ、シニア割で映画は安く観る事が出来るので、限られた人生、
有意義にシニア割を使わない手はありません。

日本人としては初めて受賞した、このアカデミー視覚効果賞。
その受賞理由が、少人数で低予算で製作する事が出来たとあるの
が、少々気になります。先進国の労働賃金と比べて半額近い低い
賃金となってしまった日本、そして、劣悪な労働条件である事で
可能となった少人数と低予算での快挙は、イグノーベル賞を受賞
して大騒ぎしている日本人と似てるのかなと思えてしまいますが、
まあ、天下のハリウッドで認められた事は慶しい事です。

で、映画館で観た感想。
音楽がよかった。

エンディングで流れる、フルオーケストラによるゴジラのテーマ
音楽が最高に良かったです。映画館の音響設備の中で聴くのは、
自宅で聴くのとは全然違ったものでした。この為だけでも映画館
に行く価値はあります。

そして、映画の内容。
猫バカの亀としては、「シン・ゴジラ」でもそうでしたが、この
映画での海を泳ぐゴジラのシーンがとても心に刺さります。
ゴジラが水面から顔を上げて泳ぐシーン。まるで、我が家の猫の
頭を撫でると、喜んでブーブーいうその顔によく似ています。
まあ、猫バカ以外の人からすれば、ゴジラに追いかけられている
そのシーンは、スリルに飛んだ緊迫するシーンなのでしょうが、
猫バカとしては、ほんわかとするシーンです。
丁度、エイリアンの映画で、エイリアンがトゲトゲの歯が沢山に
生えた舌を出すシーンがとても怖いのに対して、有明海の周辺に
住んでいる人達は、この地の特産の魚である「ワラスボ」を思い
出して、思わず「旨そう~」とよだれが出てしまうのと似ており
ます。

また、ゴジラが激怒するシーン。
まるで、我が家の猫が激怒して牙を剥いて「フー」と言っている
時のようであります。その形相はゴジラの激怒よりも怖いのです
が、毎回、その「フー」を見ていると、何だかとても愛らしいな
と思っています。なので、ゴジラの「フー」も、何だがとっても
愛らしい~と思ってしまいます。

そして、亀が感じた「ゴジラー1.0」の監督からのメッセージ。
ひとつ目は、人災と天災は繰り返す事。
ふたつ目は、日本の行政は、決断せずに先送りばかりして責任を
取らない事。
みっつ目は、そんな日本を引っ張っているのは、民衆だという事。
そして、よっつ目は、日本の女性は強い事。

この映画を観終わって、ふと、頭の中に浮かんだのが、子供向け
のゴジラ映画シリーズで流れた、ゴジラの主題歌でありました。
うろ覚えではありますが、その歌詞は、「強いぞゴジラ、強いぞ
ゴジラ、強いぞゴジラ~」だったように記憶しています。
そして、今回は、ゴジラでは無くて、「強いぞ美波、強いぞ美波、
強いぞ美波~」でありました。

もし、まだ映画館で、「ゴジラー1.0」が上映されているので
あれば、ぜひ、足を運ばれる事をお勧めします。



チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村







テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

波照間ブルーをご存じですか?

日本最南端 波照間島
昨年、ロードバイクで日本最南端の島、波照間島に行った時の事、
綺麗なビーチを見つけました。そして、そのビーチの目の前には
海を見渡す事が出来るペンションが建っていました。その光景を
見た瞬間、来年は、このペンションに二日間は滞在するぞと心に
誓った亀でありました。

で、今年。再び、波照間島を目指す亀であります。が、今回は、
自転車を持ち込まずに、シュノーケリングキットを持ち込みます。
このブログ、自転車の事ばかり書いているブログだと思っている
方、自転車ばかりが人生ではありません。時に、自転車を離れて、
自由に伸びやかに人生の愉しみを味わいましょうではありません
か?
まあ、でも、自転車とは別の人生の愉しみにシフトしたら、本来
のタイトルである「55歳からの自転車乗り」を見て興味を持ち、
初めてこのブログをご覧になった方は、驚かれるかと思いますが。

さて、今回は、自転車の輪行袋を持ち込む訳では無いのて、余り
早く飛行機の搭乗時間の前に空港に行く事は無いのでありますが、
長年の習性から、フライト2時間前には成田空港に到着しようと
思い電車に乗りました。
その日は4月1日という事もあって、初めて、会社に出勤する方
が多いせいか、電車は遅れて、空港行きの電車に乗ったものの、
その電車が行き先変更となり空港に行かなくなり、そんな電車を
3本もやり過ごして、やっと、空港行きの電車に乗る事が出来た
のが、最終搭乗締め切り迄あと5分となっていました。

波照間ブルー
余裕を見て、早めに出掛けて良かった。

でも、飛行機の中は満席。
皆さん、どうやって空港迄、たどり着いたのでありましょう?

で、その日は石垣島に宿泊して、翌日、波照間島に向かいました。
石垣島を出船した時は曇り空でしたが、波照間島に着いたら、空
は晴れて輝くような海が見渡せます。

波照間ブルー
この島で一番綺麗なビーチと呼ばれているのが此処。

波照間ブルー

波照間ブルー
滞在するペンションの部屋からの海の眺め。

波照間ブルー
その屋上。

波照間ブルー

波照間ブルー

波照間ブルー
これぞ、波照間ブルー。

波照間ブルー
暮れなずむ夕陽。

波照間ブルー
今回はサイクリングでは無く、シュノーケリング。

波照間ブルー
島で一番綺麗で、無料のシャワーと更衣室とトイレが完備された
浜辺です。


その全体の様子。


波の音。

波照間ブルー

波照間ブルー

波照間ブルー

波照間ブルー
まるで、ハワイのオーシャンビューのホテルからの景色のよう。
ハワイで同じ経験をするのと比較すると1/5のコストで、この
風景を堪能出来ます。

波照間ブルー
こんな場所に来たら、アロハシャツを着てのんびり時を過ごし
たくなります。

波照間ブルー
此処は、亀にとって、京都に継ぐ日本のお勧めの場所です。


チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 三ッ池公園の桜

今年の桜は、のんびりと眺める間も無く散ってしまいました。
その僅かな時を逃さずに、ご近所ではありますが、桜を愛でに
桜色のデローザで向かいます。

三ッ池公園の桜
まずは、鶴見川沿いの桜。対岸の桜の向こうに在る東部病院は、
入院中に桜も花火も特等席で観る事が出来る貴重な病院です。
まあ、花火は、ここ数年前に中止となってしまいましたが・・・
鶴見川沿いを少し走って、環状2号線をこれまた少し走って、
三ッ池公園に到着です。

三ッ池公園の桜

三ッ池公園の桜
こちらも満開の桜。
一度期に、こんなに沢山の桜の花が満開なのは、久しぶりです。

三ッ池公園の桜
いつものゼイゼイ坂も桜が満開。

三ッ池公園の桜

三ッ池公園の桜

三ッ池公園の桜
薄曇りの中の桜も、なかなか趣があります。

三ッ池公園の桜
桜とネモフィラが一緒に観れます。



チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 多摩川の桜

さて、次なるは多摩川。
川崎宿から羽田空港迄、桜を探しつつポタします。

多摩川の桜
多摩川に架かる国道15号線から出発します。
この国道15号線、横浜に住んでいる人は、何故か、国道15
号線を「いちこく」と呼びます。では、国道1号線はいうと、
「にこく」と呼びます。
横浜以外の人と待ち合わせる場合、よくトラブルとなる、横浜
あるあるであります。

多摩川の桜

多摩川の桜
多摩川沿いの桜。
此処は駅から遠いせいか、桜を愛でに来る人は殆どいません。

多摩川の桜
で、少し走ると、多摩川スカイブリッジ。

多摩川の桜
折り返しの多摩川スカイブリッジ。
今日は、北東の風なので、木更津方面から飛行機は着陸します。

今年の桜は短かったね。





チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

デローザ トークリップベルト

デローザ トークリップベルト、作り直します。

トークリップベルト
今年の短い桜を愛でて、ご近所をデローザで走ってみて、ふと、
ペダルを見ると、デローザのベダルに付けているトークリップ
のベルトが切れてしまいました。さて、新しいベルトに交換を
しようと思ったのですが、今、手元には、革の厚手のベルトの
材料がありません。
リタイアしてからは、都内に出掛ける機会も減ってしまって、
出掛けついでに革細工の材料を買いに行事もなくなり、この為
にわざわざ都内に出掛けるのも面倒なので、今ある革の材料で
ベルトを作ってみる事とします。

トークリップベルト
バックなどを作る際、縁取りをする革と同じように、2センチ
幅の革の帯を作ります。

トークリップベルト
そして、両脇を縫っていきます。糸がある事で若干強度が増す
筈です。

トークリップベルト
そして、穴開け。

トークリップベルト
リベットで止め金具を固定します。
ここも強度を増す為に、リベットはダブルで付けます。

トークリップベルト
と、いう事で出来上がり。
今度のはベルトよりも太いので、少しは持ちが良いかも。


チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ エロイカ仕様2024

今年のエロイカジャパンは、今、新しく作っているトーエーの
ランドナーで参加する予定だったのですが、3月に出来上がる
筈の、そのランドナーが、遅れに遅れて5月末頃となるとの事。
3年前にオーダーして作って、昨年事故に遭って全損となって
しまったランナーは3ケ月で出来たのに、また、ランドナーの
人気が復活したようでです。
とはいえ、人気が復活したようです。と、喜んでいる場合では
ありません。エロイカジャパンで走る自転車をどうするかを、
考えなくてはなりません。

エロイカジャパンは、年々、厳しさが増すので、最初のうち、
42Tの24Tで走っていたのですが、そんなギア比では坂道
を上がる事は出来ません。30Tの26Tでも上がる事が出来
るかどうかであります。
亀が持っているチェーンリングとスプロケットは、これが最大
で、この仕様で組む事が出来るのはランドナーとコルナゴだけ
であります。まあ、42Tの24Tよりは若干マシでしょう。

なので、急遽、コルナゴをエロイカ仕様とします。

コルナゴ エロイカ仕様

コルナゴ エロイカ仕様

コルナゴ エロイカ仕様
今の仕様は、36Tの23T。

コルナゴ エロイカ仕様
まず、スプロケットが26T仕様のホイールに交換します。

コルナゴ エロイカ仕様
今の23Tが付いているのが、レコードのホイール。

コルナゴ エロイカ仕様
で、26Tが付いているのがシグマブーペ。
こちらのホイールの方が若干軽めで強度も高いホイールです。
エロイカジャパンの瓦礫のような砂利道でもガンガン走れます。

コルナゴ エロイカ仕様
次はトリプルのクランクセットへの交換。
まずは、ペダルを外します。固着気味で苦労します。

コルナゴ エロイカ仕様
クランクのフッキングボルトを外します。

コルナゴ エロイカ仕様
チェーンを外し、コッタレス抜きでクランクセットを外します。
こちらも、若干固着気味。

コルナゴ エロイカ仕様
BB周りを綺麗にします。こんな時しか出来ません。

コルナゴ エロイカ仕様
右が今のダブルのクラックセット。
左がエロイカ仕様のトリプルのクランクセット。
チェーンも一番小さいチェーンリングに合わせて、若干、駒数
が少ないチェーンに交換します。そうしないと、ロングゲージ
では無いリアディレーラーが追い付かずにチェーンテンション
を保つ事が出来ません。

コルナゴ エロイカ仕様
新たに装着する、52T・40T・30Tのチェーンリング。

コルナゴ エロイカ仕様
固着しないように、たっぷりとグリスを塗り込みます。

コルナゴ エロイカ仕様
で、粘着性の低いチェーンリブを使い、チェーンに沁み込ませ
ます。今までは、クレのグリスオイルを使っていたのですが、
粘着性が高くて汚れがすぐに付いてしまうので、こちらで違い
を試してします。

コルナゴ エロイカ仕様

コルナゴ エロイカ仕様

コルナゴ エロイカ仕様
と、いう事で出来上がり。



チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流

いつも、ゆるポタぐるめでご一緒するAさんから、尾根幹行き
ませんかとお誘いを受けて、久しぶりに尾根幹を走ります。

Aさんは、エロイカジャパンの前に必ず尾根幹を走って坂道を
上がる感覚を確認されているそうです。まあ、亀は、今までは
それ程、エロイカジャパンを走る前のトレーニングは行っては
いませんでしたが、普段、あまり見る事が無いAさんの真摯な
姿に痛み入り、我が身の至らなさとエロイカジャパンを舐めて
いた事を反省して、お誘いに乗らせて頂きました。

我が家を出て多摩川沿いの道を走り、待ち合わせ場所の矢野口
に向かいます。多摩川の土手には、この時期に咲き誇る大根の
花が綺麗に連なっています。今日は、天気も良く、過ごし易い
休日であります。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
待ち合わせのクロスカフェで頂くカフェラテ。
普段は、ストレートコーヒーなのですが、今日の待ち合わせは、
早朝なのでカフェラテであります。
たまにはいいね。カフェラテ。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
で、尾根幹。
今日は、天気が良いのか、沢山の自転車乗りが走っています。
その沢山のカーボンバイクに乗った人達に追い抜かれて尾根幹
を走ります。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
で、長池公園。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
Aさんの自転車。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
エロイカ仕様であります。
亀と同じ30Tの26Tであります。
違うのは、こちらの方がピカピカ。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
で、本日のお目当てその1、見附橋。
昔、四谷駅に架かっていた先代の橋を、此処に移築をしたそう
です。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
今、話題の朝ドラで出てきた橋のロケ地であります。
朝ドラでは、これにCGで路面電車と古い建物を合成して放送
されたとの事。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
で、少し走って、本日のお目当てその2、鶴見川源流。
小さな湧き水の池であります。
さて、此処からは、鶴見川に沿って下り次のお目当てに向かい
走ります。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
で、次なるお目当てその3、
麻生川の桜。麻生川沿いに2kmに渡って桜並木が続きます。
休日のお昼時なのに、とても空いている穴場の花見であります。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
さて、本日最後のお目当てその4、「カフェ WADACHI」。
ジャズと自転車が好きなオーナーのお店。
そのオーナーとAさんの記念写真。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
定期的に入れ替わり、展示されているお客さんの自転車。
今回のは、アレックス・サンジュ。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
やっぱりTAにはストロングライト。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
で、やっぱりジュビリー。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
美味しいビーフストロガノフでした。

コルナゴで行く 尾根幹と鶴見川源流
久し振りに頂くメロンソーダ。
最後に頂いたのは、三越の食堂だったかな。60年も前の事。

今日は天気も良く、エロイカ仕様のコルナゴの調子も確認する
事が出来て、気持ち良く走る事が出来ました。
お誘い頂いたAさん、ありがとうございました。







チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴで行く 中山醤油造り2024 天地返し

さて、本日は醤油造りの途中過程である、天地返し。
今年から参加するJさんをご案内して、その後は毎年醤油絞り
を行うレストランで、その醤油を使ったランチを頂きます。

醤油造り 天地返し
鶴見川を走って中山迄。
いつもの定点撮影ポイント。
すっかり木々が切り払われて、見通しが良くなりました。冬の
空気が澄んだ時には、富士山を見渡す事が出来そうです。
で、鶴見川の桜はまだ散り切っていないので、先日、まだ咲き
始めの桜と咲いてなかったチューリップが満開となり、そして、
まだ咲いているかもと思い、その様子を観に、江川せせらぎ
緑道へと向かいます。

醤油造り 天地返し

醤油造り 天地返し

醤油造り 天地返し

醤油造り 天地返し
まだ、桜とチューリップの花は咲いておりました。

醤油造り 天地返し
桜は葉桜、チューリップの花は開ききっていますが、例年の色
鮮やかな景色を堪能する事が出来ました。

醤油造り 天地返し
で、中山の醤油造りの場所に到着です。

醤油造り 天地返し
この納屋で醤油を熟成させています。

醤油造り 天地返し
2月に仕込んだ醤油。

醤油造り 天地返し
みんなで、手を突っ込んで天地返しをします。

醤油造り 天地返し
醪が攪拌されて色が変わっています。
この作業を週に一回行っていきます。

醤油造り 天地返し
で、その後は、来年の2月に醤油絞りをする古民家レストラン
でランチを頂きます。まだ、桜が残っていました。

醤油造り 天地返し
今日頂くランチは、肉・魚無しの一汁三菜。
一汁五菜や、更に、サイドディッシュもありますが、亀はこの
量で充分です。

まだ、桜が残る穏やかで明るい週末。醤油造りも順調です。





チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

亀の妄想ファンライド 南房総 山海ライン

こんなファンライドのイベントがあったらいいなと思う、お話です。

浜金谷から東京湾沿いを走り、岩井から南房総の山道を千倉迄
行き、海岸線廻りで野島埼から内陸を館山迄走って、浜金谷迄
戻るコースです。

南房総道の駅巡り
浜金谷を出発して岩井から山道を進むと、「道の駅とみさと」
があります。

南房総道の駅巡り
此処のお薦めは、厚焼き玉子が巻かれた巻き寿司とつみれ汁。
この巻き寿司は、地元のお祝い料理なのだそう。

南房総道の駅巡り

南房総道の駅巡り
緩い峠と平坦な田園の道。のんびりゆったり走る事が出来ます。

南房総道の駅巡り
で、次の道の駅の「三芳村鄙の里」。
地元の野菜を売っています。

さて、山間部を抜けて海辺に出ると、「ちくら潮風王国」。

南房総道の駅巡り

南房総道の駅巡り
此処は、魚介類のフードコートが充実しています。

南房総道の駅巡り
そして、野島崎灯台。

南房総道の駅巡り
峠道を進んでこのトンネルを越えると、緩くて長いダウンヒル
を楽しめます。

南房総道の駅巡り
そして、館山湾。また、東京湾へと戻ります。

南房総道の駅巡り
で、最後の道の駅である「きょなん」。

ぐるりと浜金谷に戻ってきました。
全行程約85km。標高は最大で100メートル程度です。
のんびりと楽しみには、最適のコースです。











チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

亀の妄想ファンライド アラウンド ザ ヨナグニアイランド

日本の端から端迄を自転車で縦断した経験から、日本の美しい
景色を生かした自転車で走るファンライドが出来ないかと、亀
が勝手に考えてみた、いわば妄想のファンライドコースです。

日本の各地域には、都会と違い自然が豊かな反面、医療施設を
始めとした生活環境の不便さが地域の活性化を阻害しています。
が、地域の良さを発見した多くの方が移住する事で、地域経済
が活性化し税収も増え、生活環境を維持する継続的なコストが
見込めます。
そんな地域の良さを再発見する事が出来るファンライドという
サイクルイベントが実施されたら良いなと考えて、「亀の妄想
ファンライド」のカテゴリーをブログでアップしてみました。

これを見た坂好きの皆様、並びに近隣の市町村の関係者の皆様、
ぜひ実現して下さい。

こちらも南西の端の島のファンライド。そして、こちらは島を
一周するファンライドであります。

まずは、飛行場から出発します。
飛行場のすぐ近くの集落、組納の町。与那国島の集落の中で、
最も大きな大きな集落です。此処には、お洒落なカフェや昼食
を食べるお店が在ります。此処で、まったりと時を過ごすのも
良いのですが、のんびり時を過ごすと、この先大変な事になる
ので、島一周した後でのんびりとしましょう。

で、此処からが結構な難所です。

日本最西端 与那国島
自転車イベント「エロイカ」で走るような、とんでもない坂が
あります。

日本最西端 与那国島
また、テキサスゲートという道に深い溝が切られた場所があり、
無理に、自転車で激走すると、タイヤがパンクしてしまう事が
あるので要注意です。

日本最西端 与那国島
島を半周すると、TVドラマで有名なロケ地があります。
海岸に面した診療所の建物に行くのは、とんでもない急な坂道
を下らなくてはなりません。多分、ディスクブレーキの自転車
でなければ、自転車に乗って下る事が出来ないかも知れません。
押して歩いても、滑って転んでしまうような坂道です。

日本最西端 与那国島
更に走ると牧草地があり、山羊や与那国馬が放牧されています。

日本最西端 与那国島
そして、日本最西端の岬。
天気が良ければ台湾を臨む事も出来ます。

日本最西端 与那国島
そして、比較的走り易い平坦な道をまっすく進むと、スタート
地点である空港が見えてきます。




チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

亀の妄想ファンライド 西表島半周

西表島
さて、日本の西に位置する西表島。

西表島
自然が沢山残っていて、景色も素晴らしい島です。
その島を南から北に走る約40kmのコースです。


大原港から出発してマングローブが群生する仲間川を渡って、
海岸沿いを走り、水牛で海を渡る由布島を見て、上原港を越え、
景色の素晴らしい星砂の浜迄走るコースです。
そして島だけあって、結構な坂道を楽しめます。
道端には、猪や珍しい鳥や運が良ければイリオモテヤマネコを
見る事も出来ます。

西表島
こんな鳥もいます。
アカショウビン。一升瓶ではありませんよ。

こんな自然豊かな島を自転車でわいわいと走るのは、とても、
愉しい事であります。
これを見た坂好きの皆様、並びに近隣の市町村の関係者の皆様、
ぜひ実現して下さい。


チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

とうとう出ました 金田のバイク

バイクといっても自転車では無く、オートバイの話。
世界のオオトモ先生が世に送り出した「AKIRA」。今迄の
アニメの世界を変えた作品です。これにより多くのクリエータ
が影響を受け、マンガやアニメ界だけで無く、映画界にも多大
な影響を与えたアニメ映画です。また、20年前に2020年
にオリンピックが東京で開催される事を予言したとして、話題
になりました。映画の中で出てくる落書きの「中止だ中止!」
の文字が、今を現わしています。

で、本題ですが、観客の心を鷲掴みにした映画の冒頭シーンに
出てくるのが金田のバイクです。オオトモ先生描く洗練された
その電動バイク。誰か造らないかとず~と思っていたのですが、
ようやく、市販品としての金田のバイクが、売り出される事と
なりました。造ったのはスペインのメーカー。
この手の品物は、アメリカ人造るの好きだけど、スペイン人も
好きなようです。

金田のバイク
今迄、個人の方が造った金田のバイクはいくつかありますが、
正式の販売品として売る出される企業の製品は、多分、今回が
初めてかと思われます。


以下、詳しく紹介されています。動画もあります。
https://jp.ubergizmo.com/2024/02/06/23694/

亀は、自動車免許を返納したし、元々、バイクの免許も持って
いないので、買っても仕方ありませんが、オートバイ好きの方
がいたら、ぜひとも購入して走る様子をユーチューブに挙げて
頂きたいです。もちろん、カプセルのアップリケが付いた赤の
革ジャンでね。

で、これが市販品で販売されたので、次はスーパージェッター
の流星号が発売される事を期待します。
30世紀にならなければ無理か?




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR