fc2ブログ

トーエーランドナー イタリアーノ仕様への道 その1

6月の事、トーエーランドナー仕様を「おフランスざ~んす」
から「イタリーアーノ」に替えるべく交換するカンパニョーロ
のコンポーネンツを磨きなおしましたが、いよいよ、それを、
装着致します。

あれから随分と経ってしまいました。

ランドナー イタリーアーノ
で、こんな感じで分解。
この後に、ディレーラーワイヤーとブレーキワイヤーを交換を
して、次にディレーラーを装着して、ブレーキを装着します。
ブレーキの千鳥の位置をブレーキシューの位置決めに、難儀を
しますが、此処迄は、まあまあ順調に作業が進みます。
しかし、毎度の事でありますが、この先が順調ではありません。
チェーンリングをカンパニョーロのトリプルに付替えるのです
が、チェーンラインがTAとは違うので、BBを交換する必要
があります。

ランドナー イタリーアーノ
さて、そのBBを交換する為の工具を取り出したら、あれま。
蟹目レンチの蟹目ネジが、ご丁寧にも2個とのありません。
さて、何処にいったのか探しますが、見つかりません。

毎度の事でありますが、やれやれです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナー イタリアーノ仕様への道 その2

やれやれ、その2であります。

ランドナー イタリーアーノ
新たに買いました。蟹目レンチ。
このレンチ、しっかり蟹目ネジが外れないようになっています。
有難いね。

で、BBの取り外し作業に入ります。

で、ま、マルチフックで、左ワンのロックリングを外しますが、
外れません。力を入れると、外れてしまいます。
掛かりが悪いのかと、マルチフックを鑢で削りますが、今度は
ロックリングのへこみの淵を舐めちゃいます。

あらら~、どうやら固着しちゃったようです。

ランドナー イタリーアーノ
で、仕方なく、トーエーランドナーを購入した自転車屋さんへ
とTAのチェーンリングを付けて向かいます。

ランドナー イタリーアーノ
カンパニョーロにTAのチェーンリング。
なんか、変です。

で、自転車屋さんの見立てでは、固着を剥がす液剤を掛けて、
何日か置いて様子を見ながら慎重に作業をやらないとならない
との事。なので、入院しなければなりません。
このランドナー、日々の足として重宝しているので、今日から
入院という訳にはいかずにとりあえず、後日、改めてという事
と致しました。

毎度の事ですが、なかなか思うようにはなりません。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

カンパニョーロ トークリップの革巻き

トーエーランドナー イタリアーノ仕様への道、頓挫中であり
ます。
で、その頓挫中の空いた時間を使って、ちょっと手仕事。

トーエーランドナーのイタリーノ仕様のぺダルのトークリップ
の革巻きをします。以前迄は、イタリアーノ仕様の時のぺダル
はカンパニョーロ製なのですが、トークリップは、おフランス
ざ~んす仕様の時のクリストフのトークリップをそのまま使用
していました。なので、トークリップもイタリアーノ仕様で、
統一しようと思います。
で、ガサゴソとパーツが入った箱を探したら、おあつらえ向き
のカンパニョーロのトークリップが出てきました。

トークリップの革巻き
で、早速、革巻きをします。

トークリップの革巻き
こんな感じで出来上がりました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナーで行く 茨城アイガモ水田トラスト 草刈り

これも6月の、お話です。
今日は、茨城アイガモ水田トラストの草取りに、ランドナーで、
いつものように輪行でJR土浦駅迄、向かいます。このところ、
連日のように雨降りだったのですが、今日は久しぶりの土曜日
の晴天。JR川崎駅から乗ったJR高崎駅行きの電車は早朝にも
かかわらずに車内は混み合っています。
コロナ禍以来の混雑、と、いうより、コロナ禍前よりも増して
混雑しています。亀は、リタイアした事もあり、毎日、通勤の
混雑した電車に乗る事が無かったので、混雑慣れしてはおらず、
久しぶりの週末らしからぬ混雑に、少し驚かされました。
で、JR上野駅で乗り換えたJR勝田駅行きの電車は、それ程
の混雑では無くて、ほっとしました。

さて、JR土浦駅で、ランドナーを組み立てて目的地に向かい
ます。

アイガモ水田トラスト 草取り
筑波山が綺麗に見えます。

アイガモ水田トラスト 草取り
足回りは、カンパニョーロのフロントとリアのディレーラーに
TAのチェーンリングです。カンパニョーロのチェーンリング
に着け飼えるのには間に合いませんでした。

アイガモ水田トラスト 草取り
新緑の道を走ります。

アイガモ水田トラスト 草取り
いつもの公民館に集合して、草取りのレクチャーを受けます。
今回取る主な草は稗。稲と良く似た草です。
稲と稗の大きな違いはふたつ。
ひとつ目は、稲は茎の途中に葉耳という、小さな数ミリの白い
綿毛のようなものがあるのに対して、稗はありません。
ふたつ目は、稲の葉っぱは少し硬いのに対して、稗の葉っぱは
柔らかいとの事。
はっきり言ってこのふたつ、素人にはその違いが分かりません。
なので、間違って稲を抜いたら大変なので草取りは慎重になり、
どれ程、草取りの役にたったのかは分かりません。

アイガモ水田トラスト 草取り

アイガモ水田トラスト 草取り
いよいよ草取り。田んぼの中を一列になって進みます。
久し振りの青空です。

アイガモ水田トラスト 草取り
アイガモ達も、いきなり大きくなりました。

さて、お昼ごはんとなります。

アイガモ水田トラスト 草取り

アイガモ水田トラスト 草取り
今年からデビューのタコ焼き倶楽部。
米粉を使った、たこ焼きとカステラ焼きを始めました。

20年程、亀は、お米つくりのお手伝いをしていますが、この
草取りの作業、今回は初めての体験となりました。

新緑に囲まれながらの草取りの作業。気持ちのよいものです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

新たに輪行袋買いました

これも6月のお話であります。

輪行袋
トーエーランドナー用の新たな輪行袋。
今、使用しているのと同じメーカーの同じシリーズのものです。
今、使用しているものは、穴が開いた場所を革で補修していた
のですが、その面積が段々と大きくなり、更に大きな穴が開く
事となり、このあまでは、原型を残さない革の輪行袋となって
しまう恐れがあったからであります。   

で、新しい輪行袋が以前と変わった点。

輪行袋
まずは、ホイールとフレームを留めるベルトの留具の形状が、
変わりました。留具がボタンを押すと外れてふたつに別れます。
これ、ベルトを外す時に便利です。また、締める時も、留具を
一旦別れた状態でベルトを緩めて留具をひとつにして、ベルト
を締めれば、緩まずに留める事が出来ます。
難点をいえば、締める時に留具を強く押さえると、留具が外れ、
ふたつに分かれてしまう事。留具を押える力加減が慣れない迄
は、難儀をします。また、この留具、プラスチック製なので、
何回も外したり着けたりを繰り返したら、留具がバカになって
締める事が出来なくなるかも知れません。

輪行袋
ふたつめは、輪行袋が少し厚くなり、少し大きくなった事。
これにより、穴の開く頻度が下がり革で開いた穴の補修の頻度
が下がるかも知れません。また、今迄は、フロントの泥除の先
が少し輪行袋からはみ出していて、輪行袋を収納する小さな袋
でカバーしていたのですが、新しい輪行袋では、その部分も、
すっかりと仕舞う事が出来ます。そして。厚くて大きくなって
も、ちゃんと輪行袋の収納袋に収まります。

まあ、10年振りの買い換えで、今迄、よく保っていものです。
そして、時代は変わったのでありました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

自転車禁止令

自転車禁止令
それは、6月中旬での出来事。

JR川崎駅で、ランドナーを組み立てて帰路に就いたのですが、
その川崎駅のロータリーの交差点を直進したのですが、右折を
してきたタクシーが、ぶつかってきて接触して転倒してしまい
ました。どうも顔面から着地したようで瞼を切り出血が止まり
ません。
幸いにも、夕刻で買い物客が多く居て、皆さんで手分けして、
警察や救急車を呼んで頂き、救急搬送された病院で、瞼を6針
縫い、CTを取った結果、頭と頸椎に異常は見つからず、裂傷
と擦過傷と打撲で、その日は、自宅に帰宅する事が出来ました。
と、いう事で、今のところは生命に異常は期してはおりません

が、自転車禁止令が敢行されてしまいました。
なので、自転車乗れません。

7月1日より、道路交通法が改正されて、無免許でノーヘルの
電動キックボードが、公道と歩道を走行する事が出来るように
なったので、新たに路上には、新しいタイプのヘルメット無し
の二輪車が増える事となり、事故が多発するかも知れません。
なので、その事故に遭わないようにする為にも、自転車に乗る
事を控えなくてはなりません。

まあ、丁度良い機会なのかもしれません。

と、いう事で・・・
今迄、2日に一度の更新を目指してきたブログでありますが、
今後は、ときたましかブログアップ出来ないかも知れません。

もし、ブログ更新が長い間、滞る事があったなら、生命に異常
を期したのか、はたまた、認知症となったのか、ブログアップ
が面倒臭くなり勝手に終活と称して、手を抜くかも知れません。
その時は、悪しからずであります。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

アイウエアについて考える

自転車では無くて、体のメンテナンスのお話です。

先日の交通事故で、瞼を切って6針縫ったのですが、この事で
思う事があります。

トーエーランドナーを購入する前は、別のランドナーに乗って
走っていたのですが、このランドナーのフレーム、ある速度で
下ると共振が起こります。で、日光街道を宇都宮目指して結構
なスピードで下って行ったのですが、突然共振が始まり転倒を
してしまいました。そして、その時も瞼を切ってしまいました。
その時も出血をしてしまったのですが、今回程の出血では無く、
すぐ近くに、コンビニが在って絆創膏を売っていたので、救急
処置で止血する事が出来たのと、宇都宮で餃子を食べるので、
このまま救急車に乗ると、餃子を食べる事が出来なくなっては
困るのと、救急車に乗って病院に救急搬送されたら、縫う羽目
になるだろうし、そうなると縫った後が残るので、自分で処置
して自然にくっつけた方が綺麗に仕上がる事を知っていたので、
救急搬送されずに傷を治したのでした。
ところが、今回は、交通事故で、かつ出血が止まらず、駅前と
いう事もあり、多くの買い物客の方々がいて、すぐに救急車を
呼んで頂き、6針縫う結果となりました。
本当は、縫わずにいられたら良かったのですが、これが正しい
対応だったと廻りの方々には感謝をしています。

アイウエア
で、本題でありますが、
前回も今回も同じ左の瞼を切ったという事であります。
カスクを被っていたので、頭を打つ事も無く、また、前回は、
眼鏡のフレームは割れましたが、今回は、レンズ面にキズが
付き使い物のにはなりませんが、フレームは割れず。また、
前回の今回も時計が傷ひとつありませんでした。
で、顔の傷も瞼以外では、上唇と顎に擦過傷がある以外は、
低くはないと思っている鼻の先には擦過傷がありません。
どうやら、眼鏡が瞼に当たる部分と上唇と顎を結び面で地面
に接したようです。その中間にある低くは無い筈の鼻の頭が
地面に接していないのが、不可解と同時に面白くはないの
ですが・・・
そして、瞼が切れた原因は、この眼鏡のフレームにあるのと
思われます。
これは、前回も今回もほぼ同じです。
と、いう事は、今後の転倒したら、確実に眼鏡のフレームで
瞼を切る事となります。

自転車禁止令が出ているので、そんな心配はしなくても良い
んですけどね。

自転車に置けるアイウエアは、強い光を緩和したり、走って
いて虫が眼に入るのを避けてくれたり。転倒事故の際に眼を
守ってくれる重要な防具だと、亀は考えているのであります
が、どうやら瞼を守ってはくれず、かえって、瞼を切る凶器
となりうるのではと思ってしまいます。
瞼を切らないような方法は無いのでしょうか?

どなたか、良い方法をご存じの方は、お教え下さい。
自転車禁止令が出ているので、自転車乗れないんですけどね。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

事故の様子

前々回、交通事故に遭って「自転車禁止令」が出た事を、この
ブログでお伝え致しました。
で、それを見た、いつも、ご一緒に自転車で走るFさんから、
滅多に事故に遭う事は無いし、ある意味、貴重な体験をされた
ので、ブログを通じて、多くの方にその状況を詳しくお伝えを
したらどうか。多分、その体験は、ブログをご覧になっている
方々にも参考となるので?と、アドババイスを頂きました。
なので、もし、参考となるのでと思い、ブログアップ致します。

交通事故
事故の様子を簡単にお伝えすると、亀が車道を走り、交差点を
直進していたら、右折待ちのタクシーが発進してきて、思わず
亀は左に避けたのですが、そのタクシーに接触して事故となり
ました。
そして、転倒した亀は、鼻と左眼窩下を骨折し、瞼を裂傷して
6針縫い、左肘に擦過傷と左腿に打撲を負いました。そして、
左眼窩下を骨折した影響で、左眼の位置が少しズレてしまい、
正面で見る分には問題が無いですが、上下左右の端で見ると、
像が二重に見えてしまいます。また、自転車は全損。服は事故
の際の出血で使えなくなりました。

事故が起きた交差点は、川崎駅西口に在るバスとタクシー専用
のロータリーに曲がる交差点で、右折出来るのは、バスとタク
シーのみで時差式となっています。また、車道の信号と歩道の
信号は別々となる交差点であります。

事故の直後、近くにいた買い物客の方が、救急車と警察に連絡
して頂いて、5分程で救急車が来てくれてストレッチャーで、
救急車に乗り、受け入れ病院を探すのに、30分程駅前で停車
していました。
亀は初めて、ストレッチャーで救急車に乗りましたが、これは
楽でいいなぁ~と少し感動してしまいました。
で、とりあえず、家人との連絡を取らなくてはならないので、
スマホのLINEを操作したのですが、片目が開かない状態で
操作したので、文字がよく見えずにに難儀を致しました。

そうこうする間に、警察の方が救急車に乗りこんできて、状況
確認をさせて下さいという事で、現場に近い場所での現場検証
となりました。
で、警察官の方が「歩道を走っていて事故に遭われましたか?」
と聞くので、亀は「車道を走ってました。」と答えると、その
警察官の方は「えっ?」と驚き、「タクシーの運転手の方は、
歩道を走っていたと証言していますけど」と言いました。
亀は、「車道を走っていましたよ。で、タクシーの運転手の方
が、そう言うのであれば前見ていなかったんじゃないですか?」
と答えました。

そうこうするうちに、受け入れ先の病院が決まったので、病院
に行き、CTを取って頸椎の異常が無い事を確認して瞼の上を
縫いました。幸い、意識はあったので処置して頂いた救急救命
の若い医師の方と会話をしながら、その方が福山出身だとの事
で、しまなみ海道やとびしま海道、また、鞆の浦や福山に在る
怪しい博物館の話題で盛り上がってしまいました。
で、その日は、入院する事無く、自宅へ帰りました。
鼻と眼窩下の骨折はその時は分からず、後日、像が二重に見え
るんですけど・・・と亀が医師の方に言い、改めてCT画像を
見た医師の方が「ああ~、折れてるね」となりました。
病院では、連絡した家人と、事故を起こしたタクシーの運転手
とその上司の方が来ていて、自宅迄、タクシー会社の上司の方
が運転して自宅迄送って頂きました。タクシー会社の方々は、
今回は、「大変申し訳ありませんでした」と謝罪されて、その
対応には、不快感はありませんでした。

で、後日、警察に出向き、調書を作成して頂きました。
警察官の方からは、亀が「車道を走っていた」と言ったので、
その事故の様子を捉えた、他の自動車のドライブレコーダーの
画像を確認したそうで、タクシーの運転手が前を見ずに右折を
したのを確認したそうです。
その時の詳細の状況は、亀側には、自動車は走っていなくて、
亀が直進する前にバスが右折したので、つられて、タクシーの
運転手も前方確認せずに右折したのであろうとの事でした。
そして、亀は、ライトを点灯させていて、また、ヘルメットの
代わりに、市販のカスクの2倍以上の緩衝材が入った自家製の
カスクを被っていたので、当方としては、全くの落ち度は無く、
今回の事故は、タクシー運転手の業務上過失傷害に当たるとの
事でした。
業務上過失傷害という事で、起訴される前科が付いてしまうと
いう処罰なのだそうです。
亀としては、誠実な対応と正当な補償をして頂ければ、相手に
過失があったとしても、前科が付くのは望んではいないので、
供述書に、その旨を記載して頂くようお願いし、記載して頂く
のを確認しました。ただ、警察官曰く、起訴するかどいうかは
検察官が判断するので、取り下げるかどうかは分からないとの
事でした。

今回の事故は、タクシー運転手の前方未確認によるもので、亀
の落ち度は、全くありません。
で、亀が思うのに、
① その交差点は、バズとタクシーだけが右折をする事が出来る
交差点なので、日頃の慣れで、タクシー運転手が、バスが右折
出来たら自分も右折出来るであろうと考えた事。
② 当時、亀側には自動車が走っておらず、タクシーの運転手は、
自転車は歩道を走るものと考えていたようで、車道を走るとは
思わず、亀の自転車を見落としていてのでは、と思われる事。
③ その交差点は時差式の交差点で、かつ、車道と歩道に信号が
分離したもので、対向車線に自動車がいないので右折出来ると
判断した事。
が重なった結果だと思われます。

で、亀は、警察官の方に「私は、数年前に自動車免許証を返納
をしましたが、あの交差点は、以前、自動車でよく通っていま
した。時差式では無く、右折専用の信号にした方がよいのでは
ないでしょうか?今迄、今回のような事故は発生していないの
ですか?」
すると、警察官の方は、「あの交差点では事故は初めてです。
でも、ロータリーの中ではバスやタクシーの接触事故は、よく
発生していますけど・・・」
信号は、次の事故が発生しない限り、当分は右折専用信号とは
ならないようです。

事故はこんな状況でありました。

で、現在、事故の今後の補償について、保険会社と協議中です。
その経緯は、結果が出たら、また、ブログアップします。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

こころ穏やかにゆったりと暮らしたいものです

今年は、終戦から77年となります。77回忌です。

人が無くなって77年も経つと、親族でもその方のご存命中を
知る人も少なくなり、段々と記憶が失せてしまいます。そこで、
一区切りとして、個人の墓からお骨を出して、お寺のご本尊の
後ろに祀ったり、また、共同の納骨堂に収めて合葬する宗派も
あるようです。
戦争も同じで、目の当たりに体験した方々は、段々少なくなり
その戦争の悲惨さの度合いも薄くなってしまうのでしょう。
しかし、世界では、まだ戦争が続いていて、日本周辺でもまた
戦争が起こるかも知れません。

交通事故の怪我の治療を行う為に、ここのところ、ほぼ毎週の
ようにバスで病院に通っています。普段、あまり乗る事が無い
バスと、普段、あまり行く事の無い病院に行くと、普段の日常
とは違う景色に遭遇する事があります。

行きのバスに乗った時の事。途中のバス停で、足の悪い高齢の
女性の方が杖をつきながら、ヨタヨタとバスに乗ってきます。
高齢のせいなのか、動作が緩慢でバスの運賃の硬貨をバスの床
に落としてしまい、拾うのにも難儀しています。ようやくバス
賃を払い、ヨタヨタと席に向かいます。
すると、バスの運転手が「前の席に座って下さい。後ろに何台
も自動車が並んでいるで、すぐ出発します。」と声を掛けます。
その高齢の女性は、促されるように席に着きます。するとバス
の運転手は、「大変お待たせ致しました。」とアナウンスして
バスを出発させました。
そして、その高齢の女性の方が次のバス停で降りると、バスを
発進されながら、大きな声で、「隣のバス停迄行きたいのなら
バスに乗らなくて歩いていけばよいのに」と独り言。
亀も、以前に足首を捻挫して歩くのに難儀した事がありました
が、たかだか200m程先のバス停迄歩くのは、かなり困難な
事です。バス代が掛かっても、10分以上バス停でバスが来る
のを待ってでも痛い足で歩きたいとは思わないものです。
バスの運転手のそんな言葉を聞いて、よい気分にはなれません
でした。

で、病院で順番待ちをしている時の事。
少し遠くの待合席で、高齢の男性がいきなり怒鳴り始めました。
すると、それに応えるように、怒鳴り声が帰ってきました。
その怒鳴り声の主は、病院の検査員のようです。
先程の怒鳴り声をあげた高齢の男性は、その激情した検査員の
声の勢いに負けてすっかりと大人しくなってしまいました。
患者である、最初に怒鳴った高齢の男性に対して、それ以上の
怒鳴り声をあげる病院の職員を、亀は、初めて見ました。
まあ、そう言わないと、その高齢の男性は収まらなかったのか
も知れませんが、病院の検査員の方のキレようは尋常でな無い
勢いでした。
午前中の混雑している病院で、こんな光景を見ると小さな子供
は、怯えて二度と病院には行きたくないと思られるような勢い
でした。

皆さん、お仕事で大変なストレスを抱えて、いっぱいいっぱい
になっているのでしょうか?大変なのだなぁと同情する反面、
そのいっぱいいっぱいの状態が、ある時、崩れたらどうなるの
だろうと不安になってしまいます。
バスの運転手も病院の検査員も、人の生命を預かる仕事です。
もし、それが、暴発したらと考えると怖いものがあります。
交通事故に遭い自転車禁止となって、普段、乗り慣れていない
バスと、普段、行き慣れていない病院に行ったおかげで、普段、
見慣れていない光景に遭遇する事となりました。

そんな光景を見た後で、自宅でネットニュースを見ていたら、
コロナ禍の中、関西の病院で、人口呼吸器を口から挿入されて
いる患者に、担当の医師が、気管挿入に変更したいと言ったら
患者に拒否されて、だったら、人工呼吸器を外すと筆談したら
患者は、やれるものならやってみろと筆談で返されて、医師は、
筆談で、ほんなら、やりまっせと筆談で応え、本当に人口呼吸
器を外してしまったそうです。

皆さん、日々、大変な状況なのでしょうね。

竹富島
願わくば、こころ穏やかにゆったりと暮らしたいものです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

久し振りの夏まつり

今年は、大人しくしている夏になってしまいました。

コロナ禍で、この数年、夏のおまつりが中止されていましたが、
今年は久しぶりに夏のおまつりが復活しました。
そして、世の中、便利な時代になったものでユーチューブで、
その様子を観る事が出来ます。

そんな、2023年の夏まつり、ゆったりと楽しめます。


青森市のねぶたまつり。
かつて、亀が実際に見た夏まつりで、最も感動したお祭りです。
このお囃子の音を聴くと、神田囃子の次に興奮してしまいます。


弘前市のねぷたまつり。
かつて、50年程前の事。高校生だった亀は、初めての一人旅
で津軽を訪れた時に、弘前に泊まった日がねぷたまつりの日と
重なったので、地元の方と一緒に跳ねた事がありました。
もう、この歳では、跳ねる事が出来ません。

五所河原市のたちねぶたまつり。
「五所川原」という名前の響きが、なんとも堪らなく感じるの
は、亀だけでありましょうか?

そして、花火。

みなとみらいの花火。
亀の自宅からは、音しか聴こえませんけど・・・


そして、花火といえば、長岡。
今年もフェニックスは健在です。


尺玉100発一斉x2回の柏崎の花火。


音楽とのマッチングが素晴らしい大曲の花火。

久し振りに日本の夏が帰ってきました。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

早くも破けた輪行袋

交通事故の日に初めて輪行で新しく使った輪行袋。今迄のもの
よりも生地が若干厚めだったので、破れる心配は無いのかなと
思っていたのですが、早くも破れてしまいました。

輪行袋の補修
破れた場所は、サドルとリアエンドの中間の場所。写真では、
分かり辛いですが、右の端が破けてしまいました。
此処は、丁度、リアのキャリアの端が当たる部分です。サドル
とリアエンドには補強の裏地が既に付いているのですが、この
リアのキヤリアが当たる処には補強がありません。
なので、ここに補強する革を付けていきます。

輪行袋の補修
こんな感じで出来上がり。
今回は、裏に付けてみました。

以前の輪行袋では、表に革を付けていました。、最初の頃は、
ワンポイントでお洒落だったのですが、段々と色々な場所を、
補強していったら、あちこちに革のつぎはぎが出来てしまい、
仕舞には、輪行袋なのか貧乏神が持っているつぎはぎだらけ
のズタ袋なのか、分からなくなってしまいました。
なので、今回からは、裏側に付ける事と致しました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

炎天下のぶらりお散歩ご近所巡り

自転車禁止令が出ているので、自転車乗れず。さりとて、少し
は運動しないと身体にはよくありません。なので、ご近所巡り
のお散歩です。

炎天下の中、まずは鶴見川。
本日は、晴天。暑いのですが湿度は少なめなので、案外爽やか
な気分です。まるで、ハワイのよう。嫌いではありません。

ご近所散歩
新たに建設中の人道橋。
以前には、川崎市の水道管が鶴見川を横切っていて、その上に
細い橋が架かっていたのですが、その水道管が川の地下を通る
事となり、橋が撤去されてしまいました。対岸の行き来が便利
なその橋が無くなると大変不便になるので、地元の人達が署名
活動をして、新たに横浜市の人道橋が架かる事となりました。
その橋の橋脚が出来ています。

ご近所散歩
そして、末吉橋のかけ掛け工事。
こちらは、かなりの時間を要するようです。

ご近所散歩
カワウも日光浴をしています。

三ツ池公園に向かう環状2号線を進みます。

ご近所散歩
と、坂の上の更に上に掛かる橋。
40年近くこの地に住んではおりますが、この橋、まだ一度も
亀は渡った事がありません。
なので、初めて渡ります。

ご近所散歩
良い眺めであります。
10%以上ある丸いドーナツのような溝が沢山切ってある坂道
を上がってきました。これ、自転車で来ようとは思いません。

ご近所散歩
橋を渡ると、三ツ池公園に隣接した道となります。
脇にはお地蔵さんが鎮座をしています。昔は、人の賑わう往来
だったのでしょうか?

ご近所散歩
三ツ池公園のゼーゼー坂を上がって進む砂利道の途中に在る、
山の上の公園口に出ます。ゼーゼー坂から来れば、自転車でも
この橋を渡る事が出来そうです。

ご近所散歩
さて、また環状2号線に出る為に山を下りますが、こんな階段
となってしまいます。こっちからは自転車では行けません。

さあ、この先、トレッサのショッピングセンターを越え、環状
2号線を更に進みます。そして、大倉山のお気に入りのパン屋
さんでパンを買って帰ります。

久し振りの散歩。アップダウンを歩いたせいか、膝にきます。
やっぱり、自転車の方がよいね。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

しまなみサイクルオアシス 狼荘

狼荘
今年1月に、しまなみ海道の大島に移住をされた自転車仲間の
WさんからLINEで、自宅を「サイクルオアシス」として、
解放されたとの連絡を頂きました。
この「サイクルオアシス」、世界各地から「しまなみ海道」に
やってくるサイクリストをお迎えしたいという事で、農家民宿
・ガソリンスタンド・小売店・喫茶店等々の施設で、休憩する
事が出来るスペースを地元の方が提供していますそうです。
更に、その施設では、空気入の貸出、給水、トイレの利用等の
利用も出来るそうです。

そんな施設が在る事を、亀は知りませんでした。

しまなみ海道
で、そのサイクルオアシスの中でも、個人の自宅を開放をして
いるのは、Wさんだけなのだそうです。

Wさんは、アメリカ生まれのアメリカ人で、30年以上前から
日本で暮らし、一度、祖国のアメリカに戻られましたが、また、
日本に戻り、しまなみ海道を自転車で走る事に夢中になって、
1年間、尾道でセカンドハウスとしてアパートを借り、自転車
でしまなみ海道を巡りながら、今の新居を建てられました。
流石にアメリカ人らしく、自宅の前には綺麗な芝生の広い庭を
作り、サイクルスタンドを置いて、まるで、お洒落なカフェの
ような佇まいです。

「しまなみサイクリングをきっかけに移住したWolfe氏が運営
する休憩所。大島の外周コース沿いにあり、サイクリング途中
の休憩にぴったり。
オーナーはしまなみ海道はもちろん、ゆめしま海道やとびしま
海道のサイクリング経験が豊富。英語と日本語で地元ならでは
の情報提供が可能。」
と紹介されています。

Wさんは、コーヒーとJAZZを愛するジェントルマンです。
そして、目の前に沈む夕陽がとても綺麗なロケーションです。
もし、しまなみ海道を自転車で走る事があるなら、是非お立ち
寄り下さい。

「狼荘」
https://www.cycle-oasis.com/where/shimanami/oshima14.html
愛媛県 今治市 吉海町泊1545


--------------------------------------------------------      

Today's topic is ' Shimanami Cycle Oasis, Wolfe's manor house '

I received a message on LINE from a fellow cyclist, Wolfe
san, who moved to Oshima Island on the Shimanami Kaido in
January this year, that he had registered his house as a
'Cycle Oasis'.
‘Cycle Oasis’ is a convenient spot for cyclists coming to
the Shimanami Kaido from all over the world. It provides a
space where cyclists can take a break at farmer's inns,
petrol stations, retail shops, coffee shops, etc.
Furthermore, at the facilities, airpomp can be rented, water
is supplied and toilets are available.

I didn't know such facilities existed.

Wolfe's manor house is the only one who has registered his
own home among the cycle oases.

Wolfe san is an American born in the USA and lived in Japan
for more than 30 years, returning to the USA once, but then
returning to Japan again and living in the Miura Peninsula.
He cycled the Shimanami Kaido several times and was
fascinated by its beauty. He rented an apartment in Onomichi,
the starting point of the Shimanami Kaido, for a year as a
second home,
He searched by bicycle for a place to build his home and
built his current new house. His house is an American-style
house with a large, beautifully landscaped garden in front
of his house with a cycle stand.
It looks like a stylish cafe!

The official website of Cycle Oasis describes it as follows.
'A Cycle Oasis by Wolfe, who moved to the area after cycling
the Shimanami. Located along the outer course of Oshima,
it's the perfect place to take a break during cycling.
The owner has extensive experience of cycling not only the
Shimanami Kaido but also the Yumeshima Kaido and Tobishima
Kaido. He can provide unique local information in English
and Japanese."

Wolfe san is a gentleman who loves coffee and jazz. And the
location is very beautiful with the sun setting in front of
you. If you ever cycle the Shimanami Kaido, please stop by.

That's all Thank you.





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

北海道各地の美しい風景

暑い夏が続きます。こんな時は、夏でも比較的涼しい北海道の
美しい景色を思い出します。

礼文島と利尻島

利尻島
北の国境に接した島々。礼文島と利尻島です。緯度の高い気温
の低い気候で低地でも高山植物を観る事が出来ます。そして、
利尻富士という美しい山が在ります。
有名な北海道のお土産の包装紙には、この利尻富士が描かれて
います。また、この二つの島で採れる昆布と海胆は美味しい事
で知られる島の特産品です。
特に利尻昆布は、透明で風味のよい出汁が取れるのが特徴で、
高級和食レストランで使用されるそうです。

美瑛と富良野

旭川-富良野

旭川-富良野

富良野-落合
ヨーロッパの平原のような景色で、日本らしくない風景でした。
壮大な風景と比較的平坦で急な坂道が無く、自転車で走るには
最高の場所でした。

釧路湿原と霧多布湿原

釧路湿原
釧路湿原は、ラムサール条約で認定された初めての日本の湿原
です。ラムサール条約とは、特に水鳥の生息地として国際的に
重要な湿地を保護する目的で設立された条約です。

厚岸-根室
そして、霧多布湿原もラムサール条約で認定され、夏から秋に
かけては多くの花々が湿原を彩り、「花の湿原」とも呼ばれて
います。

納沙布岬

納沙布岬

納沙布岬
北海道の最東端の岬。その先にロシアが実効支配している北方
領土があります。
納沙布岬に一番近い街である根室市の市街地には、ロシア語の
看板が沢山ありました。

ウポポイ

ウポポイ

ウポポイ

ウポポイ

ウポポイ
北海道の先住民族であるアイヌの歴史と文化を伝える施設。
海外では、その国のアイデンティティである先住民族の歴史と
文化を伝える施設は、多くありますが、このウポポイは、日本
で初めて設立された先住民族の歴史と文化を伝える施設です。


函館

明治時代に海外との交易港として、長崎と神戸と新潟と横浜と
函館が選ばれました。その一番北にある交易港が函館です。
函館山から望む函館の夜景は有名です。

ぶらり函館

ぶらり函館

ぶらり函館

ぶらり函館
また、函館は、外人居留地の街並みと、海鮮市場がある事でも
有名です。

北海道を訪れる事があれば、ぜひ、お立ち寄り下さい。

--------------------------------------------------------

Today's topic is ' The beautiful scenery of Hokkaido '

The hot summer continues. I'm not allowed to go far away
because of the bicycle riding ban imposed on me. At times
like this, I'm reminded of the beautiful scenery of
Hokkaido, It's relatively cool even in summer there .

Rebun and Rishiri islands.
Because of the high latitude and cool climate there, we
can see alpine flora even at low altitudes. We can also
see a beautiful mountain called Rishiri Fuji. Rishiri
Fuji is depicted on the wrapping paper of famous Hokkaido
souvenirs.
The kelp and sea urchin eggs from there are also well-
known specialities of the island.
In Hokkaido, there are different brands of kelp in
different places. Rishiri kelp in particular is
characterised by its clear and flavor some broth, that's
used in high-end Japanese restaurants.

Biei and Furano
The landscape looked like the plains of Europe, It didn't
look like a Japanese landscape.
There is flat and had no steep slope there, it's a great
place for cycling

Kushiro Marshland and Kiritappu Marshland
Kushiro Marshland is the first marshland in Japan to be
recognised under the Ramsar Convention. The Ramsar
Convention was established to protect marshlands of
international importance, where the waterfowl live.
Kiritappu Marshland is also recognised under the Ramsar
Convention, and is also known as the 'marshland of
flowers', as many flowers adorn the marshland from summer
to autumn.

Cape Nosappu.
The east most cape of Hokkaido. Beyond it lies the
Northern Territories, which are effectively controlled by
Russia. In the urban area of Nemuro City, the nearest town
to Cape Nosappu, there were many signs in Russian.

Upopoi.
This facility conveys the history and culture of the Ainu,
the indigenous people of Hokkaido. There are many
facilities abroad that the history and culture of the
indigenous people of a country's identity. Upopoi is the
first facility in Japan to the history and culture of the
indigenous people.

Hakodate
Nagasaki, Kobe, Niigata, Yokohama and Hakodate were
selected as overseas trading ports during the Meiji period.
Hakodate is the northernmost trading port.
The night view of Hakodate , foreign settlement and
seafood market are famous.

If you ever visit Hokkaido, be sure to stop by.

That's all Thank you.






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR