FC2ブログ

コルナゴで行く 小田原 温泉グルメ

小田原 温泉とグルメ
師走の土曜日、2019年最後のサイクリングにと、小田原迄を
走りました。
一年の締めくくり、お疲れ様を兼ねてのんびりと走り温泉に入り
美味しい魚料理を食べて、一年の疲れを癒やそうとの魂胆であり
ます。まあ、リタイア生活、昔風にいうと楽隠居、それ程疲れて
はいないんですけどね。

で、走るはコルナゴ。最近、カンパニョーロのCレコとコーラス
のコンポーネンツ仕様だったのを、カンパニョーロのレコードに
換えてから、今回初めて走るので、その様子と調整を兼ねてでも
あります。そして、今回走るホイールは、小田原迄の道は比較的
平坦な道なので、速く走るとよく回るカンパニョーロのシャマル
チタニウムと、スプロケットは高速仕様の21tであります。
さて、そのホイールセットで、今年最後のサイクリングとなるの
で、疲れを癒す為にもじっくりと景色を愛でて堪能したいと思い
ます。なので、まったりのんびりと走ります。
やっている事が矛盾していて、我ながら全く意味が分かりません。
が、最近履いた事がないカンパニョーロのシャマルチタニウムを
履いて走りたかっただけのお話であります。

さて、走るは国道1号線、そして国道16号線。

小田原 温泉とグルメ
そして、いつもの八幡橋の隣に在る八幡神社にお詣りします。

小田原 温泉とグルメ
その後は、産業道路を走って小柴のブレーメン。

小田原 温泉とグルメ
此処でお気に入りのキーマカレーソーセージを頂きます。

小田原 温泉とグルメ
さて少し走って、こちらも、いつもの金沢八景の弁天様。
此方でも安全祈願をいたします。

で、逗子から鎌倉に出て海岸線沿いを走ります。
今日は風があるものの、海は穏やか。綺麗に澄んだ穏やかな冬の
海です。
とはいえ、この秋の台風でかなりの被害があったようで、海岸線
沿いの歩道では波に抉られ、道が無くなっている所がありました。

小田原 温泉とグルメ
此処もいつものお休み処。

江ノ電鎌倉高校前駅には、結構な人の数。午前で自動車の数は、
少ないですが、人の数は結構な数であります。

小田原 温泉とグルメ
向こうに見えるは腰越。

小田原 温泉とグルメ
そして、江ノ島。

そのまま国道134号線を走ります。
ロードバイクに乗った若い方々が、亀を追い抜いて行きます。
今日は、まったりのんびりと走るつもりなので、追い抜かれても、
どうぞお先にと気にはなりませんでしたが、時として、ついつい
調子に乗って、抜かれたロードバイクを追い抜いてしまいます。
おいおい。

今日の天気はそこそこながら、結構な人数のロードバイクに乗る
人達が走っています。まるで、高校生の自転車通学のように団子
になってウジャウジャと走っています。
皆さん、クリスマス前の自由となる最後の休日を楽しんでいるの
でしょうか?

国道143号線から号線1号線に入り、大磯の街並みを走ります。
この辺りの風情は、なかなかの亀の好みであります。

小田原 温泉とグルメ
さて、此処もいつものお休み処、六所神社。寒いので甘酒を頂き
たかったのですが、甘酒を置いているのは、大晦日と元旦だけと
の事。以前梅を観に来た時は甘酒を置いていたので、何か特別な
日にしか甘酒は置いていないようでありました。

小田原 温泉とグルメ
さて、また少し走って、此処もいつものお休み処、国府津の海岸。
冬の海は綺麗で穏やか。

小田原 温泉とグルメ
さて、また走って小田原の街。
このところ、なかなか買う事が出来なかった、薄焼きの餡パンを
お土産に買います。

小田原 温泉とグルメ
そして、まだ温泉には早いので、小田原城内を見物します。

小田原 温泉とグルメ
初めて見る天守閣。

小田原 温泉とグルメ
広場では、流鏑馬が行われていました。
亀は、生で見る流鏑馬は、初めてであります。
迫力あって、なかなか面白そうです。

小田原 温泉とグルメ
流鏑馬スクール。
亀も入っちゃおうかしら・・・

さて、残るは今回最大のお楽しみ、温泉と魚料理であります。

小田原 温泉とグルメ
まずは、温泉。
亀は、此処の温泉の泉質とその温度が大のお気に入りであります。

そして、魚料理。

小田原 温泉とグルメ
まずは、小田原おでんのお通し。

小田原 温泉とグルメ
そして、鯵と海老と獅子唐と南瓜の天ぷら。

小田原 温泉とグルメ
そして、豪華刺身の盛り合わせ。
小田原港で水揚げされた魚の数々。この中で特に美味しかったの
が、鰆とわらさと石鯛。

小田原 温泉とグルメ
そして、冷凍ものながらも美味しかった、生しらすの沖漬。

小田原 温泉とグルメ
そしてそして、亀のこの店の魚料理で一番のお勧めである、粗煮
とご飯。

あ~、しあわせ~であります。

温度で体が癒され、魚料理で心とお腹が癒された後は、駅近くの
駐輪場に停めていたコルナゴを押し、駅の脇で輪行袋に詰め込み、
一路東海道線を川崎方面に進みます。

師走の今年最後のサイクリング、すっかりと堪能致しました。

さて、
最寄りの駅で、コルナゴを組立て押して帰っている時、あれって
思い、自転車を少し持ち上げて前輪と後輪を回してみたら、前輪
だけがすぐに止まってしまいます。よく見ると、前輪のブレーキ
の片側のシューがリムに当たりぱなしでした。
どうやら、前輪のブレーキ調整が甘かったようです。
今日は、一日中向かい風だったなぁ~と思っていたのは、実は、
向かい風では無くて、このブレーキシューだったようであります。


小田原 温泉とグルメ

小田原 温泉とグルメ

小田原 温泉とグルメ




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

本州縦断自転車旅 ようやく達成いたしました

55歳を過ぎ、再び自転車に乗るようになってからの目標のひとつ
に日本列島、本州縦断の自転車旅行がありました。一日の走る目安
として40km~100kmを想定し、何日かに分けて北は青森県
の大間から南は山口県の下関迄を、この秋、走り通しました。

その時々の走った様子をまとめてみました。

------------------------------------------------------------

大間-下北
大間-下北
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1047.html



------------------------------------------------------------

下北-青森
下北-青森
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1048.html



------------------------------------------------------------

青森-大鰐温泉
青森-大鰐温泉
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1049.html




------------------------------------------------------------

大鰐温泉-能代
大鰐温泉-能代
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1050.html




------------------------------------------------------------

能代-秋田
能代-秋田
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1051.html



------------------------------------------------------------

秋田 横手
秋田-横手
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1317.html



------------------------------------------------------------

横手 新庄
横手-新庄
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1318.html



------------------------------------------------------------

新庄 鶴岡
新庄-鶴岡
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1319.html



------------------------------------------------------------

鶴岡 村上
鶴岡-村上
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1320.html



------------------------------------------------------------

村上 新潟
村上-新潟
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html



------------------------------------------------------------

新潟 会津若松
新潟-会津若松
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html



------------------------------------------------------------

会津若松 会津田島
会津若松-会津田島
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1323.html



------------------------------------------------------------

会津田島 鬼怒川
会津田島-鬼怒川温泉
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1324.html



------------------------------------------------------------

鬼怒川 宇都宮
鬼怒川温泉-宇都宮
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html



------------------------------------------------------------

宇都宮-水戸
宇都宮-水戸
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-967.html



------------------------------------------------------------

水戸-霞ヶ浦
水戸-霞ヶ浦
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-968.html



------------------------------------------------------------

水郷三社詣で
霞ヶ浦-銚子
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-969.html



------------------------------------------------------------

外房 銚子-御宿
銚子-御宿
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-348.html



------------------------------------------------------------

房総ラン
御宿-内房冨浦
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-104.html



------------------------------------------------------------

内房
内房冨浦-木更津
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-281.html




------------------------------------------------------------

木更津-日本橋
木更津-日本橋
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-832.html



------------------------------------------------------------

東海道 日本橋-鶴見
日本橋-川崎
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-123.html



------------------------------------------------------------

東海道その2
鶴見-辻堂
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-127.html



------------------------------------------------------------

東海道 辻堂-箱根湯本
辻堂-箱根湯本
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-144.html




------------------------------------------------------------

箱根越え
箱根湯本-三島
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-179.html



------------------------------------------------------------

東海道
三島-藤枝
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-283.html



------------------------------------------------------------

東海道
藤枝-浜松
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-284.html



------------------------------------------------------------

東海道
浜松-岡崎
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-285.html




------------------------------------------------------------

東海道 三河安城-桑名
岡崎-四日市
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-363.html



------------------------------------------------------------

東海道 四日市-野洲
四日市-野洲
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-364.html



------------------------------------------------------------

東海道 野洲-京都
野洲-京都
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-365.html



------------------------------------------------------------

京都-大阪
京都-大阪
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1227.html




------------------------------------------------------------

大阪-姫路
大阪-姫路
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1228.html




------------------------------------------------------------

姫路-岡山
姫路-岡山
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1229.html



------------------------------------------------------------

岡山-尾道
岡山-尾道
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html



------------------------------------------------------------

尾道-呉
尾道-呉
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1032.html


------------------------------------------------------------

呉-広島
呉-広島
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1033.html



------------------------------------------------------------

広島-周防大島
広島-周防大島
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-811.html




------------------------------------------------------------

周防大島-徳山
周防大島-徳山
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-814.html




------------------------------------------------------------

徳山-下関
徳山-下関
http://555555go.blog.fc2.com/blog-entry-1034.html






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 鬼怒川 宇都宮

さて、いよいよ本州縦断最後の区間となりました。
今日の距離は短くずっと下り。何だかウイニングランみたいです。

鬼怒川 宇都宮
今日は雨上がりの爽やかな天気。

鬼怒川 宇都宮
日光市街方向に進みます。

鬼怒川 宇都宮
良い天気。

鬼怒川 宇都宮
大谷川を渡ります。

鬼怒川 宇都宮
杉並木の道を走ります。

鬼怒川 宇都宮
此処が以前コケた所。今回はコケないように慎重に走ります。

鬼怒川 宇都宮
途中は、欅並木。

鬼怒川 宇都宮
で、宇都宮に到着。
これで、本州縦断が達成致しました。
お祝いを兼ねて、駅ビルで名物の餃子を頂きます。

鬼怒川 宇都宮

鬼怒川 宇都宮

鬼怒川 宇都宮










にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 会津田島 鬼怒川

さて、本日は雨。気温はそれ程寒くはありません。
本日走るコースは前半は上り基調なので、ウインドブレーカー無しで
ポンチョを被り走ります。

雨に煙る晩秋の自動車の往来が少ない山辺の道を、じっくりクランク
を回してその風情を味わうのは、ランドナーならではのもの。ロード
バイクだとついつい頑張って、少し高めのギアで踏み込んでしまい、
辺りの風景を楽しむ事無く、自分だけの世界に入り込んでしまいます。
また、それ以前にロードバイクだとポンチョ無しでズブ濡れで、景色
を楽しむどころではありませんが・・・

会津田島 鬼怒川
雲間に見える遠くの山裾が、紅葉でいろんな色に染まっています。

会津田島 鬼怒川
宇都宮方面と檜枝岐方面に分かれる道を宇都宮方面に向かいます。
宇都宮方面、檜枝岐方面、また、昨日通った大内宿方面へとは、毎年
紅葉の頃蕎麦を食べに散々通った道ですが、自転車で走るのは初めて
です。坂道の感覚は、自動車で感じるものとは異なります。更には、
ポンチョを叩く雨の音も自動車とは違う感覚で、初めて走る道のよう
です。

会津田島 鬼怒川
宇都宮方面へと向う道は、傾斜のある道となります。

途中の野菜や茸を売っているお店で、茸汁を頂きます。
これ、お金を取らないサービス。申し訳無いので美味しそうな自家製
の大根の浅漬を買って先に進みます。

会津田島 鬼怒川

会津田島 鬼怒川
雨に煙る山の風景。

会津田島 鬼怒川
川沿いを走っているのに初めて気が付きました。
今迄、自動車で走っている時には気が付きませんでした。

会津田島 鬼怒川
さて、これからが最高の山越え。
これを超えると、宇都宮迄は下りとなります。

会津田島 鬼怒川
今回、一番見事な紅葉。

会津田島 鬼怒川
と、案外と早くに峠のトンネルが現れて山越えとなりました。
何だか肩透かしを受けたようです。
此処からは下りなので、防寒用にウインドブレーカーを着て下ります。

会津田島 鬼怒川
紅葉の中を下ります。

会津田島 鬼怒川
下ってくると、ようやく色付いた紅葉が川沿いに見えてきます。
紅葉にはもう少し遅い時期の方が良いのでしょうが、以前この二週間
後の頃に紅葉を見に来た時は、雪が降り出してきた事があったので、
それ以来、この時期に来るようにしています。
それでも、今年は紅葉になる時期が遅く、まだ木々は緑のまま。
この時期の宿の予約は、三ヶ月以上前のに予約しないと取れないのが、
困ったものです。

会津田島 鬼怒川
五十里湖。

会津田島 鬼怒川
で、下って、道の駅湯西川に到着。

会津田島 鬼怒川
ランドナーも本日最後の休憩。

ウインドブレーカーを着たのですが、下りで冷えたので足湯で暖まり
ます。が、それでも暖まらないので、足湯の前の売店でおでんを頂き
ます。
どうやら、やっと暖かくなってきたようてす。

会津田島 鬼怒川
そして、約16キロで、本日のお宿である鬼怒川となります。
あと小一時間。最後の下りを楽しみます。
とはいうものの、予想外の最後のちょっとした山越え。
最後の最後迄、楽しませて頂きました。

会津田島 鬼怒川
で、下って鬼怒川の駅。
この後は、温泉三昧です。

会津田島 鬼怒川

会津田島 鬼怒川

会津田島 鬼怒川











にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 会津若松 会津田島

さて、山道コース二日目。
今日は山越えの道となるので、走る距離を短めにしたのですが、ここ
数日、順調に走れてかなり早く目的地に着いてしまうので、またまた
寄り道して鶴ケ城に立ち寄ります。

会津若松 会津田島
お城を後にして、会津西街道を進みます。

会津若松 会津田島
紅葉が始まりました。

会津若松 会津田島
大内宿に行く道標があります。
「会津西街道」という風情ある名前があるのにね。

会津若松 会津田島
まだ稲はたわわに実っています。

会津若松 会津田島
山裾に分け入ります。

会津若松 会津田島
ご親切にどうも。

会津若松 会津田島
山裾には、薄い雲が拡がっています。

会津若松 会津田島
随分と上がってきました。

長く結構な上り坂が続きます。昨日の山都から喜多方に行く道のよう
です。所々、10%を超える坂道となります。ランドナーのフロント
30とリア26で、深みゆく秋を噛み締めながら上ります。
こんなキツイ坂道を楽しめるのは、フロントがトリプルのランドナー
ならではです。
まあでも、最近のカーボンロードは、このランドナーのギア比よりも
緩いようでありますが…

何故か、10%を超える坂道の傾斜の看板はありませんが、それ以下
の坂道には傾斜の看板があります。7%や8%の看板のある坂道を、
上がる時、ほっとするのは、おかしくなっている証拠でしょうか?

会津若松 会津田島
そして、峠のトンネルを越えて下り、五十里ダムに到着します。

会津若松 会津田島
下には大内宿が見えます。

会津若松 会津田島
ようやく紅葉らしい紅葉を拝む事が出来ました。

会津若松 会津田島
大内宿に到着します。
まだ自動車を処分する前は、毎年紅葉の頃、この大内宿や檜枝岐に、
新蕎麦を食べに来ていました。その時から、一度自転車で来てみたい
と思っていた場所であります。それも、昔の参勤交代で使った街道、
会津西街道で、大内宿迄走りたいと思っていました。
それが、今回叶いました。

会津若松 会津田島
さて、大内宿から川沿いを下ります。

会津若松 会津田島
湯野上温泉駅で一休み。

会津若松 会津田島
この駅、囲炉裏とお茶のご接待がある珍しい駅です。

会津若松 会津田島
お茶とは別に甘酒とくるみようかんを頂きます。

会津若松 会津田島
そして紅葉を見るならば、ここの駅。

会津若松 会津田島
電車がやって来ました。

会津若松 会津田島
今年の紅葉は、まだまだこれからのようです。

会津若松 会津田島
さて、阿賀川沿いを走ります。
この阿賀川、新潟から日本海に流れ出ています。ここ数日この川沿い
に走ってきた事になります。

まうすぐ本日の宿、会津田島に着きます。

会津若松 会津田島
会津田島駅に到着しました。

明日も山越え、鬼怒川迄走ります。


会津若松 会津田島

会津若松 会津田島

会津若松 会津田島









にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 未来(あした)への道 1000km縦断リレー 2019

1000kmリレー
それは、何気なくぼんやりと、ネットニュースを眺めていた時の事
でした。

東日本大震災の被災地である、青森から岩手、宮城、福島、茨城、
千葉、東京迄をランニングと自転車でたすきリレーを行うイベント
が行われ、その参加者を募集しているという記事が載っていました。
そのイベントの主旨は、東日本大震災の記憶と今も続く復興の様子
を、このイベントを通じ、たすきリレーに参加する方とそれを応援
する街頭の方とが共有し、風化させないでお互いに認識していこう
という事なのだそうです。
そのイベントは2013年から始まり、来年の東京オリンピックを
一区切りとして、今年で終了するとの事でした。

亀は、昨年リタイアし、今年より色々なボランティア活動を始めま
したが、まだ出来ていないボランティアの活動に、災害復興のボラ
ンティアがあります。
災害復興のボランティアは何が出来るのか?
まず始めに思い当たるのが、瓦礫の撤去があります。しかし、瓦礫
の撤去の知識も経験も無い亀にとっては、どんな準備をして、何処
に宿泊したらよいのか、その手順すら分かりません。体力も無いし、
右も左も分からない年寄が行っても、足手まといで邪魔でしか無い
のではないかとも思ってしまいます。
更には、今、瓦礫を撤去するような現場も有りません。
なので、今迄、募金などの後々役に立つ事をしていましたが、これ
は自身が直接行動するボランティア活動とは言えません。
そんな中でこのイベントを知り、これなら、自分でも役に立てそう
だと思い自転車での参加募集に応募したら、運よく、当選しました
とのメールを頂く事が出来ました。

で、イベント当日。このイベントの最終日となる8月7日、会場と
なる船橋市役所の最寄り駅の船橋駅迄、輪行で向かい、そこから、
自転車に乗って向かいました。

1000kmリレー

1000kmリレー

1000kmリレー

自転車を預け、受付を済ませ、ゼッケンと色々な参加グッズを頂き、
開会セレモニーに参加します。そして、参加者全員でウォーミング
アップのラジオ体操を行い、セレモニーが開始されます。
主催者の挨拶の後、本日のゲストランナーの登場です。
北京オリンピック400mリレーの銀メダリスト、朝原宣治さん、
シドニーオリンピックマラソン金メダリスト、高橋尚子さん、同じ
シドニーパラリンピックバスケットボールに出場した根木慎志さん、
北京とリオデジャネイロパラリンピック走り幅跳びの銀メダリスト、
山本篤さん。

1000kmリレー
リアル高橋尚子さんを目の前で見る事が出来て、感動をしてしまい
ました。以外と背が高く、またモデルのような体型、そして何より
も存在感を放つオーラを感じます。

1000kmリレー
開会のセレモニーはその後、地元の小学生のブラスバンドの演奏に
送られて出発します。

さて、亀が自転車で走る区間は、葛西臨海公園から東雲水泳競技場
迄の10.8kmの区間、まあ、余りにも短い区間なので走った部類
には至りません。
で、葛西臨海公園迄はバスに乗って向かいます。
バスは何台かあり、各々の区間のスタートと地点迄向かうバスと、
走った後の人達を、閉会式の会場がある駒沢公園迄へと運ぶバスの
二種類に分かれます。

たすきを受け取る葛西臨海公園に到着します。

1000kmリレー
一緒に走る方の自転車、S-WORKS、クラックの入った格安の
フレームを手に入れて、自分で補修したそうです。お仕事を伺うと
航空機の整備士の方だそう。流石です。

スター地点で待っていると、たすきを掛けたランナーがこちらにと
向かってきます。たすきを受け取り、握手をして走り始めます。
同じ区間を自転車で走るメンバーは3名、先導するスタッフも含め、
4名で走ります。

1000kmリレー

1000kmリレー
走るルートは、なだらかな広い道路。日差しと気温は厳しいものが
ありますが、海風に吹かれて心地良い走りです。

で、そろそろ体が自転車に馴染んできたかなと思う頃、次にたすき
を渡すランナーが待つ、東雲水泳競技場に到着します。

1000kmリレー
次のランナーがスタートするのを見送ります。

走り終えると、海外の通信社のビデオ取材を受けます。
インタビュアーの女性の方から亀に、
「暑い中、大変でしたか?」
と尋ねられます。
で、亀は、
「いえ、走っていると風が心地良いですよ。冬の寒い中を走るより
全然楽です。」
と答えます。
インタビュアーの方は、怪訝そうな顔で、他の方にも質問します。
「来年の東京オリンピックも、こんな暑い中で行われますが、どう
思いますか?」
それに答えて、一緒に自転車で走った方は、
「受け入れる日本のスタッフと、暑さを凌ぐ設備も充実しているの
で、いらっしゃった外国の方も楽しんで頂けると思いますよ。」
と答えます。
インタビュアーの女性の方、さらに困った顔をしています。
どうやら、来年の東京オリンピックは暑さで大変だというコメント
を取りたかったようです。
その表情から、こいつら馬鹿じゃなかろうか、炎天下の中、ゴール
するこんな奴らを、ずっと待っていた自分達は一体何だったのかと、
言いたげな様子でした。
願わくば、暑くて大変というコメントが英訳されたテロップないで事
を願う我が能天気な三人組であります。

さて、これから閉会式の会場迄、涼しいバスの中で過ごすのですが、
道中、一緒に自転車で走った方達と仲良くなってしまいました。
閉会式の会場がある駒沢公園迄、ずっと自転車の楽しいお話をして
おりました。
同じバスに乗ったランニングの方々は、お喋りする事無く、ずっと
静かに過ごされておりました。
自転車乗りは、能天気で賑やかな人が多いのでしょうか?

1000kmリレー
さて、駒沢公園では、最後のランナーがやってきます。

1000kmリレー
ここからは、最後のふれあいランが始まります。

1000kmリレー
そして、ゴール。
来年の東京オリンピックの開会式となる一年前の7月24日に青森
を出発して、8月7日、無事にたすきがゴール迄、繋がりました。

1000kmリレー
最後のセレモニー。

1000kmリレー
高橋尚子さんから東京都都知事へ、たすきが渡されます。

1000kmリレー
今回、復興支援の活動に、ボランティアとして参加する事が出来ま
した。どんなちいさな事でも、まずは、自分で出来る事を行う事が、
大切であり、ボランティアの第一歩だと感じました。
そして、今回が亀にとっての復興支援ボランティアデビューとなり
ました。

------------------------------------------------------------

"The Tasuki Relay Aomori to Tokyo"

I took part in an Event, called "The Tasuki Relay" running
and cycling with bicycle.
It's a 15-day event that connects Aomori to Tokyo, the areas
affected by the Great East Japan Earthquake.

The purpose of this event is to keep the memories of the
Great East Japan Earthquake and the ongoing recovery in mind
as many people take part in and watch. And this event started
in 2013 and ends this year to connect with next year's Tokyo
Olympics.

I started various volunteer activities this year, but I have
no experience in volunteer for reconstruction support.
Can I remove rubble? I asked in myself.
However, I have no knowledge or experience on how to remove
rubble. It just gets in the way even if I go to the disaster
area.
So until now, I've been donating money, but it's not a direct
thing.
So I decided to take part in the event.

That's on August 7th on the last day. The reception hall is
Funabashi City Hall.
After the organizer's greeting, today's guest runners appear.
Among several guest runners, there was a Sydney Olympic
marathon gold medalist, Naoko Takahashi.
I was impressed to see Naoko Takahashi in front of me.
She is tall and model-like, and above all, her presence
stands out.

The section I run by bicycle is a very short of 10.8km.
I take a Tasuki and shake hands with the runner who came from.
We are 4 members, including one leading staff, run on the
same section by bicycle.
The route we run a gentle and wide road. Sunlight and
temperature were severe, but we ran comfortably by the sea
breeze. And I will connect the next runner to Tasuki.

And we spent a cool bus to Komazawa Park, where is the
closing ceremony. And I became friends with those who ran by
bicycle together.
We talked about bicycles all the way to Komazawa Park.
Runners on the same bus were spending time quietly without
talking. Why are bicycle riders so noisy?

And the last runner came to Komazawa Park and crossed the
finishing line on August 7th.
The first runner left Aomori on July 24, one year before
the opening day of the Tokyo Olympics.
That's my debut as a volunteer for reconstruction support.
I felt important to act on my own and it's the first step
of volunteering.

That’s all.











にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 姫路_岡山

さて、春の関西桜巡り、今日が最終日となりました。




これまた、そのように走りませんでしたが、事前に計画したルート
がこれ。

姫路-岡山
早朝の姫路城を巡ります。
昨日は日曜日だったので、城内に入る道は人だかり。でも、今朝は
平日なので誰もいません。

姫路-岡山
で、旧道を進みます。
そして、国道2号線と合流します。

姫路-岡山
で、暫く走りますが国道は詰まらないので、脇道の多分、昔の街道
だったであろう道を進みます。が、またすぐに、国道2号線と合流
してしまいます。

姫路-岡山
暫く走ると、左折して赤穂に行く標識が現れます。
そこを曲がって、赤穂に向かいます。

姫路-岡山
川沿いの道を進みます。

姫路-岡山

姫路-岡山

姫路-岡山
で、赤穂城跡に到着しました。

姫路-岡山
大石神社。

姫路-岡山
四十七士の銅像があります。

姫路-岡山
此処も桜並木が綺麗です。
桜の木と一緒に植わっているのは山茶花でしょうか?その木の数は、
桜を遥かに凌ぎます。

で、此処から海岸線沿いに岡山に向かいます。国道2号を進むと、
山の中の道を進む事になるので、平坦と思われる海沿いの道を進み
ます。

姫路-岡山
が、この道もしっかりと山越えをします。

姫路-岡山
深い入江に出ました。

姫路-岡山
日生に着きました。

姫路-岡山
川沿いの道を遡り、山に向かって行きます。やな感じ。

姫路-岡山
国道2号線と合流します。
在来線と新幹線の線路に挟まれた道を進みます。
暫く走ると、ようやく岡山市街に入ります。

姫路-岡山
この交差点に、世界初の点字ブロックが設置されたそうです。

姫路-岡山
岡山駅に行く前に、後楽園の庭園に寄り道します。 

姫路-岡山

姫路-岡山

姫路-岡山
なかなかの庭です。

姫路-岡山

姫路-岡山
此処も桜が綺麗でした。

姫路-岡山
そして、岡山城。

姫路-岡山
で、岡山駅に到着しました。

これで、本州最北端の大間から秋田、少し飛んで、宇都宮から下関
迄を自転車で走った事になります。残りの区間の秋田から宇都宮迄
は、この秋、紅葉の季節に巡ってみましょうか?






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 大阪_姫路

大阪-姫路
さて、今日は大阪日本橋から走ります。
なるべく海岸線から離れない道を進みます。そして坂道を走らない
ような道筋を選んで、姫路へと向かいます。




そのようには走りませんでしたが、事前に計画したルートがこれ。

大阪は、沢山の川が大阪湾に流れ込んでいて、その川に沢山の橋が
あるのですが、事如く車道は自転車通行不可となっています。
なので、歩道を自転車を押して上がって下らなくてはならず、時間
が掛かる割にはなかなか先に進みません。幾つかの橋を、自転車を
押して上がっては下るを繰り返していると、ようやく走って渡れる
橋が現れました。

大阪-姫路
で、その川は淀川。

淀川を渡ると道も良くなり、そのまま車道を走る事が出来る橋が、
続きます。そして、JR神戸線や阪神本線と平行し走る国道2号線
を進みます。

大阪-姫路
で、甲子園球場。

大阪-姫路
阪神淡路地震の時に崩壊した高速道路の下を走ります。

大阪-姫路

大阪-姫路
灘が近くなり、国道2号線から離れて、酒蔵が在る旧西国浜街道を
進みます。

大阪-姫路
で、神戸港に到着しました。

大阪-姫路
此処でも飛鳥Ⅱに出会います。

大阪-姫路
海岸を走るJR山陽本線沿いの道を進みます。
この海岸を走る線路は、瀬戸内を走るJR山陽本線の特徴のひとつ
です。

大阪-姫路
ロープウェイが在ります。
まるで内房の鋸山みたい。

大阪-姫路
明石大橋。

大阪-姫路
綺麗な海です。

さて、暫く走ると明石にと到着します。
で、此処で早めのお昼ごはんの玉子焼き、通称明石焼きを頂きます。

大阪-姫路
此処迄来ると、姫路迄はあと40キロ弱。
なので、先を急がずに海沿いの旧道を進みます。

大阪-姫路
段々姫路に近付いて来ますが、山が海迄迫ってきます。緩くて短い
ながらも、アップダウンが続いた旧道と、何回も押して上がった橋
のおかげで、少し疲たので、あまり山道には行きたくはありません。
なので、海沿いの道を走り、大きく迂回して姫路の街に入ります。

大阪-姫路
姫路城に到着しました。

大阪-姫路
お濠を行く、のどかな船。

さあ、いよいよ明日は岡山迄走ります。岡山迄走ると、北は宇都宮
から南は下関迄走った事になります。既に本州最北端の大間から、
秋田迄は走っているので、残るは、秋田から宇都宮の間の区間だけ
となります。
岡山迄走ると先が見えてきます。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 京都_大阪

さて、本日は京都を離れて、大阪に向かいます。

京都-大阪
以前、東海道を走り京都の三条大橋迄走ったので、今回はその三条
大橋から出発します。
三条大橋から四条五条と進み、京都駅を越えて南下するのですが、
そのまま直接大阪には行きません。今日は、夕方迄に大阪に入れば
良いのでゆっくりと寄り道します。で、まず向かうのは、伏見稲荷。
此処も亀は初めての神社なので、ぜひ一度は行ってみたいと思って
いたところでした。

京都-大阪
で、到着した伏見稲荷。
有名な奉納鳥居を見に向かいます。

京都-大阪
ずらっと並ぶ奉納鳥居、稲荷山の山頂迄連なっています。
上り始めますがかなりの距離を歩きます。途中の売店の方にあと、
どの位歩くのか聞くと、まだ全体の1/3なのだそう。
上がって下るのに1時間はかかるとの事。
此処で諦めようかと思いますが、今日、是非とも此処で食べたいと
思っている、麓の鳥居前に在る老舗の食事処の開店時間を考えると、
此処で引き帰したら、そのお店の前で1時間、ぼっと待っていなけ
ればなりません。

さあ、どちらをを取るか?
頑張って山を登るか、またはお店の前で1時間ぼっと待っているか。

お店の前でぼっと待っている方では無い方を選ぶ事にしました。

京都-大阪
奉納鳥居の料金表の立て札がありました。
人の力で此処迄運んで設置する事を考えると、案外と安い金額です。

京都-大阪
で、此処が山頂の祠。

で、山を下り、そのお店で、兼ねてより食べてみたいと思っていた
ものを頂き、次を目指します。

次は、桜の名所、醍醐寺を目指します。
この醍醐寺、先程登った稲荷山の向こう側に在ります。でも自転車
担いで、奉納鳥居の中を登る訳にもいかないので、鳥羽街道を下り、
ぐるっと山を迂回して向かいます。

で、墨染駅の辺りで、左に曲がって緩くて長い坂道を進みます。
この辺りの山越えの道で、一番楽そうな道を選んでみました。

京都-大阪
此処が頂上。

京都-大阪
八科峠というそうです。

京都-大阪

京都-大阪
で、坂を下り、六地蔵からまた北上して醍醐寺に到着します。
凄い人なので、ちらと観て大阪を目指します。

さて、大阪を目指すのですが、此処も他の都市と同じように自転車
走行不可の道が多くて直進出来ません。なので、行きたい方向では
無い道を進まなければなりません。

京都-大阪
観月橋を渡り、昔の街道と思われる道を進みます。
この道を暫く走り、近鉄の線路と平行して進みます。

京都-大阪
このままだと宇治を通って名古屋に向かってしまうので、道を変え、
田園地帯を走ります。

京都-大阪
で、暫く走り、川沿いの道を進みます。

で、またバイパスの道となり折り返す事も出来ず、かなり高い所を
走る大きな橋を進みます。此処で川を渡ると大阪には行きそうには
ないので、川沿いの道を進み、また橋を渡ります。

京都-大阪
先程渡った橋。
高所恐怖症の亀にとっては、試練の橋でありました。

京都-大阪
川の下流側は、見事な桜並木が続いています。

京都-大阪
さて、この道を進むと石清水八幡宮が在りますが、もの凄い人の数。

京都-大阪
石清水八幡宮にお詣りするのを諦めて、東高野街道を進みます。

京都-大阪
電車の線路沿いを走ります。京阪電車でしょうか?

京都-大阪
で、またまた川沿いの道を進みます。
で、小山を越えて、堺・門真方面と書かれた標識の方へと進みます。

で、またバイパスに入り、自転車不可となったり道が右と左にしか
行けずに直進が出来ない丁字路になったりと、右に左にウロウロと
しながらも、段々と大阪のビル群が見えて来ました。




そのようには走りませんでしたが、事前に計画したルートがこれ。

京都-大阪
中之島の桜。

京都-大阪
大阪の街に入り、初めて自転車で此処を走って感じたのは、アジア
の香りがします。
何も匂いが、アジア臭いという訳ではありません。
単なる例えであります。
落ち着きを感じた京都に比べると、どこかエネルギッシュなものと
ゴチャゴチャしたアクの強さを感じます。

京都-大阪
こんな看板、東京では絶対に目にはしません。

京都-大阪
で、暫し走り、道頓堀は日本橋。
コテコテの大阪に到着です。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴで行く 曽我の梅見

曽我の梅
毎年恒例になっている曽我の梅見、今年も行って来ました。
今回は、箱根駅伝のルートを出来る限り忠実に走ってみました。

まず、国道15号線を走ります。横浜迄は追い風、順調に進みます。
そこからは向かい風、しかも風向きがコロコロと変わり、向かい風
に阻まれたり追い風に押されたりと、目まぐるしく変わります。
何だか疲れるね。

曽我の梅
で、暫く走って、JR戸塚駅の手前。
この先、いつもJR東海道線の線路に阻まれて、先に進めません。

曽我の梅
自転車は直進不可。

曽我の梅
とはいえ、左の道に行くと、当分JR東海道線の線路を越える事が
出来ません。以前は、JR戸塚駅の脇に踏み切りが在ったのですが、
いつの間にか無くなってしまいました。なので、今回は右に曲がり、
袴線橋で線路を越えた先の交差点を左折して線路脇を進みます。

曽我の梅
線路沿いを進みます。
と、自転車通行不可だった国道1号線線と、JR戸塚駅の先で合流
しました。

さて、この国道1号線ですが、このまま行くと、またバイパスにと
進んでしまいます。このバイパス、路肩が荒れていて、かつ、急で
長い下り坂。かなりのスビードが出る下り坂です。過去、ハンドル
が変な共振をしてヒヤヒヤとしたり、パンクしたりとで、この道、
あまり良い思い出がありません。
このバイパスに行かずとも良い方法は無いかと、グーグルマップを
見ると、原宿交差点の先の交差点を左折していけば、バイパスには
行かずに国道134号線に出て、海岸沿いを走る道に行く事が出来
そうです。

曽我の梅
で、今回は、トンネルを潜って進むいつものバイパス一直線ルート
を止めて、左端の道を進みます。

曽我の梅
そして、その先を進むと、古木が並んだ並木道が繋がります。
ひょっとしたら、この道が旧東海道なのかもしれません。
以前、東海道五十三次では走らなかった道です。

古木の並木道を過ぎて、新しく出来た住宅街の整備された道を進み
ます。そして、その道を暫く走るといきなりのパンク。
タイヤの脇の袴が剥がれていて、そこに路肩のガラスか鉄粉などが
刺さったようです。今日、走る前にそろそろタイヤを交換しようか
どうしようかと悩んで、結局は面倒だから今度ね。と思っていたの
ですが、何10キロ分か余計に走ってパンクしたのであれば、それ
はそれで、出掛けにタイヤを交換しなくても良かったのかもね。と
思います。
パンクしたタイヤはビットリアのストラーダ。新しく着けたタイヤ
はビットリアのコルサG。このコルサG、ストラーダと比べると、
なかなかシルキーで軽く回ってくれるタイヤです。

曽我の梅
で、134号線に出て、海岸沿いの自転車道路の脇で一休み。
波乗りする人が程々います。此処はなぜか風裏のようで、太陽の光
を浴びていると。ポカポカとしてきます。
これぞ、春の海なのでしょう。

曽我の梅
さて、この先、大磯で海岸沿いの道から国道1号線に入ります。
そして、暫く行って「六所神社」。此処の裏に在る公園の紅梅が、
なかなかなので、休憩がてら寄り道します。

曽我の梅

曽我の梅
まだ、紅梅はこれからのようです。

この「六所神社」、改めて気が付いたのですが、武蔵の国の総社で
ある「大國魂神社」が、やはり別名「六所神社」といいます。
この「六所神社」も相模の国の総社なので、昔は、皆大きな神社が
むっつ在って、その中で一番格式が高い神社を総社として、国毎に
設置されていたようです。今迄、六所神社という単なる名前だと、
思っていたのですが、そういう意味だったようです。
でも何故、此処だけ別名の六所神社という名称だけで、本当の名前
がないのでしょうか?
神社の由来を記した看板を眺めながら、そんな事を考える亀であり
ます。
余談ながら、この看板、日本語と英語で書かれていますが、英語の
方が、何故か詳しく書かれています。英語を読んだ方が勉強になり
ます。

さて、「六所神社」を後にして、本日の目的のひとつ、曽我の梅を
見に行きます。
この国道1号線、平日ながら何人かロードバイクで走っている人と
すれ違います。見ると、亀のようなじじいでは無く、若い人のよう
です。学生さん?会社を休んだ社会人?
良いご身分の方は、リタイアした亀以外にもいるようです。

曽我の梅
で、またまた休憩のJR国津駅近くの海岸。
今日は、淡く大島が見えます。

曽我の梅

曽我の梅
さて、やって来ました曽我の梅林。良い香りが辺りに漂っています。
白梅は、八分咲きといった具合。

曽我の梅

曽我の梅
紅梅と枝垂れ梅は、五分咲きといったところで
しょうか?平日なので人混みはそれ程ではなく、静かに梅見が出来
ます。多分、次の2月最後の週末は大変な人混みとなる事でしょう。

曽我を後にして、本日次の目的である温泉へと向かいます。
此処から小田原を目指すのですが、毎回、同じ道を通った事があり
ません。いつも道に迷ってしまいます。
今来た道を戻れば良いのですが、それではつまらないので、いつも
違う道を進みます。で、今回は見事に迷ってしまいます。
右に左にくねくねと進む道を、これは古道かもしれないとわくわく
しながら走って行き、普段から方向感覚が無いと、自他共も認める
方向音痴の亀が、さらに輪を掛けて、方向感覚が無くなってしまい
ました。
で、スマホの地図で位置を確認しますが、このスマホ、GPS位置
情報が20m程ずれています。交差点で調べると、こちら側にいる
のに、向こう側にいると表示されたり、川に掛かる橋で調べると、
川の向こう側にいるのが、川のこちら側にいるように表示がされて
います。なので、ただでさえ方向音痴の亀が、さらに方向音痴へと
なってしまいます。時々、位置のずれるスマホと方向音痴の亀が、
お互いにずれ合って、正しい方向に進むという事があるのですが、
まあ、稀な出来事ではあります。

昔、家電製品、こんな機能いらないというジョークで、電子レンジ
の「嘘チン」というのがあって、大笑いした事がありますが、この
スマホの「ランダムに位置表示が20m位ずれる機能」というのは、
大笑いは出来ません。

曽我の梅
で、あてにならないスマホの位置情報を参考にするのは止め、適当
に走っていたら、酒匂川へと出る事が出来ました。

曽我の梅
そして、また適当に走ってJR小田原駅に着いてしまいました。

さて、これから温泉へと向かいます。

源泉かけ流しの温泉に浸かって、よい気分になったところで、さら
に良い気分になる最後の目的。
また、JR小田原駅に向かい、商店街の中に在る駐輪場に自転車を
留めて向かうは、ある居酒屋。亀のお気に入りの居酒屋であります。
この曽我の梅見、毎回このコースで、帰りは輪行で帰るというお酒
を飲んでも全然OKという嬉しいサイクリングであります。
で、地魚を美味しく頂き、良い気分で電車で帰るというパターンで
あります。

曽我の梅
で、その地魚。
鮃に鮪に鰤に鮭、石鯛にイサキに黒ムツ。

曽我の梅
下は、旬のシビ鮪。

曽我の梅
若芽のしゃぶしゃぶ。

曽我の梅
〆は、厚切りのハムカツに、此処の絶品アラ煮。そしてご飯。
お腹いっぱいです。

ああ~、今年も大満足の曽我の梅見でありました。

曽我の梅

曽我の梅

曽我の梅





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 再度 古道しながわみち 府中-千束

古道しながわみち
以前、「古道しながわみち」を府中から千束迄、ランドナーで走り
ましたが、どうも道を間違えてしまったようです。
なので、再度 その道を間違えずにと走ってみました。

さて、今日は「古道しながわみち」の出発点である「大國魂神社」
に向かうのにどの道で行こうかと考えます。
で、普段走る事の無い、府中街道の脇の住宅街の道を進みます。

古道しながわみち
で、東横線の下丸子駅近くで、大きな神社を見つけました。
「京濱伏見稲荷神社」です。こんな神社が、此処に在るのを初めて
知りました。まあ、東横線の下丸子の駅は、数回しか降りた事しか
無く、降りてもこの反対側しか行った事がありません。

古道しながわみち
神社には珍しく、営業時間午前6時から午後5時迄、横浜中華街に
在る関帝廟みたいです。

古道しながわみち
立派な拝殿です。

古道しながわみち
だらけた神の使いのお狐さん、このだらけた様子はまるで我が家の
にゃんズのようです。

古道しながわみち
うう~ん、かなりアバンギャルド。

で、この先、梅は咲いているかと、二ケ領用水の脇を走りますが、
まだのようです。なので、此処からは、多摩川サイクリングロード
を走り、「大國魂神社」に向かいます。

古道しながわみち
「大國魂神社」の本殿とその裏の杜。
ここも、かなり気を感じるパワースポットです。
「大國魂神社」でお詣りを済ませて、今回は、道を間違えないよう
に「古道しながわみち」を進みます。

古道しながわみち
まず、「大國魂神社」の東側の鳥居から「京所道、きょうずみち」
から東京競馬場を眼下に見て、河岸段丘の上を通る「旧甲州街道」
といわれる県道229号線を進みます。前回は、この道に進まずに
急坂を下り、東京競馬場の前の道を進んでしまったのでした。

古道しながわみち
この道、自動車の交通量も少なく、昔の宿場町の雰囲気を何となく
感じる道です。
東府中駅から、この通りを逸れ、京王線の線路と平行して進みます。
ひょっとしたら、この道は、「旧々甲州街道」なのかもしれません。

古道しながわみち
暫く走ると、一里塚がありました。
やはり「旧々甲州街道」なのでしょうか?

古道しながわみち
「旧品川みち」とあります。
どうやら、今のところ、道を間違えてはいないようです。

古道しながわみち
こちらも住宅街の細い道を進みます。

古道しながわみち
京王線飛田給駅手前で線路を渡り、駅前から斜め伸びる南側の道を
進みます。
此処までの道筋は、以下となります。




古道しながわみち
で、住宅街の中を通る細い道を進むと、「品川街道」と合流します。
前回、道を間違えてると気が付いた「旧品川みち」の看板のある所
に出ます。

古道しながわみち
で、「品川街道」を暫く走り、多摩川住宅入口の交差点から斜めに
進んで、また、住宅街の細い道を進みます。
此処までの道筋は、以下となります。




古道しながわみち
さて、今回は間違えなく進めるかが不安でしたが、道端に庚申塚を
見つけました。

古道しながわみち
低い崖になった下には、小川とそれに沿った広いがあります。
多分、古の頃は、此処が河岸段丘の崖の縁だったのかと思われます。
前回は、この辺りで道を間違えてしまいました。

で、道なりに進むと、狛江の古墳群が見えてきます。

古道しながわみち
自宅の敷地内に古墳が在る珍しい物件、「松原東稲荷塚古墳」の前
を通ります。

古道しながわみち
そして、前回間違えた「駄倉塚古墳」。

古道しながわみち
さて、此処から世田谷通りに出て、二の橋の交差点を斜め右に入り、
細い道を進みます。
今は見えませんが、古の頃は多分この道から「土屋塚古墳」を右に
見て、人々は往来したのでしょう。
此処までの道筋は、以下となります。




古道しながわみち
道端に祠が在り、念仏車がありました。

古道しながわみち
これが念仏車、チベット仏教のマニ車と似ています。
どうやらこの道、古の往来があったようで今のところ、道を間違え
てはいないようです。

古道しながわみち
暫く走ると、右側に「氷川神社」が在ります。
大きな神社です。鹿島神宮のような立派な杜があります。
「古道しながわみち」の通りとは離れていますが、古の頃は、神社
の境内は、もっと広かったのではと想像してしまいます。
だとすると、この「古道しながわみち」は、この神社の脇を通って
いた事となります。

「氷川神社」にお詣りをして、さらに進みます。

古道しながわみち
暫く走ると、また世田谷通りに合流します。

古道しながわみち
そして、野川を渡ります。

古道しながわみち

古道しながわみち
小山を越えて、仙川に出ます。

古道しながわみち
大蔵運動公園の脇にと出ました。辻には、祠があります。
この先の急坂を上がります。

古道しながわみち
東名自動車道を下に見て、さらに進みます。
この辺り、野川と仙川のふたつの川を渡ったり、道筋は複雑になり、
さらには、昭和になって出来た東名自動車道で、古の道が分断され
ています。多分この道かと、砧公園から流れる谷戸川沿いに進んで
行きます。

古道しながわみち
谷戸川沿いにも祠があります。

古道しながわみち
この辺り、坂を上がったり、下ったりを繰り返します。
古の道としては、どうも無理があります。
道を間違えたのでしょうか?

古道しながわみち
谷戸川沿いを走っていくと、丸子川に合流しました。
碑があり、説明文には江戸時代に切り拓いた農業用水だそうです。
と、いう事は、「古道しながわみち」ではありません。
また、今回も道を間違えてしまったようです。

古道しながわみち

古道しながわみち
暫く走ると四辻に石碑が在ります。
「右 むかし筏みち、むかし大山みち」とあります。
江戸時代は、品川みちを筏みちと呼んでいたので、どうやらこの道、
「古道しながわみち」の名残りを後の時代に伝えていった道のよう
です。そして、国道246号線の古道である「大山みち」がここで、
筏みちと交差しているというのは、「古道しながわみち」では無い
道を進んでしまったとはいえ、ちょっとした収穫でした。

さて、この筏みちをそのまま進もうとしますが、国道246号線の
高架道に塞がれてしまっています。
なので、仕方なく左の上り坂を上がって、環状八号線に出て、国道
236号線を越えたら、すぐに右折をして坂を下って進みますが、
また、環状八号線に出てしまいました。

古道しながわみち
で、東急大井町線の上野毛駅に出ます。

古道しながわみち
そして。駅の脇の道を東急大井町線を平行して進みます。
この道、ずっとまっすぐな道で、どう考えても昔の道の風情があり
ません。この道も「古道しながわみち」ではないのでしょうか?
世田谷区に入ってからは、品川道の標識が全くありません。昭和の
時代になり、東名自動車道路や国道246号線が整備されたおかげ
で、「古道しながわみち」は分断されてしまって、その痕跡もなく
なってしまったようです。

古道しながわみち
東急目黒線の奥沢駅を左折して、また線路沿いを進みます。

古道しながわみち
坂を下って、また上がります。

古道しながわみち
すると、呑川に出ました。

古道しながわみち
吞川を進むと、中原街道にと出ました。

此処までの道筋は、以下となります。



前回道を間違えたので、今回は間違えないようにと進んだのですが、
二子多摩川辺りで、またしても道を間違えてしまったようです。
後で、改めて検証してみて、多分この道筋が正しいのではないかと、
ルートラボで改めて道順をなぞってみました。


改めて、世田谷通りの野川から中原街道の呑川の間を、改めて引き
直したルートで走ってみようと思います。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 古道品川みち その2

古道品川みち
前回、途中迄走った「古道品川みち」、今日は、その続きを品川に
在る「荏原神社」迄走ります。

前回は、「古道品川みち」が中原街道と交差する地点迄走ったので、
本日は、そこから出発します。前回、呑川の左岸で中原街道に出た
のですが、本来の「古道品川みち」は、呑川の右岸の丘の上から、
下って中原街道に出て、当時から在ったという、呑川に掛る石橋を
渡り、洗足池の脇を通って行ったのだそうです。

古道品川みち
中原街道に出会うこの道が、どうやら「古道品川みち」のようです。

前回は、「古道品川みち」の跡がよく分からずに走り、その道すじ
とは違う道をかなりの部分、走ってしまいました。
これは、改めて、きちんと道すじを辿る「古道旧品川みち」の探訪
を行う必要があるのですが、今回は、それを踏まえて、じっくりと
時間を掛けて、続きの「古道品川みち」を探索しようと思います。

古道品川みち
中原街道を都心方面に向けて走ります。
坂を上がり、下って洗足池に到着します。
ここからまた坂を上がった先で、中原街道から「古道品川みち」は、
また分かれます。
この洗足池を眺めながら、ふと、疑問が頭をよぎります。
古の人達は、多摩川の河岸段丘の上に、その生活圏を営んでいたの
で、古道もその生活圏の中を通っていたと思われます。
なのに、環状八号線から分かれた辺りから、この古道は、その河岸
段丘の縁を下ったり、上がったりを繰り返してます。
この中原街道に出た後も、坂を上がったり下ったり、また上がって
下るを繰り返しています。ひょっとしたら、等々力辺りから、この
洗足池迄を、河岸段丘の上をまっすぐに進む道があったのではと、
思ってしまいます。次回、改めて「古道品川みち」の起点から走る
際には、この辺りを事前に調べて、進んでみたいと思います。

古道品川みち
さて、洗足池坂上の交差点から斜めに入る「古道品川みち」を進み
ます。ここからは、中原の商店街の道を進みます。

古道品川みち
江戸時代の洗足池の様子を説明した石碑があります。
ちなみに、この石碑では、洗足池を千束池と明記しています。
この辺りの地名は千束とあります。元々は、どちらの名称だったの
でしょうか?気になります。

古道品川みち
長い一直線の中原の商店街を進むと、環状七号線と交差し、そこを
渡ると、今度は、北馬込本通りの商店街が続きます。

古道品川みち
この辺りの「古道品川みち」、長い舌状の岬のような地形の尾根道
を進んでいます。当時、この辺りの低地は葦の生える湿地帯だった
のではと、勝手に妄想してしまいます。

古道品川みち
暫く走ると、荏原町駅近くの交差点に石碑がありました。
東海道と中原街道を通る品川道と、中原街道から分かれて池上通り
に出る中通りが交差をする地点に置かれた、江戸時代からある道標
なのだそう。江戸時代から残る道標は、数が少なく貴重なものなの
だそうです。
で、その道を直進します。

古道品川みち
国道1号線を越えさらに暫く進むと、JR横須賀線の踏切と、東海
道新幹線の高架と交差をします。すぐ脇に西大井駅が在りました。

古道品川みち
さて、脇を見ると、杜があります。
神社かと思い、中に入ろうとしますが、入れません。
気になって後で調べたら、伊藤博文のお墓だそうです。
この「古道品川みち」、古墳群の近くを通っているのですが、流石
に古墳ではないものの、明治の初代総理大臣のお墓の脇を、通って
いるのも不思議です。古道自体は、もっと古い時代のものなので、
後になって、お墓を作ろうとした人がここを選んだんでしょうね。

古道品川みち
さて、この先、道は二手に分かれます。
右に行くか、左に行くか?
右が「古道品川みち」だという説と、左が「古道品川みち」という
説があるそうです。
今迄、直線の緩い傾斜で下る尾根道を進んで来たので、道に迷う事
もなかったのですが、此処に来てどちらに進むか迷います。
で、とりあえず、右に進みます。

古道品川みち
JR東海道線とJR京浜東北線のガードを潜ります。

古道品川みち
国道15号線を越えて、京浜急行の高架線が見えてきました。
ここから、東海道を東に向かい、「荏原神社」を目指します。

古道品川みち
河津桜が咲き乱れる「荏原神社」に到着します。
ここで、お詣りをして、はたと考えます。
先程の西大井からの道、たしかに直線で尾根道を下り、品川の海に
到着をするのですが、此処から「荏原神社」迄は結構な距離があり
ます。当時は、東海道もまだ整備されていない頃のはずなので、古
の人達は、海岸沿いの砂浜を「荏原神社」迄、歩く事になります。
わざわざそんな道を進むよりも、他の道の方が、往来はしやすい筈
です。
と、いう事は、先程西大井から分かれた左の道が「古道品川みち」
という事が考えられます。

古道品川みち
なので、昔から栄えた青物横丁駅から丘を上がるゼームス坂を進み
ます。ちなみにこの道、池上通りと合流します。

古道品川みち
大井町駅近くの交差点脇に在った木造のお醤油屋さん。
風情があります。

さて、この道、JR東海道線とJR京浜東北線の線路と交差をする
袴線橋となり、自転車は通行出来ません。なので、脇の商店街の道
から踏切を渡って、大井町駅の脇に出ます。
此処で、池上通りと分かれて緩い上り坂の道を進みます。
どうやら、後で出来た池上通りが、この「古道品川みち」を使って、
東海道に抜けるように、ここで合流をしたようです。

古道品川みち
さて、適度に曲がる緩い上がり坂を進みます。
この道の湾曲度、昔からある道の特徴です。うう~ん、やはりこの
道が「古道品川みち」のようです。
そして、煙突から煙を出す、何やら立派な建物が在ります。

古道品川みち
「東京浴場」立派な銭湯です。
さて、これから西大井の分岐迄走ります。

今回の「古道品川みち」迷わずにまずまず進めました。
ゆっくりとポタリングで走ったので、古の風景を妄想する事も出来、
満足満足の走りでございました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 古道品川みち その1

さて、前回は狛江周辺の古墳群を巡ったのですが、少し気になる事
があったので、多摩川沿いを北上します。

品川みち
で、到着したのが「大國魂神社」。

品川みち
この神社、奈良時代に府中の国府が置かれていた頃、武蔵国の神社
の総大社として「六所」と呼ばれていたそうです。六所というのは、
小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神、
とても格式の高い神社です。

品川みち
たまたま偶然にも本日は節分。この後、境内では豆まきが行われる
そうで、大勢の参拝客で賑わっています。

さて、その「大國魂神社」。
独特のしきたりで行われる、ここの伝統的な祭り「くらやみ祭」。
此処の祭りの関係者が、品川に在る「荏原神社」にお詣りし、品川
沖で禊をして、その潮水を持ち帰る習わしがあるそうです。
「荏原神社」といえば、パワーを感じる亀の好きな神社です。
平安時代、源頼義と義家が奥州征伐に際し、「荏原神社」に参蘢し、
品川の海中で身を浄めたそうです。その際に、「大國魂神社」にも
参蘢したので、「くらやみ祭」では、今でも大國魂神社の神職が、
荏原神社に参詣し禊を行うそうです。

と、いう事は、平安時代から府中と品川の間には、往来があったと
いう事になり、当時の往来である古道が存在していた事になります。
古墳巡りも好きな亀ではありますが、古道巡りは、古墳巡りよりも
好物なので、これはぜひともその古道を探訪したくなってきます。
と、いう事で「大國魂神社」にお詣りした上で、その古道の跡を、
探訪してみます。
その古道「品川みち」調べると、その道筋は時代によって変化をし、
また、起点も諸説あるようです。

品川みち
なので、とりあえず辿り着いた脇の鳥居から、一直線に南下する道
「京所道」を進みます。これ「きょうずみち」と読むんだそうです。

品川みち
暫く走ると、京王線の支線駅「府中競馬正門前駅」の前を通って、
急な下り坂を下り、JRA競馬博物館の前に出ます。そこを左折し、
車返団地を過ぎ、まっすぐに伸びた道を進みます。
随分と長い直線道路が続くので、この道が「品川みち」なのだろう
かと、心配になります。
古のみちは、多摩川の河岸段丘の上を進んだはずです。
「大國魂神社」から「京所道」を進んだものの、府中競馬場が在る
崖下の道であるこの道は、どうも古道と考えると無理があります。
とはいえ、この道、また河岸段丘の上を進むルートとなるので何処
かで、古道「品川みち」に繋がってくるかも知れません。
で、暫く走ると・・・
この道の左側に平行走る細い道が見えます。何かあの道、怪しいな
と思っていたら、鶴川街道と交差する手前でこの道に合流をします。

品川みち
で、よく見ると「旧品川みち」の看板が・・・
やっぱりね。
どうやら、ここからこの道が「旧品川みち」となるようです。
暫し、この道を走りますが、多摩川住宅入口の交差点で、斜め右に
入る細い道を見つけます。

品川みち
何だか、怪しいぞと思ってその道を入ると「旧品川みち」の看板が
ありました。
自慢ではありませんが、東海道五十三次を走り通した亀としては、
古道の匂いを感じ取る事が出来るようになり、その予感があったの
でありました。

品川みち
住宅街の細い道、古道らしくて楽しい道です。

で、暫し走ると、先程訪れた「駄倉塚古墳」の脇に出ます。
で、事前に調べた資料では、この先、「土屋塚古墳」の近くを通り
進むのですが細い道が続くので、果たして、この道が古道なのかが
怪しくなってきます。

品川みち
で、迷い迷い、徘徊しながら野川に出て、多摩川堤通りに合流する
のですが、「旧品川みち」は、多摩川堤通りとは思えません。
なので、多摩川堤通りを越えて少し走ると「みぎ八京みち」と書か
れた石碑があります。その左側には「ひだり八京みち」と書かれて
います。「旧品川みち」では無いものの、この道、興味をそそられ
ます。

さて、また、道に迷ったようです。
なので、また河岸段丘の上を進みます。

品川みち
岸段丘の縁を通る細い道を進みます。

少し走ると、国道246号線にぶつかり、左折すると環状八号線と
合流します。
資料によると、此処から先は暫し環状八号線沿いを進むとあります。
なので、暫くは環状八号線を進みます。

品川みち
で、東急東横線の線路を越えた先で、道が分かれます。
奥沢駅方面が「旧品川みち」のようです。

品川みち
此処からは、河岸段丘の坂を下り、住宅街の中の道を進みます。

この「旧品川みち」、狛江から野毛にかけての古墳群の脇を進んで
いきます。その古墳群は、多摩川の河岸段丘の上に在るので、この
「旧品川みち」も河岸段丘の崖の縁を進んでいく道となります。
平安時代、平安時代、源頼義と義家が奥州征伐に際し「荏原神社」
に参蘢し、品川の海中で身を浄めた事から始まる「大國魂神社」と
「荏原神社」との往来ですが、狛江と二子多摩川周辺の古墳群辺り
を進んでいく道順を考えると、それよりも前の時代から、この古道
はあったのではないかと思われます。
また、この古道、多摩川台の古墳群の近くは通らずに、石川台の方
へと進みます。多摩川台の古墳群は、狛江と野毛の古墳群よりも、
古い時代の古墳群なので、多摩川台の古墳群が造られた時代では、
また、別の往来の道が在ったと思われます。

品川みち
で、坂を下り暫く走ると、中原街道のT字路が見えてきます。

品川みち
此処は呑川の脇、此処からは洗足池の坂を上がって、また多摩川の
河岸段丘の上を進むようです。
が、本日の古道巡り、道を間違えあちこち徘徊したおかげで、予想
以上に時間が掛かってしまいました。このまま進むと「荏原神社」
に着く頃は、すっかり暗くなってしまうかも知れません。
折角の古道巡り、じっくりと見聞する事もで出来ずに、時間を気に
して走っても面白くありません。また、この先、道に迷って徘徊を
しないとも限りません。
なので、本日はこれ迄と致します。

楽しみは後日でという事で・・・




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く ジ・エレガンス

亀が、毎回参加をしている「ジャパンヴィンテージライド」が主催
する、今年初めてのサイクルイベント「ジ・エレガンス」に参加を
して来ました。「ジャパンヴィンテージライド」は、今、流行りの
フレームがカーボンの自転車では無く、スチールフレームの自転車
で走るサイクルイベントを、年に何回か毎回趣向を凝らして行って
います。そして、今回の「ジ・エレガンス」は、お洒落な格好で、
都内をゆっくりとポタリングしましょうをテーマに行われました。
このお洒落な出で立ちで走る「ジ・エレガンス」、別の呼び方は
「おっさんのコスプレ」とも言います。
前回の「ジ・エレガンス」の時は、共同主催のヴィンテージバイク
ショップ、コルサコルサ代表の江口さんが、イギリス空軍の帽子を
被って走っていたら、横断歩道を渡っていた小学生位の男の子から
「サンダーバードのおじさんだぁ」と言われた、お洒落なサイクル
イベントであります。

今回も、こんなおっさん達が走る、楽しいイベントとなりました。
亀もこの日の為に用意した、ハリスツイードのジャケットと日本製
のツイードのニッカボッカで走ります。

さてコースは、目黒のコルサコルサを出発して、代官山の朝倉庭園、
国会議事堂と巡り、新富町に在るイタリアンレストランでのランチ、
築地本願寺での初詣、そして、神保町のカフェでコーヒーブレイク、
最後は、また、目黒のコルサコルサで解散となる、約40キロ程の
都内ポタです。

ニューイヤーライド
さて、毎回のお楽しみ、参加された皆さんの自転車の数々。

ニューイヤーライド
正月飾りを付けて走ります。

ニューイヤーライド

ニューイヤーライド
お洒落なフランスの自転車。

ニューイヤーライド
イギリスの名車、モールトン。

ニューイヤーライド
派手なクランクセット。

ニューイヤーライド
お洒落な皮のグリップテープ。

ニューイヤーライド
粋な時計。

ニューイヤーライド
そして、亀のランドナー。

ニューイヤーライド
そして、こんなコスプレのおっさん達が走ります。
おっさんだけではなく、中には女性もおります。

ニューイヤーライド
粋なおじさま、いつも仲良くさせて頂くKさん、Tさん、Aさん。

ニューイヤーライド
法被が似合うFさん。

ニューイヤーライド

ニューイヤーライド
で、国会議事堂前での記念撮影。

ニューイヤーライド
こちら、主催者のマルコさん。

ニューイヤーライド
新富町のイタリアンレストランでの食事。

ニューイヤーライド
サラダ。

ニューイヤーライド
前菜。

ニューイヤーライド
パスタ。

ニューイヤーライド
メインのお肉。

今回は、料理の写真を撮り忘れる事なく、お昼ごはんの写真は全て
撮る事が出来ました。しかし、後程のカフェでのケーキの写真は、
食べるのに夢中で撮り忘れ。

亀は、陽があるうちに家路に就きたいので、神保町のカフェで失礼
させて頂きました。お会い出来た皆樣、のんびりと走った都内ポタ、
ありがとうございました。また、本年も宜しくお願い致します。


ニューイヤーライド

ニューイヤーライド

ニューイヤーライド

ところで、おまけ。
今年の「ジャパンヴィンテージライド」に関連した色々なイベント
のスケジュールのご案内がありました。もし、ご興味がある方は、
こちらのサイトをご覧下さい。

 2月23日(土)BB Bassに乗ろう!房総半島ツアー
 2月24日(日)2019 ハンドメイドバイシクル展
 3月16日(日)Eroica South Africa
 3月31日(日)ビンテージバイクで花見ライド
 4月 7日(日)Eroica California
 4月30日(火)平成時代さよならライド
 5月26日(日)Eroica Montalcino
 6月 2日(日)Eroiva Japan
 6月上旬    東京ナイトクルーズ
 6月上旬    カンパニョーロライド

---------------------------------------------------
An event “The Elegance".
The cycle event called "Japan vintage ride" that I take
part in every time.
The cycle event is runs on an old type of bicycle made
with steel frame, not a carbon frame.And there events
takes a taste every time and performs several times a year.
I took part in the first cycle event in this year that’s called
"The Elegance"
The theme of 'The Elegance” is 'fancy dressing and slowly
pottering in the city'.

Well, "The Elegance" running with this fancy dressing, we
call it “Ossan-No Cospre”in Japanese. That means in
English is “costume play by good old boys”
It is popular in England, like” The Tweed Run”.

At the time of "The Elegance" of the year before last, when
one person was wearing a cap of the British Air Force,
nearby elementary school boy said
"Wow! That’s Thunderbird man".
That’s such a very fashionable cycle event.

And this time again, these good old boys are running,
it was a fun event. I also ran for” Harris Tweed” jacket
and Japanese made Tweed's” Nikka Bokka “pants for this
day.

Well, the course departs from Meguro, visits the Asakura
garden in Daikanyama, then We had the lunch at an Italian
restaurant in Shintomicho, Hatsumode at Tsukiji temple,
and a coffee break at the cafe in Jimbocho, then We will
be fineshed in Meguro, the total distance was 40 km.

It was a fun day to ride with fellows and good weather.

That’s all. Thank you..





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 横浜の黄葉巡り

今年の秋は、暖かく風も少ない日々が続きます。そんな穏やかな秋
の一日、ランドナーで横浜の黄葉を愛でに向かいます。

いつものように、国道15号線を走ります。
平日のお昼前の道は比較的空いています。曜日では、日曜日が割合
と道が空いている印象がありましたが、今日の方がそれよりもさら
に、道が空いている感じがします。たまたまなのでしょうか?
平日は仕事で走る自動車が多くて、自転車は走り辛いと思っていま
したが、場所と時間によっては、そんな事は無いのかも知れません。

横浜紅葉巡り

横浜紅葉巡り
みなとみらいの手前に在る公園。
普段は気が付きませんでしたが、大きな銀杏の木が在りました。
黄葉が見事なので、思わず写真に納めます。

横浜紅葉巡り
で、毎度お馴染みの定点撮影ポイント。
でも、此処の写真、今回のようにランドナーで撮る事は稀、いつも
は殆どがロードバイクです。なので、帆船の日本丸をバックにした
ランドナーの写真は貴重な一枚であります。

横浜紅葉巡り
さて、黄葉の綺麗な場所を探して走ります。
公園では、今日もスケッチをしている方が多く居ます。

横浜紅葉巡り
スカンディアを臨む紅葉は、今年は余り綺麗ではありません。

象の鼻から横浜の街を臨みます。

横浜紅葉巡り
クイーンは、お色直し中。

横浜紅葉巡り
キングも同様。

横浜紅葉巡り
大桟橋には、ダイヤモンドプリンセス。
カジュアル船よりも、若干お高め。

横浜紅葉巡り
山下公園に向かいます。
小学生の遠足でしょうか?公園のあちこちで車座になって、お弁当
を食べています。こういう時のお弁当って、美味しいんだよね。

横浜紅葉巡り

横浜紅葉巡り

横浜紅葉巡り
山下公園の銀杏も綺麗に彩付いています。

ここで少し時間を潰して、午後1時を少し回ったのを見計らって、
横濱中華街に向かいます。
本日は平日なので、ここ横濱中華街も比較的空いています。
が、相変わらず、人気のお店の前には行列の人で賑わっています。

さて、横濱中華街でコーヒーを頂き、帰りは、旧々綱島街道を進み
ます。

横浜紅葉巡り
で、何時か、ゆっくりと探索したかった六角橋の商店街。
個性的なお店が並びます。
こんな街に暮らし、毎夜飲み歩いたら楽しいだろうなぁ~と思います。

横浜紅葉巡り
で、菊名池の公園。

横浜紅葉巡り
此方も紅葉が綺麗です。

そして、最後の締めは、大倉山のパン屋さんでパンを買って帰ります。
穏やかな秋の一日、ランドナーでのゆるポタでした。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 生麦旧東海道まつり

生麦旧東海道祭り
永く鶴見に住んでいて、全く知らなかった「生麦旧東海道まつり」
今年初めて行って来ました。

生麦旧東海道祭り
まずは、産土神の鶴見神社にお詣りします。
頃は七五三、境内では着飾った沢山の家族が、お詣りしてお祓いを
し、その後は記念撮影をしています。今のお子さんは、にこやかに
カメラに向かって写真を撮ってもらっています。
亀の七五三は、着慣れないスーツを着せられて、ぐずっていたのを
思い出します。今のお子さんは、大人しくしていて偉いなぁ~。

そして、今度の週末には、此処鶴見神社の清明宮で、三島由紀夫と
森田必勝の四十八回忌が行われます。
三島由紀夫と鶴見神社の間には、どんな縁があるのかと、ネットで
調べてみたら、鶴見にあるバーに、作家に成り立ての三島由紀夫が
毎晩のように通っていて、そのマスターが、盾の会のメンバーの方
から、三島由紀夫を祀る神社が無いといわれ、その縁で、清明宮を
遷座したんだそうである。
石原裕次郎の墓といい、この三島由起夫のお宮といい、この鶴見は、
昭和のビックネームには縁があるようです。

さて、本題の「生麦旧東海道まつり」。
旧東海道の道筋を彷彿させる、鶴見から生麦にかけての道筋には、
江戸時代より、この近くの海で獲れた魚介類を売る市が立ち、今
に続く魚屋さんが立ち並ぶ、歴史有る通りとなっています。
そこで、年一回、「生麦旧東海道まつり」と銘して屋台が並び、
穴子の天ぷらや、鰺フライ、海老フライ、焼き鳥、モツ煮込み、
等々を販売する賑やかなお祭りです。

お祭り会場の手前の、臨時駐輪場に自転車を停めて、人混みの中
を進みます。

生麦旧東海道祭り
赤貝の殻剥き。

生麦旧東海道祭り
剥き終えた貝殻。
此処は、貝市場としても有名です。

生麦旧東海道祭り
名物、穴子の一本揚げ。
残念ながら、穴子の天ぷらを買う事が出来る整理券は、終了。

生麦旧東海道祭り
魚介類も売っています。

生麦旧東海道祭り
白海老の素揚げ。
美味しそうなので、これをお土産に帰ります。

朝からお酒を飲んでいる方、多し。来年は、徒歩で来ようかなと
思案する亀でした。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーでお堀まで

ランドナーでお堀まで
都内で用事が有るので、ランドナーで向かいます。

リタイアをしたので、もう通勤用の電車の定期券も有りません。
なので、炎天下ではありますが、ランドナーで都内に向かいます。

ランドナーで向かうのは、電車の定期券が無い事だけが、その理由
では有りません。

実は、満員電車に乗るのも今更どんなものでしょう?とも思います。
今迄、何十年に渡って、平日は毎日、朝、夕、満員電車に揺られて
いたので、もう満員電車は十分です。更に、リタイアして約一月半
を過ぎ、ほんの少しの間、満員電車に乗らなかっただけなのですが、
満員電車に乗るのが何だか恐い気がします。

出来れば避けたい満員電車。
なので、暑い最中では有りますが、ランドナーで走ります。

暑い暑いとは云っても、この間の週末の暑さから比べると、何だか
風が少しヒンヤリとした感じがします。今日も最高気温は35度を
越えるとの事なので、全然ヒンヤリでは無いのですが、その週末は、
最高気温が39度以上はあったので、それに比べれば全然ヒンヤリ
です。また、今日は風も有り、冬場の向かい風は勘弁して欲しいと
思いますが、夏場の向かい風は、心地良く感じてしまうから不思議
です。特に自転車で走ると、歩いている時よりも、風で体温の熱が
奪われるので、案外と快適で有ります。

と、いう事で、朝の通勤時間帯、ランドナーで都内に向け走ります。

ランドナーでお堀まで
麻布辺り。
スーツを着た方が、自転車通勤をしています。
此処迄、結構な人数の自転車通勤をしている方に出会いました。
満員電車に揺られるよりも、風に吹かれて走る自転車通勤の方が、
ストレスが少ないのかも知れません。

さて、折角の通勤時間帯の都内を走るので、自転車から見た朝の街
の様子を観察します。

ランドナーでお堀まで
お堀端のビジネス街。帝国劇場です。

ランドナーでお堀まで
丸の内界隈の建物。
新しく高層ビルに立て替えられても、昔の風情を残す為に、以前の
建物の外観を当時のように残しています。
下の部分だけ見ると、当時の丸の内のビジネス街の雰囲気を味わう
事が出来ます。

ランドナーでお堀まで
そして、緑の並木が美しい石畳の道路。

ランドナーでお堀まで
そこを抜けて、東京駅前の丸ビル、新丸ビル。

ランドナーでお堀まで
さらに大手町に向かって、野村ビルの大きな時計台。
仕事を離れた立場で見ると、今迄、何度となく見慣れたオフィス街
が新鮮に見えてきます。

ランドナーでお堀まで
そして、用事を済ませ、来た道を戻ります。
お堀越しに見る、夏の雲とお堀端のオフィスビル。

ランドナーでお堀まで
折角、都内に来たので、このまま帰るのも勿体無いので、芝増上寺
から平川沿いを走り、白金を越えて、目黒のBCCでも寄る事に。

仕事から解放されて新たな視点で見る、朝のオフィス街でした。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 炎天下の旧東海道 品川-大森

仕事をリタイアして凡そ一月半、毎朝の通勤が無くなり、歩く事が
少なくなったせいか、どうも運動不足のようです。そのため、今迄、
自宅のマンションでは、エレベーターを使っていたのですが、少し
でも運動不足を補う為に、上りは階段を使うようにしました。
が、それでも今迄、毎日その行き帰りで二時間以上歩いたり、通勤
電車の中で人混みに押されて立っていたのと比べれば、大した運動
にはなっていません。
なので、少しでも運動しようと、自転車で出掛けます。

さて、本日向かうは都内。ついこの間迄、仕事で毎日通勤していた
会社近くの築地市場にランドナーで向かいます。
そして、帰りは旧東海道の品川宿をのんびりと散走して帰ります。
ちなみに、以前勤めていた会社には立ち寄りません。
ボケて間違えて出勤して来たと思われるのが癪ですから・・・

で、まずは国道1号線を都内に向けて走ります。

今迄、平日の通勤時間に国道1号線を走る機会は、殆ど有りません。
この時間、出勤途中の人が沢山歩いています。ついこの間迄、あの
人逹の中で一緒に歩いていたのかと思うと、不思議な気持ちになり
ます。それと同時に、通勤から解放されて、自由になった今の自分
に嬉しく感じてしまいます。

会社に遅刻しないよう早足で歩く人。同じく急いでスピードを出し、
亀の走るランドナーの脇をぎりぎりに追い抜いて行く自動車。また、
こちらも急いでいるのか、信号無視をするオートバイや自転車通勤
する人。
様々です。

何時もの休日と違って、信号待ちもあまり無くスムーズに進みます。
五反田から泉岳寺迄の坂道も、呼吸が荒くなる事無く上がりきり、
芝公園に到着します。

炎天下の旧東海道
何時もの定点撮影ポイント。

炎天下の旧東海道
ここから日比谷を抜け、銀座を通って築地へと向かいます。

ここのところ、少しばかり、自転車で都内を走る機会が無かったの
ですが、少し見ないうちに、今迄あった建物が壊されて無くなって
いたり、新しい建物が出来ていたりと、街の風景が変化しています。
そのうち、自転車で都内を走っていると「此処は何処?私は誰?」
状態になってしまうかも知れません。

さて、築地市場に到着です。

炎天下の旧東海道

炎天下の旧東海道
まずは波除神社にお詣りです。

炎天下の旧東海道
そして、築地場外市場。
日本語と英語の呼び込みの掛け声が、同じ位の割合で飛び交います。
此処も暫くぶりに来ますが、変わりました。

炎天下の旧東海道
いつかは食べてみたかった玉子焼き。

まあ、それにしても暑いですね。
先日、デローザで横浜をうろうろと徘徊していた時も暑かったです
が、今日はさらに輪を掛けて暑さが沁みます。外に居てじっとして
いると危険を感じるような暑さ。
なので、取り合えず築地に着いたらその後は、旧東海道で帰る前に
どこかに立ち寄ろうと考えていたのですが、この暑さではどこかに
寄ろうという気持ちも、失せて仕舞います。

炎天下の旧東海道
芝大門の通り、亀は、この道が昔は最も海岸寄りの古道だと一人で
勝手に決めているのですが、緩やかな道の曲がり具合や、伝わって
くる感覚が、今迄、色々な古道や旧街道を走っていて感じたものと
同じものを感じてしまいます。

炎天下の旧東海道
そして、八つ山の踏切。

炎天下の旧東海道
で、何処へも立ち寄らずに素直に戻って、旧東海道品川宿。
暑さの為か、人通りも疎ら。のんびりと走ります。

炎天下の旧東海道
荏原神社にお詣りします。

炎天下の旧東海道
昼下がりの旧東海道。

旧東海道が終わり、国道15号線に出て帰路に就きます。
炎天下の中、ちょっと危険なサイクリングでした。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 徳山-下関

さて、今日は広島駅から徳山迄輪行をして、そこから下関迄走り
ます。この区間は昨年、デローザで走ったので今回は省略します。

朝早くの広島駅、岩国駅行きの電車が来ますが、電車の中は制服
を着た中学生で混雑しています。混雑といっても、都心に向かう
電車程の混雑では無く、立っている人の間を通れる位の混雑度、
その中を輪行袋が、邪魔にならないようにドア脇に置きます。
そして、岩国駅からは、下関駅行きの電車に乗り換えます。

此方の電車、途中で中学生が降りたり、また新たに乗って来ます。
中学生の制服も、違ったものがいくつか有るので、色々な学校に
通う中学生達なのでしょう。
電車の本数が少ないのか、この電車に集中しているようです。
ところで、中学生は沢山居ても、高校生はあまり見掛けません。
始業時間が違うのか、または制服では無くて私服?
はたまた、自転車通学かバイク通学?

徳山-下関
さて、混雑した電車も無事徳山駅に着き、ここから走り始めます。
この駅の改札は、自動改札では無く人が切符を回収していました。
聞くと、スイカは使えないとの事、では精算はどうしたら良いの
か伺うと、新幹線への乗換え改札の脇の精算窓口で、精算出来る
との事なので、そちらに向かいます。
そこでは、スイカを使って精算が出来ました。

で、小さいメモのような精算券で、新幹線の乗り換え改札口から
入り、新幹線には乗らずに、また新幹線からの直接の出口の改札
で、また小さいメモのような精算券を渡して、外に出ます。
何か変な感覚です。
広島駅では自動改札機でスイカを使って入れたので、JR西日本
でスイカが使えない訳では無く、特定の駅しかまだ自動改札機は
設置されていないのかも知れません。
新幹線が停車する徳山駅でも、自動改札機が無い位なので、この
区間は、まだまだ自動化が進んでいないのかも知れません。

徳山-下関
さて、徳山の平坦な道を進みます。
雨が降っているのかいないのか、微妙な天気です。
この辺りの道は、千葉県の袖ヶ浦辺りの工業地帯の雰囲気に似て
います。広島県辺りは造船所や配送関係の事業所は在ったものの、
大きな工業地帯は見掛けませんでしたが、此方は、中小の工場が
沢山有りました。

徳山-下関
さて、徳山市街を抜けると、昨日と同じような緩く長い上り坂と
なります。そして、自動車専用道路のようなバイパスの道。
こんな道、自転車走っていいんでしょうか?

徳山-下関
緩くて長い上り坂を上ると、今度は緩くて長い下り坂、なかなか
退屈はしない道です。とはいえ、この坂道、これから何回続くの
だろうと考えると、疲れそうで心配になります。
平坦な道は、初めて走ると、初めて見る風景が新鮮で退屈しない
反面、二回目にはその新鮮さが無くなり、飽きて来ます。
それに対して、坂道は初めて走る際は、何処まで上がればいいの
か分からないので、疲れて来ます。
が、二回目、三回目と走るうちに、あとどの位上がればいいのか
分かるので、どの位のペース配分で上がろうか、色々考えながら
上る楽しさが後で出てきます。

でもたぶん、この道、二度三度と走る機会は無いかも知れません。

徳山-下関
長い下り坂を走ると、海が見えてきます。

で、走って防府の街へやって来ました。
綺麗に整備された道を走ると、国分寺の案内看板を見付けました。

徳山-下関
で、その国分寺に立ち寄ります。
亀が今迄見た国分寺の中で、一二を争う立派な本堂です。

徳山-下関
昔は、武家屋敷が並んでいたのでは思わせる道筋です。
ついでに「毛利庭園」も見学しようと、この道を戻ります。

徳山-下関
「毛利庭園」に続く専用の道。
松並木が見事です。

徳山-下関
で、「毛利庭園」。

徳山-下関
翠の紅葉が綺麗です。
真っ赤に色付く紅葉も良いですが、翠の紅葉も爽やかさを感じる
事が出来ます。これまた嬉しい景色です。

徳山-下関
で、これが毛利邸。
立派な数寄屋造りです。

徳山-下関
庭も手が掛かっていて見事です。

徳山-下関
さて、先を急ぎます。

徳山-下関
またまた緩くて長い坂を上がって、下って走ります。
どうもこの辺り、山が海迄せり出した地形に、川が何本か流れ、
山を削った平地を中心に街が出来ているようです。なのでこの先、
山口、宇部、厚狭、小野田、長府と緩く長い坂道が続くようです。
なので、還暦間近の亀は、坂道をじっくりと噛み締めながらのん
びりと上がって、その分、下りはビュンビュンと下ります。

徳山-下関
で、途中からバイパスの国道2号線は、自転車専用道路となって
しまったので迂回します。

で、道を間違えて、走らなくても良い川沿いの道を何キロも走り、
途中で間違えに気が付き、また走らなくても良かった川沿いの道
を戻り、新山口の市街地を抜けて走ります。

徳山-下関
気持ちの良いバイパスの道。

徳山-下関
で、ようやく下関の市街地に到着しました。

徳山-下関
関門海峡大橋が見えてきました。

いよいよ明日は、関門海峡人道トンネルを通って九州を走ります。


このルートラボは、事前の準備で作成したもの、この通りには、
走っておりません。







にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 呉-広島

さて、前回の「デローザで行く 尾道-呉」の続きです。

何故、呉に立ち寄ったかと、ここには「大和ミュージアム」が、
在るからです。亀はミニタリー系は、特に好きでは有りませんが、
やはり、ここにはいつか来て見たいと思っていました。
なので、饂飩も食べてお腹もよい具合となったので、心行く迄、
ゆっくりと堪能致します。

呉-広島
で、港に向かうと大きなコンテナ船を造っています。

呉-広島

呉-広島
で、この橋の隣の隣が「大和ミュージアム」。

呉-広島
中には1/10の大きさの戦艦大和の模型。
模型といっても、実物は300メートル近く有りますから、これ
も大したものです。
これを見ているだけでも感動してきます。

近くで見てみると、特に艦首と煙突のデザインが秀逸です。
こんなモダンで斬新なデザイン、誰が考え出し、かつ、良く承認が
おりたものです。

ここでは戦艦大和の成り立ちから、その建造技術が、戦後の日本
の工業技術に生かされている事が紹介されていました。

呉-広島
その技術を活用した、戦艦大和よりも大きな出光丸。

でも、一度も戦わずに戦地に向かう途中で撃沈してしまったのは、
ちょっと残念な戦艦大和です。

呉-広島

呉-広島

呉-広島
また、ここには、バガボンドと呼ばれた人間魚雷や、小型潜水艦、
零戦などが展示されています。
零戦、その機能美が堪りません。

呉-広島
これ、零戦のエンジン。
ちょっとキモイ。

呉-広島
ピストンがこんな感じで組む合わさっています。
こんなエンジン、初めて見ました。

呉-広島
さて、ミュージアムのお土産が此方。
右が「レモスコ」ならぬ「クレモン」。
ライバル心剥き出しか、はたまた、便乗品か、自宅に帰ったら、
味比べをしてみましょう。
そして、左が「間宮羊羹」。
この名前の由来は、戦艦には厨房が無いので、船団で出航する際
に食事を作る専門の船が有ったそうです。それが、戦艦間宮、で、
そこで作られたもので一番人気だったのが、この羊羹なんだそう。
名前の由来が面白かったのと、サイクリングの時の非常食として、
亀は羊羹が気に入っているので、思わず買ってしまいました。
なお、もうひとつ買ってしまった理由が、戦艦間宮は厨房船なの
で、戦闘機能は無く、海軍的には特殊艦と言うんだそうです。
で、亀は何を勘違いしたのかこの羊羹、特殊羹、所謂特殊な羊羹
と思い、思わず買ってしまったのでした。

ちなみに、試しにひとつ食べてみたら、味は特殊ではありません
でした。

さて、「大和ミュージアム」を後にして、海岸線沿いを広島迄、
向かおうとします。

呉-広島
と、見ると大きな鯨、じゃ無かった潜水艦。
よく横須賀で見る潜水艦と同じもの。でも、随分と腹が太いね。
横須賀で見る時は、半分以上海面の下にあるので、こんなにお腹
が太いなんで知りませんでした。

呉-広島
此方は、海上自衛隊の史料館となっています。
ついでに見てみます。

でも、戦前の軍隊の歴史館と、今の自衛隊の史料館が向かい合い
並んでいたら、外国人に、自衛隊が軍隊では無いという事をどう
やって説明したら良いか悩みます。

で、此方の史料館、主に掃海艇と潜水艦の紹介をしています。

海上自衛隊の成り立ちは、元々、戦争終了直後の日本の海には、
うじょうじょと浮かんでいた機雷を駆除する為に、掃海艇でその
機雷を取り除く事から始まったんだそうです。
ちなみに、当時使っていた戦前からの掃海艇には、食堂や入浴の
施設が無かったそうです。で、戦後にアメリカから供与された、
掃海艇には、食堂と入浴の施設が有り、作業員は大感激したそう
です。

戦後、アメリカの様々な物資をみて、日本人は、これは敵わない
と思ったのでしょう。結果、戦争終結しても抵抗をするゲリラが
居るのが世界の常識なのですが、呆れる位に戦争に負けたら全く
抵抗する事無く、従順に従う稀な敗戦国となったのでした。

呉-広島
で、これが戦争中、アメリカが飛行機から落とした機雷。

呉-広島
で、これが、深い海に有る機雷を駆除する、今の無人潜水艦。

呉-広島
これは、浅い海に有る機雷を駆除する装置、大きなルアーのよう
です。赤色が入ったら、まるでラパラです。

で、次が潜水艦。
先程の外に有った、潜水艦の中を見学する事が出来ます。

呉-広島
通路。

呉-広島
ベット。

呉-広島
操舵室。

呉-広島
海図を置き、作戦を練る作戦室。

潜水艦は二種類あって、魚雷を搭載して戦うのが、攻撃型潜水艦。
主に哨戒を任務とするのが、戦闘型潜水艦と言うんだそう。
で、海上自衛隊の潜水艦は、戦闘型。
攻撃はしないけど、戦闘するんだそう。へえ~。

呉-広島
また、潜水艦乗りだけが付ける事を許されたピンプレート。
世界各国のピンプレートがあります。

呉-広島

呉-広島

呉-広島

呉-広島

呉-広島

呉-広島

呉-広島

呉-広島
歴史の古い、イタリアやイギリス、スペインやフランスなどは、
個性的なデザインが多いです。

さて、今まで知らなかった海上自衛隊の事を知って、得した気分
で後にします。

呉-広島
海岸線を走って広島迄向かいます。

呉-広島
昔の広島市民球場。
広島カープといい浦和レッズといい、チームカラーが赤のファン
やサポーターは何故か熱血な人が多いんだろうかと、考えながら
走ります。

呉-広島
広島駅に到着。

呉-広島
広島に来たなら、広島ドーム。
前回は、雨が降り始めていたので、立ち寄りませんでした。
タイやカンボジアの廃墟となった寺院を見ているようです。

さあ、明日は輪行で、徳山迄行き、そこから下関迄、走ります。
で、今夜は広島の夜を楽しみます。

このルートラボは、事前の準備で作成したもの、この通りには、
走っておりません。






にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 尾道-呉

さて、折角のせとうちに来たので、ついでに山陽道を走ります。
走るのは、去年、雨で走れなかった尾道から広島迄、国道2号線
に沿って走ります。

尾道の隣の街、三好迄は、去年の「グラン・ツールせとうち」の
前日に尾道の宿が取れなくて、三好に泊まったので、既に一往復
走っています。そんな見覚えの有る道を走ります。

尾道-呉
三好を過ぎると、海岸線に沿って走るのでは無くて、川に沿って
走ります。

朝早く宿を出たので、朝ご飯を食べていません。
何処かのコンビニに立ち寄ろうと走ります。

尾道-呉
で、セブンイレブン。
ここのところ、セブンイレブンのコーヒーがマイブームです。
なので、セブンイレブンで朝ご飯。
ちなみに、この辺りのコンビニは、首都圏とは違い、イートイン
のスペースが有りません。自動車で来店される方が殆どなので、
食べるのは自分の自動車の中なのでしょう。
自動車では無く自転車で来店した亀は、仕方無く、コンビニ脇の
畑のコンクリートの畔に座りサンドイッチとコーヒーを頂きます。
畑を見ながらの朝ご飯もなかなか乙なものです。

で、道は川に沿って上流へと進んで行きます。
上流に沿って進んで行くという事は、早い話、上り坂が待ち受け
ています。亀はあまり好きでは無い山道であります。

尾道-呉
とはいえ、山道と云っても昨日の岡山-尾道もそうでしたが、緩い
傾斜の道が続きます。今日も昨日以上に長い上り坂が続きます。

尾道-呉
随分と上って来ました。

尾道-呉

尾道-呉
ここが峠と思われる場所に、神社が在りました。
築地神社というそうです。早速お詣りします。

尾道-呉
棚田には蛙の泣き声が響いています。
都会では聞けない音です。

尾道-呉
さて、呉迄の国道2号線、内陸部を進みます。
なので、結果、緩い傾斜の長い坂道が続きます。
坂好きなサイクリストの方には楽しい道かも知れません。

で、国道2号線は広島方面に進みますが、呉に進むにはその国道
から離れ、左折して進みます。 

尾道-呉
暫くは平坦な道を走りますが、やがて長くて豪快なダウンヒルと
なります。坂好きな人は溜まらないでしょうね。

暫し下ると、今度は海岸線迄、平坦な道が続きます。
どうやら大きな台地が、崖のように海岸線近く迄続いていたよう
です。

尾道-呉

尾道-呉
川沿いの木製の橋、

で、呉の隣街、広に到着します。
ここから長いトンネルを抜けて、呉の街に出ます。

さて、時刻はお昼少し前、何処かでお昼ご飯を頂きます。
折角なので、地元の名物を頂きたいものです。
で、スマホで調べると、冷麺と細饂飩がここの名物のようです。
ならばと互いの名物で人気の有るお店を調べると、冷麺のお店は、
本日定休日。なので、細饂飩と行きましょう。

さあ~て、これでお腹も舌も満たされました。
で、今回、この呉に立ち寄った最大の目的がこの後待っています。

話は長くなるので次回に続きます。


このルートラボは、事前の準備で作成したもの、この通りには、
走っておりません。








にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 岡山-尾道

また今年も「グラン・ツールせとうち」に参加するので、尾道迄
向かいますが、その前に岡山駅で降りて福山駅迄走ります。
何故、真っ直ぐに尾道迄行かないのかというと、まずひとつは、
「グラン・ツールせとうち」は明日開催で、本日は、受付のみと
いう事で、地元に宿泊させて地元にお金を落として貰おうとの、
なかなか良く出来た仕組みなのですが、その為に、前日乗り込み
をするものの、本日は受付しか無いので時間が空いてしまいます。
なので、ついでにどこか走りたいと思ったからであります。
またもうひとつは、自転車で本州縦断を企んでおりまして、今の
ところ、北は日光から京都迄と、南は福山から尾道、飛んで広島
から徳山迄と走っております。
ならば、今回はその間の区間の一部として、岡山から福山迄走り、
福山駅から尾道駅迄は輪行で行き、「グラン・ツールせとうち」
の受付を済ませようとの魂胆であります。

で、まずは新横浜駅からのぞみで岡山駅迄、輪行で向かいます。

岡山-尾道
ほぼ定位置となった、新横浜駅の輪行準備スペース。

岡山-尾道
こんな感じでセッティング。
昨年の徳山からの新幹線の帰りで、ドアセンサーが輪行袋を感知
して、通路のドアが開いたり閉まったりを繰り返していたので、
今回はそんな事が無いよう、後輪も外してコンパクトにした、
「新幹線ドア引っ掛かり防止仕様」と致しました。

さらに、輪行袋をより身近に置いて置けるようにと、車両の一番
後ろの三列の席の窓側、いわゆるAの座席を指定しておきました。
この席なら、座席と後ろの壁の間の隙間に輪行袋を置いて置く事
が出来ます。
ちなみに何故窓側の席にしたかというと、のぞみの場合は、半数
以上の乗客は大抵、大阪駅迄で降りてしまいます。今回、亀は、
大阪駅よりも先の岡山駅迄行くので、通路側の席だと、他の乗客
の出入りの度に席を立つ必要があります。それも煩わしいのと、
さらに、窓側の座席だと壁に電源コンセントが有って便利だから
であります。
なお、仕事で出張の時は通路側。
大抵、大阪迄しか行きませんから・・・

で、新横浜駅のホームに定刻通りにのぞみが入って来ます。
こちらも、定刻に間に合うように、早めに新横浜駅迄走って行き、
大きなトラブルや忘れ物も無く、順調に輪行の準備が出来、お陰
で余った時間を持て余し、ホームのベンチで待ちくたびれた亀は、
えっちらおっちら輪行袋を肩に担いで、のぞみに乗ったのでした。

で、座席を見ると、座席と壁の間には既に荷物が置かれています。
まあ、この場所、最後尾の座席の人の荷物を置く、優先的な場所
では無いし、また、横浜駅も始発駅では無いので、折角この席を
取ったものの、仕方が有りません。なので、こんな事も有ろうか
と、トイレが在り、センサーに引っ掛かりそうに無い広い通路が
有る車両の座席を予約していたのでした。
そこに輪行袋を置いて、乗務員の方に置いて良いかどうかの確認
を致しました。

岡山-尾道
これで、のぞみで岡山駅迄、無事に輪行が出来ました。
しかし、本日もそうでしたが、大きなスーツケースを持った乗客
の方を多く見かけました。これからオリンピックに向けて、益々、
大きな荷物を持った、海外からの観光客が新幹線を利用する事で
しょう。その対策として、座席数を減らしてでも、荷物の収納の
スペースをもっと確保すべきなのではないでしょうか?

岡山-尾道
と、そんな事を考えている亀の思いを無視するかの如く、のぞみ
はさらに順調に走り、岡山駅に到着致しました。

さあ、デローザを組み立てて走り始めます。

走り出すと、いきなり後輪がロックして仕舞います。
降りて後輪を見ると、スプロケット側がエンドから外れています。
輪行で外した後輪を組んだ時に、クイックレリーズを締めるのが
弱すぎたようです。

危ない危ない・・・

で、また走り始めますが、どうも回転が重く感じます。
また停まって確かめます。
後輪を見ると、チェーンで引っ張られたスプロケット側が、前に
ずれてタイヤがフレームのステイに当り擦れています。
どうもクイックレリーズがバカになって、ロック出来なくなって
しまっています。

さて、どうしようと考えます。
普通、予備のクイックレリーズは、持ち合わせません。

ところが、亀は奇跡的に予備のクイックレリーズを持参しており
ました。それは、輪行の際にフロントとリアのエンドを保護する
為に、1セット余計に携帯していたのでした。

岡山-尾道
で、交換したクイックレリーズ。
カンパニョーロのストレート、好きな人はおっと思う一品です。
で、バカになったクイックレリーズは、輪行の時のエンド保護に
使います。こちらは余りテンションが係らないので、多分、使用
に耐える事でしょう。

何だか出だしから不調気味ですが、もうひとつ不具合があります。
それはキャトアイアプリ。記録画面は表示されるのですが、記録
の開始ボタンをタッチしても記録が出来ません。
以前から、時々、こんな症状が有りましたが、再度アプリを立ち
上げたり、少し時間を置くと上手く作動したのですが、今回は、
何度やっても記録が出来ません。
まあ、キャトアイのサイクルコンピュータ買わずに、アプリだけ
タダで使わさせて頂いているので、文句は言えませんが、これ、
サイクルコンピュータを持っていたら、頭に来るだろうなぁ~と
思います。

そんな事や、ホイールを付け直した際に毎回行うブレーキシュー
の左右の間隔調整に、時間を掛けて居たのと、道を間違え、行先
とは反対側の姫路方面に戻ってしまったのに気が付いて、また、
元に戻ったりと、時間を過ごして仕舞い、岡山市を抜けるのに、
二時間以上掛かって仕舞いました。

岡山-尾道
まあ気を取り直して、福山駅目指して走ります。

国道2号線のバイパスを走りますが、こちらも国道1号線と同じ
ように、陸橋は自転車通行禁止となっています。
なので、その度に迂回しなくてはなりません。
そんな迂回を何回か繰り返していると、そのうちに、陸橋でも、
自転車通行禁止の看板が無くなったので、これ幸いと陸橋に進み
ます。

岡山-尾道
延々と続く陸橋、と、いうよりも首都高速のような高架道路。
こんな道、自転車走っていいんでしょうか?
自転車通行禁止の陸橋と、そうで無い陸橋との違いの理由が、今
ひとつ、理解出来ない亀で有りました。

さて、出足に時間が掛かりましたが、緩い傾斜のアップダウンと
追い風のお陰で、ここからは順調に進みます。

さて、福山駅が近づいて来ました。
道標を見ると、尾道迄20キロと書いて有ります。
福山駅から輪行して、尾道駅迄行く時間よりも、このまま走って
尾道迄向かった方が、早いかも知れません。

岡山-尾道
なので、昨年、鞆の浦を通って海岸沿いを走る筈が道を間違えて、
また、福山迄戻って仕舞い、その時に走った尾道迄の道を改めて
今回も走ります。

で、本日一番の長い上り坂を越えて尾道迄、やって来ました。

岡山-尾道
初めて走る尾道商店街、長さの有る商店街です。

岡山-尾道
で、「グラン・ツールせとうち」の受付会場にやって来ました。
ガランとしています。
係の方が数名います。

岡山-尾道
と、「グラン・ツールせとうち」は中止との事。
数日前に、松山の刑務所から脱獄した犯人が、「グラン・ツール
せとうち」のスタートとゴール地点である、向島に潜伏している
らしいので、万が一を考えて残念ながら、中止となってしまった
そうです。
犯人が捕まるのをギリギリ迄待っていて、捕まったら受付開始を
しようと準備していたので残念だったのと、参加者の方には申し
訳ありませんとの事。
でもまあ、これは仕方ありません。

参加費は一部返却させて頂きますとの事ですが、事前準備に掛か
る費用を考えると、返却しなくても良いとは思います。

でも、何で脱獄犯は、あと一歩で本州となるところだったのに、
この向島に留まったんでしょうかね。

とはいえ、亀はこの「グラン・ツールせとうち」に引っ掛けて、
何日かの休暇を取って博多迄行こうと思っていたので、このまま
予定通りに、脱獄犯が潜伏しているだろうと思われる、向島へと
向かいます。

岡山-尾道
これが二泊する宿から見える尾道の街。
窓の下には、渡船に乗って向島から出る人を検問する警察の方が、
雨に濡れながらお仕事をしています。
皆さん、ご苦労様であります。


このルートラボは、事前の準備で作成したもの、この通りには、
走っておりません。








にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 下曽我の梅林

もうすぐ春がやって来ます。
今年は例年よりも寒く、遅ればせながらもようやく梅見の季節となり
ました。なので、例年恒例の下曽我の梅林に梅を見に向かいます。

例年は、国道16号線から逗子に抜けて海岸沿いの国道134号線を
走り、大磯からは国道1号線を下曽我迄向かうのですが、今回は別の
道を走ろうと思います。時には今迄走った事の無い未知の場所を走る
のも楽しいだろうと思うのと、あとふたつ、ちょっとした目的が有り
別のルートとしました。

と、いう事で今回はランドナーで、下曽我の梅を愛でに向かいます。

下曽我の梅
我が家から出発して最初に行き当たる国道、国道1号線を走ります。
この道、鶴見川から横浜駅の間は、緩いアップダウンが続きます。
国道15号線は、平坦な道なのでスピードは出ますが、毎回走ると、
飽きてきます。ところが、この国道1号線は緩いアップダウンが有る
ので、頑張って走ると足が疲れますが、変化に富んでいるで飽きる事
の無い道であります。なので、みなとみらいや中華街や三浦半島へと
行くには不便ですが、平塚方面に向かうには便利な国道であります。
ただ、この国道1号線、途中で何ヶ所も歩行者や自転車の通行が禁止
されている場所が在り、その度に迂回しなくてはならなくて、自転車
乗りにとっては、あまり嬉しくは無い道であります。

しかし、今回は少し寄り道をするので、その通行禁止エリアは迂回を
するの事となるので、この国道1号線、あまり嬉しく無い道ではなく、
少々嬉しい道となります。

で、横浜駅手前からはこの国道1号線、旧東海道と平行して走ります。
ちなみに、旧東海道はこの横浜迄は、国道15号線が平行しています。

下曽我の梅
本日、五十日前の土曜日とあって、道は渋滞をしています。

下曽我の梅
その国道1号線を走り、東戸塚駅の先で、県道401号線にと右折を
します。ここは右折するか、左折して戸塚の市街地に向かうかしか、
自転車の場合は進めません。直進をすると、自転車通行禁止となって
しまいます。
さて、この県道401号線、阿久和街道といい、別名鎌倉道とも云う
そうです。鎌倉時代に源頼朝が、府中に行く街道として整備させた道
との事、歴史有る往来の古道です。

その道を北上して、ひとつ目の目的の場所へと向かいます。

下曽我の梅
路振りの神と新幹線。

下瀬谷で中原街道と交差をします。

下曽我の梅
碑が有ります。
二つ橋というところ、東海道が整備される前はこの中原街道が大山道
として、江戸に入る道だったのでしょう。

下曽我の梅
由来と徳川家康の短歌、あまり上手では有りません。

下曽我の梅
渋滞の無い気持ちの良い道を走ります。
さて地図を見ると、どうやら行きすぎたようです。

下曽我の梅
何度か道を迷って、到着したのがこのお店。
何方かのブログで拝見して以来、一度行ってみたいと思っていたお店
です。

下曽我の梅
で、お店の中に入ると、いきなりベトナムになってしまいます。

下曽我の梅
ベトナムの色々な食材が揃っているお店でもあります。

それで、本日の目的は食材では無くてベトナム料理であります。

下曽我の梅
蛤スープのフォー。
現地ベトナムで食べるのと同じスタイルの、トッピング用のハーブと
野菜が付いてきます。バジルはスイートバジルでは無くて、ホーリー
バジルというのが何とも嬉しい限りです。
ベトナムで食べたのよりも、こっちの方が美味しく感じます。

下曽我の梅
そして、お持ち帰り用としてバインミー。
これを持ち帰る為に、今日はロードバイクでは無くて、荷物を積む事
が出来るフロントバックがあるランドナーでやって来たのでした。

さて、ひとつ目の目的は達成出来たので、次の目的、川下りです。
川下りといっても、ランドナーを川に浮かべて下るでは有りません。
ランドナー、クロモリで出来ているので沈んでしまいます。
で、川の中を下るでは無くて、川沿いの道を下流に向けて下ります。
相模の川沿いの道は、今迄走った事が無かったので、下曽我の梅林に
着く迄に渡る川沿いを走ってみようと思います。

川沿いの道について書き始めると長くなるので、詳しくは別の機会で
として、下曽我の梅林目指して走ります。

下曽我の梅
さてさて、境川を適当に下って、県道22号線を西に向かって進んで
行きます。この道も渋滞しています。今日はどの道を走っても渋滞を
しています。
ところでこの県道22号線、大山道とも八王子街道とも云われていた
そうですが、その名前の道はあちこちに在り、この道特有の名前では
ありません。通り名では長後街道と呼ばれ、その名前の方が地元では
有名のようです。その県道22号線を進みます。

いくつかの川を渡り、平塚で国道1号線に出てます。

下曽我の梅
そして、大磯を超えて、いつも立ち寄る相模國総社六所神社。

下曽我の梅
ここで甘酒を頂いてひとやすみ。
甘酒は飲む点滴とも呼ばれ、疲れを癒してくれます。

点滴といえば、生まれて初めて点滴を打ってもらった時に事です。
ああ~、世の中にこんなに幸せな気分になれる注射があったのかと、
初めて知りました。それは、美味しいフランス料理のフルコースにも
匹敵するような満腹感、美味しい料理が全身に沁み渡るような思いで
ありました。二万円のフルコースを頂くよりも、二千円の点滴の方が
いいなぁ~と思ったものでした。
あ、甘酒のお話でした。

下曽我の梅
六所神社の紅梅も綺麗に咲いていました。

下曽我の梅

下曽我の梅

下曽我の梅
で、本日の一番大きな目的、下曽我の梅です。

これから小田原に向かいます。

さあ、梅も堪能したし、これで本日のサイクリング終了と思いきや、
まだまだあります。それは、温泉と魚で一杯・・・

心地良い気分となり、輪行で小田原からJRで帰った亀でした。

下曽我の梅

下曽我の梅

下曽我の梅




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで梅を観に新治の里へ

新治の里の梅
まだまだ朝夕は寒い日々が続きますが、立春を迎え、日中は暖かい
陽射しを感じるようになりました。この季節、そろそろ、紅白の梅
の花が咲き始めます。
そんな春の到来を感じる最初に咲く花のひとつ、梅の花を愛でる為
に、今年も新治の里に向かいます。

で、その前に立ち寄りたい所があるので、綱島迄・・・

鶴見川を綱島から、上流の新横浜に向かうと、川が大きく湾曲して
流れています。寺尾の台地が張り出した丘の裾が、鶴見川の流れを
変えてるのですが、その鶴見川に面した丘の上に、展望台が有るの
を、朝ランで鶴見川を走る際に見つけて以来、気になっていました。

彼処から眺めたら、どんな景色が望めるのだろうか?
でも丘の上だと、坂道上がらなくてはならないしなぁ~と、朝ラン
の度に気になっていました。
気になったら、寄り道して向かうのも良いのですが、時間的に限ら
れた朝ランでは、寄り道は出来ません。そんな思いをずっと続けて
いたので、今日こそ向かおうと、進みます。

新治の里の梅
坂道上がるぞ!と覚悟を決めて道を進むと、階段でした。
残念半分、嬉しさ半分です。

上に上がると公園が在り、その隣にはマンションがあります。
何処か他から上に上がれる道が有るのでしょう。

新治の里の梅
紅白の梅が咲いています。
ここは、「太尾見晴らしの丘公園」と云うんだそうです。

新治の里の梅
こんな感じで見晴らせます。

新治の里の梅
鶴見川もこんな感じで流れています。

さて、今年も新羽橋を渡り、鶴見川沿いの道では無く県道140号
を進みます。この道、舗装が良くて直線が続くので、大変走り易い
道です。

新治の里の梅
で、「新治の里」に到着します。

新治の里の梅
今年も雛飾りが豪勢です。

で、梅を愛でに進みます。
亀のお気に入りの梅の木はここでは無く、広い道を少し進んで谷戸
に入った先に有ります。
最初に「新治の里」に着た時、ビジターセンターを探していて迷い
混んだ谷戸に在った梅の木が、この木でした。以来、この梅の木が
気になって仕方無く、この梅を花が咲いた景色を見ないと春が来た
気がしません。なので、ここ数年、この梅を最初に愛でる事にして
います。 

新治の里の梅

新治の里の梅
今年も綺麗に咲いていました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 春慶寺で味噌造り

昨年、味噌造り体験をして約3キロ弱の味噌が出来ました。
食べてみると、その味は市販には無い旨味の深いなかなかの出来で、
美味しかったので、今年も味噌造り体験に参加をさせて頂く事と、
致しました。

ランドナーで行く味噌造り
ここで造る味噌、其処らの味噌とは違います。
まず味噌の主原料の大豆、無農薬で育てた遺伝子組み換えを行って
いない大豆です。また、麹も農薬を使わない合鴨農法で育てたお米
から造ったものです。それを、各人が自分の分だけを取り分けて、
各自のバットで混ぜ合わせ、捏ねて、各自の持参した器に入れて、
各自の自宅で発酵させる、正に手前味噌の味噌であります。
この形式、有りそうでなかなか無いものです。
今や大変珍しい手前味噌造り、今年もランドナーで向かいます。

まずは都心目覚して、ランドナーで向かいます。

何故ランドナーで向かうのか?
それは、約3キロ程有る味噌の卵が入った容器を収納出来るのが、
ランドナーのフロントバックだけだからであります。ロードバイク
で行っても行けない事は無いのですが、帰りに約3キロの味噌の卵
をデイパックで背負うのは、かなりしんどいものがあります。
なので、ロードバイクだったら「オンザロード」となる処ですが、
今回はランドナーなので、「オンザロード」では無く「街道を行く」
とさせて頂きます。

で、自宅を出て、国道1号線を進みます。
帰りは国道15号線、東海道で戻るので行きと帰りは違う道を走り
ます。

で、いつもは五反田から高輪に抜ける坂を上がるのですが、今日は
その坂を進まずに、御殿山から品川に抜ける道を進みます。
何故かというと、五反田の駅近くの立ち食い饂飩のお店で、朝食を
頂こうとの魂胆があっての事、何やら美味しい饂飩屋さんがあると
の事、冬の寒い朝は、暖かい饂飩がお似合いです。

朝からラーメンは、ちと重いものがあります。

ランドナーで行く味噌造り
で、この店。

ランドナーで行く味噌造り
で、この饂飩。
掛け普通盛り、揚げ玉はお店のサービス。
優しい味の出汁と、柔らかいながらも腰のある饂飩です。
何回か食べつけていると、これを食べないと何だかもの足りないく
なるような、癖になる饂飩でありました。

さて、少し暖かくなったので、品川目指して走ります。

まあ、饂飩もラーメン程ではありませんが、それなりに重いものが
あるので、食べたばかりで五反田の坂を上がるのは、少しきついの
で、楽をして御殿山経由で品川に向かいます。

国道15号線を進みますが、今日は風も強く、寒さが凛として体に
伝わって来ます。

さて、その国道15号線を新橋迄走り、汐留を抜け築地市場を通り
ます。祝日で場内市場はやっていませんが、場外のお店には沢山の
人だかりです。

ランドナーで行く味噌造り
勝鬨橋を越えて、新豊洲の橋から豊洲を臨みます。
これから、豊洲の「ROSTER」でコーヒーブレイクです。

ランドナーで行く味噌造り
またいつものように、サンドイッチ。
朝から食べ過ぎです。

美味しいコーヒーを頂き、また走ります。

門前仲町を左折して新大橋通りに出て、箱崎の水天宮も左折をして
人形町を抜けて進みます。
この道筋、まだ昔の風情と昔の地名が残り江戸を感じさせる町並み
が続きます。

ランドナーで行く味噌造り
そして、休日のお昼前は道路も空いていて、気持ち良くランドナー
で走る事が出来ます。

ランドナーで行く味噌造り
神田岩本町を通って秋葉原からは昭和通りに出て、上野駅の脇から
鶯谷に出ます。味噌造りをする東京スカイツリーのお膝元に在る、
春慶寺に向かう前に、お土産を買おうとさらに進みます。
そして、根岸の芋坂にある「羽二重団子」迄向かいます。

と、確か此処等辺りに「羽二重団子」の風情有る建物が在ったはず
なのですが見つかりません。「羽二重団子」のお店があった辺りは、
新築マンションが建築中。ひょっとしたら、「羽二重団子」は無く
なってしまって、その跡地にマンションを建てているのかも知れま
せん。
とすると、羽二重団子をお土産にしようと思っていたのが、空振り
になってしまいます。

あらま~と、ネットで調べたら、やはりマンションが出来るので、
お店は休業中との事、「羽二重団子」のお店が無くなってしまった
のでは無かったので、ほっとはしましたが、お土産が買えません。

それはそれでほっとはしたものの、困ったものです。

さて、どうしましょうと思い、再度ネットで調べたら日暮里の駅前
に「羽二重団子」の支店が在るようです。

ランドナーで行く味噌造り
で、此方がその日暮里駅前のお店。
根岸の芋坂の本店と違って、近代的なモダンなお店です。

さあこれでお土産も手に入れる事が出来たので、東京スカイツリー
を目印に、春慶寺目指して走ります。

ランドナーで行く味噌造り
で、春慶寺に到着です。
このお寺、池波正太郎の「鬼平犯科帳」ファンならご存じの有名な
お寺です。此方で味噌造りが出来るなんて、「鬼平犯科帳」ファン
なら堪らないイベントです。かく言う亀も「鬼平犯科帳」のファン
なので、とっても堪りません。
そして、歌舞伎の代表的な戯作者、鶴屋南北のお墓も在るこのお寺、
歌舞伎ファンにとっても、堪らないお寺であります。

で、味噌造り。

ランドナーで行く味噌造り
その前にお昼ご飯。
お昼ご飯は抜きで味噌造りをするのかて思っていたら、お昼ご飯を
ご用意して頂いていました。
美味しく頂きましたが、今日はすっかり食べ過ぎです。

ランドナーで行く味噌造り
ちなみにこの会、合鴨農法でお米を作って、こんなお酒を造り酒屋
で造ってもらっています。

ランドナーで行く味噌造り
こんな感じで出来上がり、ランドナーのフロントバックに入れるに
は、丁度良い5リットルの入れ物に八分目程、この後、上に1kg
の塩の袋を乗せて重し代わりにします。

さて、味噌造りも終わり良い時間となったので、家路にと就きます。
帰りも江戸風情に浸るべく江戸の昔からある往来、三目通りを走り、
八丁堀から日比谷通りを走り、国道15号線に出ます。

冷たい向かい風を受けて多摩川を渡り、帰路に就いた亀次郎であり
ました。

ランドナーで行く味噌造り

ランドナーで行く味噌造り

ランドナーで行く味噌造り





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

デローザでラーメンを食べに八王子まで行った話

先日、デローザのコンポーネンツを交換したので、試し乗りにと、
出掛けようと思います。

さて、何処に行くか?

試し乗りなので、より変速回数が多くて、ブレーキを多用する道を
走りたいと思います。とすると、府中街道を北上して矢野口からは
尾根幹と行きたいところですが、今日は、それ程ハードに走りたい
気分では無いので、川崎街道をそのまま進んで、八王子迄往復して
みようと思います。

何故、八王子なのか?
と、先ず今迄走った事が無いから。

八王子往復
そして、先日、仕事で八王子迄行った際、駅近くのラーメン屋さん
でお昼のご飯を頂いたのですが、そこのラーメンが期待以上に美味
しくて、また食べたいと思ったからであります。
更にはこの位の距離を走れば、先日デローザの組み換えたブレーキ
とコンポーネンツのチェックも充分に出来るからであります。
まあ、ラーメンが食べたくて走るが先か、はたまたコンポーネンツ
のチェックなのかは微妙な処では有りますが、一石二鳥であります。

なので、師走の青空の中、八王子迄走ります。

さて、府中街道を進みます。この道、信号が多くストップ&ゴーを
繰り返すので、ブレーキのテストには丁度都合の良い道です。この
道でブレーキの効き具合とブレーキレバーの感触の調整をします。

やがて、府中街道から川崎街道へと道は変わります。
真っ直ぐ進んで矢野口を通過します。今日は尾根幹は走りません。

八王子に向かうんでね。

八王子往復
本日ひとつめの長い坂。

八王子往復
結構な眺めです。

暫く走ると、キラキラ光る物が自転車から落ちて、道にバウンドを
していきます。
フロントブレーキの袋ナットです。慌てて、自転車を停めて辺りを
探しますが、見つかりません。同じ場所を三往復してみるものの、
見つかりません。
組み換えたコンポーネンツのチェックの為に時々、自転車を停めて
クランク廻りのねじの緩みをチェックはしてはいたのですが、肝心
のブレーキ廻りのねじの緩みは、チェックしていませんでした。

おいおい・・・

八王子往復
こんな状態です。

八王子往復
これが、無くした袋ナット。

八王子往復
こんな事もあろうかと、用意していたバックアップ用のステンレス
の袋ナットがこれ。
オリジナルの袋ナットは、これとは形が違います。
貴重なカンパニョーロの純正ナットを無くしてしまったのは、少し
ショックです。
なので、リアブレーキの袋ナットも純正の物から、バックアップ用
の袋ナットに交換します。

だったら、始めからバックアップ用の袋ナットを付けておけば良い
のにね。

ところでこの袋ナット、落ちないように締め付けると、ブレーキが
固定されて動作しません。今迄付けていたブレーキの袋ナットは、
どうしていたのでしょうか?
不思議です。

八王子往復
さて、道は北野街道となり、本日ふたつ目の長い坂道。
御殿峠というんだそうです。

八王子往復
南多摩の街が見渡せます。

さらに道は国道16号線となり、八王子目指して走ります。

そして野猿街道を進みます。
この道、「やえんかいどう」と読みます。「のざるかいどう」では
ありません。若い頃はこの道、ドライブで良く走りました。
昔は詫しい雰囲気の道だったように記憶しています。
当時、この道沿いに、この街道の名前を拝したラブホの看板が矢鱈
に多く建っていて、それでこの街道の名前は印象に残っています。
あのラブホ、今でも在るんでしょうか?

坂を下り、暫し走って八王子駅へ。
さあ、お目当てのラーメンが待っています。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 水戸-霞ヶ浦

水戸-霞ヶ浦

さあ、旅する自転車ランドナーで向かうは霞ヶ浦、そして潮来です。
去年も同じ頃、霞ヶ浦の知り合いの農家で蕎麦打ちをしましたが、
今回も同じく蕎麦打ちをして、みんなで頂こうという催しが有って、
そのお誘いを頂きました。
なので、霞ヶ浦迄向かいます。

水戸-霞ヶ浦
また丘を上り、進みます。

水戸-霞ヶ浦
真っ直ぐの道が続き、走っていてとても楽しい道です。でも昨日と
同じく、今日も上がったり下がったりの繰り返しです。
ただ、今日は緩いながらも追風なので、自然と軽く前に進む楽しい
サイクリングであります。

水戸-霞ヶ浦

水戸-霞ヶ浦
田園風景が拡がります。

さて、走っていると、ちいさな川にぶつかります。
今日も坂道を上がったり下ったりばかりだったので、この川沿いを
行けばアップダウンも少ないだろうと思い、川沿いを進みます。

水戸-霞ヶ浦
大谷石の立派な土蔵です。

さて走り始めようとすると、何やら音がします。
来た道のすぐ手前では道路工事をしていたので、その工事の音なの
かと思いましたが、どうやら違うようです。
そのうちに音はさらに大きくなり、太鼓と笛のような音がはっきり
と聞こえて来ました。

ひょっとしてお祭り?

水戸-霞ヶ浦
音のする方に向かうと、道の真ん中に大きなパイロンが立ってます。
折返し地点と書いてあります。
どうやらマラソン大会の準備をしているようです。

水戸-霞ヶ浦
音の出ていた場所は、マラソン大会の折返し地点の脇に設置された、
お祭りの山車からでした。

水戸-霞ヶ浦
偶然通り合わせて、滅多に見られない光景を拝ませて頂きました。
此方も、予め予定していたルートラボのコースとは異なります。
どうやらマラソン大会に引き寄せられた感じです。

さて、先を急ぎますが、アップダウンの繰り返しです。
傾斜は緩く、坂道の長さもあまり長くは無いのですが、上りと下り
が続きます。まるで、ミニ尾根幹ルートのようです。

水戸-霞ヶ浦
さあ、アップダウンも少し飽きて来た頃、広い道が交差する交差点
に来ました。

水戸-霞ヶ浦
真っ直ぐ進むとまたアップダウン。

水戸-霞ヶ浦
広い道は平らのようです。

で、進むは広い道。
でも、風は向風となったのでこちらに進んだのが正解だったのかは
微妙です。

水戸-霞ヶ浦
その道もアップダウンが増え始め、目的地には大回りをしているの
で、今度は左折して尾根伝いの道を進みます。
この道、平らな尾根伝いなのであまりアップダウンが無く、また風
も追い風なので、この道を選択して正解でした。

と、少し迷って目的地に到着です。

水戸-霞ヶ浦
打ち立ての蕎麦や野菜の天ぷらを頂いて、二日めの宿に向かいます。

水戸-霞ヶ浦
暮れなずむ霞ヶ浦。

さあ宿に着いたらまずはお風呂、そして子持ち鯉の甘露煮が待って
います。





水戸-霞ヶ浦

水戸-霞ヶ浦

水戸-霞ヶ浦

今日も相変わらず、事前に計画したルートラボの道順通りとは行き
ませんでした。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 宇都宮-水戸

宇都宮-水戸
師走の冬枯れた中、ランドナーで宇都宮から水戸迄走ります。

昨年もこの時期、昔からのお知り合いである合鴨農法による米造り
の農家の方を、応援するグループの方々による蕎麦打ちの会に参加
するのに合わせて、北関東をランドナーで走ろうとの魂胆です。
今回は、今迄走った事が無い、宇都宮と水戸の間を走り水戸に宿泊
し、翌日、水戸から蕎麦打ちを行う霞ヶ浦に向かいます。
そして、昨年と同じ霞ヶ浦湖畔の宿に泊まり、これも昨年と同様に
三つの神社を巡ります。

ただ昨年とは違うのは、昨年は三つの神社、鹿嶋神宮、香取神宮、
息栖神社、を巡るはずが、息栖神社だけを間違えて、全然違う場所
の山の上の分社に行ってしまいました。なので、今回ちゃんと三大
神社に御詣りしようと思います。
さらにもうひとつ、前回は成田迄走りましたが、今回は銚子まで。
そうすると、今迄走った場所を併せると、日光から京都迄が一本で
繋がります。

という事で、旅する自転車ランドナーでの二泊三日のサイクリング、
始まり始まりであります。

さて、輪行で川崎駅から宇都宮駅迄向かいます。
東海道線と東北本線がひとつの列車で繋がり、乗換が無しで行ける
ようになって大変便利になりました。その便利さもあってなのか、
土曜日の早朝にも関わらず、車内は空席が無い位に混雑しています。
が、東京駅を過ぎた辺りからは空席が出来るようになり、ここから
は、座席に座る事が出来ました。

車窓に映る師走の早朝の冬気色を眺めながらの輪行旅は、これから
走る、自転車での風景を想像しつつ、列車での流れるような風景も
併せて楽しめる独特の趣があります。

宇都宮-水戸
列車は宇都宮駅に到着し、ここで下車してランドナーを組み上げ、
水戸目指して走ります。
ルートは宇都宮から茂木を通り、那珂川沿いを水戸迄となります。

宇都宮-水戸
一直線の道、工業団地を抜けて行きます。

宇都宮-水戸
暫く走って公園で休憩です。
今日は思ったよりも暖かく、明るい日射しが降り注ぎます。

宇都宮-水戸
辺りは田園風景となります。

宇都宮-水戸
道の駅でまた休憩です。

宇都宮-水戸
祖母井神社に御詣りして、道中祈願を致します。
「祖母井」と書いて「うばがい」と読みます。

宇都宮から水戸迄の道中、いくつもの小さな川を縦断して行きます。
川の両側は川岸段丘となっているので、川を渡る度に坂を上りまた
下るを繰り返します。そして風は向風、ギアを二つ程落として走り
ます。

宇都宮-水戸
そして、木立の中を走ります。

宇都宮-水戸
さらに走るとまた、道の駅。
この辺りは道の駅があちこちに有り、休憩にはこと欠きません。

宇都宮-水戸
町中を走る昔の道、緩いカーブが古の街道を感じさせます。

宇都宮-水戸
暫く走ると、真岡鉄道に沿って道が続いて行きます。

宇都宮-水戸
駅で真岡鉄道の列車を待って、ランドナーと記念撮影です。

宇都宮-水戸
暫く走ると、また道の駅があります。
そろそろお昼が近くなったので、持参のおにぎりと、道の駅で何か
汁物でも買って食べようかと、うろうろしていると、露店で茸汁を
販売していました。よしこれはいいぞとひとつ頂くと、アルバイト
と思われる若いおにいちゃんが、丁寧に器によそってくれます。
と、見ると、これでもかという位に、茸と野菜を目一杯によそって
くれます。
後で店主に怒られるよと、アドバイスをしようと思いましたが、
そのせいで、亀以降のお客さんの具の量が少なくなってしまったら、
亀が恨まれそうなので止めました。

宇都宮-水戸
これが、豪華てんこ盛りの茸汁です。

さあ、茸汁に満足したので走りだそうと思ったら、道の駅の係りの
方のアナウンスで、もうすぐSLが通過するとの事、これは写真を
撮らねばとSLが通る線路迄向かいます。

宇都宮-水戸
その写真が冒頭の写真です。

宇都宮-水戸
さあまた、アップダウンの道を進みます。

宇都宮-水戸

宇都宮-水戸
那珂川にぶつかり那珂川沿いを走るのですが、川沿いの道とはいえ、
河岸段丘を上がったり下ったりと進みます。

宇都宮-水戸
で、常陸大田に到着です。

そして暫く走ると水戸の街です。

宇都宮-水戸
また、河岸段丘を上がります。
丘の上に水戸のお城がありました。

今日、宿泊をする水戸駅の近くのホテル迄向かうのですが、また丘
を下ります。この水戸城、狭くて両側が落ち込んだ河岸段丘の上に
建っています。敵軍が攻め込んでも、いち早く丘の上から発見する
事が出来、また、敵軍は切り立った丘に阻まれて、容易に攻め込む
事が出来なかったのでしょう。

宇都宮-水戸
そして、水戸駅に到着です。

宇都宮-水戸
さて、まだ陽のあるうちに水戸のホテルに到着しました。
このホテル、自転車を部屋に入れられます。安心です。

さあ今夜は、水戸の美味しい料理を頂きます。

相変わらず、事前に計画したルートラボの道順通りには走っており
ません。あしからず。





宇都宮-水戸

宇都宮-水戸

宇都宮-水戸





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 日光街道 日光-宇都宮

ようやく雨の季節も終わり秋らしくなりました。
今年は長雨の影響で短い秋となりそうです。そんな短い秋、終わり
かけた紅葉を見に日光迄出掛けます。

日光街道
さて日光迄は輪行で向かうのですが、去年迄は走っていた特急券が
無くても乗れた東武線の快速が廃止となってしまいました。なので、
違う路線を探さなくてはなりません。川崎駅でランドナーを分解し、
輪行袋に詰めて準備が整ってからルート検索をスマホで見てみます。
自転車を分解する前にルート検索すると、時間が気になって輪行の
準備にかえって余計な時間が掛かってしまうからであります。

さて、そのルート検索で日光と入れたら、川崎からJRで宇都宮に
行けと出ます。なので、宇都宮行きのホームで待つのですが、その
指示では待ち時間が長いので、今度は東武日光と入れてみたら、
南武線で武蔵溝ノ口に行けと出ます。日光駅と入れたら、JRの駅
しか出ない癖に、東武日光駅と入れたらJRと東武線両方の駅表示
が出るって何よ。初めから東武日光と入れたら良かったと悔やむ亀
でありました。

で、南武線ホーム目指して輪行袋をえっちらおっちら担いで向かう
と、電車に乗り遅れてしまいます。まあそれでも、こちらの路線で
行った方が運賃は安いので、武蔵溝ノ口迄向かいます。
武蔵溝ノ口のホームに降りると、エスカレーターの上りは点検中で
利用出来ません。下りは動いているので上りと下りを変えればいい
のにね。
何だか今日は行く手を阻む障害物が多いようです。

いつもエレベータには乗ってもエスカレーターは乗りませんけどね。

で、東急田園都市線の武蔵溝ノ口駅に着き、ホームに上がると乗り
そびれた急行南栗橋駅行きが行ったばかり。まあ、川崎駅の南武線
電車に乗り遅れた時点で間に合わない事は分かっていたのですが、
目の前に乗り遅れた電車が見えると何だか癪に触ります。

何だか今日は、頑固ガミガミ爺となっているようです。

で、次の急行南栗橋行きを待つのですが、30分以上あります。と、
各駅停車の南栗橋行きがやってきます。駅のアナウンスでは、この
電車が栗橋迄咲きに到着しますと言っています。

本当かよ~。

駅のアナウンスを信じるか、それともルート検索を信じるか?悩む
ところではありますが、ここは東急電鉄を信用する事とします。
なんだかんだと文句を並べてはいますが、、今日は先を急いでいる
訳ではありません。いつも日光で走る峠は今回はパス、楽をして
日光街道の杉並きを眺めながら宇都宮迄を下ります。
そして日帰り温泉に入り、宇都宮餃子で一杯という、超お気軽で、
のんびりのポタであります。
輪行だから、帰りは自宅近くの駅から自転車押して帰れば、お酒を
飲んでも大丈夫です。

結局、南栗橋迄、このガラガラに空いた電車が先に到着し、ここで
始発の東武日光行きの電車にも先に乗れ、座る事が出来ました。
結局は得をしたのかも知れません。
ちなみに、ルート検索で指定された急行からは、沢山の人が降りて
南栗橋からの電車は、後から来た急行の乗客が皆、乗り込んで来た
為に朝の通勤ラッシュ以上の混雑となってしまいました。
この時期、輪行で日光に行くのは考えた方が良さそうです。

日光街道
さて、なんだかんだで東武日光駅に到着します。

輪行で来て、これから走ろうと準備している若者4名が近くにいた
ので声を掛けます。いろは坂を上るのかと思ったら、このまま下る
との事、亀と一緒です。皆さん若いので、頑張れば良いのにと思い
ましたが、おっさんの余計なお世話だと思われそうなので、余計な
事は言わないようにします。皆、心に決めた思いがあるのでしょう。

日光街道
駅前の名水を頂きます。

日光街道
そして駅前の金谷ホテルのパン屋さんでパンを購入します。
これ、恒例のお土産です。前回はもう少し山の方のお店で買ったの
ですが、今回はそこまで行かないので、此方で購入させて頂きます。

日光街道
そして、これまたいつもの饅頭屋さん。

日光街道
今回も道は渋滞しています。

日光街道
神橋をバックに記念撮影。

日光街道
二荒山神社に向かいます。

日光街道
日光街道
二荒山神社に到着しました。

日光街道
紅葉が、良い加減です。

さて、雨が降って来ましたので、これから宇都宮まで下ります。
今日は街道を走るのと、二荒山神社にお参りをする御利益ポタなの
で、泥除け付きのランドナー、これだと雨でも心配ありません。
さらに、ポンチョもあるので、雨でも安心して走れます。

日光街道
で、ここからはからはずっと下り、日光に向う道は渋滞しています。

日光街道
雨の中を下ります。

日光街道
白いポンチョ、雨が降っても大丈夫です。

信号待ちで、雨で濡れた薄いヤッケを来たロードバイクに乗った方
がいたので、挨拶をして話を伺うと、小山からいろは坂を上って、
日光街道を下って帰るそうです。この雨と寒さで震えてハンドルを
取られて転倒しそうになり、死にそうな目に遭ったそうです。

日光街道
暫く走ると雨はあがっています。

日光街道
日光街道杉並木。
旧日光街道が保存されています。
紅葉も綺麗です。

日光街道
脇には公園、日本の秋です。

日光街道

日光街道
日光街道、古の白砂をあるのでしょう撒いた道もありますし、舗装
されている道もあります。

何より道は下りだけ。楽をしたい亀にとって亀大変有り難い道です。

で、雨あがりの道を調子に乗って走っていたら、いきなりクランク
がロックします。そして、道が荒れていてハンドルがバタバタして
無念の落車。
すぐ後ろをロードバイクの方が走っていたので、その方がとっさに
道に停まって、後続の自動車を規制して頂いたので、自動車に轢か
れる事無く無事に済みました。

無事に済んだとはいえ、左の眉には裂傷、肘と膝と手の甲膝には、
擦り傷を追って仕舞いました。まるで五体投地のようです。
顔は眉の裂傷だけで済みました。鼻や顎を打たなかったのが不思議
です。鼻低かったんでしょうか?
もしそうだとしたら、それはそれでショックです。
裂傷はボクシングの試合で、パンチを受けて眉の上が、パックリと
割れてしまった状態です。
一般の方は、こんな状態では大抵は病院で縫うのですが、ぴったり
と傷口を閉じて止血をすれば、縫うよりも、傷口が綺麗に直る事を
知っている亀は、ロードバイクの方がくれた大きめのバンドエイド
で対処します。

いつか、釣りに行った時に、サンノジの鋭いゼイゴに切られた時も
ビニールテープをぐるぐる巻きにしていたら、数日で綺麗に傷口が
塞がっていました。そんな人間の偉大なる復元力を知っている亀は、
最寄りの駅から輪行で帰る事を勧めてくれた、そのロードバイクに
乗った方にお礼をしながらも、宇都宮迄走りますと丁重にお断りを
致しました。

実は病院に行かない、もうひとつの理由があったからであります。
何故、病院に行こうとしないかのもうひとつの理由とは、今日出掛
ける時に、「我が愛する美しい妻」が、もし事故を起こして、病院
に行く羽目になったり、入院でもしたら、今後一切自転車には乗せ
ません。とのたまったのでありました。

病院なんかには行けません。
ここは何とか自力で対処しなければなりません。

で、良く見ると50メートル先にコンビニがあるではありませんか。
運が悪いのか、運が良いのか、よく分かりません。

早速コンビニでマキロンとバンドエイドを買い応急処置を致します。
これで何とか止血は出来たようです。

ところで、何故落車したのか?
原因は、普段はリアのトップに入る事が無いヒューレージュビリー
が、チェーンをトップとエンド金具の間に落とし、併せてフロント
のジュビリーも、チェーンをクランクに絡めてクランクが動かなく
なってしまったようです。また、道が悪くてフロントのホイールと
フォークが暴れたのが、同時に起こったのでハンドル操作を誤り、
落車してしまったようです。
フロントバックを付けたランドナーは、調子に乗って下り坂を走る
ものではありませんね。

日光街道
また雨が降り始めました。
また、ポンチョを出して走ります。

さて、これからどうしましょう?
予定では、日帰り温泉に入り、宇都宮駅で餃子を食べる予定です。
が、こんな傷だらけで血だらけでは温泉は無理です。また、餃子の
お店に眉の上に大きな絆創膏を貼った、傷だらけの人間がいきなり
来店したら、さぞ迷惑でしょう。ならば、このまま帰りますか?

日光街道
生ビールと焼き餃子。

日光街道
焼酎の水割りと水餃子。
悩む亀ですが、結局餃子の誘惑には負けてしまった亀でした。

と、とんだ災難ながらも気分だけは持ち直し、悠々輪行の亀でした。

追記
ある一定のスピードになった際に、横風や段差
等でふらついたのを、
きっかけにしてハンドルがバタバタと震動を始める事をジミー現象と
言うのだそうです。
ある種の共振現象で、横風が強い時や粗い路面の下りには注意が必要
です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 中原街道 旧東海道

中原街道-旧東海道


中原街道-旧東海道
桃の花を愛でに中原まで来たので、ついでに普段余り走らない
中原街道を横浜目指して進みます。

中原街道-旧東海道
この通り沿いには、いくつかの小さな祠と、その中にお地蔵様
が祀られています。古くからここを通っていた街道だったので
しょう。

中原街道-旧東海道
南武線の線路を越えて進みます。
線路の向こうに富士山が見えます。

この道、綱島街道と比較するとアップダウンも緩やかな道です。
そこに丘があろうが谷があろうが、ちょっと脇を行けば緩やか
な傾斜があるのに、兎も角もただ闇雲に真っ直ぐに進む、誰が
何でこんな道を造ったんだ!と思いたくなるような、綱島街道
とは全く違う、人に優しい道がこの中原街道です。
その道をずんずんと進むと、港北ニュータウンへと突き当たり
ます。

中原街道-旧東海道
そして、新横浜方面と246方面に別れるT字路。
ここを新横浜から横浜へと向かいます。

中原街道-旧東海道
今日は、ちょっと今まで行った事が無い、横浜のとある場所に
行きたくて、ここまで走ってきました。
それは、横浜家系ラーメンの発祥のお店といわれるラーメン屋
さんです。今まで約30年間、この横浜に住み続けていますが、
今日伺うのが初めてのお店です。ここのラーメンを食べなくて
横浜家系ラーメンを語るには、問題がありそうです。
なので一度は食べたいと思いつつも、ついつい、食べ損ねて
いたラーメン屋さんでした。
因みに、お店の前は大行列です。

中原街道-旧東海道
ここでラーメンを食べ終えたら、折角横浜まで来たので、横浜
中華街でお茶を頂き、瓶出しの15年ものの紹興酒をお土産に
買って帰ります。

中原街道-旧東海道
いつもの「コーラン」に立ち寄ります。

中原街道-旧東海道
今日は、胡麻団子を頂きます。

中原街道-旧東海道
中国の方は、マグカップにお茶の葉を入れたら、蓋をずらして、
お茶の葉が出ないように、器用にお茶を頂きますが、そんな技
を持ち合わせていない方の為に、お茶の葉が入った茶こしを蓋
の上に乗せて取り出し、お茶だけ頂けるようになっています。

さあ、混雑する中華街でお茶とお菓子を頂き、またお土産にと
瓶出しの15年ものの紹興酒を買い求めてから、みなとみらい
を通って、国道15号線を川崎方向目指して進みます。

中原街道-旧東海道
そして、生麦からは旧東海道を走ります。
「生麦事件」の記念碑の前で一休み。
ここの記念碑、横浜北線の工事で鶴見寄りに移設されたそう。
なお、「生麦事件」の発祥の地はさらに鶴見寄りとなります。

中原街道-旧東海道
で、ここが正真正銘「生麦事件」の現場。

中原街道-旧東海道
さらに旧東海道を走り、国道駅近く。

中原街道-旧東海道
そして、さらに走って鶴見川手前。
「寺尾稲荷道」の石碑があります。
ここを行くと寺尾に向かう古い道のようですが、この先、少し
行ったところで、大きな道と合流してしまいます。
なので、このまま鶴見川沿いを走り、我が家へと帰還します。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR