fc2ブログ

ヒューレージュビリーのお手入れ

ヒューレージュビリーのお手入れ
さて、こちらもトーエーランドナーに装着するコンポーネンツの
ディレーラーセット。こちらも分解清掃します。
これも、交通事故で全損となったもの。フロントディレーラーは
ストックのものですが、リアのディレーラーは新たに手に入れた
物。海外のオークションサイトで手に入れたのですが、この円安
の中、かなりの出費でありました。

ヒューレージュビリーのお手入れ
まずはリアディレーラー。
プーリーゲイジを外します。このボックスレンチも薄目のもので、
通常のボックスレンチでは入りません。なので、あちこちの工具
を売っているお店を探し回り、ある自動車メーカーのエンジンの
点火プラグを抜く為だけにある、特殊な薄目のボックスレンチで
外せる事が分かりました。
ゼウスのクランクセットといい、ヒューレージュビリーといい、
フランス仕様のコンポーネンツは、面倒臭いものが多いです。

ヒューレージュビリーのお手入れ
で、分解して、こちらもバットにパーツを並べます。

ヒューレージュビリーのお手入れ
で、今度は、漂白剤では無く、入歯洗浄剤で汚れを落としていき
ます。因みに、このバットに対して2錠の入歯洗浄剤を使います。

で、次なるは、磨きであります。




チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

TAクランクセットのお手入れ

新しいトーエーランドナーが出来上がるのを前に、そのトーエー
ランドナーに装着するコンポーネンツの整備をします。

TAクランクセットのお手入れ
まずは、クランクセット。
交通事故で前のトーエーランドナーと共に全損となったクランク
セットと同じもの。ストックとして持っていたものです。
今回は、ストロングライトのクランクとTAのチェーンリングを
綺麗にします。折角の新品のトーエーランドナーに装着するので、
出来るだけピカピカの鏡面仕上げとしたいと思います。

TAクランクセットのお手入れ

TAクランクセットのお手入れ
小さな傷があるので、ルーターで傷の部分だけ水研ぎします。

TAクランクセットのお手入れ
大きく傷は無くなってきました。更に研ぎます。

TAクランクセットのお手入れ
で、分解してこれから清掃に入ります。

TAクランクセットのお手入れ
細かいパーツは無くしてしまうと厄介なので、バットに入れます。

TAクランクセットのお手入れ
で、パーツクリーナーで汚れを落とすのですが、こびりついた
汚れはなかなか落ちません。

TAクランクセットのお手入れ
今回初めて使う漂白剤。

TAクランクセットのお手入れ
たっぷりと泡が出て汚れを落としています。

TAクランクセットのお手入れ
漂白剤は強すぎたようで、アルマイトも溶かし始めました。
なので、このあたりで中止。

TAクランクセットのお手入れ
そして、1500番の紙やすりで水研ぎします。

TAクランクセットのお手入れ
あらたか研いだところで、次の行程です。

TAクランクセットのお手入れ
これから、四種類の研磨剤を使って磨いていこうと思うのですが、
その前に、一度は試したかった鏡面仕上げの装飾メッキを行った
らどうだろうかとの思いが浮かんできました。先日、Sさんから
教えて頂いた鏡面仕上げの装飾メッキの工房に、どの位の費用で
メッキ出来るか伺ってみようと思います。

と、いう事で、作業は一時中断であります。




チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ウエストポーチのファスナー付替え

人間、やれる時にやっておく事が重要です。
まあ、自転車に乗って出掛ける事が出来ない日々が続くので、
時間潰しに、そのうちやろうと思っていた事を外に出掛けずに
やってみます。

ウエストポーチは、自転車に乗って出掛ける時に小物を入れる
バックと最適です。でも、夏の間に身に付けているとバックに
汗が染み込んでしまうので、そのつど毎に洗濯しなくてはなり
ません。なので、複数個持っていなくてはなりません。
なので、亀は、ウエストポーチを複数個作って持っているので
すが、時間を空けて作っていたので、大体の形は同じなのです
が、大きさやファスナーの長さなどがマチマチです。
特に、ファスナーの長さが違うのは、中に入ったこのを出す際、
ファスナーの空き具合が異なるので、個々のバックの使い勝手
が違い、以前から、いつかは作り直そうと思っていたのでした。

で、今回、やれる時にやっておこうちという事でやってみます。

ウエストポーチのファスナー付替え
向かって左側のウエストポーチのファスナーを付替えます。
こちらのファスナーは短く、手を入れて中の物を取り出すのが
面倒です。

ウエストポーチのファスナー付替え
古い右側の、ウエストポーチのファスナーと同じ長さのものを
新たに付替えていきます。

ウエストポーチのファスナー付替え
ふたつ目のファスナーも、付替えていきます。

ウエストポーチのファスナー付替え
さて、付替えてよく見ると、ふたつのファスナーの向きが逆で
あります。

ウエストポーチのファスナー付替え
古いファスナーは同じ向き。これと同じように向きも合わせて
再度、向きが逆の片方のファスナーだけ付け直し。

ウエストポーチのファスナー付替え
こんな感じに仕上がりました。



チームキープレフト



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

早くも破けた輪行袋

交通事故の日に初めて輪行で新しく使った輪行袋。今迄のもの
よりも生地が若干厚めだったので、破れる心配は無いのかなと
思っていたのですが、早くも破れてしまいました。

輪行袋の補修
破れた場所は、サドルとリアエンドの中間の場所。写真では、
分かり辛いですが、右の端が破けてしまいました。
此処は、丁度、リアのキャリアの端が当たる部分です。サドル
とリアエンドには補強の裏地が既に付いているのですが、この
リアのキヤリアが当たる処には補強がありません。
なので、ここに補強する革を付けていきます。

輪行袋の補修
こんな感じで出来上がり。
今回は、裏に付けてみました。

以前の輪行袋では、表に革を付けていました。、最初の頃は、
ワンポイントでお洒落だったのですが、段々と色々な場所を、
補強していったら、あちこちに革のつぎはぎが出来てしまい、
仕舞には、輪行袋なのか貧乏神が持っているつぎはぎだらけ
のズタ袋なのか、分からなくなってしまいました。
なので、今回からは、裏側に付ける事と致しました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

アイウエアについて考える

自転車では無くて、体のメンテナンスのお話です。

先日の交通事故で、瞼を切って6針縫ったのですが、この事で
思う事があります。

トーエーランドナーを購入する前は、別のランドナーに乗って
走っていたのですが、このランドナーのフレーム、ある速度で
下ると共振が起こります。で、日光街道を宇都宮目指して結構
なスピードで下って行ったのですが、突然共振が始まり転倒を
してしまいました。そして、その時も瞼を切ってしまいました。
その時も出血をしてしまったのですが、今回程の出血では無く、
すぐ近くに、コンビニが在って絆創膏を売っていたので、救急
処置で止血する事が出来たのと、宇都宮で餃子を食べるので、
このまま救急車に乗ると、餃子を食べる事が出来なくなっては
困るのと、救急車に乗って病院に救急搬送されたら、縫う羽目
になるだろうし、そうなると縫った後が残るので、自分で処置
して自然にくっつけた方が綺麗に仕上がる事を知っていたので、
救急搬送されずに傷を治したのでした。
ところが、今回は、交通事故で、かつ出血が止まらず、駅前と
いう事もあり、多くの買い物客の方々がいて、すぐに救急車を
呼んで頂き、6針縫う結果となりました。
本当は、縫わずにいられたら良かったのですが、これが正しい
対応だったと廻りの方々には感謝をしています。

アイウエア
で、本題でありますが、
前回も今回も同じ左の瞼を切ったという事であります。
カスクを被っていたので、頭を打つ事も無く、また、前回は、
眼鏡のフレームは割れましたが、今回は、レンズ面にキズが
付き使い物のにはなりませんが、フレームは割れず。また、
前回の今回も時計が傷ひとつありませんでした。
で、顔の傷も瞼以外では、上唇と顎に擦過傷がある以外は、
低くはないと思っている鼻の先には擦過傷がありません。
どうやら、眼鏡が瞼に当たる部分と上唇と顎を結び面で地面
に接したようです。その中間にある低くは無い筈の鼻の頭が
地面に接していないのが、不可解と同時に面白くはないの
ですが・・・
そして、瞼が切れた原因は、この眼鏡のフレームにあるのと
思われます。
これは、前回も今回もほぼ同じです。
と、いう事は、今後の転倒したら、確実に眼鏡のフレームで
瞼を切る事となります。

自転車禁止令が出ているので、そんな心配はしなくても良い
んですけどね。

自転車に置けるアイウエアは、強い光を緩和したり、走って
いて虫が眼に入るのを避けてくれたり。転倒事故の際に眼を
守ってくれる重要な防具だと、亀は考えているのであります
が、どうやら瞼を守ってはくれず、かえって、瞼を切る凶器
となりうるのではと思ってしまいます。
瞼を切らないような方法は無いのでしょうか?

どなたか、良い方法をご存じの方は、お教え下さい。
自転車禁止令が出ているので、自転車乗れないんですけどね。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ニップル回しを買いました

このタイトルを見てニャっとした貴方。そっちのニップルじゃ
ありませんよ。自転車のパーツのニップルです。
ホイールとスポークを繋ぐ部分のパーツの事であります。

ニップル回し
自転車を再開した時に、このニップル回しを購入したのですが、
亀には使いこなせるものじゃないなぁ~と、捨ててしまったの
でありますが、何日間かに渡る自転車旅行をした時の事、この
スポークが緩く感じる事があります。そのまま走っていると、
段々とホイールがブレてきてしまいます。、そうなると、地元
の自転車屋に駆け込んで何とかしてもらわなければなりません。
で、そうならないうちに、自分で何とか騙し騙しで、スポーク
を締める事が出来ないかと、改めて購入した次第であります。
が、使いこなせるかは、やってみなければ分かりません。

その緩くなるホイールでありますが、特に、カンパニョーロの
シグマブーペのリアホイールがそうなる頻度が多いようです。
このリアのホイール、フリー側が2クロスで反対側はラジアル。
ちょっと変則的な組み方にしたせいもあるのでしょうか?
ラジアル組みのスポークが緩めになる傾向があります。
なので、緩くなったなと感じたら、こまめに、ニップル回しで
調整してみようと思います。横ブレ調整は、ホイールを回して
ブレーキシューとの間隔をみて行えば問題は無い筈です。縦の
揺れについては、多分お手あげ。
まあ、そうなったら、いつもの行列の出来る自転車屋屋さんで
何とかしてもらいましょう。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トークリップの革巻きカバーも作り替え

トークリップ
さて、ボトルゲージを交換したところで、ついでに気になって
いたトークリップの革巻きカバーも作り替え。

トークリップ
結構な草臥れ具合です。

トークリップ
で、ついでに革ベルトも交換します。

トークリップ
で、こんな感じで出来上がり。

どうせ綺麗にするのなら、トーエーオーナーズミーティングの
前にやっていたらよかった。でもまあ、それでも他の方が持参
した自転車よりもかなり草臥れておりますが・・・





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

また、ボトルゲージ壊れました。

自転車旅行に行くと、何らかのトラブルが起こります。
先日のトーエーオーナーズミーティングに行った時の事ですが、
タイヤがいきなり膨らんで難儀をしましたが、もうひとつ難儀
した事が、ボトルゲージが壊れた事であります。

ボトルゲージの交換
またまた、ボトルを入れていたゲージの溶接が取れてしまい、
走っているとボトルがガタガタと音を立ててしまいます。
まあ、今回は、ボトルゲージからボトルが外れてしまう迄には
至りませんが、以前は外れて落ちてしまった事があったので、
このままでは、そのような事がまた起こりかねません。
そして、このボトルゲージ、以前も同じように、溶接が外れて
しまったので、交換して半年も経過していません。

以前迄使っていたのボトルゲージでは、こんなにも早く壊れて
しまう事は無かったのですが、何故なんでしょうね。
調べてみたら、今のボトルゲージは、ペットボトルの径に合う
ものが主流なのだそう。なので、亀の愛用する昔のボトルや、
クリーンカンティーンのボトルでは径が太すぎるようです。

やれ、どうしましょう?

ボトルゲージの交換
溶接が外れたところをよく見てみると、ゲージの丸棒の端と端
は溶接で繋いでいません。そして、力が掛かる方の丸棒だけが
溶接が外れています。

ボトルゲージの交換
で、とりあえず考えたのが、瞬間接着剤で固定する事。
瞬間接着剤なので瞬間にくっつくのでありますが、強度を保つ
為には固定して24時間以上置いた方が、その強度は全然違い
ます。なので、インシュロックで固定します。
余談ではありますがこのインシュロック。別のの呼び名があり
ます。それは、タイラップとパンタイ。各々登録商標だそう。
電気工事関係の人は、インシュロックと呼ぶ事が多いようです。
で、大工関係はタイラップ?
それとは別に結束バンドともいいます。まあ、これは一般的で
ありますが、結束バンドという呼び方は、商標登録を使うのを
嫌がる公共放送などのマスコミで使う事が多いので、どうして
も犯罪を連想してしまいます。

で、その結束バンドならぬ、インシュロック。
通の電気屋さんは、インシュロックでは無くてインシロックと
言いますが、まあ、いいや。
これで固定します。

そして、24時間後。
とりあえず、くっつきましたが、強く引っ張ると外れてしまい
ます。

ボトルゲージの交換
と、いう事で、新しいボトルゲージを手に入れました。
右が壊れたボトルゲージでペットボトル用。
左が新しく手に入れたボトルゲージ。見た目では分かりません
が、ペットボトル用よりは少し径が太くて、これだと亀の愛用
する昔のボトルや、クリーンカンティーンのボトルでも、問題
無く付けられそうです。

ボトルゲージの交換
で、ボトルが当たってガタガタしないように、革巻きしていき
ます。

ボトルゲージの交換
で、こんな感じで出来上がりであります。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナーの補修 バーテープとブレーキレバーパッド

トーエーランドナーで、四国と本州の端っこを一週間を掛けて
走ったら、バーテープが途中で切れてしまいました。
まあ、今回は、他のトラブルは無くて、この程度で収まったの
で、まあまあでありました。

という事で補修。

バーテープの補修
バーテープの途中から切れてしまいました。
切れたところは、革を縫って繋いだ部分。革自体はまだ使える
ので、バーテープを一旦外して縫い直して巻きなおします。

バーテープの補修
バーテープを外すのに、バーエンドを取らないと外せません。
無理に寄木のエンドを引っ張っていたら外れてしまいました。
このままではバーエンドが外せないので、ドリルを使って外し
ます。

バーテープの補修
こんな感じで反対側も・・・
ドリルで穴を開けたらバーエンドは使えないので、反対側は、
寄木細工の上からドリルで穴を開けます。

バーテープの補修
で、バーテープを新たに巻き直して完成。
バーエンドも新しいものに交換しました。
で、ついでに、草臥れていたブレーキレバーパッドも新しい物
に交換します。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

カンパニョーロ シグマブーペのタイヤ交換

先月の南房総で開かれた「フェロ・マリエ・モンティ」の事。
結構な坂道を走るこのイベントに備えて、久しぶりに急坂仕様
のホイール、カンパニョーロシグマブーペを履いて参加しよう
と思いました。このホイール、軽いわりに強度があり、砂利道
でも気持ち良く走ってくれます。なので、26Tのスプロケット
を装着して、急な坂道でも少し楽に上がれるようにしています。

タイヤ交換

タイヤ交換
で、久しぶりに出してみると、かなりタイヤが劣化しています。
タイヤのサイド、所謂ふんどしの部分が剥がれてきています。
そろそろ、タイヤの履き替えをしなくてはなりません。

タイヤ交換
で、前後のホイールのタイヤを両方交換します。

今迄付けていたのは、ビットリアコルサGのチューブラー。
とても良いお値段ですが、大変走り易いタイヤです。
難をいえば、すぐ空気が抜ける事。二日経つと空気を入れない
と走っていても気持ち良くありません。スローパンクよりも、
早く空気が抜けてしまいます。

タイヤ交換
で、今回は、その「フェロ・マリエ・モンティ」が開催される
前々日から南房総に入り、単独で、南房総を走ってから本命で
ある、その「フェロ・マリエ・モンティ」に臨むので、空気が
すぐ抜けてしまう、ビットリアコルサGのチューブラータイヤ
では無く、ビットリアコルサストラーダのチューブラータイヤ
に履き替える事とします。
その訳は、通販でビットリアコルサGのチューブラータイヤを
注文したつもりが、ビットリアコルサGのクリンチャータイヤ
を注文してしまい、すぐに気が付けばよかったのを、そのまま
1ケ月程放置してタイヤ交換をしなかったので、すぐにタイヤ
交換が出来る手持ちのタイヤが、ビットリアコルサストラーダ
のチューブラータイヤしかなかったからです。

因みに、ビットリアコルサGのチューブラータイヤの1/3の
値段なのでお安くて大変お得です。そして、亀の足では、この
ビットリアコルサストラーダとビットリアコルサGでの走りの
差は、殆どありません。

という事で、タイヤ交換であります。

タイヤ交換
今履いているビットリアコルサGのチューブラータイヤを剝が
します。べっとりとタイヤシールが貼り付いています。

タイヤ交換
剥がすのに苦労しました。
これ、走っていてパンクしてたとしたら、タイヤ交換にかなり
の期間を要していたでありましょう。

タイヤ交換
で、前後のタイヤを剥がして、新たなタイヤと着けていきます。

タイヤ交換
ビットリアコルサストラーダのチューブラータイヤです。
これで、快適に「フェロ・マリエ・モンティ」を走る事が出来
ました。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

手直し ロールスサドルの飾り交換

まだ、今年の夏の暑さが堪えてなかなか遠出のサイクリングに
当分は、行こうとは思わない頃のお話であります。

こんな時は、身近な手直し。

先日、少し暑さが収まってきたので、久しぶりにコルナゴで、
鶴見川を走ったのですが、ちょっと気になる事が・・・
それは、コルナゴのサドル、サンマルコのロールスの革が以前
はバックスキンで、擦り切れ恰好がよろしくないので、黒の革
に張り替えたのですが、その時に左右に1個毎あるサンマルコ
の飾りの片方が走っているうちに落ちてしまいました。
革を張り替える際に、リベットと一体となったその飾り部分を
外して、新しいリベットに接着したのですが、どうも片方だけ
接着が弱かったようです。

なので、それ以来、片方だけサンマルコのロゴ無しのリベット
の丸い頭だけとなり、サドルの先が鷲の嘴のように見えるので、
「フォークアイ」と勝手に名付けていたのですが、暇なので、
この機会に新たに飾りを付けてみようと思いました。

で、まずはオリジナルの飾りの寸法を測ります。

エンブレム

エンブレム
ひし形で、横35ミリ、縦10ミリであります。
手元にあったメジャーでテーゲーに測ります。

エンブレム
厚めの真鍮板を、ミニルーターのカッターで10ミリ幅に切り
ました。

エンブレム
オリジナルの飾りと同じ寸法となるように、金尺と鉛筆で線を
入れていきます。
どうせ、金尺を使うんだったら、最初から使えばいいのにね。

エンブレム
で、真鍮板を少しお洒落にひと手間を・・・
専用ポンチは高いので、アイボルトを切って使います。

エンブレム
ミニルーターのカッターで菱形にカットしていきます。
この際に、潤滑油を付けて切ると、切断時間は半減します。

エンブレム
で、こんな感じで出来上がり。
後は、鑢で削って仕上げます。

エンブレム
削っている途中で合わせてみたら、横は削りすぎであります。
で、瞬間接着剤を付けて洗濯はさみで固定して接着します。

エンブレム
こんな感じで出来上がり。
今後、もしもオリジナルの飾りが外れ何処かにいってしまった
時は、もうひとつ作って左右とも同じ飾りにしてみようと思う
亀でありました。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナー 雨で濡れた革小物のお手入れ

北海道縦断自転車旅行から戻って来て、トーエーランドナーも
お手入れをします。

まずは、フレームと足回りをパーツクリーナーで綺麗にして、
オイルとグリスを塗ってのお手入れです。そして、雨に濡れた
革小物のお手入れであります。

雨に濡れた革は、乾燥するとひび割れの原因とのなるので、油
分を補ってあげます。人間の皮膚と同じですね。
亀がここ数年お気に入りはオリーブオイル。ミンクオイルより
も安価で、匂いがミンクオイルのように臭くありません。
また、植物性の食用の油なので安心です。

まあ~、舐めませんけどね。

トーエーランドナー 革小物のお手入れ
と、いう事でお手入れ完了であります。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

三連勝 革のハンドルバーテープの色落ち補修

コルナゴの黒の革小物の色落ち補修が上手に出来たので、調子
に乗って、ついでに三連勝の革のハンドルバーテープの色落ち
補修もやっちゃいます。
三連勝の革のハンドルバーテープは、革の質と着色が良くない
のか色落ちが早くて、1年程で色褪せてきたものです。新たに
使う色落ち補修の染料の質が良ければ、色褪せする迄の期間が
長くなりメンテンナンスも楽になる筈です。

そうなれば、良いですけどね。

コルナゴ革小物の色落ち補修
また、補修材を取り出します。

三連勝のバーテープ色落ち補修

三連勝のバーテープ色落ち補修
さて、補修前はこんな感じ。

三連勝のバーテープ色落ち補修
色落ち補修を行った後は、こんな感じ。

長持ちしてくれると良いのですが・・・




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ サドルとサドルバックとハンドルとの色落ち補修

先日、久しぶりにコルナゴに乗った時、ハンドルの具合の悪さ
もさる事ながら、革の色落ち具合が気になりました。これは、
新たに、作り直さなければならないかなと思ったのであります
が、ちょっと待てよと気が付きました。
それは、トーエーランドナーのウエストポーチの帆布の色落ち
補修であります。

帆布のウエストポーチの色落ちの補修がまあまあの出来だった
ので、コルナゴの革のサドルやサドルバックやハンドルバーも、
色落ちの補修をしてみます。元々は、帆布の時と同じように、
新たに作り替えしようと思っていたところだったので、新たに
作り始めていなくてよかったです。
これも、モゼールさんのブログを拝見させて頂いたおかげです。

さて、用意したのはこれ。

コルナゴ革小物の色落ち補修
革用クラフト染料とレザーコート。
染料で補修した後に、レザーコートを塗る事で染料が定着する
そうです。

コルナゴ革小物の色落ち補修

コルナゴ革小物の色落ち補修
で、補修前のサドルとサドルバックがこれ。
かなり色落ちしています。色落ち補修の方法を知らなければ、
新たに作り直していたところでした。

こちらも帆布のウエストポーチ同様に、タンポ筆と普通の筆で
色落ち補修を行います。
まずは黒の補修染料を20%の水で薄めて塗っていきます。
次は、コート液。こちらはそのままで、布に浸して薄く塗って
いきます。そして、30分程乾燥させてから上塗りを2回程、
重ねて塗っていきます。

コルナゴ革小物の色落ち補修
一日経って完全に乾燥した状態がこちら。

コルナゴ革小物の色落ち補修

コルナゴ革小物の色落ち補修
コート液のおかげで、染料の定着と艶が出ています。布で強く
擦っても色落ちしません。

コルナゴ革小物の色落ち補修
ハンドルバーの革巻きもこんな感じ。
水滴も弾いてくれます。

革の色落ち補修の方が、帆布の色落ち補修よりも仕上がりが上。
この補修材なかなかであります。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ウエストポーチの色落ち補修

ウエストポーチの色落ち補修
さて、ウエストポーチを2個作るところだったのを、モゼール
さんのブログで色落ち補修が出来る事を知り、作りかけの1個
は仕上げて、残りは色落ち補修を行います。

ウエストポーチの色落ち補修
手に入れた材料はこれ。
これをタンポ筆と普通の筆を使って色落ち補修をします。
説明書では20%位の水で薄めてと書いてありますが、初めて
なので、もう少し薄めにして、まずは、広い部分をタンポ筆で
色を載せていきます。そして、端の部分ははみ出さないように
筆で塗っていきます。

ウエストポーチの色落ち補修
で、こんな感じで出来上がり。
塗り終えた時は、結構黒々としていましたが、乾くと色が薄く
なってしまいました。もう少し、濃いめに薄めた方がよかった
かもしれません。まあ、また色落ちしたら今度は少し濃いめに
補修しましょう。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

革のバッグのお手入れ


春めいてきました。
自転車旅行をしてみたいと思いますが、まだ少しの間我慢です。
また、ライドイベントも蜜を避けるという意味で我慢です。
で、そんな訳で自転車に乗る機会が減って、家でじっとしてる
のも楽しくないので、その暇な時間を利用して、革のバッグの
お手入れをします。

革バッグのお手入れ
革のバッグ類、3ケ月に一回程度の割でオイルを塗る事で、革
は長持ちします。そのまま放置していると、数年で革が表面が
ひび割れてきます。年取った人間と同じですね。なので、丁寧
にお手入れしてケアをする事で、革はずっと長持ちします。

まずは、茶色のショルダーバッグ。
イギリスのハンティングバッグを真似たオーダー品です。
結構なお値段がしました。でも、もう10年以上も使っている
革のバッグです。

革バッグのお手入れ
オイルを塗るとこんな感じ。

次は同じスタイルの黒の革のバッグ。こちらは、亀のお手製。
お散歩で浅草橋あたりをうろうろしていた時、偶然見つけた革
の材料のお店で、革が安く売っていたので、これならば自分で
バッグを作ってみようと思って作ったものです。
でもまあ、自分で作りながらその作る時間を考えると、結構な
お値段だったのは、作る手間賃だったのだと納得を致しました。

革バッグのお手入れ
こちらもオイルを塗るとこんな感じ。

さて、ついでに、現役時代に使っていた革のビジネスバッグも
お手入れを致します。
ふたつとも、あの有名なお高い吉田カバンのビジネスバッグで
あります。20年以上使っていたもので時間を経た貫禄ある物
となっています。でも、最近は殆ど使う事がありません。
なので、もっぱらお手入れしかしない、仏壇バッグとなりつつ
あります。
使うとしたら、ヴィンテージライドでツイードを着た時くらい
であります。

革バッグのお手入れ

革バッグのお手入れ
こちらもオイルと塗るとこんな感じ。

また、このバッグ類でライドイベントに参加したいものです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

春先のお手入れ

まだコロナ禍で医療機関も逼迫しているので、どうしても行か
なくてはならない用事以外は、自転車や公共交通には乗らない
ように大人しくしています。とはいえ、季節は移ろいまだまだ
早朝は寒くて横浜では珍しく霜柱が立っていますが、日中は、
暖かくなってきました。梅の花もほころび、本来であれば梅見
に出かけたくなる季節です。早く自転車で遠出がしたいもので
あります。

そんな季節に誘われて、遠出はしたいところを我慢して、その
うちコロナ患者のピークアウトを迎えた際には、思い切り走り
回ろうとその準備で、自転車のお手入れをします。

我が家で、組み上がっていて走れる状態の自転車は4台。
三連勝とコルナゴとデローザのロードバイク、それに旅行用の
自転車であるトーエーのランドナー。ロードバイクのゼウスは、
置く場所がないので、現在分解しフレームだけをエアキャップ
いわゆるプチプチに包んで吊るしています。
最近、用事がある時やご近所のお買い物でランドナーを乗って
はいるものの、ロードバイクは2ケ月以上乗っていません。

お手入れ
で、お手入れは、パーツクリーナーで、駆動廻りやフレームの
汚れを落としていきます。そして、チェーンにはクレ55ー6
と同じくクレグリスメイトを吹き付けます。
チェーンにはクレ55ー6ではなく、専用のチェーンルブで、
メンテナンスをしなければならないといいますが、老後の慎ま
しい生活を送る身としては、出来るだけお金を掛けない方法で
メンテナンスをしたいので、クレでやっています。
まあ、レースで1秒を争う訳では無いし、チェーンは消耗品と
考えているので、今迄、クレを使って問題が発生した事はあり
ません。

お手入れ
と、いう事でまずは、三連勝。

お手入れ
チェーンリング廻りを綺麗にします。
よくファンライドで、ご一緒する方々は、このチェーンリング
を綺麗にされています。毎回、ピカピカにしているのでしょう
ね。でも、無精者の亀はそんな事がなく、皆さん偉いなぁ~と
感心してしまいます。事前に綺麗にしても、自走して集合会場
に着く頃には、その間に走った道々で汚れを浴びて、チェーン
リングが汚れてしまいます。皆さん、どうやって綺麗なままで
走って来られるか不思議であります。
でもまあ、多少汚れるとはいえ、日頃綺麗にする事を心掛けて
いる事は大事であります。

お手入れ
次はチェーンを綺麗にします。
最後にクレグリスメイトでしっかり油分を付けていけば、暫く
そのままでもチェーンが錆びたりする事はありません。

お手入れ
綺麗になりました。

お手入れ
次はコルナゴ。

お手入れ

お手入れ
スプロケットの汚れが目立つので、パーツクリーナーで綺麗に
していきます。

お手入れ
チェーンリング廻りも綺麗に拭いていきます。

お手入れ
こちらも綺麗になりました。

お手入れ
その次は、デローザ。

今迄、メンテナンスをしていた場所の向きを変えます。
背景がごチャゴチャしていたので、少しすっきりとした背景に
変えてみました。まあ、こちらも果樹の鉢植えがゴチャゴチャ
していますが・・・

お手入れ

お手入れ

お手入れ
デローザのチェーンリングは、最後に乗った後で綺麗にしたの
で、チェーンのオイル差しとグリスアップだけ。

お手入れ
こんな感じで仕上がりました。まあ、見た目は変わりません。

お手入れ
最後は、トーエーランドナー。

お手入れ
足廻りを綺麗にする前に、気になっていたのがフレームの汚れ。
このトーエーランドナー、色を明るい色にしたのですが付いた
汚れが目立ちます。まあ、明るい色の指定をした際、そうなる
だろうとなとは予測していたのですが・・・
で、特にフロント廻りのチェーンロックを回している部分が、
汚れがなかなか取れずに困っています。

お手入れ
パーツクリーナーで拭いても完全には綺麗になりません。
そのうち、台所を綺麗にするセスキや重曹で試してみましょう。

さて、足廻り。

お手入れ

お手入れ
チェーンリングとスプロケットを、パーツクリーナーで綺麗に
します。

お手入れ

お手入れ
そして、オイル差しとグリスアップ。

お手入れ
綺麗になりました。

で、最後のお手入れ。

お手入れ
トーエーランドナーのリアディレーラーのワイヤーが伸びて、
シフトが上手くいきません。また、シフトレバーを締めるねじ
もすぐに緩くなって、シフトレバーのストッパーの位置がズレ
てしまっています。

原因は、トーエーランドナーに付けているリアディレーラーの
ヒューレージュビリーのテンションスプリングの力が強くて、
引っ張られるワイヤーの力でシフトレバーが滑ってしまいます。
で、シフトレバーが滑らないように、革のワッシャーを入れて
いるのですが、時間が経過すると革のワッシャーが劣化して。
滑り止めになりません。

お手入れ
で、その対策として、今、シフトレバーと台座の間に2枚入れ
ている革のワッシャーを1枚をシフトレバーと台座の間に入れ、
もう1枚は、シフトレバーとストッパーの間に入れるみます。
シフトレバーの両側を革のワッシャーで挟む事で、抵抗が増し、
シフトレバーが滑りにくくなるのと同時に、ねじも滑りにくく
なり、ストッパーが外れる事もなくなります。

まあ、完全ではありませんが、以前よりは少しマシであります。
これでダメなら、今の「おフランス仕様ざ~んす」の足まわり
を「イタリアーノ」に付け替えた後で、ヒューレージュビリー
のスプリングを外して調整してみる事としましょう。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナー ドライブレコーダー補修

まだまだ続きます。ドライブレコーダーの補修。

今度は、リアのドライブレコーダーを止める金具の上ナットが割れ
てしまいました。これ、割れるとピポット状になったボールが外れ、
金具ごとドライブレコーダーが飛んでいってしまいます。
またまた困った事となりました。

ドライブレコーダーの補修
で、何か代用品がないかと探してみたら、金属パイプとビニールの
パイプを繋ぐ樹脂アタッチメントで使えそうなものを見つけました。

ドライブレコーダーの補修
ネジ径はM20。早々取り寄せます。

ドライブレコーダーの補修
で、付けてみますが、ナットの厚みが足りません。なので、ナット
を受ける、その樹脂アタッチメントのネジ座を切り、丁度良い厚さ
の下受けを作ります。

ドライブレコーダーの補修
これで、ピポット状になったボールが外れる心配がなくなりました。
さて、これで終了かと思いきや、まだまだ先がありました。

ドライブレコーダーの補修
ボールが外れる心配はなくなりましたが、ナットの開口部が大きく
ボールの固定が出来ずにグラグラします。

なので、またまた困った時の透明ボンドの登場です。
先日のランドナーバックの蝋引きと同じく、だったら最初から透明
ボンドで済ませりゃいいじゃないのと思った貴方。亀も透明ボンド
が頭に浮かんだ瞬間、そう思いました。
でも、折角何日も係って調べて手に入れた樹脂のナットを無駄には
出来ません。そして見た目もね。という事でボンド塗りたくります。

ドライブレコーダーの補修
で、こんな感じで完成。
このボンド、乾燥したら透明になります。

さてさて、これで無事終了でありましょうか?もしも、今後更なる
ブログの掲載が無ければ無事終了となります。
ですが、長年生きた亀の経験と勘では、このままでは終わりそうに
はならないと思われます。何だか嫌な予感。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

壊れたドライブレコーダー 何とか復帰

ドライブレコーダー復帰
ロードバイクで使っているドライブレコーダー、以前、走っていて
落ちてしまい、それ以来録画が出来なくなってしまいました。
なので、新たにもう1台ドライブレコーダーを購入しました。
でも、また1台、ドライブレコーダーが突然録画が出来なくなって
しまいました。
元々、フロントとリア用で2台だったのが、これで使えるのが1台、
使えないのが2台となってしまいました。さて、困ったものだと、
色々弄り回していたら録画が出来るようになりました。

通常は、電源ボタンを押して電源がオンになったら、もう1回押す
と、ボタンが点滅して録画が出来るようになります。
で、新たに見つけた方法が、電源ボタンを押し電源がオンになった
ら、スマホでWifi設定をこのレコーダーにして、アプリでカメラ
操作をして録画をオンにすると録画が出来る事が分かりました。
このドライブレコーダー、走りながら他の他の人にWifi経由で、
ライブ映像を見る事が出来るので、そのWifiからカメラ操作が、
出来るのでありました。

でも、毎回、この録画設定をするのが面倒くさいなぁと感じる亀で
ありました。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

やかん磨き

相変わらず、コロナ禍による緊急事態宣言は続いています。
おかげで、自転車で遠出も出来ずに県内をうろうろしていて、
体がうずうずしています。

ある日、徐にうちの奥さんから「自転車の部品ばかりを磨いて
いないで、うちのやかんも綺麗にして頂戴。たまには、家事も
やって下さい。」と言われてしまいました。
そういえば、フライパンや鍋は洗剤で洗っていても、やかんは、
水ですすぐだけで、真剣に洗った事はありません。ならば、時
には真剣に、自転車のパーツを磨くのと同じように、バフ掛け
迄して、やかんを綺麗にしてみようと思います。

やかんを綺麗にする方法は、うちの奥さんの厳格なレギュレー
ションに従わななければなりません。まず、セキソ酸と洗剤で
汚れを落としてから、重曹を使って磨くという手順となります。
いずれも手で丁寧に行うようにとの事です。
自転車の部品であれば、専用の洗剤で洗って、ピカールなどの
研磨剤をドリルを使ってバフ掛けするところではありますが、
やかんは、水を沸かしてお湯にして料理に使ったりお茶を入れ
たりと口にするものなので、石油系で匂いのきついピカールを
使う訳にはいきません。
で、厳格なレギュレーションに合わせ、手で、セキソ酸と洗剤
で汚れを落としますが、重曹を使って磨くいうのは、自転車の
部品を磨くバフ掛けと同じように、ドリルを使う事とします。
もちろん、使うバフは、綺麗に洗ったものであります。
まあ、亀的には、いつも真剣に家事をやっているつもりですが、
たまには、うちの奥さん云うところの「真剣な家事」をやって
みようと思います。

やかん磨き
で、これがそのやかん。

やかん磨き
料理をしながらお湯を沸かす事があるので、料理の油が飛んで
やかんが汚れています。

やかん磨き
セキソ酸と洗剤で汚れを落とします。

やかん磨き
蓋も汚れを落とします。

さて、これからが、お楽しみのバフ掛け。
重曹を水に溶いて、バフに付けて磨きます。重曹がピカールの
代わりの役目を果たします。

やかん磨き
が、重曹の粉の粒が荒いのか、細かい傷が付いてしまいました。
まあ、我が家の奥さん的には、やかんの油汚れが綺麗に落ちた
ので許される範囲ではありましたが・・・

間違っても、重曹で自転車のコンポーネンツを磨いてはいかんと
肝に銘じた亀でありました。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナー 泥除けの手直し

泥除けの手直し

トーエーランドナーの分割式泥除けを、少し手直しします。

分割する部分の抑えのプレートの部分が、走っていると振動で、
ガタガタと音がします。以前乗っていたランドナーの泥除けも
同じようにガタガタと音がして、そのうちに、そのプレートを
留めているリベットとプレートが擦れて削られて、益々、その
振動音が大きくなってしまいました。
で、その時は、乾燥すると透明になる接着剤を付けて削られた
部分を補修したのですが、今回のトーエーランドナーの泥除け
も、擦れて削られる前に補修をしようと思います。

こんな感じで接着剤を付けて乾かします。
これで、ガタガタ音がなくなるはずです。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ボトル取手の革巻き補修

さてさて、補修はまだ続きます。

ボトルの革巻き補修
次は、ボトルの栓の取手の革巻きの補修です。

ボトルの革巻き補修
こちらも、縫い糸が切れてしまっていますが、こちらは今迄
と同じように二本の針で行います。

ボトルの革巻き補修
こんな感じで出来上がり。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

クリストフ トークリップの革巻き補修

さて、次なる補修。

トークリップの革巻き補修
トークリックの革巻きも補修します。

トークリップの革巻き補修
新しい革。

トークリップの革巻き補修
このトークリップの革巻きですが、毎回、縫い糸が切れてしま
います。なので、今回は、ちょっと違う縫い方をします。
こちらの方が、二本の針で縫うよりも早くて簡単です。
また、靴に直接、縫い糸が当たらないので、縫い糸が切れる迄
の時間がより長くなるはずです。

トークリップの革巻き補修
こんな感じで出来上がりです。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ヒューレージュビリー フロントディレーラーの補修

北海道、最北の宗谷岬から、新千歳空港迄の自転車旅行も、
何とか無事に走り終える事が出来ました。とはいえ、約10日
程の間走っていると、様々な所に問題が出てきます。

で、まずはフロントディレーラー。
北海道で走っていたら、フロントディレーラーの羽の先のネジ
が無くなっている事に気が付きました。走っていて、変速する
際には問題がありませんが、ヒューレージュビリーの穴あきの
羽で強度が無くて、帰路で羽田で輪行袋から出して組み立てて
みたら、外側の羽が曲がって外向きに開いてしまっていました。
慌てて、元に曲げて戻したらのですが、これ、何回か繰り返し
たら、確実に折れてしまいます。

なので、帰宅した翌日、早々に手直しをします。

フロントディレーラーの補修
こんな感じで、ネジがありません。

フロントディレーラーの補修
こんな事もあろうかと、以前、同じような事があった時に多め
に予備を作っていたネジセットを引っ張り出します。
ネジとアルミのシャフトとワッシャー。

フロントディレーラーの補修
取り付けて出来上がり。
ネジもシャフトもワッシャーも全てアルミ製。
強度はあまり必要が無いので、アルミで軽量であります。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

キーホルダーに6角レンチ

6角レンチ
先日、三連勝にクイックレリーズのシートピンを付けてみたの
ですがどうも恰好良くありません。やはり、クイックレリーズ
のシートピンといえば、あの、カンパニョーロのロゴが入って
いないと締まりません。

6角レンチ
で、どうしようと思って100円ショップで見つけたのがこれ。
この6角レンチの中の6ミリの1本だけを取り外して、使って
みます。この1本だけをキーホルダーに付ければ、輪行の際や
シートの微妙な高さ調整をするのに、いちいちツールケースの
中の6角レンチを出す事も無いし、また、何本もあって重い、
6角レンチの束を持ち歩く事もありません。キーホルダーから
簡単に素早く出す事が出来ます。
その上、キーホルダーに収まってい入れば、落としてしまう事
も少ないと思われます。

6角レンチ
今迄は、あのカンパニョーロのロゴが入ったクイックレリーズ
のシートピンが恰好良いと感じていたのですが、6ミリのネジ
のサイズで、8ミリのネジのサイズしかないカンパニョーロの
クイックレリーズが付けられない、三連勝やゼウスや、現在、
オーダーしているトーエーのフレームには、普通のあっさりと
したシートピンを付けるのでも良いかなと、感じるようになり
ました。
特にトーエーのフレームは、綺麗なラグレスフィレット仕上げ
でお願いしているので、ゴテゴテとしたラグ付きと比べると、
あっさりとした仕上がりなので、あっさりとした普通のシート
ピンの方が似合うようにも思います。

と、いう事で、また持参の荷物が少し重くなった亀であります。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

磨いて 磨いて 磨いて 磨く

コロナ禍による緊急事態宣言は、延期されてまだ続いています。
なので、不要不急の外出を避け、外出は近所で徒歩での買い物
とお散歩だけで、自転車は乗れていません。
もしも、交通事故にでも遭ったら、逼迫してる医療機関に余計
な迷惑を掛けてしまいます。なので、巣籠状態が正月明けより
続いています。

で、この機会を使い、そのうちにやろうと思っていた事を実行
に移します。それは、ランドナーの衣替え。
亀が所有する自転車は、約2年に一回、コンポーネンツを着け
換えてメンテナンスをしています。で、そろそろランドナーの
衣替えの時期となってきました。

このランドナー、この半年程は、日本縦断であちこちを走って
いたのと、横浜市の市民大学講座とボランティアでの足として
走っていたので、なかなか衣替えをするチャンスを逸しており
ました。このコロナ禍での緊急事態宣言のおかげで、3月中旬
迄は、日本縦断も市民大学講座もボランティアも中断となって
しまったので、逆に、ランドナーの衣替えが出来るチャンスが
やってきた事となります。
この機会を逸すると、次はいつ頃、衣替え出来るか怪しくなる
ので、良いチャンスと捕らえて、ランドナーの衣替えをする事
と致します。丁度、暖かくもなってきたのでね。

で、その衣替えの前にやる事。
それは、新たに交換するコンポーネンツのバフ掛け。
「磨いて 磨いて 磨いて 磨く」で、あります。

さて、今回の衣替えのテーマは、「おフランス仕様ざ~んす」。
ランドナーの生まれたフランスに因んで、フランスのコンポー
ネンツを主にして組み替えます。
クランクセットは、TAとストロングライト。
ディレーラーは、ヒューレージュビリー。
ペダルは、クリストフ。
ブレーキは、グランコンペ。これ、日本製であります。

前回、交換した際に、綺麗に清掃をしてバフ掛けをしたので、
輝きは持続しています。クランクセット以外は、これ以上バフ
掛けしても大して変わりないようです。
なので、前回バフ掛けしてから2年以上は経過をしているので、
一番目立つクランクセットだけを改めてバフ掛けをしてみよう
と思います。

TA磨きます
で、用意したのが新兵器。
ドリルを固定するクランプです。

TA磨きます
今迄よりも、さらに楽にバフ掛け作業が行えそうです。
これで、磨いていきます。

TA磨きます
さて、磨くのがこのクランクセット。
前回、バフ掛けしてから2年以上は経過していますが、充分に
光り輝いています。これならあえてバフ掛けする必要はないの
かもしれませんが気は心といいます。新しく手に入れた新兵器
を使ってみたくてというのが、本音であります。

TA磨きます
バフ掛けするのに、チェーンリングを外していきます。
このチェーンリング。ネジとワッシャの数が多いので、手間が
係ります。更に必要となる工具も六角レンチとスパナと専用の
ジグが必要となります。ちょっと面倒臭いね。更には、外した
ネジやワッシャが、転がって何処かに行ってしまったら、大変
な目に遭います。

TA磨きます
で、バフ掛け。楽ちんであります。
前回は、ピカールでバフ掛けしたので、今回は、9800番の
コンパウンドで磨いてから、ワックスで更に磨きます。
が、ワックスで磨いたら曇ってしまいました。なので、再度、
9800番のコンパウンドで磨き直しをします。

TA磨きます
で、こんな感じで磨き終わり。
これから組み立てていきます。

TA磨きます
で、こんな感じで出来上がり。
輝き具合は、あまり変わらないような気がします。
でもまあ、頑張って仕事した感はあります。
誰にもわからないだろうけど・・・





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ コンポーネンツのお掃除

コロナ禍により、二度目の緊急事態宣言が出されて1ケ月程、
まだまだ、コロナは収まりません。還暦を過ぎた高齢者の身と
しては、もしコロナに感染したら、重症化する可能性は高く、
また、それ以外の病気や怪我などで救急搬送される事となった
ら、逼迫している医療機関に、お世話になる事が出来ないかも
知れません。

なので、この1ケ月不要不急の外出をせずに暮らしています。
我が家から歩いて数分に在るスーパーマーケットに、買い物に
行くか、近くの鶴見川の土手を軽く散歩する程度で、交通事故
を遭う可能性がある自転車に乗る事は控えております。
とはいえ、近くでの買い物や軽い散歩程度しか外出をせずに、
その他は、何もしないで家にボ~と居るだけではこの身が持ち
ません。

という事で、以前、分解したコルナゴのコンポーネンツを綺麗
に掃除をします。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
使う道具は、パーツクリナーとトレイと手袋、そして歯ブラシ
とレンチと特殊な工具。この工具はクランクセットのチェーン
リングを外す時に裏側のナットが供回りをしたら使う、レアな
工具です。
その為だけにあり、また、裏側のナットが供回りをしなかった
ら、必要の無い工具であります。
とはいえ、もしも、この工具が無いと裏側のナットが供回りを
したら、絶対にチェーンリングを外せないというとっても大事
な工具であります。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
で、まずは、その専用工具を使う、クランクセットの分解から
始めます。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
チェーンリングを分解しました。結構汚れています。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
外したボルトとナット類です。ボルトの表にはカンパニョーロ
のロゴが刻印されています。こんな細かなところがこのボルト
だけでも、とっても良いお値段となるこのパーツの所以です。
なので、紛失してしまうと大変困るので、無くならないように
トレイに綺麗に並べます。

5セットあるうち、ひとつだけボルトの長さが違います。また、
ナットは4つで、ひとつはナットでは無くワッシャーです。
カンパニョーロのレコードのクランクが、Cレコから5アーム
のうち、ひとつがクランクと兼用になったので、そのひとつの
ボルトだけ、クランクの裏側に止める仕様となっています。
なので、ひとつのボルトの長さが違うという訳です。
と、いう事はこのボルト、大変レア物であります。紛失したら
大変であります。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
で、パーツクリーナーを吹き掛けます。

歯ブラシで汚れを落として、綺麗になりました。
コルナゴ コンポーネンツのお掃除

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
組みなおしてこんな感じ。
綺麗になって改めて見るCレコ、美しいフォルムです。
これを肴に、美味しくお酒が飲めてしまいそうです。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
次はディレーラー。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
こちらは、プーリーを外して綺麗にします。
プーリーはアッパーとローアーがあるので、取り付ける場所を
間違えないようにしなくてはなりません。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
リアディレーラーを組む上げて綺麗になりました。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
最後はブレーキ。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
このブレーキ、スプリングを留めるゴムが付いています。
この前迄の、カンパニョーロのレコードのシリーズでは、この
ゴムは付いていませんでした。
ブレーキアームにあるイモネジを緩めて、このゴムを、外すの
ですが、そのうちのひとつが、何処かに飛んで行ってしまいま
した。小さなゴムなので、探すのに30分も掛かってしまいま
したが、何とか見つける事が出来ました。。
これも、レアな代物なので、紛失してしまったら大変です。
見つかってよかった。

コルナゴ コンポーネンツのお掃除
で、こんな感じで組み上がりました。

さて、組み上がって改めて気が付いたのですが、リアブレーキ
のアジェスターがありません。
我が家のブラックホールがまた現れたようです。
予備で保管しているブレーキからアジェスターを外してこちら
に付けます。

これで、綺麗になりました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ロードバイク用輪行袋の修繕

以前、ロードバイクで輪行をした際に、輪行袋が擦り切れて、
小さな穴が開いてしまいました。以前も、フロントフォークが
当たる部分を革で補強したのですが、その革の周辺も、また、
弱くなってきていたようです。

ロードバイク 輪行袋の手直し
なので、こんな時に出来る事。一回り大きな革で修繕します。

ロードバイク 輪行袋の手直し

ロードバイク 輪行袋の手直し
で、こんな感じとなりました。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザ 取り外したコンポーネンツのお掃除

コロナ禍により、二度目の緊急事態宣言が出されて1ケ月半、
まだまだ、コロナは収まりません。還暦を過ぎた高齢者の身と
しては、もしコロナに感染したら、重症化する可能性は高く、
また、それ以外の病気や怪我などで救急搬送される事となった
ら、逼迫している医療機関に、お世話になる事が出来ないかも
知れません。

なので、この1ケ月不要不急の外出をせずに暮らしています。
我が家から歩いて数分に在るスーパーマーケットに、買い物に
行くか、近くの鶴見川の土手を軽く散歩する程度で、交通事故
を遭う可能性がある自転車に乗る事は控えております。
とはいえ、近くでの買い物や軽い散歩程度しか外出をせずに、
その他は、何もしないで家にボ~と居るだけではこの身が持ち
ません。
で、外出しないで出来る事と我が家で行います。

デローザ コンポーネンツのお掃除
以前、分解してフレームとコンポーネンツに分けたデローザ。
コンポーネンツをそのまま仕舞っていたので、お掃除をします。

まずはクランクセット。
ピンを外して、チェーンリングとクランクに分け掃除をします。

デローザ コンポーネンツのお掃除
ピンを外す工具。シルバーの六角レンチと黒い工具です。
黒い工具は、この為だけにしか使わない特殊な工具。

小さなピンは、ワコーズのパーツクリーナーで洗います。
デローザ コンポーネンツのお掃除

デローザ コンポーネンツのお掃除
こんな感じで輝きを取り戻しました。

チェーンリングとクランクも、ワコーズのパーツクリーナーを
吹き付けた後で、布を使って汚れを拭き取ります。

次は、ディレーラー。
まずはフロントディレーラーのお掃除。

デローザ コンポーネンツのお掃除
フレームに取り付けるネジとチェーンガイドの羽を留めるネジ
を外します。そして、細かいパーツを先程のクランクセットの
ピンを洗ったように、ちいさな入れ物に入れて洗います。
小さな入れ物の中のネットの上で転がして、歯ブラシを使って
汚れを落としていきます。

デローザ コンポーネンツのお掃除
本体もワコーズのパーツクリーナーで綺麗にします。

デローザ コンポーネンツのお掃除
そして、リアディレーラー。
プーリーガイドを外して掃除をします。今回は、完全には分解
をしません。分解してグリスアップするのは、また使う直前と
します。

デローザ コンポーネンツのお掃除
最後にブレーキ。
こちらは、あまり汚れてはいないので、布で拭いて軽く汚れを
落とします。

で、また組み付ける前に、今度はバフで磨き上げてからグリス
アップをする予定です。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

またまたランドナーのバックの修繕

九州旅行をランドナーで走ってきましたが、その長旅でバック
が草臥れてきました。なので、改めてバックの修繕を行います。

フロントバックのキャリアストッパーの改良。
フロントバックは、ハンドルバーにストラップで固定している
のですが、そこの部分だけ固定しているので、フロントバック
の下の部分が斜め前にズレでしまっています。横から見ると、
フロントバックがひしゃげて見えます。何とも恰好が悪いので、
フロントバックの下も、フロントキャリアに固定出来るように
します。

バックの修理
こんな感じで革のベルトを取り付けました。

フロントバックのドライブレコーダーマウントの作成。
さて次は、ドライブレコーダーの取り付け位置の変更です。
今は、ハンドルバーに付けているのですが、フロントバックが
風に煽られると、視界の下半以上が煽られたフロントバックで
隠れてしまい、ドライブレコーダーの役目が半減されてしまい
ます。なので、ドライブレコーダーをフロントバックの前方に
来るよう、小細工をします。

方法は、サドルバックの取り付け方法と同じく、バーを作って
そこに付けようとの魂胆です。

バックの修理

バックの修理

バックの修理

バックの修理

バックの修理
で、こんな感じで作ってみました。

でも、これ、問題ありで失敗であります。

バックの修理
走っているとこんな風に上を向いてしまいます。
これでは、半減どころか全滅です。

で、色々と悩み考えた末に、再度チャレンジ。

バックの修理

バックの修理

バックの修理
こんな感じに作ってみました。
これなら視界は100%。ドライブレコーダーの役目を充分に
果してくれそうです。

バックの修理

バックの修理
輪行カバーの修繕。
ここのところ、飛行機での輪行が続いていますが、乱暴に扱わ
れていないものの、飛行機が飛んでいる間の事なのでしょうか、
輪行カバーが擦れて、穴が開いてしまいました。
なので、革で開いた穴を補強して穴を塞ぎます。

バックの修理
あてがう革を用意します。

バックの修理
で、こんな感じで出来上がり。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR