FC2ブログ

エリート ハンドルボトルゲージの手直し

先日、「ハンドメイドバイシクル展」に行った時の事です。
久しぶりになんちゃってゼウスで向かったのですが、走っている
途中でハンドル廻りに違和感を感じます。

エリートボトルゲージの手直し
あれ、何だろうと信号待ちで良く見てみると、ハンドルに着けた
ボトルゲージが、外れ掛けています。

なんちゃってゼウス、昔のバイクなので、ボトルゲージを留める
ネジ穴がフレームに有りません。なので、ボトルを携帯するのに、
ハンドルに留めるエリートのボトルゲージを使っています。
丁度、このなんちゃってゼウスを手に入れた頃、エロイカを記念
して発売されたのですぐに手に入れ、以来、お気に入りのボトル
ゲージであります。

「ハンドメイドバイシクル展」に向かう途中の八ッ山にある広場
の東屋の脇で、外れ掛けたボトルゲージを良く見てみます。

エリートボトルゲージの手直し
留金の穴が拡がってUの字になっています。
どうやら走っている時の振動で、留金のプレートの穴が削られて
しまったようです。
このプレート、アルミ製なので軽くて良いのですが、強度的には
問題が有りそうです。

エリートボトルゲージの手直し
反対側の穴もU字型に抜けてしまう寸前です。危ない危ない。

エリートボトルゲージの手直し
で、取り敢えず、プレートを上下逆さまにしてつけ直します。
これで、取り敢えずは何とかなりました。
でもまたその内に、こちら側も削れてしまうと思われます。近い
うちにもっと硬い穴開きのステンレスを買ってきて、折り曲げて
交換してみましょう。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

シャマルチタニウムのタイヤ交換

タイヤ交換
この間、手に入れたシャマルチタニウム、今年も去年と同様に走る
「グラン・ツールせとうち」で使ってみようと思います。
瀬戸内海を渡るいくつかの橋の上りには、この軽いシャマルで走る
方が楽なのと、スプロケットが最大 26Tなので、昨年走ったチュー
ブラーのホイールのスプロケット最大 23Tよりもさらに楽に上り坂
を上がる事が出来ます。なので、楽をするつもりでデローザにこの
ホイールを着けて走ろうと思います。

で、それまでの間、上り坂の多いコースをサイクリングで走る際は、
極力このシャマルのホイールで走ろうと思っていた矢先、水道橋の
自転車屋さん「Cruise Bicycle+Cafe」からクラブランのご案内を
頂きました。
年明け最初のクラブランという事も有り、参加させて頂く事とした
のですが、コースを見ると都内の比較的アップダウンが多いコース
を走る事になりそうです。これは丁度良い機会なので、シャマルを
履いて参加しようとシャマルのホイールを取り出してみます。

タイヤ交換

タイヤ交換

タイヤ交換
あれ?フロントのタイヤが変です。
タイヤの脇が裂けていて、そこからチューブが顔を出しています。
今迄気が付きませんでした。よくパンクしなかったものです。
これはタイヤ交換しなければなりません。

で、早速タイヤを注文しました。
普段、サイクリングで走るロードバイクのタイヤはチューブラーを
使用しています。クリンチャーは、朝ラン用のカムシンと旅行用の
自転車のランドナーだけなので、予備のタイヤは持っていません。
で、シャマルに使用するタイヤなら、少しお高くても性能が良くて
少しでも早く走れそうなタイヤにしてみようと思います。

タイヤ交換
で、選んだタイヤがこれ。「ミシュラン POWER COMPETITION 23C」
コーナーのグリップは、「ビットリアコルサ」よりも劣るものの、
直進性は抜群との事、亀はレースには出ないのでコーナーを攻める
事も無いので、このタイヤとしました。
まあ、これでひょっとしたら、巡航速度も速くなるかの知れません。

気休めではありますが・・・

で、タイヤ交換です。
世の中の自転車乗りは、チューブラーよりもクリンチャーの方が、
タイヤ交換は簡単という方が多いですが、亀はどうもクリンチャー
が苦手です。タイヤを嵌めるのに結構な力がいるし、どうしても、
タイヤチューブがタイヤの縁に挟まれてしまい、かなりの頻度で、
新品のチューブをダメにしてしまいます。なので、今回は慎重に、
タイヤ交換を行います。

まず、裂け目が開いたフロントのタイヤ交換から。
タイヤを嵌める際には力が必要ですが、案外素直にタイヤを嵌める
事が出来ました。
チューブが噛んでいないかチェックして恐る恐る空気を入れます。
大丈夫のようです。

で、次はリアのタイヤの交換です。
まあ、リアはパンクはしては無いのですが、前後でタイヤの種類が
違うのも何だか恰好が悪いので、リアも換えてしまいます。

で、今回も慎重にチューブが噛んでいないか見てタイヤを交換して
空気を入れます。

で、こんな感じでタイヤ交換が終了しました。

さて、馴らし運転と思って、いざ走り始めたら、あれれ~。
リアのタイヤの空気が抜けています。
どうやらスローパンクのようです。
これがあるから、亀は、世間一般の方とは違ってクリンチャーより
もチューブラーの方が、パンク修理が簡単と思ってしまいます。

タイヤ交換が夕暮れ時となり、薄暗い中でチューブが噛んでいない
かどうかを確認したので、どうも見逃したようです。
で、その日はこれで中断。

どうも、作業がガサツでいかんね。

で、後日。
まあ、これも滅多にないパンク修理の練習かと思えば、得した気分。
パンク修理もチューブを換えるのでは無く、パッチを貼ってパンク
を直します。これも練習のうち、セコイといったらセコイですが、
実際にサイクリング途中でパンクをした時は、チューブ交換をする
ので、パッチを貼るというのもさらに滅多に無い事なので、これも
さらに良いお勉強となります。
と、負け惜しみ。

タイヤ交換
今度はチューブが噛んでいないいないように慎重に確認します。

タイヤ交換
やれやれです。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

フロントギアのピン打ち

以前から、やろうやろうと思っていた事を、新たな年明けに実行を
してみようと思います。

今保有しているロードバイクは3台ありますが、そのうちデローザ
に着けているフロントギアのスーパーレコードと、2年に一度交換
しているヌーボレコードのフロントギアには、チェーンがフロント
ギアとクランクの間に落ちて絡まないように、アウターのリングに
ピンが打たれています。
しかし、コルナゴに着けているコーラスのフロントギアには、その
ピンが有りません。なので時々コルナゴでアウターにシフトアップ
すると、チェーンがクランクに絡んでややこしい事になります。
何故、ヌーボレコードの後に発売されたコーラスのフロントギアに
ピンが打たれていないのか不明ですが、チェーンが絡んでしまい
ややこしい事にならないよう、コーラスのフロントギアのアウター
にピンを打ってみました。

ちなみに、同じ頃に発売された、コルナゴの2年に一度交換しよう
と思っている、レコードのクランクセットにはピンが打って有り、
さらに、ランドナーで2年に一度交換しようと思っているクランク
セットのベローチェにも、ピンは打って有ります。

ピン打ち
で、ピン打ちの準備。
使用するのは、電動ドリルとタップ切りのビット、さらに金ノコ。
これで、ピン打ちをやってみます。

ピン打ち
ドリルでアウターのリングに穴を開けます。ビットの大きさは3mm、
その後で、タップを切って4mmのアルミねじが入るようにします。
で、ドリルで穴開けをしていきますが、なかなか穴が開きません。
もちろん、潤滑油を垂らしながらやってみましたが、上手く行きま
せん。
以前、スギノのなんちゃってレコードのアウターリングの穴開けを
した時は、簡単に穴が開いたのですが、カンパニョーロのアウター
リングはなかなか開きません。というよりもドリルの刃先が削れて
しまいました。このドリル、チタンコーティングしてあるのにね。
カンパニョーロのアウターリング、どんだけ硬いんでしょう。

で、もっと硬いドリルのビットを用意し、今度はクランク側に穴を
開けていきます。
カンパニョーロのアウターリングの方が、スギノのアウターリング
よりも幅が狭いので、ひょっとして、このまま穴を開けていったら
アウターリングが割れてしまうと困るのと、クランクの方が穴を、
ひょとしたら穴を開けやすいのかしれません。

ピン打ち
クランクも充分硬かったです。

でもとりあえず、タップが切れそうな深さまで穴を開ける事が出来
ました。

ピン打ち
タップを立てていきます。

ピン打ち
で、ピンの代わりにアルミねじを仮に差し込み、長さを調整します。

ピン打ち
ここで、金ノコ登場です。

ピン打ち
で、切り口を整える為に鑢で綺麗にします。
アルミねじの隣にあるのは、アルミのパイプ、これをアルミねじに
被せます。見えないところですが、ちょっと手を込んでみました。

ピン打ち
で、万が一、緩んで外れたら嫌なので、瞬間接着剤をアルミねじに
塗ってねじ留めして出来上がりです。

ピン打ち
さあついでに、以前簡単に穴開け出来たスギノのアウターリングも
この際、ピン打ちしてしまいます。

ピン打ち
こちらは既に3mmで穴開けしてあるので、クランクが当たる部分の
穴にタップを立てていきます。

ピン打ち
で、アルミねじを仮に留めて長さを調整します。

ピン打ち
裏から出た分を切ります。

ピン打ち
先程と同じように、金ノコでゴシゴシと切って鑢かけをします。

ピン打ち
アルミパイプを入れて本締めします。

ピン打ち
で、こんな感じで出来上がりました。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村








テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

チェーンの迷宮 その2

さて翌日。

まずは一つ目の不安、
果たして、コルナゴで履いている男の子仕様21Tカンパニョーロ
の8速のスプロケットに、10速のシマノのチェーンとシマノ用
のミッショングリングは合うのか?

チェーンの迷宮
コルナゴの後輪だけ、男の子仕様、8速のスプロケットレコード
ホイールを履いてみました。
フロントはシャマルのままで格好があまり良くはありませんが、
近くを試しに走るので、まあ良しとします。

で、結果。
全く問題有りません。良かった。

で、二つ目と三っつ目の不安、果たしてシマノの9速のチェーン
と、果たしてシマノ用なのかカンパニョーロ用なのか、よく分か
らんミッショングリングに、シマノの10速のスプロケットは、
合うのか?

チェーンの迷宮
デローザに履いてみました。
フロントはレコードのホイールのまま、格好があまり良くはあり
ませんが、まあ、近所を試し乗りするので良しとしましょう。

で、結果。
全く問題有りませんでした。
シマノの9速のチェーンでも、シマノの10速のスプロケットは
合うようです。
また、どうやら、デローザに着いていたミッショングリングは、
シマノ用であったようです。

あ~良かった。

で、結論。

その1
カンパニョーロの8速、10速のスプロケットは、シマノの10
速のチェーンとシマノのミッショングリングには合う。

その2
シマノの10速のスプロケットは、シマノの9速のチェーンと、
シマノのミッショングリングに合う。

その3
シマノ用ミッショングリングは、カンパニョーロのスプロケット
に合うが、カンパニョーロ用のミッショングリングは、シマノの
スプロケットには合わない。

ああ~、これで今夜は眠れます。

ところで、一つ思いがけない良い事がありました。
それは、デローザでシャマルの10速を履いた時の事です。この
デローザに付けているヌーボレコードのリアディレーラーですが、
アジェストのベースを鑢で削って、本来は5速のスプロケットに
しか対応していないのを、拡げてみたのですが、シャマルの26T
にも対応出来てしまった事です。一般的には、ヌーボレコードの
リアディレーラーは、23Tとなっているのですが、26Tでも、
プーリーガイドがスプロケットに当たらなくて、ちゃんと動作を
します。

因みにコルナゴに付けているトリアンフは、アジェストのベース
を削ずる事は出来ません。なので、シャマルの26Tには、入り
ません。

デローザでは得をした気分ですが、コルナゴでは、何か損をした
気分です。

まあ、いいか~。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

チェーンの迷宮 その1

カンパニョーロのシャマルのホイールを手に入れたのは良かった
のですが、コルナゴに着けて走るとチェーンの駒飛びがします。
まあ騙し騙し走れば走れない事は無いのですが、上りで踏み込む
とガチャガチャ言うし、スプロケットに負担をかけて消耗が早く
なりそうです。第一に、踏み込んでも軽く回るシャマルの良さを
全く生かせません。
なので、尾根幹-深大寺ランの後に久しぶりに綱島の自転車屋さん
に伺います。

相変わらず忙しそうな行列の出来る自転車屋さん、今日は、余り
相手をしてくれなさそうなので、駒飛びする経緯を説明すると、
カンパニョーロとシマノのチェーンピッチが違うのが原因では?
との答え。
と、いう事は、今までスプロケットは全てカンパニョーロで統一
していたように、シャマルのスプロケットもカンパニョーロ製と
しなくてはならないという事になります。
と、なるとまたかなりの出費となります。
また、それ以前にカンパニョーロのスプロケットを手に入れる迄、
シャマルで走るのがお預けとなってしまいます。

それは困る。
さてどうしよう?

そういえばチェーンの駒飛びは、必ずチェーンの同じ場所で起こ
ります。と、いう事は考えられる事としてチェーンを繋いでいる
ミッショングリングが伸びてしまっている可能性があります。
なので忙しそうな御主人にその話をすると、ミッショングリング
が伸びる事は無が、カンパニョーロ用のミッショングリングと、
シマノ用のミッショングリングは、寸法が若干違うので、それが
原因では?との答えです。

という事は、やはりカンパニョーロのスプロケットと、シマノの
スプロケットを同じチェーンでは使用は出来無いとなりますが、
良く考えると、今のチェーンはランドナー、デローザ、コルナゴ
共にシマノ製です。と、いう事はシマノのスプロケットはシマノ
のチェーンを使わなくてはダメだが、カンパニョーロのスプロケ
ットは、シマノ製のチェーンでも問題は無いという事となります。
ならば、シマノ用のミッショングリングに変えれば、上手くいく
かもしれません。

だったらという事で、シマノ用のミッショングリングと、ついで
にチェーンも変えちゃおうとシマノの10速のチェーンと、それ
用のミッショングリングを買って、お店のチェーンカッターと、
ミッショングリング用の工具を借りて、チェーンを交換します。
試しに少し走って踏み込むと、今度は駒飛びしません。

よし、これで良いぞと帰路に就きます。
踏み込むと、それに合わせて気持ち良くシャマルのホイールは、
軽くどんどん回ります。

いいんじゃな~い!

さて、チェーンを10速用に換えて、かつ、ミッショングリング
もシマノ用に換えたお陰で、チェーンの駒飛びは無くなりました。
あ~これで良かったと思ったのですが、夜寝る段になって、あっ
そういえばと不安が三っつも頭を過ります。

チェーンの迷宮
それは何かというと、まず一つ目の不安が10速のチェーンへと
換えた事です。
コルナゴで履くホイールは、朝ラン用の10速のスプロケットを
9枚使ったカムシンと、21Tの8速のスプロケットのチューブラー
のレコード、男の子ホイールです。カムシンは10速なので心配
は無いのですが、レコードの方は歯が厚い8速なので、幅が狭い
10速用のチェーンが果たして合うだろうかと悩みます。

そして、二つ目と、三っつ目の不安が、余り格好が良くないとは
言え、デローザでもシャマルを履いてみたいと思います。
チェーンの駒飛びしながらも、本日の尾根幹サイクリングでは、
上り坂を上がっても心拍数が上がる事も無く、また、呼吸が荒く
なる事も無く、極めて楽チンでありました。
来年も「グラン・ツールせとうち」に行く予定ですが、緩い上り
坂とはいえ、多くの橋の上に上るのにシャマルを履いて上れば、
かなり楽が出来そうです。
ところが、このデローザに着けているチェーンは、シマノの9速
なのですが、果たして、ミッショングリングがシマノ用なのか、
はた又、カンパニョーロ用なのか分かりません。

なので、果たしてシマノの10速のスプロケットがシマノの9速
のチェーンに合うのか?
デローザのチェーンのミッショングリングが、果たしてシマノ用
なのか?
二つも不安が過ります。

ああ~眠れなくなってきました。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ダイヤコンペ 981 のお掃除

今年の秋は何処に行ってしまったんでしょう。いきなり冬です。
また、それだけでは無く、この10月の週末は殆ど雨、これでは
自転車で遠出も出来ません。
こんな時は、室内で自転車コンポーネンツのお手入れに専念を
する絶好の機会、そんなメンテナンスネタであります。
   
と、言ってもこれ、かなり前のお話となります。
まだミニルーターを買って間もない頃のお話です。

かなり前に入手した、ダイヤコンペのカンチブレーキ981が、
余りにも汚いので、ちょっとお掃除してみました。

ダイヤコンペ981のお手入れ
まず、全体の汚れを落とす為にオレンジオイルの洗剤で洗います。
4倍に薄めて細かい所は、歯ブラシで擦って汚れを落とします。

ダイヤコンペ981のお手入れ
洗い終わって拡げたところ、思ったよりも結構なパーツの量です。
お掃除するのをちょっと後悔しています。

ダイヤコンペ981のお手入れ
洗剤を洗い落として、拭いて水分を飛ばしたところ。

ダイヤコンペ981のお手入れ
さて、これから本格的にお掃除です。
今回からの新顔、紙やすり1000番と2000番、ハブ出し用
のルーターです。
このルーターは、元々、寄せ木のバーエンドを作った時に、使用
したものです。アタッチメントを換えると色々な事が出来る優れ
ものです。
そして、今まで使っていた錆落としのダイヤモンドシャープナー
と、改造電動歯ブラシ艶出し装置を使っての作業となります。

ダイヤコンペ981のお手入れ
ダイヤモンドシャープナーと紙やすりを使って錆びを落とします。
さすがに、オレンジオイルの洗剤だけでは、油汚れを浮き出す事
が出来ても、錆びまでは取れません。
細かく、地道に錆びを取っていきます。

ダイヤコンペ981のお手入れ
次にルーターでのバフ出し。
ピカールを薄く塗って軽く撫でていきます。

ダイヤコンペ981のお手入れ

ダイヤコンペ981のお手入れ
面白いように輝いていきます。
考えてみたら、最初ピカールを布に取り、手でゴシゴシと磨いて
いる頃から考えると、ルーターの回転数との比は数百倍!!見る
見る輝いていきます。あの頃は何だったんだろうと、感慨に耽る
瞬間でもあります。

ダイヤコンペ981のお手入れ
錆びで埋もれていた 7 という刻印も浮かび上がってきました。

ダイヤコンペ981のお手入れ
チドリも輝いています。

ダイヤコンペ981のお手入れ
カンチレバーもうっすらと輝いています。
デコボコや錆びを完全に除去するには、もっと削る事も可能です
し、さらに、ぴかぴかに磨き上げる事も可能でしょうが、本来の
持っていたアルマイト層を削ってしまうのは、何かもったいない
気もするのでここらあたりで止めておきます。

ダイヤコンペ981のお手入れ

ダイヤコンペ981のお手入れ
みるみるルーターのバフが黒く汚れてしまいます。
どれだけ時代の汚れを貯込んでいたのか?年月の重みを感じます。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

手直し ブレーキワイヤーの取り回し

ハンドル廻りの修正
先日デローザで朝ランしていた時に気が付いた、ブレーキワイヤー
の取り回しを治します。

まずは、ステムを抜いてワイヤーの取り回しを直します。
ブレーキワイヤーをステム回りでクロスさせるとブレーキワイヤー
の長さが足りません。
なので、フロントのブレーキワイヤーをブレーキから一旦緩めて、
クロスさせます。

ハンドル廻りの修正
で、こんな感じで出来上がり。
ついでなので、前よりもさらにクロスしてみました。
ちょっと複雑になってしまったようでもありますが・・・

これでテストで走ってみたら、ブレーキワイヤーが引っ張られて
アウターのカーブがいまひとつです。

ハンドル廻りの修正
なので、再度修正。
これで元通りとなりました。

ちなみに亀のブレーキシステムは、ロードバイク、ランドナー供
に右前左後です。長年このスタイルだったので、今更直せません。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

またまたペタルの洗浄とグリスアップ 3台目のカンパニョーロ コーラスエアロペダル

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
半月板損傷で少し大人しくしていなければなりません。自転車で
の遠出なんてやろうものなら、お医者さんに怒られてしまいます。
なので、こんな時こそ日頃からやろうと思っていても、なかなか
出来無いオールドカンパのコンポーネントの洗浄とグリスアップ
を行います。

カンパニョーロの昔の純正グリス「ピーナッツバター」も、手に
入れた事ですしね。

どこも弄る事が出来無い、今のコンポーネントと違って、自分で
整備出来るヴィンテージのコーポーネンツは、楽しい時間を提供
してくれる嬉しい大人(?)のオモチャですね。

さてこの間は、カンパニョーロのグランスポルトのペタルを綺麗
に清掃し、カンバニョーロのピーナッツ色のグリスを贅沢に塗り、
玉当たりの調整をしましたが、今日はかなり以前に入手したカン
パニョーロのコーラスのエアロペタルを、綺麗にして整備しよう
との魂胆です。

さあさあ、楽しい時間が待っています。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
まず今の全体の様子。ダストカバーが左右ともありません。
右ペダルは、ベアリング廻りに埃と汚れが溜まっています。さら
に、ペタルを回すとゴリゴリといいます。
また今回も弄り甲斐の有る嬉しいペタルであります。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
前回の、カンパニョーロのグランスポルトのペダルの洗浄と同様
に、分解して、ベアリングは無くさないように小さな金属製の笊
に入れ、ナット類は硝子の瓶に入れオレンジオイルで洗浄します。
ちなみにナットの構成をペダル側から見ると、玉当たりの調整用
の四角のナットとそれを固定する爪が付いたワッシャ、その外側
に、玉当たりのナットが外れないように、11mmのレンチで締める
ナットが付きます。これは、この時代の他のカンパニョーロ製の
ペダルにも共通した仕様となっています。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
ベアリングもこんなに綺麗になりました。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
そして、ペダルも残ったグリスを綺麗に拭き取ります。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
右側のペダルは、グリスが固まっています。
こちらは、拭き取っても落ちないので、オレンジオイルとブラシ
を使って固まったグリスをこそげ落とします。

さて組み立て。
基本的には、先日のグランスポルトのペタルと同じです。
今回も幻のカンパニョーロオールドグリス、「ピーナッツバター」
を贅沢に盛っていきます。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
そこにグリスを少し付けた妻楊枝に、ベアリングをひとつひとつ
付けてペダルの中に置いていきます。
こちらもグランスポルトのペダルのペダルと同様、片側に12個
ベアリングが入ります。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
で、楽しい楽しい玉当たりの調整。
玉当たりのナットを、丁度良い堅さで締めてしまうと、その後で
固定する為のナットを締め込むと、動きが少し渋くなってしまい
ます。なので、玉当たりの締め込みは、丁度良いところから1/4
回転程、緩めて、その上で固定するナットを締め上げるのがコツ
です。
で、その戻すのを1/4回転とするのか、そこからさらに、ほんの
少し戻すのか締めるのか、何回も試して丁度良いポイントを探す
のが、この清掃とグリスアップの最大の楽しみであります。
そしてピタリと決まると、何とも云えない快感が走ります。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
最後に無刻印のダストカバーを着けて終了です。
カンパニョーロ純正のダストカバーはこれだけで最新のクリート
ペタルが買えてお釣りが来る位の値段です。
なので、亀も手元には、そうそう予備のカンパニョーロの純正の
ダストカバーを持ち合わせておりません。また、カンパニョーロ
の純正のダストカバーは大変貴重なパーツなので、走って落とし
たら気が滅入るので、そうそう付ける事は出来ません。

そんなカンパニョーロの純正のダストカバーを、手に入れる事が
出来ずに悩んで居る亀のようなヴィンテージの自転車が好きな人
向けに、浜松町の自転車屋さんで、オリジナルの無刻印のダスト
カバーを作って売っています。
そのダストカバーを普段使いにと、取り付けます。

コーラスエアロペダル 清掃とグリスアップ
さあ、これで3台目のカンバニョーロ コーラスエアロペタルも
きちんと整備出来ました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カンパニョーロ グランスポルトペダルの清掃とグリスアップ

8月のお盆過ぎ、雨が毎日のように降り、自転車での遠出がなか
なか出来ません。そんな時は、涼しい室内でそのうちにやろうと
思っていた、自転車のコンポーネンツのメンテナンスをじっくり
と行います。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
なので、以前入手したカンパニョーロ グランスポルトペダルの
清掃とグリスアップを行います。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
このペダル、古い割には綺麗だったのですが、よくある事で片方
のペダルのダストカバーが付いていません。
また、もう片方のペダルの回転が少しゴリゴリしています。
なので、分解して清掃し、グリスアップを行います。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
ダストカバーを外し、シャフトを抜いて分解します。
使うスパナは11mmです。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
分解し終わりました。
使った工具は、ダストカバーを外した専用のレンチ、シャフトを
外す際に使ったスパナとモンキーレンチ、玉当たりの調整をする
ナットを外すラジオペンチです。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
さて、ナットとベアリングを洗浄します。
亀はオレンジオイルの洗剤で油分と汚れを落とします。
洗剤は3倍程度に薄めた超濃厚仕立て、ベアリングをなくさない
ように小さな笊を使って、硝子瓶の中に少し漬けて置き、その後
水で洗って木綿地の布で水分を拭き取ります。タオル地の布だと
小さない糸屑が付くので、糸屑が付かない木綿地の布で行います。
また、ガソリンや灯油で洗わないのは、ここ数年自動車に乗らず、
また、暖房は電気で行うので、ガソリンスタンドに縁が無いのと
ガソリンや灯油の処理が大変な為です。なのでオレンジオイルの
洗剤を使います。
水分が気になるところではありますが、綺麗に水分を拭き取って
からたっぷりとグリスを塗るので大丈夫です。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
ナットとベアリングを、オレンジオイルで漬け洗いしている間に
シャフトとペダル本体のグリスを綺麗に拭き取ります。
ベアリングが当たる部分は綺麗で傷ひとつありません。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
こちらも綺麗に洗浄終了。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
さて、グリスアップ。これ今回の秘密兵器、カンパニョーロ純正
グリス 通称「ピーナッツバター」贅沢にもふんだんに使います。

これが手に入ったので、グリスを3種類使い分けます。
「ピーナッツバター」は、ペダルやハブやBBのベアリング廻り。
シマノの蛍光色グリスは、フィッキングボルトなどの太めのネジ。
クレのグリースメイトは、チェーンやちいさなネジなど。
というメンテレギュレーションを組む事が出来ます。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
こんなに盛っちゃいました。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
ベアリングを入れるとこんな感じ。グリスに埋もれています。
超~贅沢です。

この後、玉当たりの調整です。
これ、ペダルのメンテナンスで一番楽しい作業です。
ガタつかない、だけど回転は渋く無い、このポイントを探るべく
慎重に何回も玉当たりのナットとその上のナットを締めたり緩め
たりして、自分の感覚にあった回り具合になるまで、何回も何回
も繰り返します。ある瞬間、ピタっと自分の想う通りの感触が、
やってきます。この瞬間を味わえるのが、ヴィンテージパーツを
いじくる醍醐味でもあります。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
さてさて何かやると何かが起こる亀のメンテ、今回もやっちゃい
ました。
このカンパニョーロ純正ダストカバー、今はもう生産していない
デットストックです。これ、プラスチック製なので、強く締める
と、このように割れてしまいます。
でも、強く締めないと走っていて外れてしまいます。

どうすりゃいいのよ思案橋です。

おまけにこの純正ダストカバー、プラスティック製のくせに何を
考えているんだと思うような、とんでも無い値段です。

これ1個で、先日お腹一杯になった洋光台にある「パスタイム」
の「ダブルチーズバーガーセット」が3セットも頂けちゃいます。
また、ハンバーバー界最大と云われている「ウェンディース」の
「トリプルバーガー」3個買ってもお釣りが来てしまいます。

ああ~、ガックリ。

ちなみに、もっと強く締めても大丈夫な金属製のダストカバーと
いうのが、このカンパニョーロにはあったそうですが、ついぞ、
オークションでも見た事がありません。
みんな大事に仕舞っているんでしょうか?

カンパペダルの清掃とグリスアップ
と、
このまま落ち込んでいても、折角、贅沢に使ったカンパニョーロ
の純正グリスに埃が付いてしまうので、大事に仕舞っていたダスト
カバーを慎重に締め込んで出来上がりです。

カンパペダルの清掃とグリスアップ
綺麗に甦りました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ネジが無い!?

またまたランドナーで走っている時の事です。

クランクネジの交換
ストロングライトのクランクとフロントギアを繋ぐ5本のネジの
うち、1本がどこかに行って無くなってしまいました。
このまま走っていても、強度的には大きな問題は無さそうですが、
1本落としてたいう事は、次にまた1本落としてしまう可能性が
あります。それも1本だけでは無く、同時に2本落としてしまう
可能性もあります。そうなると、5本のネジででフロントギアを
繋いでいるのが2本だけとなってしまいます。そうなるとこれは、
強度的にどうでしょう?と考えてしまいます。
それ以前に、穴が開いたクランクセットで走るのも、だらしない
というか、みっとも無いというか、ランドナー乗りとしたら少し
恥ずかしいものとなってしまいます。

でも、ロードバイクに比べてこのランドナー、よくネジを落とし
てしまいます。ネジの数が多いんでしょうかねぇ~。
まあでも、ロードバイクにもクランクとフロントギアを繋ぐネジ
はありますし、そういう問題だけでは無いような気がします。
最近朝ランで、お気に入りの三ツ池トレイルで砂利路をガシガシ
と走っているせいで、その振動が段々とネジに伝わり、ある時に
全く気が付かずにポロリと落ちてしまうのかもしれません。

だったら、毎回きちんとネジ1本1本を点検すれば良いのですが、
ランドナーのネジは結構な本数が有ります。空で数えてみただけ
でも、29本も有ります。これを毎朝点検していたら、朝ランで
行く三ツ池公園でのラジオ体操に間に合わなくなってしまいます。
それどころか、全てのネジの締まり具合を、いちいち触って確認
していたら、朝ランでランドナーで走る時間が無くなってしまい、
ただ毎日点検するだけで、走らずに終わってしまいます。

それじゃ、何の為に点検するのか判りません。
朝ランではなくて、朝点検となってしまい走れません。

と、いう事で、ネジ付け替えます。

純正のネジは、オークションで結構な値段で出ています。
また、純正のネジを買ったとしても、また落としてしまう確率は、
かなり高い事が考えられます。なのでここは純正のネジを使わず
に、別のネジを用意する事とします。

クランクネジの交換
で、用意したのが、六角ボルトで締めるステンレスのネジ二種。
アルミネジの方が軽いのですが、強度に心配があるので却下。
チタンネジという選択も一瞬考えたのですが、走る度にこれ落と
したら立ち飲み屋で一杯飲める分、損をしたと同じ事になるなと
考えながら走るのも、何だか体に良くありません。
なので、ちょっと重いけどステンレスのネジです。
サイズはM5の15mm ボタン型のネジと普通のキャップ型のネジ
を購入致しました。

ところで、ボタン型のネジは2個入り、そして普通のキャップ型
のネジは3個入って、さらにワッシャとナットも付いています。
で、値段は殆ど同じです。
うう~んこれは理不尽だろうと、買うのを止めようと思いました
が、ここで買うのを止めると、もっと理不尽な事が起こるので、
仕方なく両方を購入します。

クランクネジの交換
さあ、二種類かったステンレスのネジ、どっちが合うでしょう?
という事で嵌めてみました。
向かって右から、純正のネジ、ステンレスの普通のキャップ型、
ステンレスのボタン型、の順です。
で、ステンレスのボタン型に決定です。

クランクネジの交換
付けてみると、丁度良い長さです。

クランクネジの交換
こんな感じとなります。

さて、ここからフロントギアを組んでいくのですが、トリプルの
フロントギア、1枚毎にスペーサーを間に挟んで行きます。
が、これ全て同時に嵌めていかないと上手く組み上がりません。
そのままでは、スペーサーがバラバラになって永遠に組み上げる
事が出来ません。
で、頭の良い亀は、セロテープでネジを抑えておく事で、ギアと
ギアの間に挟むスペーサーがバラバラにならずに組み上げる事を
思い付きました。
もっとも、以前に組み上げた事があるので、その時と同じように
組んでいけば良いのですが、その時どうやって組んだのか、思い
出す事は出来ませんでした。

クランクネジの交換
こんな感じで順調に、3枚あるギアのうち、2枚まで組み上がり
ます。

が、3枚目で挫折であります。
こちら側のナットはシャフト状になっていて、スペーサーの内側
に嵌るようになってます。このシャフト状のナットを先に置いて
そこにスペーサーが嵌るように、逆の手順で入れていかなければ
なりません。
なので、やり直し。こちら側にセロテープでナットを抑えます。

という事で、無事終了いたしました。
純正のネジではありませんが、これでまたひょっとして落として
しまう事があっても安心です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

カンパニョーロ ヘッドセットベアリングとカンパグリス

ヘットデットベアリングとグリス
オークションで衝動的に落札してしまったパーツです。
2セットも手に入れてしまいました。

最近いかんね。

で、何で衝動的に入手したかというと、オールドカンパニョーロ
のピーナッツグリスが付いていたからなんです。

ヘッドセット用のベアリングは、消耗品として無いよりあった方
が、いいんでしょうけど、ふたつもいりません。
が、このピーナッツグリス、現在は生産も販売もされてはいない
幻のグリス、これは、いくらあっても困らないものです。

で、あまり後先を考えず衝動的に落札してしまいました。
ところで、後で考えるとヘッドセットのベアリング交換なんて、
何時するんだろう?と思います。
そしてさらに、このカンパのピーナッツグリスはもったいなくて
使うのを躊躇してしまいます。
ううん~、いかんね。

ヘットデットベアリングとグリス

ヘットデットベアリングとグリス
まあ多分、自分では、ここの部分はメンテしないとは思うんです
が、しかし、万が一の時の為の予備パーツとして、ヘッドセット
のベアリングは、有ってもいいかなぁ~と思って入手しました。

でも2セットはいらなかったかなぁ~ なんて今頃になって後悔を、
し始めています。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ヌーボレコード クイルペダルのお手入れ

ヌーボレコードのクイルペダル、3台目となりましたが、2台目の
クイルペダルの錆びが目立ちます。なので、2台目のクイルペダル
を少し綺麗にしようと思います。
2台目のカンパニョーロ ヌーボレコード クイルペダル、赤錆びが
結構浮いています。なので、お手入れをします。

ヌーボレコードクイルペダルのメンテ
まずは、ヤスリで赤錆びを落とします。

ヌーボレコードクイルペダルのメンテ
番目はミニルータの600番、気持ちよく落ちていきます。
この後、1200番でさらに仕上げていきます。

ヌーボレコードクイルペダルのメンテ
そしてバフ掛け。こんなになりました。ミニルータ、便利です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ドリル用強力バフ

「続々 フロントギア 刻印彫りと穴開け加工」のおまけです。

ドリル用強力バフ
折角ドリルを買ったので、穴開け以外でも使おうと考えました。
大きいバフなので、各々に使用する研磨材の番号を記入します。
左から、ピカール、3000番、7500番、9800番です。

ドリル用強力バフ
で、こんな感じで磨いちゃいます。

大きな面をこのドリルで磨き、細かいところは、ミニルータで磨くと
いうローテンションを組む事が出来ます。
これで、オフシーズンも楽しくなります。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

続々 フロントギア 刻印彫りと穴開け加工

前回の「続 フロントギア 刻印彫りと穴開け加工」、これも余り
良い出来ではありませんでした。

で改めて、再々度、刻印に挑戦です。

刻印彫りと穴開け加工
まずは、ポンチで刻印した真ん中に印を付けます。

刻印彫りと穴開け加工
で、登場したのが、ドリル。我が家の新兵器であります。
これに、クレ5-56を潤滑油代わりに使って、丸く削っていき
ます。

刻印彫りと穴開け加工
最初は細いドリル。

刻印彫りと穴開け加工
次が太いドリルで 8mm 出来ればミニルーターでこのドリルの歯
を使いたかったのですが、ミニルータでは嵌りません。なので、
ついに新しいドリルを買ってしまいました。

刻印彫りと穴開け加工
これで、丸く削っていきます。
あまり削りすぎると、穴が開いてしまうので、程々に・・・

刻印彫りと穴開け加工
で、最後に色を差して出来上がり。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

続 フロントギア 刻印彫りと穴開け加工

そして、まだまだ暖かくならない3月の事です。
以前、アボセットのクランクに付けるフロントギアを肉抜き仕様
として、「フロントギア 刻印彫りと穴開け加工」を行いました
が、どうも、彫りの出来映えが余り良くなかったので、なんとか
ならないかな~と思っておりました。
で、まだまだ暖かくならないこの時期、自転車で走るのも何だな
と思いながら、今のうちに出来る事はないだろうかと考えていて、
そうだ、折角「400円で出来る防塵工作室」を作ったのだから、
これを使って室内で出来る作業をしようという事で、お気に入り
のルーターで再度削ってみました。

刻印彫りと穴開け加工
これが、それまでの穴開けしたフロントギア。
彫ったのは、ハートとクローバーとスペードとダイヤと十字架。
みんな丸くなってしまって、あまり良い出来ではありません。

刻印彫りと穴開け加工
で、今度は、全て丸く彫って、色を付けていきます。
彫った箇所は全部で10ヶ所、なので、青・赤・黒・黄・緑と、
色差しをしていきます。これ、ラルカンシェルです。

刻印彫りと穴開け加工
う~ん、これも余り良い出来ではありません。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

フロントギア 刻印彫りと穴開け加工

約一年前のお話であります。

以前アボセットのクランクを、ビカビカに磨いたのは、ちょっと
した
魂胆があっての事です。

さて、その魂胆とは・・・
ヌーボレコードのクランクセットに着いていた、メーカーが不明
のフロントのアウターギアとTA製と思われるインナーギアを、
アボセットに組み合わせようと思います。
その為には、インナーギアの黒塗装を落として、色を合わせたい
ので、そのギアと、アボセットのクランクのアルマイト剥がしを
してみました。さらに綺麗に仕上げる為にミニルーターを使って
電動やすりと、バフ掛けをしました。
その様子は、
「アボセットのアルマイト剥がし」

嵌ってます 鏡面磨き
をご覧頂ければと思いますが、今回はその仕上げとしてアウター
ギアをインナーギアと同じように穴開け加工をしてみます。
でも、単に穴開け加工するのも面白くないので、ちょっと遊んで、
刻印を彫ってみようと思います。

刻印彫りと穴開け加工
まずは、刻印彫り。
後で穴開けの目印も打っていくので、穴開けの位置を決めた型紙
を下に敷きます。ちなみに型紙の大きさはA3サイズです。A4
サイズでは小さすぎてうまく目印が打てません。

刻印彫りと穴開け加工
刻印の下書きをマジックで書き、目印とします。
最初は一番上、模様は十字架のマークです。

刻印彫りと穴開け加工
右上はハートのマーク。

刻印彫りと穴開け加工
右下はスペードのマーク。

刻印彫りと穴開け加工
左下はダイヤのマーク。

刻印彫りと穴開け加工
そして、左上がクローバーのマーク。

そう、トランプのマークを刻印して遊んでみます。
十字架のマークはおまけです。

刻印彫りと穴開け加工
ここも目印を同じくマジックで書いていきます。

刻印彫りと穴開け加工
さて、刻印はミニルーターのダイヤモンドバイスで、行います。
これは本来は、ガラスに絵を描く道具なので、この、ランクギア
の素材のアルミだとバイスが痛んでしまいます。なので、きつく
は当てないで、優しく削っていきます。
初めての作業なのであまり上手には出来ません。幼稚園児の手習
い程度の出来映えでしょうか?いわゆる、初可愛いという奴??

刻印彫りと穴開け加工
次は、穴開けです。
最初は細いドリルでガイドの穴を開けます。

刻印彫りと穴開け加工
次は、中位のドリルで穴を拡げます。

刻印彫りと穴開け加工
そして、仕上げに3ミリのドリルで本格的に穴を開けていきます。

3回に分けたのは、いきなり太いドリルで穴を開けると、滑って
穴の位置がずれる可能性が高いのと、連続して長い時間穴開けを
続けるとミニルータが加熱して故障する可能性があるので、3回
に分ける事で、ミニルータを休ませる為です。
ちなみに、最後に本格的に開ける3ミリのドリルはチタン加工が、
施されたもの、通常のドリルの6倍長持ちするんだそうです。

刻印彫りと穴開け加工
さて、貫通作業です。
こちらはテーブルに上にフロントギアを置いて、上からルータを、
押し当てて穴開けすると、テーブルまで穴が開いてしまいます。
なので、小型の万力にフロントギアを挟み、横向きで穴を開けて
いきます。

刻印彫りと穴開け加工
貫通です。

刻印彫りと穴開け加工
仕上げにダイヤモンドのヤスリで縁を滑らかにします。

刻印彫りと穴開け加工
次は、刻印に色を着けていきます。補修用のアクリルペイントで、
十字架が深い色のグレーピンク、ハートとダイヤが赤、スペード
とクローバーが深緑というふうに色分けしていきます。

刻印彫りと穴開け加工
インナーと同じように、アウターのギアも穴開けしたおかげで、
以前のイメージとは、全く違ったものとなりました。

アボセットのアルマイト剥がし
以前はこんな感じ。

刻印彫りと穴開け加工

インナーのギアよりもアウターのギアの幅が狭いので、インナー
の穴よりも小さい3ミリの穴としました。またアームの部分の上
は、さらに幅が細くなっているので、強度を考えて、ここは穴を
開けませんでした。
ちょっと遊び心のある派手なクランクセットとなりました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

グリスメイト

以前ブログアップした「いまさらながらのメンテナンススタンド
とクリーニング」
で、ちょっと触れたスプレーグリスのお話です。

今使っているシマノのグリスが、残り少なくなくなってきました。
なので、そろそろ新しいグリスを買わないとなりません。
でも、このシマノのグリス、チューブに入っているので、ネジや
プーリーなどの小さなパーツに付けるのが面倒です。ともすると
グリスをネジなどに付けた後に、グリスの蓋を閉めようとネジを
床に置くと、折角綺麗にしたネジに付けたグリスに細かなゴミが
着いてしまいます。これでは、何の為にグリスを付けているか、
判らなくなってしまいます。

グリスメイト
で、ホームセンターで見つけたのが「グリスメイト」。
スプレー型の片手で使えるグリスです。

亀は、チェーンの洗浄や可動部の汚れ落としに、「クレ556」
をジャバジャバと使用していますが、それと同じメーカーのもの
です。
自転車のメンテナンスに「クレ556」を使うのは、あまり良く
無いと聞きますが、この「クレ556」は安価なので、チビチビ
使う事無く、思いっきり好きなだけジャバジャバと使って、洗浄
する事が出来ます。また、この「クレ556」だけでもチェーン
は、1ヶ月位はスムースに動いてくれます。

で、この「グリスメイト」、普通のグリスよりも粘度は低いもの
の、片手で使え、そのまま置けるので、グリスの蓋を閉めようと
ネジを床に置いて、折角綺麗にしたネジに付けたグリスに細かな
ゴミが着いてしまう心配はありません。

グリスメイト
尤も、粘度は低いので、ハブやペダルやボトムブラケットなどの
ベアリングが入ったコンポーネンツには、使用出来ません。
そのようなコンポーネンツは、今まで通り粘度の高いグリスで、
メンテナンスを行いますが、細かい部分に均等に、グリスを行き
渡らせたいネジ類や、ベアリングが入っていないプーリーなどの
パーツには、このスプレー型が便利です。

グリスメイト
でも、雨や冬の寒い日に、家の中でメンテナンスを行う際には、
この「グリスメイト」、スプレー型なので、臭いが気になります。
そんな時には、以前製作した「400円で出来る防塵工作室」
中で作業する事で、その臭いも気になりません。

横着ものには、もってこいのメンテナンスアイテムです。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

今更ながらのメンテナンススタンドとクリーニング

高校生の中程辺りから、中断した自転車乗りを再開したのが初老
に片足を突っ込んだ55歳の頃であります。
あれから、かれこれ4年程経過していつの間にか自転車が4台。
実はあと3台は欲しい自転車が有るのですが、保管する場所が、
もうこれ以上は無いので我慢をしてはいますが、諦めてはいない、
良い歳をしても、まだまだ煩悩と欲望が渦巻く亀であります。

で、自転車に乗り始めて4年間、月に二回程は駆動周りの掃除を
きちんと行ってはおりますが、自転車を立て掛けての掃除なので
難儀をしておりました。
ちゃんとしたメンテナンススタンドを購入して、きちんと掃除と
メンテナンスを行うのが、良識有る良い大人のする事なのですが、
良識も無く良い大人でも無い亀は、メンテナンススタンドを購入
する事無く、難儀しながら自転車の掃除をしていたのであります。

まあ、メンテナンススタンドを買うお金が無い訳では有りません
が、メンテナンススタンドの金額がそれこそ安いのと高いのでは
10倍以上も違いその差は何??と、どのメンテナンススタンド
選んで良いのか判りません。またさらに、メンテナンススタンド
を購入したとしても、それを保管する場所が無いので、ごくごく
当然に自転車を立て掛けての掃除を繰り返しておりました。

でも、そろそろ還暦を迎えるにあたり、良識有る良い大人に成ら
ないといかんかなぁ~と思うようになり、色々と調べたら小さく
折り畳めて保管する場所の心配の無い、安いスタンドを見つける
事が出来ました。
まあ、安いのであれば当然使い勝手は良くないのかもしれません
が、失敗したとしても、立ち呑み屋で一杯ひっかけた程度の出費
で済んでしまいます。

メンテスタンドとクリーニング
という事で、こんなメンテナンススタンドを購入いたしました。

このメンテナンススタンド、安かった割には凝った仕様となって
います。スタンドの足を固定するのにクイックレリーズが二つも
付いています。これカンパニョーロのレトロなクイックレリーズ
だとクイックレリーズ1セットで、このメンテナンススタンド3個は
買えてしまいます。恐るべきコスパなメンテナンススタンド、又は
何考えているんだカンパニョーロです。

さらに・・・
どうせ綺麗にするのであれば、今まで洗っていなかったチェーン
を洗える道具も一緒に買っちゃえとばかりに、チェーン洗い用の
ブラシがセットされたボックスと、パーツクリーナーも購入して
しまいました。

メンテスタンドとクリーニング
これが、お掃除道具。
左から、ブラシのボックス、パーツクリーナー、クレ5-56、
そして、クレのグリースメイト、手袋とウエス。
高価なチェーンオイルは使用しておりません。
超々経済的な亀のお掃除道具です。

メンテスタンドとクリーニング
さて、こんな感じでメンテナンススタンドを使用します。

メンテスタンドとクリーニング
前輪が振らつくので、バンドで固定します。

メンテスタンドとクリーニング
駆動周りのお掃除ではありますが、その前についでにメッキ磨き
でフレームのメッキ部分を磨いちゃいます。
これ、月に二度もやるとメッキが剥げちゃうので、適宜または、
その時に気分で行います。

メンテスタンドとクリーニング

メンテスタンドとクリーニング
最初は、パーツクリーナーでのお掃除。
泡が出てそれを拭き取るだけなので、水を流せないマンションで
の作業も楽々です。第一に亀の自転車は、今流行りのカーボンで
は無くて鉄製なので、あまり水は使いたくないのであります。

メンテスタンドとクリーニング

メンテスタンドとクリーニング

メンテスタンドとクリーニング
細かい所は、このブラシで擦ると綺麗に汚れが落ちてくれます。

メンテスタンドとクリーニング
さて、メンテナンススタンドと併せて今回の新兵器がこれです。
こんな感じでリアディレーラーのプーリーガイドに引っかけます。
で、パーツクリーナーを上に開いた穴から注入しますが、何故か
下のブラシのところまで泡は落ちてくれません。

メンテスタンドとクリーニング

メンテスタンドとクリーニング
その状態でチェーンを洗ったのがこれ。
汚れが落ちていません。

メンテスタンドとクリーニング
仕方が無いので、チェーンに直接泡を掛けてからこのブラシの箱
に入っていくようにすると、ブラシで汚れが落ちてくれます。

この後は、クレ5-56で洗い流したオイルを再度付着させてから、
クレのグリースメイトで回転部に薄くグリースを吹きかけお掃除
終了となります。

これで、お掃除が少し楽になりました。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

ボトルゲージの縄巻き

なんちゃってゼウスのボトルゲージは、ハンドルに付ける昔仕様
のボトルゲージです。このなんちゃってゼウスは、1960年代
に製造されたバイクのようで、その頃は、ボトルゲージの直付け
ではなくて、バンドか又はハンドルに付ける仕様だったようです。
丁度、エリートからエロイカを記念したハンドルに付けるボトル
ゲージが発売されたので、それをなんちゃってゼウスに付けて、
走っているのですが、振動でボトルがゲージに当たる音が、結構
なうるささです。
なので、何とかしようと思い立って縄を巻いてみました。

ボトルゲージの縄巻き
今までのように革巻きでも良かったのですが、ちょっと野趣味を
出して、麻縄で巻いてみました。
用意するのは、100円ショップで買った麻縄です。

ボトルゲージの縄巻き
麻縄を巻いていきますが、先の麻縄を下に入れその上から巻いて
いきます。

ボトルゲージの縄巻き
巻き終わりは、麻縄の端をこれまた下に入れ込んで巻きます。

ボトルゲージの縄巻き
で、麻縄に端を切って、巻き終わりはこんな感じ。

ボトルゲージの縄巻き
最後に解け無いように、瞬間接着剤を端に付けます。
これも100円ショップで買ったもの。

ボトルゲージの縄巻き
で、こんな感じで完成です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

400円で出来る防塵工作室

さて、今日より仕事始め、今年もがんばろう~。
といいつつも、仕事始めから、仕事では無い話題。

寒い冬は、あまり自転車で走り回れません。
なので、どうしても家の中に籠もりきりです。
そんな時に何をするかというと、日頃、こつこつと収集した昔の
自転車コンポーネンツのお手入れを行います。これも自転車乗り
にとって楽しい時間であります。

大切な大切なビンテージの自転車コンポーネンツを、ピカールで
バフ掛けするのは、心和む一刻ではありますが、締め切った室内
で、これをやると、ピカールの石油臭が部屋中に拡がります。
また、バフ掛けするのに便利なミニルータを使うと、ピカールの
半練りの液が飛散してしまいます。

これを見かねた家人・・・もとい、我が愛する妻(ブログに書く
時は、こう書けと強要されているので、こう書きますが・・・)
からある日ある時、「室内でのピカール禁止」令が、発動されて
しまいました。

結婚して以来、今まで数え切れない程の禁止令が発動されて来ま
した。まるで「生類憐れみの令」のようにどんどん後から後から
禁止・禁止の令が出て、何がなんだかさっぱり判らなくなるよう
な事態に、我が家はなっています。
時として、今、勝手に作ったんだろうと思われる禁止令も、我が
愛する妻は、いいや、以前から禁止だったと宣い、沢山の禁止令
を全て憶えてはいない亀は、ううん~、おかしいぞと思いつつも、
何がどのようにおかしいのか説明が出来ずにおります。

結婚した当時はこんな人では無かったのになぁ~と思うのですが、
多分、向こうもこんな人では無かったと思っている事でしょう。

と、いう訳で、本来楽しいはずのバフ掛けは、必然的に野外での
辛い作業となります。
暑さが厳しい真夏の炎天下、汗をかきかき、熱中症に怯えながら
のバフ掛け。雪の降る真冬の凍える手を息で温めながら、マッチ
売りの少女は、きっとこんな思いをしていたんだろうと、悲しい
気持ちになりながらのベランダでのバフ掛け。近所の人からは、
「あそこのダンナは、何か悪い事でもしてお仕置きでベランダに
出されているに違いない。」と思われている事でしょう。

何もそんな日にやらなくとも、気候の良い時期に野外でバフ掛け
すればいいのに?
と思われるかもしれませんが、そんな時は自転車で走っています。

と、いう訳で前置きが長くなってしまいましたが、室内でのバフ
掛けが出来るようにする為に、小さな亀の脳みそで考える事1年
ようやく思いついたのが、これ「400円で出来る防塵工作室」
であります。

防塵工作室
用意するのは、100円ショップで買った折り畳み収納棚2個と
インシュロック、テレビ報道では、「結束バンド」と呼ばれている
奴です。

防塵工作室

防塵工作室

防塵工作室

防塵工作室
で、こんな風に折り畳み収納棚2個をインシュロックで繋ぎます。

防塵工作室
で、45Lのゴミ袋を被せると、密封する事が出来ます。
ピカールの臭いも飛散も防げます。
が、しかしこのゴミ袋、半透明なので中が良く見えません。

ダメじゃ~ん。

防塵工作室
で、クリーニングで帰ってきた洋服を包んでいる透明の袋。
これなら、使えます。が、これ、すぐに破けてしまいます。

ダメじゃ~ん。

防塵工作室
で、最後たどり着いたのが、布団圧縮袋。これなら大丈夫です。
都合、「400円で出来る防塵工作室」の完成でした。

防塵工作室
この中で、ミニルータを使ってバフ掛けするとピカールの研磨剤
は飛んでも大丈夫です。ピカールの臭いが袋の口から若干漏れる
のが玉に瑕。でも、若干なので、今までとは比べ物になりません。
また、先日作ったミニルータ用の革の縁を磨くトコ出しも、ここ
の中で行えば、トコヌールの液が飛散する事もありません。

防塵工作室
なので、これ自転車のコンポーネンツのメンテだけでは無くて、
革細工の時も便利に使えます。

これで、暑さが厳しい真夏の炎天下、汗をかきかき熱中症に怯え
ながらのバフ掛け。雪の降る真冬の凍える手を息で温めながら、
マッチ売りの少女は、きっとこんな思いをしていたんだろうと、
悲しい気持ちになりながらのベランダでのバフ掛け。近所の人に
「あそこのダンナは、何か悪い事でもしてお仕置きでベランダに
出されているに違いない。」と思われる事ももう無くなりました。

ところで、一駅先にある100円ショップに二回も行った為に、
電車賃の方が、購入金額よりも高くついてしまいました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村





テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウス、バンドルバーの革巻き 続き

さてさてワインマンブレーキレバーを固定するねじですが、上手   
くいきません。こんな時は困った時の綱島の自転車屋さん、早速
に相談してみます。

ゼウス ハンドル革巻き

すると、かつてワインマンと提携していて、同じ型のブレーキを
製造していたダイヤコンペの古いブレーキレバーがあるとの事、
こちらは日本製なので日本の M6 のねじピッチに合うでしょうと
の事です。なので、綱島の自転車屋さんに伺って、格安でダイヤ
コンペのブレーキレバーを譲って頂きます。

で、合わせてみると何とワインマンと同じねじ寸法で同じピッチ。
ダメじゃ~ん。

さて、結局ワインマンと、ダイヤコンペのブレーキレバーが同じ
だと判ったのはひとつの成果ですが、なんちゃってゼウスのハン
ドルバー、このままでは使えません。
で、奥の手、タップを立て直します。

ゼウス ハンドル革巻き
これまた便利な、我が家の近くのホームセンターに行くとタップ
立てのセットがお手軽な値段で売っています。これで M6 0.8mm
ピッチで変形ナットのタップを立て直します。

ゼウス ハンドル革巻き

ゼウス ハンドル革巻き
しっかりと万力で固定してゆっくりとタップ立てを行います。

ゼウス ハンドル革巻き
タップを切った変形ナットに試しに嵌めてみます。
なかなか良い感じです。

さて、これでブレーキレバーを付けてみます。
今度はちゃんと嵌りますがゆるゆるです。どうもねじの長さが
長いようです。

ゼウス ハンドル革巻き
なので、3mm 程縮めてみると丁度良い長さとなりました。 



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

サドルバック テールライトフォルダーの直付

この前、デローザで増富ラジウム温泉の山道を下った際にテイル
ライトとそのフォルダーを振動で落としてしまい、壊れてしまい
ました。その前にもコルナゴで鶴見川を走っていて、同じように
落とした事があったので、これは何とかしなければと思い、手を
加えます。

落ちた原因は、振動でフォルダーが外れた事に因ります。
テールライトは、しっかりフォルダーに留まっているので、その
フォルダーさえ落ちなければ心配はありません。
なので、フォルダーを直接サドルバックに付けてしまいます。

テイルライトフォルダー
まず、ミニルータでフォルダーに4ヶ所、穴を開けます。

テイルライトフォルダー
そして、こんな感じで縫っていきます。
これならテールライト、落とす事もないでしょう。きっと・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

デローザのサドルポスト 切っちゃいました

デローザで輪行する際、サドルポストが長くて抜くのに時間が、
係ってしまいます。なので、短く切ってしまいます。
これ切ったら強度はどうなるか?心配ではありますが、コルナゴ
に着けたエアロのサドルポストも、以前のオーナーの方が、短く
カットされていて、それを装着しても別段問題が無かったので、
このデローザのサドルポストも切っちゃいます。

サドルポストのカット
切るは、鋸。
結構な時間が掛かります。

サドルポストのカット
苦闘2時間、ようやく切り終えました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

落としてしまったリフレクターの反射板

先日の「RinzTOKYOクラブラン 駒沢公園」の帰り道で、
またまた新たな落とし物をしてしまいました。

リフレクターの修理
それは、リフレクターの反射板。何でこんな物を落としてしまう
んでしょうね。
まあ、このリフレクター、無くてもテールライトが有るので問題    
は無いのですが、このままだと恰好が悪いので何とかしなくては
なりません。さて、どうしましょう?

つい先々週、工具が入ったツールケースを落としたばかりなので、
剰りお金を掛けて直したくはありません。なので、何か使える物
はないかと100円ショップで、うろうろと物色します。

リフレクターの修理
で、見つけたのがこれ。
受験生が覚えなくてはならない言葉を学習する時、これを使う事
で文字が見えなくなるので、隠したり見えるようにしたりと何回
も反復する事で、覚える為の赤い下敷きです。
何という名前の商品かは判りません。自慢じゃ~ありませんが、
亀はこんな下敷き、一度も使った事がありません。それはこれを
使わなくとも憶える事が出来たのでは無く、はなから、覚えよう
なんて事はち~とも思わなかったからであります。

で、これいいなぁ~と思ったのは、この歳になって学習意欲が、
目覚めたのでは無くて、単に赤い色なので、ひょっとしたら赤い    
リフレクターの反射板になるかなぁ~という思いからです。
100円ショップの広い店内の中、赤い板状のものは、これしか
無かったからでもあります。

リフレクターの修理
で、リフレクイターの大きさに合わせてカットします。
この100円ショップで買った赤い下敷き、これから100回位、
リフレクターの反射板を落としても、これ1枚で賄える程です。
最強のコストパフォーマンス、またリフレクターの反射板落とし    
てもドンと来い!!です。

リフレクターの修理
裏に調理用のアルミホイルを貼り付けます。
自動車のタイヤを着けるアルミホイールでは無いよ。

リフレクターの修理
で、こんな感じ。

リフレクターの修理
さて、取り付けようとするとひと回り小さかったので、もう一枚
切り出して二枚重ねにします。この方が厚みがあって良さそう。
なかなか一回で上手くいく事が無い亀ではあります。
結果的には厚みが増してよかった、よかった。
まあ~、単なる負け惜しみではありますが・・・

リフレクターの修理
で、瞬間接着剤で貼り付けて完成です。

まだ、赤い下敷き、後50回位リフレクターの反射板が作れそう。   
制作費2円(アルミホイル代除く1/50回)またまたリフレクターの
反射板、落としてしまっても大丈夫です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

新ツールケースの中身

さてさて、新しいツールケースの中身はどんな具合になりました
でしょうか?

ツール
まず、お気に入りのブルックスの携帯空気入れ、ゲージ付きです。
これ色違いの二種類が有りまして、シルバーと黒の二色のコンビ
ネーションの物とこのブラス色と茶色の物、シルバーと黒のコン
ビネーションの物は、シンプルでソリッドな感じなのに対して、
このブラス色のタイプの物はどちらかというと、アンティークな
風合いです。
この感じがランドナーや、ヴィンテージのロードバイクに似合い
そうなのでこちらにしました。無くした以前のもこの色の物です。
因みにネットショップにオーダーしたら、向こうが間違え色違い
のを送って来て、すったもんだしましたが、結局、返品交換して
若干時間が掛かりましたが、無事指定した商品が届きました。

その下がツールキット、ニップル廻し兼チェーンカッターや6角
レンチ、ドライバー、そして多分使う事は無いであろうトルクス
レンチまで付いています。少し大きいツールキットですが、この
ツールキットを選んだ理由は、8mmの六角レンチが付いていたの
が最大の理由です。8mmはステムの調整に必要となるものです。
これより小さいサイズのツールキットでは、最大6mmの六角レンチ
しか付いていないので、悩んだ結果これになりました。

その脇がモンキーレンチ、以前と比べ小振りで穴開け処理されて
いるので軽くて便利です。

その下が、ペンシル型の精密ドライバーキット、ディレーラーの
アジェストねじの調整に使います。以前のは、プラスドライバー
しか無くて、一部のディレーラーのアジェストねじがマイナスの
為、苦労しましたが、今度は大丈夫です。まあ、付け替え仕様の
為にドライバービットを無くさないようにしなくてはなりません
けど・・・

そしてボックスレンチ、狭いところでも作業出来る大きさです。
よく使う10mmと8mmのもの、こちらも以前よりも短めです。さら
にラチェット機能が付いているので、回す時にいちいちレンチを
外して又入れてをしなくとも作業が出来るので便利です。

その左隣とその下がパンク修理キット。
イージーパッチは殆ど使いませんが、もし一回のサイクリングで
二回パンクした時に使用するものです。予備のチューブは、1本
しか持たないので、最初のパンクは、チューブ交換で済ませると
しても二回目は、パンクしてチューブにパッチを貼る必要が有り
ます。なので、その時用です。
そして、その下がプラスチックス製のタイヤレバー3本。こちら
はパンクの際の必需品です。以前と同じものです。一番最初は、
金属製のタイヤレバーを使っていたのですが、初めてのタイヤの
組み込みをした際に、金属のタイヤレバーでチューブを傷つけて
しまい、一度も使わずにその場でパンクしてしまったので、以来
このプラスチックスのタイヤレバーを使用しています。

さてさて、以上で必要なツールは揃いました。
では新しく作ったツールケースを着けて試しに走ってみます。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

削る 削る 削る

さて、「カンバニョーロデルタブレーキのワッシャ 削ります」
の続きです。

ブレーキワッシャを削る

ブレーキワッシャを削る
deiscobrakes製のブレーキシューに付いていたのが
このワッシャ、これをカンパニョーロデルタブレーキのシューの
アールに合わせて削っていきます。

ところで、何故、新しい削る予定のワッシャがふたつあるのか?
実は、削る見本として予め用意した大事な大事なデルタブレーキ
のオリジナルのワッシャが、ひとつ何処かに行ってしまいました。
なので、ふたつ削らなくてはなりません。
どうしようと小1時間程探しましたが、見つかりません。

まあ、でもひとつ削るのも、ふたつ削るのも同じ事です。
くよくよせずにまあ、削りましょう。

ブレーキワッシャを削る
万力で固定して削っていくと、結構簡単に削れます。
これ、ステンレスやチタンだったら大変な事になったでしょう。

ブレーキワッシャを削る
仕上げは、この小さなダイヤモンドヤスリで磨いていきます。

ブレーキワッシャを削る
で、こんな感じで仕上がりました。

ブレーキワッシャを削る
装着してみるとこんな感じ。
若干アールは違いますが、調子悪ければ、また削れば良いしね。

これで、コルナゴにデルタブレーキを着ける準備は整いました。
でもこのデルタブレーキ、前蓋が簡単に脱着出来てしまいます。
もし、走っていて振動で前蓋が外れて落としてしまったら・・・
どうしましょう?
かつて、大きな砲弾型のフロントライトを落としても、全く気が
付かなかったこの亀です。デルタブレーキの前蓋だけのパーツが
ネットオークションで売りに出ていたのを、見た事がありません。
やっぱり、コルナゴに着けるのは止めて、眺めて楽しむだだけに
しましょうか?うう~ん、悩みます。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

カンバニョーロデルタブレーキのワッシャ 削ります

さぁ~て、手に入れたカンバニョーロのデルタブレーキ、ひとつ
足りないワッシャをどうにかしなくてはなりません。
ネジ専門店に行って相談してみましたが、そんな形状のワッシャ
はありません。どうやら厚手のワッシャを削るしか無いようです。
削り加工をして頂けるか相談したところ、100個以上の発注で
無いと駄目だそうです。

残る方法は、自分でコツコツ削るしか無いようです。

そこで、ここのネジ屋さんにある厚手のワッシャを買おうと伺う
と真鍮にメッキしたものか、ステンレスしか無いとの事。
因みに、カンバニョーロデルタブレーキのワッシャはアルミ製。
硬いステンレスをコツコツ削る忍耐力は亀にはありません。

ブレーキワッシャを削る
さて、どうしたものかと考えていると、以前、手に入れたカンバ
互換のdeiscobrakes製のブレーキシューが有るのを
思い出しました。
このブレーキシューに厚手のアルミ製ワッシャが付いています。
このブレーキシュー、安かったので予備用として多めに買っていて
何個か余っています。

ブレーキシュー

ブレーキシュー
これを削れば、上手くいきそうです。
でも、これを手でコツコツ削ると、年が越してしまいそうなので、
楽をする為にルータで削る事にします。

ブレーキワッシャを削る
これがアルミも削る事が出来るルータのビット。
果して上手く削る事が出来るんでしょうか?



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ゼウスロードバイクのタイヤ交換

なんちゃってゼウス、完成準備の真っ最中です。
さて、次はタイヤも新しくしましょう。

タイヤ交換
履くのはビットリアコルサの一番安いチューブラータイヤ。

タイヤ交換
ホイールに着いていた古いチューブラーを剥がして綺麗にします。

タイヤ交換
ホイールにテープを貼り、新しいタイヤを伸ばして装着します。
左右のトレッドの幅を均一にして、タイヤが真ん中に収まるよう    
にしてからテープのシールを剥がします。

これで完成。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

緩んだブレーキレバーのバンド調整

コルナゴで走っていて、少し気になるところがありました。
ステム側の革巻きのハンドルカバーを止ている両面テープがはみ
出してきてしまうのです。何でだろう?止まっているはずの両面
テープがずれてしまう事がある訳無いのに・・・
不思議です。

で、すぐに気が着きました。

それは、革巻まきのハンドルカバーが、段々とエンド側に寄って
いってしまうのです。(当たり前)

でも、何で革巻まきのハンドルカバーが、段々とエンド側に寄って
いってしまうんだろう?革が縮んだせいかしら?
まあ、いいや~。
で、その後も少し気にはなるものの、そのまま走っておりました。

で、この間の独りセンチュリーライドの際、その異変は起きました。
走っていると、左右のブレーキレバーの様子が少し変です。
どうも、右のブレーキレバーが少し前にずれてしまっているようで、
真っ直ぐに走れません。なので、ハンドルを持つ手が手前か、又は
下ハンドルのいずれかを持つ事となり、ブレーキを掛ける際には、
いちいち持ち手を変えなくてはなりません。煩わしい事この上無し
です。

一応、走り終えて我が家に到着して、ブレーキレバーを押したり、
引いたりしていると、グラグラします。どうやら、ブレーキレバー
を止めているバンドが緩くなってしまったようです。
なので、ブレーキレバーを調整。

ブレーキレバー調整
まずはブレーキに固定されているワイヤーを緩めます。

ブレーキレバー調整
で、ブレーキレバーを最適な場所にずらし、ブレーキレバーの口が
開いた部分に見えるボルトをボックスレンチで締め上げます。
適正トルクは6~8Nとの事ですが、トルクレンチでは、奥にある
ボルトまで届きません。なので、適正トルクはここ数年培った経験
に基付き行います。要は感、適当とも言います。

で、これでしっかりと固定。
後は、ブレーキワイヤーを張り直し、革を元に戻せば作業完了です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ チェーン駒落ちの謎

以前、コルナゴのチェーンを着けた時、朝ランでの普段使いで、
9速の、カムシンのホイールを着ける事をすっかり忘れ、8速の
チェーンを着けて、噛み合わなくて9速のチェーンに着け直した
事は、この前ブログアップしました。その時の様子はこちら

が、その際に、カムシンのスプロケットの歯数が23Tという事
をすっかり忘れて、街走りを楽しむチューブラータイヤのカンパ
ニョーロレコードのホイールと同じく21Tと同じだと、勝手に
思い込んでしまったのでした。
そして、その街走りで楽しむカンパニョーロレコードのホイール
に合わせ、21Tに合わせてギリギリの短さでチェーンを着けて
しまいました。

そうしたら、ある日、カムシンで朝ランしてフロントをアウター
にしリアを23Tに入れたら、リアディレーラーのテンションが
ぎりぎり限界に達してしまい、チェーンが全く、動かなくなって
しまいました。

まあ、通常そんな設定で走る事は無いのですが、万が一、シフト
を間違えてこの組み合わせとなったら、いちいち自転車を停めて
堅く噛み込んだチェーンを外す事となります。
それも困ったものなので、チェーンを継ぎ足ししました。

さあ、前置きは長くなりましたが、ここからが本題でございます。

チェーンを継ぎ足したのですが、いざ、走り始めると時々駒落ち
をします。それもある一定の間隔で駒落ちします。

チェーンの駒飛び
あれ~、何だろうと継ぎ足したチェーンを良く見ると継いだ場所
の駒を留めるピンが内側に少し出ています。
何でだろうと考える事、数秒。何となく判ってきました。

どうやら9速用のピンでは無く、8速用のピンを使ってしまった
ようです。と、いうよりもそもそも9速用のピンと8速用のピン
の長さが違うなんて、思いも寄りませんでした。
なので、判るまで数秒掛かってしまいました。

でも、よくよく考えてみたら、8速用のチェーンでは全くギアに
噛み合わなかったので、チェーンの幅が違うんだろうなぁとか、
ならばピンの長さも違うんだろうなぁとか、普通の人は思い付く
所ですが、ここが所詮、亀は亀という所であります。

チェーンの駒飛び
外したピンと9速用の使用前ピンを並べると長さが若干違います。

コルナゴのチェーンを交換する際、間違えて着けてしまった8速
のチェーンを、ついでなので、そのうち交換しようと思っていた
ランドナーに着けて、9速のチェーンの余り材と8速のチェーン
の余り材を一緒に仕舞っておいたのが、その原因のようです。
でも、間違えてコルナゴに8速のチェーンの駒を追加していたら
蟻地獄のように、もっと訳分からん状態となっていた危険も孕ん
では、いたのでありました。
あぶない、あぶない・・・

と、いう訳でチェーンの駒を着け直します。
この駒が外れる時のプチッという感覚、堪りません。

で、着け直して試しに走ると、快適、快適。
はい、これで無事終了。めでたしめでたし。お終い。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR