FC2ブログ

ランドナーで行く ちょこっと多摩川

昨年の師走よりこの方、日の出が遅くて寒い日が続くので、すっかりと
朝ランとはご無沙汰となっております。おかげ様ですっかりと運動不足
となり、おまけにこの正月は、例年の如く「箱根駅伝」を観ながら飲ん
だくれていたので、体重計に乗るのが怖くなり、今日に至っております。

このままではいかんと思う気持ちと、すっかり自転車に乗る機会が減り、
自転車乗りたくてうずうずとする気持ちとが相まって、そろそろ朝ラン
を再開したいと思うのですはありますが、日の出を待って走り始めると、
会社に遅刻してしまいます。
なので、休日は極力、自転車に乗るようにしている今日この頃の亀
であります。

と、いう事で本日土曜日、自転車に乗ります。
とはいえ、土日でもそれなりに用事があるので、まる1日中自転車三昧
とはいきません。で、身近な処でちょこっと多摩川、大師橋から丸子橋
の間を走ります。

ちょっこと多摩川
まずは、此方側の川辺。川崎側を走ります。

ちょっこと多摩川
都会では珍しいダート道。

ちょっこと多摩川
この辺り、大きなショッピングセンターやスーパーマーケット、家電の
量販店などがまとまって在ります。
まとまってあるといえば、亀の自宅の廻りにも、まとまって色々な施設
が在ります。

まず隣の隣のマンションの1階にはコンビニが在ります。
これは大変便利です。

他にも便利な施設が、我が家の近くには在ります。

例えば病院、歩いて5分と15分の所に各々大きな総合病院が在ります。
歩いて15分の病院は、具合が悪くなって辛い時に歩いていくには少し
しんどいものが在りますが、歩いて5分の病院が便利なものです。
普通、病院に行くと、診察を受けた後で入院をしない限り、殆ど必ずと
云っていい位に薬の処方箋が出ます。そして、その薬を貰うのに薬局に
行くのですが、大抵かなりの時間待たされます。
が、近くに病院と薬局が有ると、処方箋を薬局に持っていき、引替え券
を頂いたら家に帰って、好きな時に改めて薬局に行けば、すぐ薬を貰う
事が出来るので、薬局で待たされる心配が有りません。
何処かの回転寿司チェーンのように、整理券を持っていても自分の順番
が来てから30分を経過すると、また、改めて整理券を貰って順番待ち
をしなくてならないような事は有りません。

また、ホームセンターも二店舗、我が家を中心にして各々歩いて15分
の所に在ります。15分という距離はこれまた微妙ですが、どうせなら
我が家を中心では無くてどちらかが25分歩いていく距離で、もう片方
が5分で行ける距離に在ればいいのに、何でお互い同じ距離にあるのか
常日頃から残念に思っています。
とはいえ、二店舗ホームセンターが在れば、欲しい品物が片方で売って
いなくても、もう片方の店舗で売っている可能性が有ります。
もしも近い方のホームセンターの欲しい物が無くて遠い方に行かなくて
はならないのであれば、お互い同じ同じ15分の距離であれば、遠い方
のホームセンターにしか無いので、余計に歩かなくてはならないかと、
ガックリとする事は有りません。
案外とホームセンターって系列によって、品物のラインナップが違う事
が良く有るものです。

そして、これまたスーパーマーケットも我が家を中心に、歩いて15分
の距離に在ります。ホームセンターは二店舗でしたが、こちらは三店舗。
どうせなら、一店舗位、我が家の隣に来て欲しいものです。
と、思っていたら、その思いが天に通じたのか、この秋に歩いて3分の
所に新しくスーパーマーケットが出来る事と成りました。
流石に隣というのは、虫が良すぎると天も考えたのでしょう。

更には、日帰り温泉は、これまた歩いて15分の所に、スーパー銭湯を
真ん中にして二軒並んでいます。
これも15分という距離は微妙で、真冬の寒い風の強い夜、折角お風呂
で暖まっても、家路に就く間に冷めてしまいます。また、真夏の暑い日
にお風呂で汗を流しても、これまた15分程歩いて帰る間に汗をかいて
しまいます。

もしも、隣に24時間営業のレンタカー屋さんと、美味しいパン屋さん
があれば、言う事がありません。これは、ずっと以前から思っている事
ですが、なかなかその思い迄は天には通じません。

かつて、隣に焼肉屋と道路を挟んで目の前には、刺身の美味しい割烹の
お店があったのですが、残念ながら閉店をしてしまいました。
酔っぱらっていい気分で、歩いて1分で我が家のベットでバタンキュー
なんて酒呑みにとっては、天国の様な環境でした。
まあでも閉店をしてしまったお蔭で、体重増加のスピードが遅くなり、
ほっとはしています。

ちなみに、美味しいと評判のラーメン屋さんは、歩いて3分の所に在り
ますが、亀には到底美味しいとは思えない、とてつもなく凄い味と香り
のスープのラーメン屋さんです。とは言うものの、これまた微妙な15
分の所には、ラーメンと餃子とオムライスがとても美味しい、中華料理
屋さんのような名前の、中華料理と洋食が頂けるお店が在ります。
さらには、またまた微妙な歩いて15分の所にも、これまた美味しい、
お蕎麦屋さんが在るので、程々に恵まれた立地となっています。

なんて事を思い出しながら走っていたら、大師橋に到着します。

ちょっこと多摩川
大師橋より上流を臨みます。

さて、大師橋を渡って彼方側、つまりは東京側を走ります。

ちょっこと多摩川
で、走ってすぐにに佃煮屋さんを発見。
今まで何回もこの道走っていますが、初めて気が付きました。
ここで製造販売しているよう、創業120年を過ぎている老舗です。
早々にお店に入り、浅炊き浅蜊の佃煮と、亀の大好物のちりめん山椒
を買い求めます。
どうもランドナーで走ると、買い物ポタとなって仕舞います。

ちょっこと多摩川

ちょっこと多摩川

ちょっこと多摩川
上流の丸子橋目指して走ります。
枯れた草は土手になびき、辺りは広々としています。

ちょっこと多摩川
折り返しの丸子橋、新幹線が見えます。

今度は、此方側の川崎側を走ります。

ちょっこと多摩川

ちょっこと多摩川
年度末のせいか、またまた工事が行われています。

ちょっこと多摩川
早くも梅が咲いています。

ちょっこと多摩川
多摩川大橋の袂の多摩川交流センターで一休み。
ここは折角のバイクラックが有るのに、使っている人はいません。
その後ろの駐輪スペースには自転車がいっぱい停まっています。
でもまあ、ロードバイクの姿は有りませんけど・・・

ちょっこと多摩川
ここでコーヒーを頂きます。

運動不足気味のここ数ヵ月、気になり始めたお腹を撫でつつ、久し
振りの多摩川をちょこっと走ってみました。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

デローザで多摩川下ってコーヒーを飲んだ話

尾根幹-深大寺-野川
さて、
「デローザでラーメンを食べに八王子まで行った話」の続きです。

今回は川辺を走るので、「川辺の道」であります。

八王子往復
八王子からの復路、同じ道を走るのは芸が無いのと、また坂道走る
のは、ちとしんどいので、多摩川沿いを走る事にします。
JR八王子駅から少し走り、京王線沿いを走って多摩川を渡って、
多摩川のサイクリングロードを進みます。

八王子往復
是政橋を渡ります。

八王子往復
見事な桜並木です。

八王子往復
で、矢野口の「クロスコーヒー」で休憩します。
今日もクロモリ好きの店長さんが、お舗のドアを開けて、出迎えて
頂けます。
店長曰く、今日は珍しいフランスのランドナーに乗った方がいらっ
しゃいますよとの事。

八王子往復

八王子往復

八王子往復
で、バイクラックを見ると、何んとアレックスサンジェ!!
2台も並んでいます。
乗って来られた方にご挨拶をし、写真を撮らせて頂きました。
昨日が、アレックスサンジェの創設者、エルネスト・スューカ氏の
命日だったそうで、ご一緒にサイクリングされているそうです。

八王子往復
「クロスコーヒー」でゆったりと休憩をして、また多摩川のサイク
リングロードを走ります。

さて、暫し走ってみて組み換えたコンポーネンツの様子。
ディレーラーは、フロント、リアとも気持ち良い位、スパっとギア
チェンジします。この気持ち良さは、今、コルナゴに付けている、
その後に出た、トリアンフのディレーラーよりも上かも知れません。
但し、リアディレーラーのシフトレバーの設定位置がロー寄りなの
で、そのうちシフトワイヤーの調整をする必要があります。
また、ブレーキの袋ナットが落ちてしまったので、バックアップ用
のステンレスの袋ナットに交換しました。
カンパニョーロ純正の袋ナットを無くしてしまったのが、ショック
です。

その他は、大体問題は無さそうです。

八王子往復

八王子往復

八王子往復





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く ゆるポタ 呑川下り

呑川

我が街の隣の隣の街、大田区には呑川という川が流れています。
国道1号線を走っていると、池上辺りで呑川に出会います。小さな
川ですが、春には桜が咲き誇り風情があります。この川、いったい
何処から流れているんだろう?と、以前より気にはなっていました。
とは言うものの、今迄、この川沿いを走る機会は有りませんでした。

師走を向かえ、例年に比べて寒い今年の冬、自転車で余り遠くには
出掛けたくは有りません。とは言っても、家でごろごろする気には
全くなれません。どうしよう?と思った矢先に頭に浮かんだのが、
呑川の事でした。

早々にグーグルマップを見てみます。

この呑川、地図に現れるのが、国道246と環状8号線の交差点を
少し行った所、近くには「長谷川町子美術館」も有ります。此方も
何時かは行ってみたいと思っていた所、そして、比較的我が家から
近いお手頃な場所です。

これは、行かない手は無い。

と、いう事で、師走の週末、ランドナーで向かいます。
何故ランドナーかというと手短で走る距離も短めのコース、更には
川沿いなので坂道も無く、のほほんのんびりまったりと辺りの景色
をじっくり見つつ、ゆる~く走るにはランドナーであろうとの思い
であります。更には、また別の魂胆があっての事ですが、それは、
後のお楽しみであります。

で、走るは府中街道。
途中で、大山街道に出て、二子玉川の橋を渡ります。
この橋辺りから環状8号線にかけての道は、道幅も路肩も狭くて、
自転車で走るにはとても走り辛い所です。でも、その割にはロード
バイクで走っている方を沢山見掛けます。皆さん走り馴れているの
でしょうか?事故が無いと良いのですが・・・

で「シズラー」というステーキレストランの脇を入り、国道246
号線と平行に走る道を行くと、「長谷川町子美術館」があります。

呑川
辺りはアニメ「さざえさん」に出てくる町並みとは少し違い、もう
少し高級そうな塀構えのお宅が、軒を連ねます。
アニメに出てくる町並みは、どちらというと、亀が昔過ごした東京
の北部の下町の町並みに近いものがありますが、それも少し違うと
いえば違います。やはりあの町並みは、アニメの中の町並みなので
しょうか。

呑川
「長谷川町子美術館」の隣にある公園の銅像。

さて、これからゆるりと呑川沿いを走ります。

この呑川、多摩川や他の河川の支流や他から分岐した用水でも無く、
源流から河口までは他の河川に交わる事が無い単独の川です。また
その距離も短く、都内でこんな川は珍しいのではないのでしょうか?

呑川
春は桜が綺麗でしょう。

呑川
この辺りは親水公園となっています。

呑川
ここは日本体育大学。
この川、川沿いに矢鱈と学校が多く建っています。

呑川
途中から緑道となります。

呑川
畑もあります。

呑川
公園もあります。

呑川
碑文谷辺りから、川の水が現れます。神田川みたいです。

川沿いの道を下りますが両脇は上り坂の道、やはり人が掘ったので
は無く、自然の川のようです。

呑川
鴨が沢山います。

呑川
鳩もいます。

呑川
いつも走る池上辺り。照栄院門前。

呑川

呑川
蒲田で東海道線と京浜東北線と交差します。

呑川
京急蒲田駅辺りで川沿いの道は無くなります。

呑川
ここら辺りを描いた浮世絵です。

呑川
八幡神社があります。

呑川

呑川
更に呑川を下りますが、ここからは河川工事が行われていて川沿い
の道を走る事が出来ません。なので、その周辺をうろうろ走って、
河口のある公園に到着しました。

呑川
現在地はここ。

呑川
呑川の河口です。
彼方に羽田空港の管制塔が望めます。

呑川
と、ここで見たのが、ブログ冒頭の写真。
これ、船が通れるように開閉する橋です。

呑川
モノレールの車輌基地があって、ここを通ってモノレールが行くの
かと思いきや、この看板は首都高速道路の表示板です。と、いう事
は、首都高速道路に出る何かの秘密基地なのでしょうか?
気になります。

ともあれ、これで、のほほんのんびりまったりゆるぽた呑川下りは
終了です。

さあ後は家路へと向かうだけなのですが、寒いこの時期、折角ここ
迄来たので温かいラーメンが食べたくなってきます。
なので、この辺りでお薦めのラーメン屋さんに向かいます。

呑川
で、うろうろ走っていると、いつの間にか穴守稲荷に引き寄せられ
てしまいました。ラーメンの前に、先ずはここにお詣り致します。

そのラーメン屋さん、名前は内緒、そのうちブログアップします。
お待たせのラーメンとここに来たら外せないのが半カレーライス。
今回写真はありません。そのうちにね。

呑川
そして、多摩川沿いを走り、最後のお楽しみ、日帰り温泉です。
着替えを携帯する為に、それを入れるフロントバッグがあるランド
ナーにしたのでした。
やはり、冬のゆるポタはラーメンと温泉でしょう。

極楽のようなのほほんのんびりまったりゆるポタでありました。

呑川

呑川

呑川





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

豚に真珠と成るか否か?

さて、シャマルホイールのチェーンの駒飛びの問題も、解決した
ので思いきり踏み込んで走る事が出来ます。なので、本当に巡航
速度2Km 以上も速くなるのか、再度試してみたくなります。

さあ、豚に真珠と成るや否や?であります。

で、走るは鶴見川沿いの道、新横浜迄走って折り返します。
今日は無風、走るにはもってこいの朝、巡航速度2Km超え30Km
目指して走ります。

シャマル試し乗り
で、いつもの定点撮影ポイント。

シャマル試し乗り
今日は冷えて風も無いので、川面からは、白い水蒸気が上がって
います。

思いきり走り、フロントのディレーラーをシフトアップしたり、
シフトダウンをすると時々、フロントのギアのアウターとイン
ナーの間にチェーンが落ちてしまいます。
また途中上り坂があるのですが、ここで踏み込むと何故か後輪が
ロックしてしまいます。
後輪を見ると、踏み込んだ力でどうもリアのクイックレリーズが
緩んでしまっています。今どきのロードバイクとは違い、ヴィン
テージのロードバイクなので、リアエンドはストレートドロップ
エンドでは無くて、所謂カンパエンドです。踏み込む力でスプロ
ケットが前にずれてしまっているようです。
なので、クイックレリーズをしっかりと閉め直し、鶴見川の復路
を走ります。

まあ、多少は不具合は残りますが、チェーンをフロントのギアの
間に落とさないようシフトチェンジをしたり、クイックレリーズ
をしっかりと締めれば大した事はありません。

明るい日射しを受けて、復路を走り無事末吉橋に到着。
ここでキャットアイアプリを終了します。

前回測った時は、このまま走って国道1号線迄走った所で、終了
したので若干距離は違いますが、まあ、そう大して変わりは無い
でしょう。

さて、巡航速度30Km 超えは果たせたでありましょうか?

シャマル試し乗り
やっぱり、豚に真珠のようでした。






にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

カンパニョーロ シャマル試し乗りで鶴見川

さあ、手にいれたカンパニョーロシャマルチタニウムの試し乗りで
鶴見川を走ります。走るはコルナゴスーパー、以前、ここ鶴見川を
カムシンで走って巡航速度26.5kmの亀史上、最高速度を出した
事があったので、それよりも早い巡航速度で走れるか試してみます。

いつものように末吉橋からスタートします。

走り始めから違和感、チェーンの駒飛びがあります。
カムシンのカンパニョーロの10速では、特段チェーンの駒飛びは
無いのですが、このシマノの10速では一定の周期でチェーンの駒
飛びがあります。降りてチェーンとギアを見ますが見た目では特に
目立った異常は分かりません。
ミッシングリングがおかしいのでしょうか?

よく分からないので、とりあえずそのまま騙し騙し走ります。

それ以外は、おかしい処はありません。
出だし軽やか、よく回り、上りも楽チン、いう事無し。であります。
上り坂を上がっても呼吸の乱れも無く、脈拍数も上がりません。
ギアも三枚分は軽く感じます。

シャマル試し乗り
いつもの定点撮影ポイント。

さて、巡航速度は果たしていかに・・・

復帰 半月板損傷
こちらが以前カムシンで出した、亀史上最高の鶴見川記録。

シャマル試し乗り
こちらが今回シャマルで走った記録。

カムシンに負けています。全然ダメじゃん。
豚に真珠のようであります。

巡航速度は落ちたものの、上り坂は楽なので、尾根幹専用ホイール
といたしましょうか?



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

真白き富士の高嶺に

あっという間に短い秋は過ぎ、いきなり冬となってしまいました。
出勤前の朝ランも、これから冬至に向けて日ノ出は遅くなるので、
そろそろお仕舞いとなりそうです。春迄の間、早朝の運動が出来
なくなるので食事の量には気を付けておかないと、春先に朝ラン
を再開した時、重い体で自転車に跨って走るのが大変です。
そんな季節の変わり目ですが、季節の変わり目だからこそ拝める
景色もあります。

真白き富士の高嶺に
それは、すっかりと冬化粧をした富士山。
澄み渡った雲ひとつ無い青空に真っ白い富士山の嶺がくっきりと
輝いています。

真白き富士の高嶺に
鷹野大橋から望む富士山。

真白き富士の高嶺に
亀甲橋から望む富士山。

真白き富士の高嶺に
北東の風も吹き、きりりと冷たい空気ではありますが、日差しが
明るい冬の朝、その風を受けてコルナゴで走ります。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

鶴見川 秋の風情

鶴見川秋風情
ようやく晴れました。
秋の風情を感じたくて、鶴見川を走ります。

今日は休日、何時もの朝ランとは違って時間が充分あるので、少し
大回りをして日産スタジアムの廻りをぐるっと廻ります。

鶴見川秋風情
この辺りは、春は桜が綺麗に咲くところ、その桜の葉が紅葉をして
朝日に輝いています。

鶴見川秋風情
銀杏も色付き始めました。

鶴見川秋風情

鶴見川秋風情

鶴見川秋風情
朝の空気は清々しくて、今日一日が良い日となりそうです。

今日は時間があったので、大倉山駅近くのパン屋さんでコーヒーと
パンを頂いて、さらには、焼きたてのバケットをトップチューブに
取り付けて家路へと急ぎます。

鶴見川秋風情
これ、なかなかお気に入りのスタイルであります。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 新治の森 里の秋

新治の森 里の秋
三連休最終日、余りにも天気が良いので自転車で出掛けてみました。
向かうは鶴見川中流の「新治の森」、里山が残り田畑が点在する緑
豊かな保全地域です。毎年、季節の変わり目には訪れ、四季折々の
緑豊かな風景を眺めるのを楽しみにしている場所です。
人間、緑を見るとリラックスするんだそうで、また、遠景を眺める
事で瞳の筋肉も緩んで、さらにリラックスするんだそうです。

亀も「新治の森」のそんな緑の遠景を眺めて、普段からリラックス
して緩み切った生活を、さらにリラックスして、ぐだぐだの気分に
浸ろうと鶴見川沿いを走ります。

本日走るはランドナー、リラックスしてさらに緩んでの気分には、
ガッチリと走るロードバイクよりも、マッタリと走るランドナーが
お似合います。
なので、ランドナーでマッタリポタ、緩く緩~く走ります。

で、鶴見川沿いの川原や土手の上を走る道を走っても良いのですが、
新横浜を過ぎた辺りから、この川沿いの道は、砂利道になったり、
舗装が荒れた道になったりするので、ネジ類が多いランドナーで、
そんなガタガタ道を走るといつものように道に色々な物を落として
しまいます。ランドナー用の空気圧の低い650Aタイヤだったら
そんな振動も吸収してくれるのでしょうが、普段はその殆どを舗装
道路を走る為、タイヤをロードバイクと同じ空気圧の高い700C
に替えているので、その振動をもろに受けてしまいます。
なので、事新横浜迄は、朝ランで走る鶴見川沿いの道を走りますが、
そこから先は一般道を走って「新治の森」迄走ります。

新治の森 里の秋
で、いつもの定点撮影場所。

さて、天気はすっかり秋晴れの爽やかな青空と成りましたが、気温
は真夏のような暑さです。それでも空気は乾燥している為なのか、
走っていて当たる風は涼しくて心地良い気分です。

停車すると暑いけどね。

新治の森 里の秋
で、「新治の森」に到着。

新治の森 里の秋
秋空に映える庭の柿の木、日本の秋です。

新治の森 里の秋
季節で変わる屋敷門の中の展示。

新治の森 里の秋
今の季節は「さるぼぼ」。

さらに「新治の里」ビジターセンターの奥に進んでいきます。

新治の森 里の秋
里山の奥の谷戸の田圃は、稲刈りも終えて稲を挟架けして稲を乾燥
させています。そしてその奥では、挟架けして乾燥を終えた稲を、
脱穀しています。

新治の森 里の秋
畑には冬の野菜が育っています。

新治の森 里の秋
「新治の里」ビジターセンターの隣の広場でひと休みです。

すっかり里の秋を堪能して帰路に就きます。
のんびりと走っていると、道沿いに小さな祠を見つけました。
この道、昔からの往還道だったのでしょうか?

新治の森 里の秋
余りにも小さくて、つい見落としてしまうような祠、実際に何度も
この道を走っていますが、この祠は今日迄気が付きませんでした。

新治の森 里の秋
お地蔵さんのようです。

新治の森 里の秋
地蔵堂の名前なのでしょうか?

新治の森 里の秋
そして少し走ると、さらにもうひとつの祠が・・・

新治の森 里の秋
こちらはかなり風化していますが、どうやら観音様のような・・・

思わぬものを偶然見つけると嬉しいものです。何だかすっかり得を
した気分です。

新治の森 里の秋
で、帰りは鶴見川沿いの道を走ります。

新治の森 里の秋
この辺りの川の水はまだ綺麗で、清流のようです。
新横浜の下水処理場から下流はどうもね。

新治の森 里の秋
すっかりと完成した高速道路。

新治の森 里の秋
その下を走る鶴見川沿いの道も整備されたと思いきや、まだ工事は
続いています。通行する道幅は相変わらずの狭さです。

新治の森 里の秋
砂利道を走り、新横浜から先はいつもの朝ランコースを走ります。
ランドナーでのんびりと走っていると、ロードバイクが追い越して
行きます。見るとデローザのカーボンバイク、そしてまた少し走る
と今度はデローザのスチールバイク、今日はやたらデローザを見掛
けます。ここで続けてデローザを見かけると何だか嬉しい気分です。

新治の森 里の秋
綱島 夏の名物、バーベキューガーデン??

まだまだ暑い里の秋ですが、青空の中数時間のポタリング。
ランドナーですっかりと里の秋を堪能させて頂きました。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村






テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウスで行く 荒サイ100キロ

心地良い秋の風情となりました。
まさにサイクリング日和、そんな週末、「のろぽた」のMさんから
お誘いを頂き、荒川サイクリングロード略して、「荒サイ」を走る
事となりました。

久しぶりに都内目指して走る「なんちゃってゼウス」で、これまた
久しぶりの国道1号線を走り、待ち合わせ場所の豊洲迄向かいます。

荒サイ
いつもの定点撮影場所、東京タワーをバックに・・・
公園の芝生では、外国人のグループが早朝ヨガをやっています。
この辺りは各国の大使館や外資系企業が多く、そこに勤める外国人
のコンドミニアムが多く点在しています。そんな人達の早朝ヨガ、
日本人に例えるならば、ラジオ体操みたいなものです。

荒サイ
そしてこちらも定点撮影場所、皇居前。
こちらも中国人の観光客の団体が、皇居目指し集団で歩いています。
休日の早朝の都心は、日本では無いみたいです。

荒サイ
で、久しぶりの豊洲「ROSTER」でサンドイッチ。

荒サイ
こちらで「のろぽた」のMさんと落ち合い、「のろぽた」のMさん
の案内で「荒サイ」に向かいます。

荒サイ
荒川に到着です。

荒サイ
「のろぽた」のMさん。
特製のろぽたジャージ、絶賛発売中です。

久しぶりの「荒サイ」、大変走り易い道を上流目指して走ります。
道幅は鶴見川沿いの道の5倍、「多摩サイ」の20倍は有ります。
つまり、自転車が横に40台並んで走っても大丈夫な位の大変贅沢
な道幅です。

まあ、そんな集団はいませんが・・・

少し走って荒川と小名木と荒川を繋ぐ荒川ロックゲイト。
ミニミニパナマ運河です。東京で暮らして27年、横浜で暮らして
32年、こんな場所があるなんて初めて知りました。
なんでも、深川辺りはゼロメートル地帯なので、その辺りを流れる
小名木川の水位を1メートル下げているんだそうです。へえ~。
でも、小名木川って昔、徳川家康が行徳の塩田で作った塩を江戸に
運ぶ為に掘った運河のはず、昔はどうしていたんでしょう?

荒サイ
締まっているゲート。

荒サイ
序々に開いていくゲート。

荒サイ
そして出ていく遊覧船。

その荒川ロックゲイトから出ていった、遊覧船に乗ってやって来た
団体客が、此方に歩いてきます。皇居前の時のように中国人の団体
かと思ったら日本語を喋っています。どうやら日本人の団体のよう
です。
話しを伺うと、日本橋から小名木川を下って来たんだそうです。
小名木川と言えば桜の名所、春先はさぞ楽しい事でしょう。

さて、「荒サイ」を気持ち良く走って鹿浜橋迄走ります。

荒サイ
で、お昼ご飯は近くの「鯨食堂」で頂きます。

荒サイ

荒サイ
亀は、鯨漬け丼と竜田揚げ。「のろぽた」のMさんは、刺身定食と
竜田揚げ。此方の鯨、馬鹿美味です。

亀も「のろぽた」のMさんも学校給食で鯨カツをたべた世代、鯨は
懐かしい味ですが、ここの竜田揚げは当時のように硬くて血の味が
する鯨カツとは違い、柔らかく臭みが全く無く牛肉よりも美味しく
感じます。漬けに至っては亀史上一番美味しかった、小笠原母島で
調査捕鯨の監視官の定宿になっていた民宿の親父さんを持ち上げて、
出してもらった、鯨の尾の身に匹敵する味です。

荒サイ
ついでにお土産で鯨の大和煮も買っちゃいました。
133g 200円は安い!!

これ食べるだけでも、「荒サイ」走る価値は有ります。
このお店をご紹介頂いた「のろぽた」のMさん、
ありがとうございます。

で、ここで折り返して荒川の下流目指して走ります。

荒サイ
「荒サイ」七不思議のひとつ、いつの間にか走る仲間が二人増えて
います。

荒サイ
「のろぽた」重鎮 SさんとMさん。

荒サイ
高速道路の下を走ります。

荒サイ
で、豊洲で「のろぽた」のMさんと別れて勝どきへ。
そして国道15号線を走ります。

荒サイ
多摩川の夕陽。
どうやら陽のあるうちに帰れそうです。
久しぶりの「荒サイ」、堪能させて頂きました。

荒サイ
この登坂高度と速度最大値は、どう考えても間違えです。

荒サイ

荒サイ





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウスでも朝ラン 鶴見川

ゼウスで朝ラン鶴見川
ここ暫く「なんちゃってゼウス」で走っていませんでした。最後に
走ったのは7月に走った「なんだかんだで尾根幹往復」以来2ヶ月
以上も前の事です。
定期的に清掃とオイル差しは行っているので、一応走れる状態には
していますが、時々は走ってあげないと可哀想です。またこの週末
には少し遠出のサイクリングを計画していているので、走っていて
おかしくならないかどうかが心配です。なので、このところ暫くは
走っていなかった「なんちゃってゼウス」で走ろうと思っています。
そして、久しぶりに走る「なんちゃってゼウス」の様子を見ようと
朝ランで鶴見川を新横浜まで走ってみました。

ゼウスで朝ラン鶴見川
いつもの定点撮影ポイント。
風も穏やかで走り易い朝です。
日射しはまだまだ強いですが、すっかり秋らしくなりました。

ゼウスで朝ラン鶴見川

ゼウスで朝ラン鶴見川

ゼウスで朝ラン鶴見川
この時季に毎年咲いているカラフルな花々。

さあ、折角「なんちゃってゼウス」で新横浜迄走ったのでデローザ
とコルナゴとのタイム比較をやってみようと思います。

復帰 半月板損傷
こちらが、「コルナゴ」。

朝ランテスト
そして、「デローザ」。

ゼウスで朝ラン鶴見川
で、今回のなんちゃってゼウス。
6速スプロケットの年代的に一番古い「なんちゃってゼウス」、
一番遅いようです。やっぱりこの「なんちゃってゼウス」のんびり
まったり優雅に走るのに似合うロードバイクのようです。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーでゆるり朝ポタ 鶴見川

虫の音
この連休は台風のおかげで、自転車で走る事が出来ませんでした。
本来であれば、土曜日はロードバイクで三浦半島を走り、日曜日は
都内数ヵ所の神社の祭礼を、ランドナーで見に行きたかったのです
が、台風の雨と風の中でも楽しく走る程の、気合いが入った自転車
乗りでは無いので断念を致しました。

まあ、鉄自転車なので、雨はちょっとね。

なので台風一過の連休明け、いつもの朝ランでいつもの鶴見川沿い
を走ります。

この鶴見川沿いを走る時は、その殆どがロードバイクなのですが、
今日は珍しくランドナーで走ります。
何故かというと、今朝、出掛ける前の準備が遅くなり、いつもラン
ドナーで向かう筈だった三ツ池公園に行っても、既にラジオ体操は
始まっていて間に合わないので、行き先変更で鶴見川となりました。

虫の音
さて、珍しく鶴見川沿いをランドナーで走ります。ロードバイクで
走る時よりも今日はゆったりのんびり走ります。
気合を入れて走ろうと思っていた、「独りセンチュリーライド三浦
半島」も、この連休に走るのを逃してしまい、この後の週末は色々
用事が入っているので当分の間はお預けです。気持ちもテンション
が下がり気味。この間まで、半月板損傷のリハビリとセンチュリー
ライドの為の調整で、気合を入れてロードバイクで朝ランしていた
のですが、この台風のおかげで、気合を入れて走る意味が当分の間
は無くなってしまいました。

まあ、おっさんからじいさんになりつつある亀としては、のんびり
ゆっくりポタリングが心情なので、原点に戻ってランドナーでのん
びりゆっくりポタとなった次第です。

虫の音
さて、この鶴見川、すっかりと凌ぎやすい季節となりました。
すすきも穂を出し始めました。蝉の音は影を潜め、秋の虫の音だけ
が賑やかに聞こえてきます。

虫の音
今日はランドナーでゆっくりと走るので、新横浜までは行かないで、
途中の新羽橋で折り返します。新横浜まで行ってのんびりと走って
折り返してきたら、会社に遅刻してしまいます。

虫の音
普段はこの下の道を新横浜まで走ります。

虫の音
ランドナーでのんびりゆっくり走ると、ロードバイクで走る時とは
違って、今まで気付か無かった辺りの風景が目に飛び込んできます。
これからはランドナーでのんびりと走り、変化する風景をのんびり
と眺める季節がやってきます。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

彼岸花

彼岸花
朝ランで走る鶴見川沿いの道、秋には一斉に彼岸花が咲きます。
誰かが内緒で勝手に、土手に彼岸花の球根を植えたのでしょうか?
転々とあちこちに数本まとまって咲いています。

彼岸花
この辺り、我が家の周辺でも家の前の植え込みに、彼岸花を咲かせ
ているのを良く見掛けます。自宅の植え込みだけでは無く、街路樹
が植わっている地面からも彼岸花が咲いている所もあります。
これも誰かが勝手に植えていったんでしょうね。
どうも我が家の周辺では、彼岸花が流行っているようです。

彼岸花
彼岸花の蕾です。
いつも気が付くと咲いているので、蕾を見る事は稀です。

そういえば、地域で誰かが始めると皆一斉に同じ事を始めて流行る
事があります。何処とは言えませんが、亀が知っている風光明媚な
小さな漁村の集落では、毎年、何かがここ限定で流行っています。

以前はゴマ栽培が流行り、秋には皆自宅の前の駐車スペースに収穫
したゴマの実を一面に拡げて干していました。
あの、ゴマって実を干したら、その実の中からゴマの種を取りだし
小さなゴミを取り除くのに、楊枝でゴミを弾いていく気の遠くなる
ような作業を数ヶ月やらなければならない、大変な作物です。
翌年行ったら、誰もゴマを栽培していませんでした。

その翌年に行ったら、今度は集落の足である自家用の軽トラックが、
皆新調されていました。それも皆同じメーカーの軽トラックです。
誰かが、この軽トラいいぞぉ~と言ったのがきっかけだったよう。

また違う年には、これも皆玄関に竹製の小洒落た鳥籠が置いてあり、
その中でメジロを飼っていました。誰かが飼い出して自慢したのが
広まったようです。

でも、これって飼っちゃいけない禁鳥なんじゃないの?

翌年に行ったら、どこの家の玄関からも鳥籠は無くなっていました。
どうやら、禁鳥とは知らずに飼ってみたものの、誰かがこれ禁鳥だ
よと教えてくれたらしく、皆、一斉に野に放ったようです。

ここの集落、行く度に、流行り物が違うのが面白いなぁ~と感じます。
また今年は何が流行っているのかが、毎回の楽しみとなっています。

彼岸花を見ていたら、唐突にそんな事を思い出してしまいました。
と、彼岸花とは全く違うお話でありました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

老化現象の続き

さて、昨日はデローザで、鶴見川朝ランコースを走り計測してみて、
まだそれ程体力の衰えが無い事を確認し、少し安心をした亀でした。
がしかし、この朝ランコースをいつも走るのは、デローザでは無く
コルナゴであります。ならば、コルナゴではどうよ?と思うのは、
世の常人の常であります。
なので、ついでに調子に乗って、コルナゴでもこの朝ランコースで
ある、鶴見川の末吉橋から新横浜の亀甲橋迄走って、キャットアイ
アプリで計測してみる事とします。

コルナゴとデローザを乗り比べてみると、コルナゴの方が軽やかで、
デローザの方が走り始めは重く感じます。しかし、100km以上
走るとなると、非力の亀としては、コルナゴでは疲れたしまい辛い
走りとなるのですが、デローザでは逆に走れば走る程、楽に楽しく
なってきます。
なので、いつも走る朝ランの20km程度の走りでは、コルナゴの
方が、デローザよりも早く走れそうな気がします。
なのでこの走り比べ、ちょっと楽しみであります。

で、軽やかに末吉橋から走り始めますが、100mも走らないで、
いきなりのチェーントラブル。クランクとフロントギアの隙間に、
チェーンが嵌り絡まってしまい、ミッシングリングを外さないと、
絡まったチェーンが外れません。
これ、ミッシングリングが無かったら、チェーン切りを使わないと
チェーンが外れない程のトラブルです。

やれやれ。

デローザに装着している、カンパニョーロのヌーボレコードのクラ
ンクセットには、チェーンが絡まないようピンが打って有るのです
が、このコルナゴとなんちゃってゼウスとランドナーには、ピンが
打って有りません。
そのうち、涼しくなったらピン打ちでもしてみましょうと、毎回、
チェーントラブルが起こる度に、思い出したように心に決める亀で
した。

コルナゴ 鶴見川
さて、その後は順調に走り、いつもの定点撮影ポイント。
昨日走ったデローザと比べると、心持ち風景が後ろに流れ去るのを
早く感じます。やはり、コルナゴで走った方が短い距離では早いの
かも知れません。

コルナゴ 鶴見川
そして折り返し。
昨日と違って向かい風。コルナゴで走った方が早く感じたのは、気
が付かなかった程度の追い風のおかげだったようです。でもそれに
しては、折り返してみると結構な向かい風です。
同じ条件で走る事は、なかなか難しいものです。 

コルナゴ 鶴見川
今日は、昨日と違って風は有るものの、雲が多く比較的涼しく走る
事が出来ました。

コルナゴ 鶴見川

コルナゴ 鶴見川

コルナゴ 鶴見川
さて、計測結果。

デローザ 鶴見川
これが、昨日のデローザで走った計測結果。

平均速度で、デローザと比べる時速1kmしか変わりません。
あらまぁ~。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

老化現象?

横浜グルメポタ
先日、久しぶりにデローザで走った横浜、走り終えた後でキャット
アイアプリの計測結果を見てみたら、平均速度が時速16km台と
なっていました。

あれ、どうしたんだろう?

今まで、ランドナーでもこんなに遅い走りはした事がありません。
確かに先日のデローザで走った道のりは、大黒大橋の登坂や洋光台
の登坂など坂道が多かったのですが、それ程の急坂でもありません
でした。また帰りに走った旧々綱島街道は、ポタリングでゆっくり
と走りましたが、全体の距離からすれば、大した距離では無いので、
大きく影響する訳でもありません。その他は普段通りに走っていた
ので、格段遅い走りでもありませんでした。

これは、ひょっとして、老化現象?

本当に老化現象なのか気になります。
なので、いつもコルナゴで走る朝ランの鶴見川沿いの道をデローザ
で走り、キャットアイアプリで計測してみます。

今日は台風一過で南風が入り、この夏一番の暑さではと思われる、
むっとした暑さです。普通に呼吸をしていても息苦しい程の暑さの
中を走ります。

デローザ 鶴見川
いつもの定点撮影場所。

デローザ 鶴見川

橋の上から臨む空は、夏の雲。

デローザ 鶴見川
緑も濃い夏の鶴見川です。

デローザ 鶴見川
さて、末吉橋から亀甲橋の間を往復で走り、計測した結果はどんな
具合になったかと見ると・・・

デローザ 鶴見川
平均速度、時速24.2km!!
まあまあです。

デローザ 鶴見川
途中、信号待ちが四ヶ所、ストップ&ゴーが七ヶ所あった割には、
上出来です。
老化現象ではありませんでした。

デローザ 鶴見川

ちょっと安心した亀でした。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

夏です 向日葵 鶴見川

少しの間、日本を離れていた為に、自転車に乗れない日々が続いて
おりました。おかげさまでしっかりと体重が3kgも増えてしまい、
来月の健康診断を前に、これは拙いぞと焦る毎日を過ごしています。
なので、週3日の朝ランを、今週から健康診断の日まで、雨が降ら
ない限り、週5日は走ろうと心に決めた亀でありました。

まあ、「焼け石に水」とも云いますが・・・

いつの間にか、何処かに行ってしまった今年のカラ梅雨のおかげで、
雨で朝ランが出来なくなる事も無さそうです。

で、今日はコルナゴで新横浜までの往復、20kmの朝ランです。
この時期には珍しい、北西の強い向かい風を受けて漕ぎ始めます。
向かい風のせいか、又は、10日以上も走っていなかったせいか、
はた又、体重が3kgも増えてしまったせいなのか、漕ぐ足取りが
とても重く感じます。
一週間以上、自転車に乗らないといかんね。

向日葵
と、鷹野大橋まで走ると、見事な向日葵。

向日葵
嗚呼、今年も夏がやってきた。と、実感出来る風景です。

学校も夏休みに入ったせいか、普段と違い、この鶴見川を走る子供
の自転車や、ジョギングや、土手下の道でサッカーに興じる姿が、
いつもとは違った風景で、眼に飛び込んできます。
これから1ヶ月、この早朝の鶴見川、少し賑わいが増す事でしょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 目黒川 羽根木-天王洲

梅雨真っ盛りの土曜日、天気予報では曇り時々雨との事ですが、
空を見ると薄く雲が係るものの、青空も見えています。
この時期、雨のおかげでなかなか自転車で走れないので、少し
でも、走れる可能性があれば、自転車で走ってみたくなります。
なので雨が心配ですが、ランドナーで走ってみます。

目黒川
本日目指すは、梅ヶ丘羽根木公園。
以前から、目黒川の上流から下流までを自転車で巡ってみたいと
思っていたのですが、なかなかその機会がありませんでした。
その目黒川、源流はどこかというと、一番上流となるのが北沢川、
源流は松沢病院辺りとの事です。
が、その源流から羽根木公園辺りまで、ずっと暗渠となっていて
川の流れは確認出来ないようです。
なので、本日目指すは羽根木公園。

羽根木公園まで我が家からのルートは、綱島街道に出て自由通り
を走り、くねくねと曲がって羽根木公園までとなります。

目黒川
綱島街道に向かう新川崎近くの直線道路。
折角、自転車専用ラインがあっても、自動車が駐車していたら、
何の役にも立ちません。

天気は持つかと思ったら、綱島街道環状八号線辺りで雨。
でも今日はランドナーなので、泥除け着いているので泥はねする
事無く安心です。また、フロントバックには、ポンチョも入って
いるので、これを着れば雨の日のサイクリングも快適です。

目黒川
自由通りを走ります。
前の白くみえるのは、白いポンチョが写っているからです。

目黒川
国士舘大学辺り、急な上り坂かと思いきや、案外と楽な上り坂。
こちらも白く見えるのは、ポンチョです。

ところでこのポンチョ、快適と書きましたが、これを着ると結構
蒸れます。今日は梅雨寒で気温が割合と低いせいか、あまり暑く
は感じませんが、ポンチョの中のシャツはじっとり湿っています。
雨に濡れたせいもありますが、汗が蒸発せずにこもっている感じ
です。走っている時、いかに風が汗を蒸発させてくれているかを
実感する瞬間でもあります。

目黒川
で、なんやかんやで羽根木公園に到着です。

目黒川
しごくまっとうな事が書いてあります。
本来子供はどろんこになり、怪我をしてでも遊んでいるのが本領
のような気がします。最近のあれダメ、これダメ、何かあったら
責任うんぬんといった風潮は、ちょっと違うような気がします。

で、目黒川巡りです。
雨もやんだ事なので、ポンチョも畳んで仕舞って走り始めます。

目黒川
羽根木公園を過ぎた辺りから、水辺の路が始まります。
この水路の路、淡島通りと平行して進みます。

目黒川

目黒川
綺麗な花が咲いています。

目黒川
この辺り、京都の「哲学の道」似ていなくもない雰囲気です。

目黒川
こんなお洒落な建物もあります。

目黒川
せせらぎが続きます。

目黒川

目黒川
暫く走ると、下っていた北沢川と別の支流烏山川が合流する地点
に到着します。

目黒川
ここからは目黒川となります。

目黒川
この辺りは歩道と自転車道が分かれています。

目黒川
目黒辺り、桜の名所です。

目黒川
大崎辺り、再開発で街が変わってしまいました。

ここからは暫くは川沿いを走れないので、山手通りを進み、国道
15号線を少し走って、また川沿いを進みます。

目黒川
で、いつもの荏原神社に到着します。
ここは旧東海道のすぐ脇に立つ神社、多分昔は、この辺りが河口
だったのかも知れません。

目黒川
怖い事が書いてあります。

目黒川
今日は7月1日、ちょうど半年を過ぎたので、出来たての茅の輪
くぐりが出来ていました。
いつもお世話になっている荏原神社で、道中の安全を祈願します。

さて河口まであと少し、暫く走ります。

目黒川
と、こんな看板、もうこの先は自転車では走れません。

目黒川
地図を見ると、殆どここが河口のようです。

案外あっさりと終わった目黒川巡り、この距離と川沿いの雰囲気
からすると、街乗り自転車でゆるゆるとポタしながら走るには、
最適のコースかも知れません。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村








テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

初夏の多摩川サイクリングコース

さて、川崎大師と穴守稲荷にお参りしたので、これから多摩川の
土手上のサイクリングコースを走って我が家へと戻ります。

多摩ポタ
穴守稲荷から羽田空港方面に向かい、天空橋を渡らずに多摩川の
左岸を丸子橋まで走ります。

多摩ポタ
クルーザーを係留しているポンツーン、浮き桟橋。
その先に見えるのは、首都高速道路と一般道の大師大橋です。

多摩ポタ
橋の下では、潮が引いた浅瀬で貝拾いをしている人がいます。
本当はいけないんですけどね・・・

多摩ポタ
ジョギングしている人を沢山見掛けます。

多摩ポタ
土手上の道も整備され、この辺りは広々としています。

多摩ポタ
でもまだ整備されていない所もあります。

多摩ポタ
整備されている所とそうで無い所が入り混じっています。

多摩ポタ
商売熱心な、大田区多摩川緑地管理事務所。

多摩ポタ
一般道路と平行したサイクリングコース。

多摩ポタ
緑も鮮やかなサイクリングコース。

多摩ポタ
また、道は狭くなってきます。

多摩ポタ
と、調子に乗って走っていると工事中。
まだまだこの多摩川、東京寄りの護岸工事が続くようです。

多摩ポタ
工事が終了したところは、こんな感じで走りやすい道です。

多摩ポタ
本日の折り返し地点、丸子橋。
ここからは右岸を下ります。

多摩ポタ
段々と道は細くなっていきます。

ランドナーでのんびりポタしながら、この多摩川の土手上の道を
走っていると、茜色の細身のロードバイクが追い抜いて行きます。
チネリスーパーコルサ、ブレーキはデルタブレーキ。いいねぇ~。
亀が次に欲しい1台です。
もう、自転車置く場所が無いので、手に入れられませんが・・・

多摩ポタ
さてさて、多摩川右岸沿いの細いサイクリングコースを走って、
国道1号線が走る多摩川大橋のたもとにある「川崎リバーサイド
パーク」というビジターセンターで休憩します。
いつも、使うのを忘れているバイクラックに、今回初めてランド
ナーを停めてみます。
このバイクラック、利用率がとても低くて皆さん、自転車をその
辺りに停めているので、バイクラック使うのに躊躇してしまいます。

梅雨とはいえ、湿度も低く心地良い薄曇りの早朝の中を、快適に
この多摩川のサイクリングコースを堪能いたしました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

日本一周の青年に遭遇 岩国 錦帯橋

岩国錦帯橋
さて前回は「広島-周防大島」の様子をブログアップしましたが、
その途中の岩国で、寄った錦帯橋の美しい景色をお伝えします。

広島から、周防大島へと走っている時の事です。
岩国駅を過ぎて、まだ時間が早いので何処か寄り道をしようと、
岩国観光名所とGoogleで検索すると、「錦帯橋」と出てきます。
ああそう、一度は行ってみたいと思っていた錦帯橋、ここ岩国に
あるのを忘れていました。

で、錦帯橋に向かいます。
岩国駅からは、ほんの20分程度の距離です。

岩国錦帯橋
錦帯橋に到着です。

岩国錦帯橋

岩国錦帯橋
写真を撮っていたら「日本一周中」とガードをぶら下げた自転車
がやって来ました。自転車で、日本一周している人に出逢うのは
初めてです。早速お声を掛けます。

岩国錦帯橋
大きな空気入れ、実用的です。

3ヶ月前に自動車を買って、東京からここまで走って来たとの事
です。これから九州に向かい、日本海沿いを北上し北海道に渡り、
東京に戻って来るとの事でした。学生時代最後の思いでに日本を
自転車で巡るとの事、良い出逢いと思い出が残るように・・・
そんな彼のブログ、「自転車日本一周ブログ by6」
よかったら、日本一周の様子を見て頂き、応援コメントを書いて
あげて下さい。

今回は、広島駅で北海道から自転車で旅するイギリス人のご夫婦
に出逢い、錦帯橋で自転車で日本一周をする青年に出逢い、周防
大島ではヨットで日本一周するおじさんに出逢うといった、普段
の日常生活では、出逢う事の無い方々に出逢う事が出来ました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

桜一輪 鶴見川

朝ラン再開とはなりましたが、仕事が忙しかったり、寒かったり
雨が降ったりとで、一回走ったきり、全然朝ランしておりません
でした。おかげで体重は、減らずに微増しつつあります。

このままではいかん!

ようやく仕事も一段落し、朝日も午前6時には上り、早朝の寒さ
も和らいで来たので、また朝ラン再開となりました。来月には、
140キロ走るイベントが控えているので、その前に以前の体力
まで戻しておかなければなりません。青少年の頃は、運動を続け
れば、それなりに体力は向上したのですが、老年期では、段々と
体力が落ちてきて、それを維持するのも大変です。
まあ、若い頃はそんな自覚が無いので、頑張る気すらありません
でしたが、その頃とは違うと自覚出来たこの頃は、それなりの事
をやらんといかんなぁ~と、しみじみ感じる亀でありました。

まあその割には、朝ラン3週間サボってはおりましたが・・・

と、いう訳で鶴見川を走ります。

桜一輪 鶴見川

桜一輪 鶴見川
ようやく咲き始めた桜。

桜一輪 鶴見川
でもまだ寒いせいか、散歩している人も、犬を連れている人も、
ロードで走っている人もいません。

桜一輪 鶴見川
定点撮影ポイント。
朝ランは、コルナゴでカムシン仕様、シャマールではありません。

桜一輪 鶴見川

桜一輪 鶴見川
早咲きの桜はもう満開です。

桜一輪 鶴見川
こちらは、染井吉野よりもちょっと色は濃いめ。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

再びランドナーで行く 二ヶ領用水 桃の花

二ヶ領用水 桃の花

二ヶ領用水 桃の花
先週、そろそろ桃の花が咲く頃かと、中原の二ヶ領用に出掛けて
みましたが、まだまだ桃の花には早く二分咲き程度でありました。
なので、改めて桃の花を愛でに中原の二ヶ領用水まで向かいます。

二ヶ領用水 桃の花
先週よりもさらに鮮やかな川辺模様、でもこれ桃の花ではなくて、
早咲きの桜であります。

二ヶ領用水 桃の花
ちらほらと紅白の桃の花が咲いています。

二ヶ領用水 桃の花
艶やかな桃の花。

二ヶ領用水 桃の花
青空に白い花が冴えます。

二ヶ領用水 桃の花
薄紅色の桃の花。

二ヶ領用水 桃の花
どうやら今が満開のよう。春がそこまでやってきています。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 二ヶ領用水 桃の花

二ヶ領用水 桃の花
梅の花の盛りは過ぎて、桜の花が咲くのはもう少し先となります。
その梅と桜の咲く間に、ひっそりとした白梅よりも明るく大きく、
また桜のほんのりとした薄墨色よりも、さらに艶やかなピンクの
花を咲かせるのが桃の花。街角を曲がった時、ふいにその鮮やか
な桃の花の咲いている様子を目にすると、ドキッとさせられます。
また、段々と春がやって来たんだと実感をする瞬間でもあります。

そんな桃の花は、大抵は1~2本が、民家の道路に面した庭先に
植えられているものですが、我が家の近くには纏まって植えられ
その鮮やかな花が咲き誇っている場所が在ります。
今日は、そんな桃の花を探しに、ランドナーでポタします。

二ヶ領用水 桃の花
まずは府中街道を北に向かい、「久地円筒分水」へ。
ここは、かつては畑だった多摩川沿いの耕地に水を送る用水を、
各地域に正確に分ける為の施設です。ポンプも無い江戸時代では
農地の水の確保が一番重要な仕事だったようで、水を巡って農民
同士の喧嘩や訴訟が、頻繁にあったそうです。
その水を正確に均等に分けるように大正時代に出来たのが、この
円筒分水なのだそうです。

ここから二ヶ領用水が始まります。

二ヶ領用水 桃の花
用水沿いを進むと、国道246号線に突き当たります。
水は国道246号線の下を通り、人と自転車は歩道橋を通ります。

二ヶ領用水 桃の花
歩道橋からの眺め。

二ヶ領用水 桃の花
さらに二ヶ領用水を進むと「中原桃まつり」の幟がありました。
ここから、約2キロ程の間に桃の樹が植えられていて、桃の花を
愛でる事が出来ます。
ちなみに「久地円筒分水」からここまでは、梅の樹が植えられて
いました。

二ヶ領用水 桃の花

二ヶ領用水 桃の花
白い桃の花がちらほらと咲いています。
見頃はまだまだ先のようです。

二ヶ領用水 桃の花

二ヶ領用水 桃の花
二ヶ領用水に面した会社の事務所から出てきた、地元の方と思わ
れる初老の男性にお話を伺うと、この二ヶ領用水沿いには、昔は
この辺りは桃の畑、この下流の川崎大師辺りは、いちじくを栽培
していたんだそうです。なので、この用水沿いには、その名残の
桃が残っているんだそうです。

さらに進むと、武藏小杉の商店街になります。

二ヶ領用水 桃の花
ここは、「こすぎ名物花見市 音楽祭」と幟が在ります。

二ヶ領用水 桃の花
自転車のパーツで造ったオブジェ。
ちょっと音が賑やかです。夜はうるさいのでは?と余計な心配を
してしまいます。

さらに進みます。

二ヶ領用水 桃の花
塔のある建物、ミッションスクールでしょうか?

二ヶ領用水 桃の花
紅白の鮮やかな桃の花。

二ヶ領用水 桃の花
早咲きの桜や山茶花が咲き、艶やかな景色。

二ヶ領用水 桃の花
さらに走ると、南武線の線路に突き当たります。
水は線路の下を流れて行きますが、自転車は通れず。迂回します。

二ヶ領用水 桃の花
そして、さらに走ると横須賀線の線路に突き当たります。
二ヶ領用水、この先は暗渠となってしまいます。

桃を愛でるには少し早かったですが、用水沿いをぶらぶらと走る
約3時間ののんびりポタでした。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

鶴見川 富士山冬化粧

鶴見川 富士冬景色
今年は、白く冬化粧した富士山を鶴見川から臨む機会が多いです。

鶴見川 富士冬景色
ランドナーで・・・

鶴見川 富士冬景色
コルナゴで・・・

鶴見川 富士冬景色
デローザで・・・

鶴見川 富士冬景色
そして、なんちゃってゼウスで・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 手作り日記
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
この写真を撮りたいが為コルナゴに乗って走ったようなものです。

打つべし!
打つべし! 
打つべし!

いや~、jamさんのブログをオマージュして・・・という程大げさ
な事では無いのですが、そのjamさんの写真を真似してみました。

題して「打つべし! 打つべし! 打つべし!」

あっ違った。

「コルナゴで行く 鶴見川梅巡り」

でありました。

さて、我が家から鶴見川を北上し、新横浜を越えて「新治の森」
の梅を見に行きます。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
菜の花と富士山

久しぶりの鶴見川のサイクリングコースを走っていると、何だか
コルナゴが重く感じます。向風が強く吹いている訳でも無いのに
不思議だなぁ~と思います。このところ、朝ランしていないので、
足が鈍ったのかと思いましたが、先週、ランドナーで都内の梅を
見にしっかりと走ったばかりですし、不思議だなぁ~と思います。
ひょっとして勝手にjamさんの真似をしたので、jamさんが怒って
呪いを掛けたのでしょうか?
でも、亀が、勝手にjamさんの真似をしたのをjamさんが知る由も
ありません。

じゃあ何故、コルナゴの走りが遅いんだろうと、走るのを止めて
自転車をじっくりと見てみます。すると、後輪のブレーキシュー
がリムに当りぱなしになっています。
これ、思いきりダウンフォースが効いたF1マシンみたいなもの。
つまり、漕ぐのを止めるとすぐ停まる。

折角、くるくるくるくる くるくるくるくるくるくるくるくると
回るカンバニョーロのホイールを履いているのに、全く何の意味
もありません。
なので、ブレーキの当りを広くして走り始めますが、重さは余り
変わりません。そして今度は、力を掛けて踏み込むと、タイヤが
擦れる音がします。
また、停まって様子を見ると、タイヤがステイに当たっています。
どうやら、力を入れて踏み込む事でチェーンにトルクが掛かると、
その反動でフリーが前にずれて、タイヤがステイに当たっていた
のでした。

つまりは、クイックレリーズが緩いが為。
クイックレリーズをしっかり閉め直すと、今度は快調に走り始め
ました。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
新横浜を過ぎ、「横浜環状北線」の新しい道路が見えてきます。
来月にはこれ、開通するそうです。

鴨居の先から県道140号線を進みます。
暫く走ると白梅が道の脇に咲いています。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
鶴見川沿いで、初めて目にする梅の花、良い香りがします。

ここでスマホの地図を確かめると、行き過ぎてしまっていました。
なので、今度は県道109号線に出て引き返します。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
県道109号線に向かう途中で見掛けた紅梅、道を間違えるも、得を
した気分です。

さて、県道109号線を戻りますが、この道アップダウンの繰返しで
飽きさせません。坂好きの方にはお奨めの道です。

亀はあまり坂道、好きではありませんが・・・

で、走る事暫しで見覚えのある信号が現れます。ここを右折して
「新治の森」に向かいます。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
ここ「新治の森」での梅見ポイント。
今年は去年よりも梅の開花は早いようです。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
谷戸の田圃。
雪が残り、田起こしされたばかりのようです。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
泥々でぐちゃぐちゃのタイヤ。
走るの嫌だな。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
さて、泥はねをしないようするりするりとゆっくりと走り、新治
の森ビジターセンター脇の広場の紅梅。ここの紅梅も綺麗です。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
長屋門ではお雛飾りを展示しています。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
吊し雛も飾られています。
去年よりも一段と派手になったよう。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
干支の鳥。

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り
あ~、お腹すいた~。




コルナゴで行く 鶴見川梅巡り

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り

コルナゴで行く 鶴見川梅巡り




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウスでも初ラン

一応完成した「なんちゃってゼウス」でも初ランです。

ステッカーを貼って頂くのに預けておいた「コルサコルサ」へと    
電車に乗って伺いました。我が家から南武線に乗って武蔵小杉駅
で東横線に乗り換え、「コルサコルサ」がある祐天寺駅までドア
トゥドアで一時間係らずに行けちゃいます。
近いね!

で、「コルサコルサ」から「なんちゃってゼウス」に乗って帰る
のですが、そのまま真っ直ぐに我が家へ帰るのも、面白味が無い
ので多摩川に出てサイクリングロードを走ろうと考えます。
さらに、そのまま真っ直ぐに多摩川に出るのも、面白味が無いの
で、ぶらぶらと淡島通りを走って、仙川方面を目指します。

普段、こちら方面や多摩川を走る際には、必ずと言っても間違え
が無い程、深大寺の近くのお蕎麦屋さんへと立ち寄るのですが、
今回は、別のお店に立ち寄ります。

ゼウス 初ラン
それは、「武蔵野うどん」。
小麦の全粒粉で捏ねる噛み応えのある太めの麺、香りも味も楽し
めるうどんです。
そのうどんの名店が有るとの事で、頂きました。

ゼウス 初ラン
さて、砧から多摩川に出てサイクリングロードを走ります。
天気予報通りに風花が舞い、冷たい空気を身体いっぱいに浴び、
多摩川を下ります。
寒いけれども、心地良い走りです。

ゼウス 初ラン
雪がちらついても、何はともあれテニス。
雪がちらついても、何はともあれサイクリング。

これで一応完成した「なんちゃってゼウス」初ラン、終了です。
おしまい。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザでも初ラン 鶴見川

さて、今年になって、まだデローザでは走っていませんでした。
と、いう事で鶴見川沿いをデローザでも初ランします。

まず向かうは獅子ヶ谷。環状2号線を進み、三ツ池公園近くの
丘を越えて走ります。ここ数ヶ月の間、獅子ヶ谷を訪れた事が
無かったので、久しぶりとなります。

デローザ 初ラン
霜が降りた畑、栽培しているのはカリフラワーです。

デローザ 初ラン
そして、朝日に照らされた横溝屋敷。

ここから新横浜に向かってさらに環状2号線を進みます。
そして、新横浜から亀甲橋を渡り、鶴見川沿いの道を進みます。
この亀甲橋を渡った橋のたもとでは、以前よりずっと道路工事
が行われています。それは第三京浜から首都高横羽線に抜ける、
「首都高速横浜環状北線」を作る工事なのですが、どうやら、
今年の3月にその工事が完了して、開通すると看板に書かれて
いました。
この「首都高速横浜環状北線」、ゆくゆくは東名高速道路とも
繋がるとの事で、そうなったら、亀の自宅から東名高速道路へ
のアクセスはかなり良くなるので、楽しみです。
でもまあ、今、自家用車は無いんですけどね・・・

デローザ 初ラン
その亀甲橋を渡って、鶴見川の土手の上の道を進みます。

デローザ 初ラン
広々とした鶴見川の土手上の道を走ります。

寒いながらも風は無く、日差しが心地良いデローザでの初ラン
でした。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ 初ラン 鶴見川

コルナゴ初ラン
ここのところ、日の出が遅いので鶴見川の朝ランには行けない
日々を過ごしておりました。日の出に合わせて朝ランに出掛け
ると、会社に遅刻してしまいます。
とはいえ新年も迎えた事なので、コルナゴでも朝ランをしよう
とたまたま出社がゆっくりと出来る日があったので、久しぶり
の鶴見川朝ランに向かいます。

まずはいつものコース、新横浜まで向かいます。
早朝の寒さのせいか、自転車で走っている人も散歩されている
人も普段とは違ってあまりいません。犬の散歩に至ってはゼロ。
ワンちゃんも早朝の寒さには、散歩したくないんでしょうか?

コルナゴ初ラン
そして、亀甲橋を折り返し、新羽橋を渡って大倉山駅前のパン
屋さんで朝ご飯。

コルナゴ初ラン
ついでにお気に入りのバケットを買います。
いつものバケット搭載スタイル。

ここからいつもは、新鶴見橋を渡って帰宅するのですが、久し
ぶりの鶴見川ランなので、今日はいつもと違って少し先まで
走ります。
この路、普段はカムシンのクリンチャーのホイールで走るので
すが、今日は、趣を変えてチューブラーで走ります。レコード
のリムで、8速21Tの1980年代オールドトラッド仕様。
今々の若者仕様、28Tとはひと味違います。ギアも違えば、
チューブラーの走り心地もクリンチャーとは違います。
何だか、いつもの鶴見川を走るのとは違う所を走るような感覚
です。同じ路ですが、ホイールを履き替える事で二度楽しむ事
が出来ます。

新年早々、得した気分であります。

そして、鶴見川橋まで走って戻ります。
新年のコルナゴ、初ランでした。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 合鴨米トラスト蕎麦打ち


正確には「湖畔の道」「川辺の道」では無いんですけどね。

霞ヶ浦で昔からの知人が蕎麦打ちをするというので、参加させて
頂きました。

霞ヶ浦まで行くのなら、是非、一度は自転車で走ってみたかった
湖畔をランドナーで走り、蕎麦打ちに参加したついでに、ここも
一度は行きたいと思っていた宿に、事前に宿泊の予約をします。
実は、昨年も蕎麦打ちにお誘いを頂いたのですが、天気予報では
雨との事だったので、その時も事前に予約した宿をキャンセルし、
蕎麦打ちも参加出来なかったのでした。

因みに、数年前に自動車を売って以来、自動車に乗らない亀は、
自動車か自転車でしか行けない蕎麦打ち会場へ、雨の日には行け
ません。とはいえ、自転車でもその蕎麦打ち会場に行くとなれば
最寄り駅からは一時間半程掛かります。普通の人は、雨で無くて
も、自転車ではそんな時間が掛かる所までは、行かないでしょう
けどね。
まあ、そんな昨年でしたが今年の天気予報は晴天、ようやく蕎麦
打ちに参加出来ます。

さて、自宅からそのまま走っても、そのうちいつかは霞ヶ浦には
到着する事は出来ますが、その為には自宅を出るのは前日の夜半
となってしまいます。前日の夜半から出掛ける程、若くは無いの
で、土浦駅迄輪行してそこから蕎麦打ち会場目指して走ります。

駅から少し走ると「筑波りんりんロード」と書かれた看板があり
ます。最近完備されたサイクリングロードで、筑波山から霞ヶ浦
を一周するサイクリングロードです。なので、この道を進みます。

「筑波りんりんロード」に沿って走っていたら、また駅の方にと
に戻ってしまいます。
あれれ?
と思ったら、駅の手前で曲がってガードを越えて進みます。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
これがそのガード。
うっかりしていると、頭をぶつけてしまいます。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
大きな霜柱、横浜では見掛けない大きさです。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
これが「筑波りんりんロード」判りやすい道路案内です。

途中で「筑波りんりんロード」は判らなくなったので、一般道を
走ります。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
そして、霞ヶ浦大橋。

合鴨トラスト 蕎麦打ち

合鴨トラスト 蕎麦打ち
筑波山が綺麗に望めます。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
霞ヶ浦の湖畔を走ります。

で、暫く走って蕎麦打ち会場に到着です。
ここは、除草材の代わりに合鴨を放し田の草を食べさせるアジア
で、一般的に行われている「合鴨農法」でお米造りをする農家の
方のお宅。何故その農家が会場かというと、その農家を応援する
会「合鴨トラスト」を主催しているのが、今回蕎麦打ちのご案内
を頂いた亀の知人の方なのでした。
ここで、「合鴨トラスト」のメンバーの方が蕎麦打ちをし、精進
揚げを作り、みんなで昼ご飯を頂き、その後、合鴨米の稲藁で、
お正月飾りを造ります。
合鴨米なので、除草材も含めた科学農薬は使用していない貴重な
稲藁です。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
そして、こちらがその合鴨。真鴨の青首と見分けがつきません。

さて、蕎麦打ち。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
粉をふるい、

合鴨トラスト 蕎麦打ち
水回し。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
丸く捏ねて、

合鴨トラスト 蕎麦打ち
手で伸し、

合鴨トラスト 蕎麦打ち
麺棒で伸ばして、

合鴨トラスト 蕎麦打ち
細く切ります。
今日の蕎麦は二八蕎麦。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
食卓には精進揚げと合鴨米のおにぎりが並びます。
この他に蕎麦、人参の天ぷら、大根の漬物、林檎などが並びます。

この後、稲藁での正月飾り造りがあるのですが、亀は夕方迄には
宿に着かなければならないので、お昼ご飯の後の稻藁で作る正月    
飾りには参加せずに、一足お先に失礼をします。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
また霞ヶ浦沿いを走ります。走りやすい道です。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
途中で休憩、ここからも筑波山が彼方に望めます。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
さあ、本日の宿に到着です。

合鴨トラスト 蕎麦打ち

合鴨トラスト 蕎麦打ち

合鴨トラスト 蕎麦打ち
本日もうひとつのお楽しみ。
それは、ここの宿から見る夕陽。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
それと、みっつめのお楽しみ。
今夜の宿の食事です。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
鯉こく。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
そして、鯉の洗い。
堪りません。

合鴨トラスト 蕎麦打ち
海老のかき揚げ

合鴨トラスト 蕎麦打ち
鴨鍋。

幸せな一日でした。

ところで、事前にルートナビで道順を考え決めていたのですが、
土浦駅から霞が浦大橋までの道順は、全然違う道を走ってました。   
相変わらず徘徊気味の亀でございます。

合鴨トラスト 蕎麦打ち

合鴨トラスト 蕎麦打ち

合鴨トラスト 蕎麦打ち





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村













テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉 
秋を堪能しようと、日光、秩父と行きましたが、身近な処でまだ
秋を堪能しきれていない場所が有りました。それは武蔵野。
多摩川を挟んで左右に拡がる森林地帯、その中でも武蔵野の風情
を強く残している深大寺辺りまで走ってみます。

今回は、デローザで走ります。
日光はランドナー、秩父はコルナゴ、そして今回の武蔵野行きは、
デローザとなりました。何処を何で走るかの決まりは特には有り
ません。が、各々の乗り心地の違いから、何となく、そのような
乗り分けと成りました。
で、この時期としては珍しく雪が降る天気予報となった曇り空の
朝、デローザに乗って我が家を出発します。

実際、翌日は初雪となりました。
順番が逆ですが、その様子は「初雪 紅葉」をご覧下さい。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
まずは、横須賀線と平行して走る道を進み武蔵小杉まで。さらに
その道を進むと、南武線沿線道路という何とも分かりやすくベタ
な名前の道路にぶつかります。その道をさらに進んで、登戸の先
から多摩川沿いの道を進みます。
今日は北風が強く向かい風、ギアをふたつ落として進みます。 

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
街路樹も色付いています。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
多摩川沿いを調子に乗って走っていたら、是政橋まで来てしまい
ました。
対岸の多摩川沿いを戻り、深大寺に向かいます。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
深大寺に到着です。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
今日のお蕎麦は、玉乃屋の十割細打ち。
きりりとした蕎麦です。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
ここら辺りの紅葉は、まだまだこれからのようです。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
さて、深大寺を後にして、また多摩川沿いを走ります。
今度は斜め後ろからの追い風、デローザは爽快に進みます。
途中に砂利道があります。今日はチューブラー、パンクすると嫌だ
なあ。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
川岸の神社にお参りします。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
マラソン大会が開催されていました。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
多摩川沿いの桜並木も黄葉となっています。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
で、次に向かったのは、日帰り温泉「志楽の湯」。
我が家の近くにある風情有る温泉です。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉
まるで山里の秘湯のような佇まい。住宅街の真ん中にこんな景色が
有るとは、初めて来た人は大抵驚きます。

さあ、ここで夕方まで温泉をじっくりと堪能します。
今回も「ああ日本に生まれて良かったサイクリング」でした。

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉

武蔵野 紅葉 蕎麦 温泉






にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 秋の新治の森

短い今年の秋を満喫しようと、天気の良い週末にランドナーで、
鶴見川の上流にある新治の森に向かいます。

秋の新治
いつも早朝に走る、鶴見川沿いの新横浜のお休処。
ここのところ、日の出が遅く、暗いうちから走るのが余り好き
では無い亀にとって久しぶりの場所です。

秋の新治

秋の新治
桜並木もすっかり秋模様です。

秋の新治
秋の新治の森を目指しますが、その前に腹ごしらえ。
美味しいと評判を聞いたので、ここで看板の鮪を頂きます。

秋の新治
鮪中トロ定食。
冷凍の鮪ながら、このボリュームで1000円はお値打ち。

秋の新治
新治の森に到着です。
今日は、ここで竹とんぼ作りのイベントが行われていました。

秋の新治

秋の新治
秋の味覚、柿です。

秋の新治
谷戸の風景も秋模様、何故か心が和みます。

秋の新治
さて、帰りはいつもの大倉山のパン屋さんに、バケットの
焼き上がりの時間に合わせて立ち寄ります。
今日、ここで食べるのはクリームパン、初めて食べるパンです。

秋の新治
お約束のバケット携帯スタイル。

今日のサイクリングは食べてばかりのサイクリング。
食欲の秋です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

鶴見川 秋の花々

まだまだ暑いとはいえ、辺りの景色はすっかり秋となりました。
朝ランで走る鶴見川沿いも、秋の花々が咲き始めています。

秋の花々

秋の花々

秋の花々
朝日を背中に浴びながら、手放し運転。
背筋を伸ばして走ります。

秋の花々
今度は下ハンドルを握ってのファストラン。
力を入れて走るのは数百メートルだけですけど・・・

秋の花々

秋の花々
鶴見川の土手に、いきなり咲き出す彼岸花。

秋の花々
鶴見川沿いにお住まいの方が、丹精込めて育てているようです。

秋の花々
いつもの休憩ポイント。
虫の音も静かに聞こえてきます。

秋の花々

秋の花々

秋の花々
朝顔でしょうか?

秋の花々

秋の花々

秋の花々
色とりどりの花が咲いています。

秋の花々
走っていると、どこからともなく金木犀の香りがしてきます。
なかなか目立たない花ですが、見つけるとまだ蕾です。
これから花が咲く事を考えると、まだ少しの間、この香りを楽し
む事が出来そうです。

走っていて嬉しくなってくる、この時期ならではの香りです。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村





テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR