FC2ブログ

トーエーランドナー バック類の作り直し

ランドナー バックの作り直し
新しいトーエーのランドナーに似合うように、バック類も新調
したのですが、やはりデカ過ぎました。なので、作り直し。

ゼロから作るよりも、作り直しの方が手間が掛かります。
作ったバック類の糸を外して分解して、再度大きさを変える為、
裁断をし直さなければなりません。だったら新たに作り直した
方が早いのですが、せっかく作ったばかりのバックを廃棄する
のは、地球環境にもよくないですし勿体ないし、第一に新たに
材料を買わなければならず、余計な出費となります。
幸い、真夏なのに長雨が続くので、作り直す時間は十分にあり
ます。


ランドナー バックの作り直し
まずはフロントバック。

ランドナー バックの作り直し
縁取りの革は新しく付け替えます。

ランドナー バックの作り直し
以前よりも厚い革でに縫い目が綺麗に見えるように、以前より
丁寧に縫い付けます。

ランドナー バックの作り直し
輪行の際にショルダーバックとして、持ち運べるように取っ手
を付けました。取り付け部が外れないよう、ダブルのリベット
とします。

ランドナー バックの作り直し
次は、サドルバック。
余計なお土産を入れるスペースを削り、最小限としましたが、
ポンチョや輪行用の保護カバーやエンド金具が入る少し大きめ
の袋や雨の時に濡れないように防水カバーなどを収納するので、
それでも結構な大きさです。

ランドナー バックの作り直し
中は、他のバックと同様に青のサテン生地としています。
以前は黒のデニム生地だったので、収納物が見え辛かったので、
中の収納物が判る青色とし、更には、すんなり収納出来るよう
滑りのよいサテンとしています。

ランドナー バックの作り直し

ランドナー バックの作り直し
ツールケースも一回り小さくしました。
ついでに、ベルトもケースをぐるりと回して留めるよう、作り
直しをしました。以前、ツールケースを落とした事があったの
で、リベットだけだと心配になり、この方法としました。

ランドナー バックの作り直し

ランドナー バックの作り直し
前よりもバランスは良さそうです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーもオリジナルラベルを

ランドナー ラベル
さて、こちらも三連勝と同様にラベルを着けます。

で、こちらもこんな感じで出来上がり。
これを着けると、さらに愛着が深まります。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

新しいランドナーに新しいツーリングバック

ランドナー バック
さあ、新たに製作したツーリングバック達を新しいトーエーの
ランドナーに取り付けてみます。新しいツーリングバック達は、
フロントバックとサドルバックとツールケース。

ランドナー バック

ランドナー バック

ランドナー バック
こんな感じに収まりました。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
ちなみに以前のツーリングバック達は、こんな感じ。

早々に、トーエーのランドナーをオーダーした自転車屋さんに
見せびらかしに向かおうと思います。

でも、何だかデカ過ぎる感じ。マルシェお買い物自転車みたい。
輪行の際、サドルバックを今迄のように輪行袋に入れられない
かもしれません。

作り直そうかしら。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす

さあ、トーエーのランドナー、コンポーネンツを組みます。
組むのは、TAにストロングライトにヒューレー。これ全てが
フランス製。日本に、最初にランドナーが持ち込まれたのが、
このフランス製。いわば、本家本元のランドナー仕様です。
なので、ランドナー「おフランス仕様ざ~んす」であります。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
まずは、自立スタンドの取付け。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
今回、直付けなので、ネジが随分と飛び出してしまいます。
で、軽量化と恰好を気にして、ネジの長さを短くカットします。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
次は、泥除けのネジをダルマネジに変更します。
ダルマネジの方が輪行する際に泥除けを外す時、工具を使わず
に外す事が出来るので便利です。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
これがそのダルマネジ。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
付けてみたら、ダルマネジの受けのナットの厚さが少し厚くて、
飛び出してしまいます。後程、ホイールとチェーンを取付けた
と、チェーンが擦ってしまいました。
改めて、後日、ナットを交換してみる事とします。

次は、リアディレーラーの取付けですが、その前にプーリーの
ガイドをロングゲージからショートゲージに交換します。
前回、北海道に自転車旅行した際に、このリアディレーラーの
ロングゲイジのプーリーガイドが輪行袋を破って、飛び出して
きました。リアエンドには、ディレーラーガイドを付けていた
のですが、このロングのプーリーガイド、そのディレーラーの
ガイドよりも遥かに長くて、ディレーラーガイドが役立たずで
ありました。
物事の順番からいえば、まずは、リアディレーラーのロングの
プーリーガイドを保護する、ロングのプーリーガイドよりも、
遥かに長いディレーラーガイドを探すのが筋ではありますが、
そんなもの、亀の知る限り、この世の中には存在しません。
なので、物事の順番を変え、このリアディレーラーのプーリー
ガイドをロングからショートに変更します。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
リアディレーラーのプーリーガイドを、交換する時だけにしか
使わない専用の工具。8ミリの肉薄ロングボックスレンチ。
このレンチ、三菱製自動車のある機種のエンジンの点火プラグ
を交換する為だけにある専用工具なのそう。
そのエンジンの点火プラグ廻りも、ジュビリーと同じように、
ネジと廻りの円筒の内径の差が殆ど無く、一般のロングゲージ
では、交換が出来ないという嫌らしい仕様のものなのだそう。
それが丁度、このジュビリーのプーリーガイドに使えます。
三菱自動車、偉い!

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
で、ショートゲイジのプーリーガイドに替えて、取付けます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
次は、BB廻り。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
まずは、クランクと反対側のワンを締めます。
こちらは、後程、ベアリングの玉当たり調整を行うので、緩く
締めておきます。
「おフランス仕様ざ~んす」のクランクセットは、クランクが
ストロングライト、チェーンリングがTA、このセットに合う
BBの軸の長さは、どうしても、このカップ&コーンとなって
しまいます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
で、ベアリングとシャフトにグリスを塗ります。
カンパニョーロの貴重なグリス、いわゆるピーナッツバターを
贅沢に使います。BBとペダルとハブは駆動系の大切な部分。
ここだけは、この貴重なカンパニョーロのグリスを使います。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
で、ベアリングにグリスを塗ろうとするのですが、ベアリング
カバーが緩くなっていて、ベアリングのボールが、ボロボロと
落ちてきてしまいます。なので、ストックをしておいた新しい
ベアリングに替えて組み込みます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
で、玉当たりを調整してクランクセットを取付けます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
チェーンラインは、きちんと取れています。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
フロントディレーラーを取付けます。
そして、シフトレバーも取付けます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
カンチブレーキも取付けます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
ボトルゲージを取付けます。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
そして、ハンドルとサドルと付けて、ディレラーとブレーキの
調整を行って完成です。
青磁色のフレームに茶色の皮サドルとバーテープが似合います。

トーエーランドナー おフランス仕様ざ~んす
フロントバックとサドルバックとツールケースを付けて、更に
ダブルボトルを付けて、旅行仕様としてみました。

さあ、これからは、このトーエーランドナーでの自転車旅行が
楽しみです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーエーランドナーフレーム 我が家に到着

トーエーランドナーフレーム
さて、この春にオーダーしたトーエーのフレーム、我が家にと
やってきました。
フレームカラーは青磁の色に似せてみました。初めてトーエー
のサンプルフレームを見た時に、ラグレス周りのヌメっとした
感じが青磁のようだなと思い、青磁の色でフレームを作ったら
面白そうだと思ったのが、この色にしたきっかけです。
で、塗装の余りを、タッチアップ用に少し分けて頂けないかと
相談したのですが、そのサービスはやっていないとの事だった
ので、自動車塗装のタッチアップペンで、青磁の色に似たもの
を色見本として、その色で塗装して頂きました。

トーエーランドナーフレーム
トーエーのエンベロム、まあ、フロントバックで隠れてしまう
んですけど・・・

トーエーランドナーフレーム
オーダーで作って頂いたフロントキャリア。
きちんと水平になるように製作して頂きました。また、ツイン
ライト仕様にして貰いました。かつ、小型のライトを直付けが
出来るようにして、すっきりした外観になっています。

トーエーランドナーフレーム
で、これが、そのライト。
KiLAYというメーカーのLEDライトです。
USBで充電出来るライトで、回して外す事が出来ます。

トーエーランドナーフレーム
カンチレバーのブレーキ台座。700C用のホイールのリムの
位置に合わせて製作して頂きました。

トーエーランドナーフレーム
フロントとリアのエンドは、泥除けステイのダボだけで、他の
余計なダボは無く、すっきりとした仕様です。

トーエーランドナーフレーム
トーエーのロゴが入っています。当たり前。

トーエーランドナーフレーム
ピントがぼけてしまいましたが、シートチューブにもトーエー
のエンベロムマークが入っています。これが何より嬉しい。

トーエーランドナーフレーム
亀は特段必要としませんが、ゴム製のチェーンステイガード。
これで、一気にクラシカルになります。

トーエーランドナーフレーム
フロントエンドと同じく、リアエンドも余計なダボは無し。

トーエーランドナーフレーム
亀の自転車旅行は輪行スタイルなので、泥除けは分割式です。

トーエーランドナーフレーム
こちらもフロント同様、オーダーしたリアキャリア。

トーエーランドナーフレーム
大型のリフレクター、以前、山音製作所で作って頂いた小型の
リフレクターに交換しようと思いましたが、このリフレクターは、
泥除けにふたつ穴で付けるタイプとなっていました。
なので、山音製作所のひとつ穴の小型のリフレクターだと、穴が
ひとつ空いたままなので、残念ながら断念。

トーエーランドナーフレーム
リアブレーキ用のインナーケーブル仕様。

トーエーランドナーフレーム
ラグレスは、まずまずの仕上がり。
青磁のヌメっとした感じに仕上がっています。

トーエーランドナーフレーム
この部分はラグレスとはならなかったようです。

トーエーランドナーフレーム
ボトルゲージの取り付け穴も二か所あります。

トーエーランドナーフレーム
自立スタンドの直付けプレートを付けて頂きました。
旅行用自転車は、いつ、どこで自転車を停めるか分からないの
で、自立スタンドは必須であります。

トーエーランドナーフレーム
二本巻きのステイです。

トーエーランドナーフレーム
トーエー自慢のシートピン廻り。
実はここ、最後までどうしようと揉めたところ。

シートポストの高さ調整や取り外しが、簡単なようシートピン
をカンパニョーロのクイックレリーズにしたかったのですが、
トーエーオリジナルのシートピン廻りのネジ径が合わず、ここ
をオーダーするかどうするか、悩んだところです。
オーダーすると、ブレーキケーブルのエンドが後付けとなり、
すっきりしたシートピン廻りもゴタゴタしてしまいます。
また、このシートピンの径にあった、カンパニョーロではない
他のメーカーのクイックレリーズもあるのですが、どうもその
デザインがイマイチで、さて、どうしたものかと、かなり悩み
ました。

で、結局、このシートピンを外す為の六角レンチ1本をツール
ケースではなく、キーホルダーに付ける事で、シートポストの
調整が手軽に出来るという事が分かり、オリジナル通りとなり
ました。ラグレスのすっきりしたデザインのフレームなので、
ここもすっきりとした方が似合いそうです。

さて、コンポーネンツを組み込むのが楽しみです。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーエー ランドナー 組込みコンポーネンツのお手入れ

梅雨の長雨続き、散歩にも朝ランにも行く気にはならない日々
が続いていた頃のお話です。
丁度7月は、ツールドフランスもやっているので、こんな時は
じっくりとフランスの自転車レースを観戦しながら、家の中で、
トーエーランドナーに組込コンポーネンツのお手入れをします。

今のランドナーのコンポーネンツを、そのまま移行しようとも
思いましたが、北海道旅行の汚れが残っているので、別のコン
ポーネンツのセットである、カンパニョーロのセットを組もう
と思います。でも、このセット、以前、ランドナーから取外し
た際に簡単に掃除をしただけで、きちんとしたお手入れをして
いません。取外しをした際に綺麗に磨いても保管している間に
くすみが出てしまうので、新たに取付ける間際に磨いた方が、
効率的であります。なので、その磨き作業のお手入れです。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
使うは、このセット。
3,000番と7,500番と9,800番の研磨剤。
今回は、ピカールを使いません。ピカールは、匂いが強いので
我が家では、ある時から、ピカールの室内作業は禁止となって
おります。なので、比較的匂いの少ない、この研磨剤での作業
となります。幸いな事に、今現在、この研磨剤での室内作業は
禁止とはなっておりません。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
まずは、クランクセット。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
裏側は、表側よりもかなり汚れています。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
で、分解。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
こんな感じでバラバラに。トリプルのクランクセットなんで、
留めるネジは2倍の量となります。一枚目と二枚目のチェーン
リング用のネジと三枚目のネジは、若干、長さが違うので間違
えないようにしないとなりません。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
まずはネジを磨きます。
3,000番で100回、7,500番で100回、9,800番
で200回、ゴシゴシします。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
こんな感じとなりました。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
次は、ブレーキ。
こちらは部品が多いので大変です。


ランドナー コンポーネンツのお手入れ
特に、ネジ周りの汚れが綺麗に落ちました。
ちなみに、新しいランドナーは700C用で作ったので、以前
のようにブレーキシューの位置を上げなくて済むので、通常の
位置となるブレーキシューに変更します。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
次はペダル。
サイドプレートのカンパニョーロのロゴが刻印されている部分
の汚れが目立ちます。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
磨き上げた結果がこれ。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
サイドプレートが綺麗になりました。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
次はディレーラーです。

ランドナー コンポーネンツのお手入れ
ここ迄、続けてコンポーネンツを綺麗にお手入れをしてきて、
手が疲れてきたので、本来は分解清掃するところを端折って、
見える処だけ磨きます。

ツールドフランスのレースを観ながらの研磨剤での作業。時々
はレースの様子を早送りしながら、レース三本分を観戦しつつ、
コンポーネンツのお手入れ完了です。
長雨で出掛けられない時だからこそ出来る、作業であります。

少し輝きを取り戻したコンポーネンツ。
まあ、あまり変わりませんが、これ、やらないと何だか気持ち
が悪くて居心地が悪い、恒例の儀式のようなものであります。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

フレーム出来上がりました

さて、その冬の日から約3ケ月、とうとうトーエーランドナー
のフレームが出来上がったと、ご連絡を頂きました。

我が家には、もう新たな自転車を置くスペースがありません。
なので、今迄、愛用していたランドナーを分解して、トーエー
のランドナーのフレームに、今迄のランドナーで愛用していた
コンポーネンツを組み込みたいのですが、今は生憎の梅雨。
雨の降る中の組み替え作業はやりたくはないので、晴れが続く
頃まで、少しの間、預かって頂く事としました。

とはいえ、出来上がりを見てみたくなります。
なので、その様子を伺いに自転車屋さんに向かいます。

トーエーランドナー
憧れのトーエーのヘッドマーク。
まあ、フロントバックに隠れて見えないんですけどね。
ラグレスの仕上がりもなかなかであります。

トーエーランドナー
今回特別に作って頂いたフロントとリアのキャリア。
特にフロントは、小型のUSB充電が出来るライトを2個、直接
キャリアに取り付けられるようにして頂きました。
また、スタンドを直付け出来るよう、取付プレートをフレーム
と一体となるように組み込んで頂きました。

さあ、この梅雨の時期ではありますが、晴天が続く天気予報と
なったら、改めて引き取りに伺おうと思う亀でありました。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

とうとうトーエーランドナー

それは、ある冬の日の出来事でした。

トーエーランドナー
我が家の近くに、新しく旅行用自転車のお店が出来たとの噂を
耳にした亀は、その出来立てのお店を見に行こうとランドナー
で出掛けたのでありました。そのお店は、我が家から鶴見川を
渡った環状2号線沿いにあります。この道は、亀が日常朝ラン
で走る、三ツ池公園や獅子ヶ谷に向かう道であります。また、
中山に在る新治の里に向かう道でもあります。更には、新幹線
に乗って輪行する際に輪行する、JR東海新横浜駅にも向かう
道でもあります。
つまり、日常的に使うよくよく知った道であります。

ベルクレッタ
そのよくよく知った道沿いに在る新しい自転車屋さん、様子を
見に行かない訳にはいきません。
という事で、様子を見に伺ってみました。

お店のご主人昔からの自転車乗りで、ご主人のお持ちの自転車
が壁に飾られていて、旅行用自転車の専門店だけあり、ご主人
自身もトーエーのヘビーユーザーとの事でありました。

で、壁に飾られたトーエーのフレームを眺めながら、いいな~
と思い、ご主人にオーダーしたらどの位の金額で出来ますかと
伺ったら、思いのほか安かったので、更に亀のいいな~状態が
上がり、いいな~から、絶対いいなぁ~に変わり、更には更に
欲しいなぁ~から、オーダーしちゃえ!となってしまったので
ありました。

流石に長年の自転車乗りであり、トーエーのヘビーユーザーで
あるご主人との会話から、この方にオーダーをお任せしたら、
大丈夫となったのでありました。

で、オーダーは27インチのランドナー仕様。ラグレスで余計
なダボは無し。旅行用なので何処でも自転車を駐輪出来るよう
センタースタンドを、直付け出来るプレートをフレームに組み
込んで頂きました。併せてオーダーしたフロントキャリアは、
ツインライト仕様のライト直付け金具を付けて貰い、大きめの
サドルバックを付けるリアキャリアは、輪行に時に楽な小型の
キャリアとして頂き、キャリアが水平となり、見た目にも綺麗
なデザインとなりました。また、更には分割式の泥除けも一緒
に作って頂くようお願いしました。

亀は今迄、ラグ派でラグレスは、あまり好きではなかったので
すが、壁に掛かっていたトーエーのフレームのラグレスの仕上
がりが美しく、すっかりその美しさに魅了されてしまいました。
それも、トーエーのランドナーフレームをオーダーした大きな
理由のひとつでありました。

まあ、あと10年位しか、自転車には乗れないかも知れないと
思っていたのですけどね。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR