FC2ブログ

なんちゃってゼウスの衣替え その2

何だかんだで、クランクセット交換の為のボックスレンチを。手に
入れました。

16ミリボックスレンチ
メーカー名は「Kokon」、一番肉厚の薄いボックスレンチです。

16ミリボックスレンチ
で、肉厚が薄いとはいえ、このままではクランクの穴に入らないの
で、鑢で削ります。削るといっても、1ミリも削らないので、たい
した労力ではありません。
と、いっても、小一時間はゴシゴシとやっていましたけれど。
丁度、隣のマンションの屋上では、携帯電話用のアンテナのメンテ
ナンス作業で、何人かの作業員の方が仕事をしています。亀とその
方々の間は10メートル程の距離です。向こうの作業員の方々から
は、あのオッサン、何をゴシゴシやっているんだろうと思われて、
いたんでしょうね。

16ミリボックスレンチ
で、格闘する事、小一時間。
クランクの穴に入りました。

が、クランクを抜く前にペダルを外します。クランクを抜いた後で
ペダルを外すと、クランクが固定されていないので、ペダルを外す
のに余計な力が必要になります。

16ミリボックスレンチ
フィッシングボルトを外して、クランクを外します。
コッタレス抜きは、カンパニョーロと同じ物を使います。

16ミリボックスレンチ
クランクを抜いてBBを見ると、BBもゼウス製でした。


16ミリボックスレンチ
新しいペダルにトウクリップとトウストラップを付けます。

16ミリボックスレンチ
そして、新しいクランクセットを取り付けます。

16ミリボックスレンチ
で、こんな感じで出来上がり。
カンパニョーロのレコードのクランクセットと瓜二つ。笑っちゃい
ます。
今度の「フェッロ・マリ・エ・モンティ」には、このなんちゃって
ゼウスで行くので、カンパニョーロのクランクセットと思いきや、
実はゼウスのカンパそっくりさんには、さぞ、皆さんには受ける事
でありましょう。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウスの衣替え

なんちゃてゼウスも我が家に来て、早2年が経ちました。乗る頻度
は少ないものの、普段のメンテナンスで、なかなか取れないコンポ
ーネンツの汚れが目立ってきました。なので汚れたコンポーネンツ
を入れ替えて、衣替えをしたいと思います。季節も涼しく、交換の
作業をやっていても、汗だくになる事が無いので、この時期に思い
切って新しいコンポーネンツと入れ替えをします。

ゼウス衣替え
交換するコンポーネンツは、前後のディレーラー、シフトレバー、
ペダル、クランクセットとなります。

で、交換する前の今のコンポーネンツの状態を確認します。

ゼウス衣替え
まず、クランクセット。
結構汚れています。

ゼウス衣替え
フロントディレーラー。
表は綺麗ですが、裏側は結構汚れています。
そして、交換作業とは、全く関係ありませんが、カンパニョーロに
そっくり。何時見ても笑っちゃいます。

ゼウス衣替え
で、リアディレーラー。
こちらもフロントディレーラー同様に、裏が汚れています。
また、そっくりでわらっちゃうのも同じです。

ゼウス衣替え
で、シフトレバー。
こちらは余り汚れていません。また、シフトワイヤーもまだ使える
ようなので、此方は交換中止。

ゼウス衣替え
ちなみにブレーキも見た目では綺麗です。

ゼウス衣替え
で、汚れが目立つクランクセットとペダルを交換しようと、手元に
在る工具で外そうとしますが、合う工具が有りません。
ランドナーを、おフランス仕様にした時にストロングライトとTA
のクランクセットを取り付けた、5/8インチのソケットがクランク
の穴に入って行きません。また、16ミリのソケットも同様に駄目
です。

なので、仕方無く交換は断念。

そのうち、鶴見の自転車に寄ってどんな工具が合うのか伺う事にと
します。
何だか、この為にだけ必要な工具が、また増えてしまいそうです。

ゼウス衣替え
で、交換出来るコンポーネンツ、まずは、フロントディレーラーを
取り外します。
使うは、8ミリのレンチ。これでバンドを緩めて外します。

ゼウス衣替え
そして、リアディレーラー。
ちなみに、両ディレーラーともシフトワイヤー停めネジは8ミリ。

ゼウス衣替え
そして、エンドに留めているアンカーピンも、8ミリです。

ゼウス衣替え
で、両ディレーラーとチェーンを外した様子が此方。

ゼウス衣替え
さて、新たにフロントディレーラーを付けていきます。
トルクの強さは5Nとします。
ちなみにリアのディレーラーのアンカーピンの固定も5Nとします。

ゼウス衣替え
で、ついでもチェーンも取り替えます。
今までのチェーンは6速用だったのですが、チェーンの種類を他の
自転車と共通にして、予備パーツの種類を少しでも増やさないよう、
9速のチェーンにします。
そして、コネッックスリンク。
これは、専用の工具が無くても、チェーンを外せる便利なパーツ。
何回も付け外しが出来るチェーンのジョイントパーツです。

ゼウス衣替え
で、フロントはこんな感じにとなりました。

ゼウス衣替え
新たに付けたのは、ゼウス2000のシリーズです。
これ、カンパニョーロには似せないで、オリジナルのデザインでは
ありますが、ちょっと安っぽい感じがします。
が、何といってもゼウス000です。チタニウムをふんだんに使い、
実は知る人ぞ知る、おっと言うコンポーネントです。

ゼウス衣替え
そして、此方も知る人ぞ知るゼウス2000。
カンパニョーロのヴィンテージコンポーネンツよりもお高い物。
でも、知る人しか知らないコンポーネントなので、おっという人は、
稀にしかいません。

ゼウス衣替え
で、これが衣替え前の様子。

ゼウス衣替え
そして、これが衣替え後の様子。
遠目では、殆ど分かりません。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウス トークリップ崩壊

さてさて、デローザのトークリップベルトが切れて、コルナゴの
フロントディレーラーのネジを落としてと、この春は、普通の人
には考えられないような、微細な、でもロードバイクで走るには
ちと都合が悪いマシントラブルに見舞われておりますが、今度は
なんちゃってゼウスにも、同じような微細なトラブルが発生して
しまいました。
それは、トークリップの崩壊です。

ペダルを踏み込んだら、靴の先がずれて力が入りません。
かつても、同じように靴の先がずれて力が入らなかった事があり
ました。その時は、トークリップを留めるネジが緩んで落として
しまい、それで力が入らなかったのですが、今回はしっかりと、
ネジは付いています。

トークリップ崩壊
では、何故?と思って良く見てみるとと、トークリップが折れて
しまっています。
こんな所、折れるかね?

さてさて、新しいトークリップに付け替えましょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

一応完成 なんちゃってゼウス

シール
コンポーネンツは今は亡きゼウス製ではありますが、フレーム
はゼウスと同じスペイン製の1960年代物とまでは判明して
はいるものの、何処で製作されたのかよく判らないこのロード
バイク「なんちゃってゼウス」。どうせ何処製か判らないので
あればコンポーネンツがゼウスなので、いっその事、ゼウスの
ステッカーを作って、このロードバイクに貼っちゃいましょう
という事で、その準備をしていましたが、昨年暮れにようやく
ステッカーも出来上がり、年末から年明けに掛けて貼り付けて
もらい、「なんちゃってゼウス」が一応完成致しました。

ゼウス コルサコルサ

ゼウス コルサコルサ
ステッカーを製作して頂いて、綺麗に貼り付けて頂いたのが、
ヴィンテージバイクを扱う目黒の自転車屋「コルサコルサ」。
ヴィンテージライドも主催されているこのお店、そのライドに
参加させて頂いたご縁で、今回お願いしてみました。

「コルサコルサ」にお願いしたのは、何処製のロードバイクか
判らなかった時に色々と親身になって教えて致いた事、また、
ステッカーを作る際に、その時代のゼウスのロゴを考証して、
忠実に再現して頂いた事です。
もちろん、オーダーメイドでロードバイクのステッカーを製作
してくれる自転車屋さんは、他には早々無いですし、何よりも、
ヴィンテージバイクを扱う「コルサコルサ」にお願いすれば、
まず間違えは無いだろうとの思いでした。そして、さらには、
「コルサコルサ」のお墨付きを頂ければ、この「なんちゃって
ゼウス」の価値が上げる事にも繋がります。

シール
この年代にしか使用されなかったデザインのヘッドマーク。

シール
元々貼ってあったラルカンシェルも再現して頂きました。
オリジナルは 1959 とあったのですが、こちらはそれは無し、
まあ~いいや。

シール
洒落ついでに付けて頂いたレイノルズのシール。

さあ、これで次のヴィンテージライドに参加してみましょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウス ついでに隈取り

ビンテージバイクなのに、サドルの派手な黄色に触発され、派手
な革のアクセサリーを、いくつか作ってしまいましたが、最後の
最後にもうひとつ、ちょっと派手な悪戯をしてみます。

この時代のゼウスのロードバイクの写真をいくつか見ると、ラグ
廻りを隈取りしているのを見掛けます。
なので、ついでに調子に乗って自分で隈取りしてみます。

ゼウス 隈取り
用意したのは、青のアクリル絵の具とガラスペン。
ガラスペンは、一定の太さの線を均一に引く事が出来るんだそう
です。自慢ではありませんが、この歳になるまでガラスペンは、
一度も使った事はありません。

ゼウス 隈取り
これから隈取りしちゃいます。

ゼウス 隈取り
まずはヘッド廻り。

ゼウス 隈取り
こんな感じ。

ゼウス 隈取り
次はサドル廻り。

ゼウス 隈取り
こんな感じ。

かなり雑な仕上がりです。
何だかウルトラマンみたいです。
やらなきゃ良かった。と軽い後悔をします。
「無理はしないが無茶はする」が信条の亀としては、その言葉を
体現する最も分かり易い例かもしれません。

ゼウス 隈取り
で、遠目ではこんな感じ。
遠目で見るとひょっとしたら余り気にもならないかも知れません。
どうせ、なんちゃってゼウスですから、こんな悪戯も有りかなと。   
びしっと決まったビンテージバイクよりも、少し緩い方が親しみ
も有るかなと・・・

まあ、いいか~



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウス タッチアップ

さあデカールを綺麗に剥がし終えたので、新しいデカールを貼る
前に傷で塗装が剥がれた部分をタッチアップします。

ゼウス タッチアップ
かなり大きな傷が付いています。

プラモデル用のアクリル絵の具を買ってきて、色を合わせますが
デローザの時のように上手く色が合いません。
なので、ホームセンターに行って、自動車補修用のタッチアップ
ペンを購入します。こちらも色が合わないと困るので、色見本帳
を借りて、駐輪場で色合わせをします。それでも不安なので数本
色の似通ったものを購入します。

ゼウス タッチアップ
で、試しに塗ってみて一番近い色がこのタッチペン。

ゼウス タッチアップ
トヨタ車用ライトイエロー。

ゼウス タッチアップ
ここをタッチアップペンで補修します。

ゼウス タッチアップ
こんな感じ。

何とも雑な感じではありますが、ぴったり色を合わせる為に塗装
屋さんにお願いすると、タッチアップペン30本分くらいの値段
となってしまいます。

で、まぁ~いいかね。これで・・・
でも雑だなぁ~。

遠目では分からないでしょう。多分・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウス リメイクしちゃいます。

さて、今年購入したビンテージバイク、「なんちゃってゼウス」
ちょっとリメイクしちゃいます。

ゼウス ロードバイク?
この1960年代の、お値打ちビンテージロードバイク、コルナゴ
との事だったのですが、どうも違うようです。色々と調べてみる
と、どうもスペイン製のフレンチ規格のロードバイクです。
これってコルナゴでは有り得ません。
だって、コルナゴはイタリア製ですから・・・

だったらいっその事、ゼウスという事としましょう。と、いう事
で、ビンテージバイクの老舗、コルサコルサでゼウスのデカール
を作って頂いて貼ってしまおうと準備を始めました。
その辺りの詳しい事情は「ゼウスという事にしましょう」をご覧
下さい。

で、その為に今貼ってあるコルナゴのデカールを剥がします。
どうやって剥がしたよいかネットを探ると、どうもドライヤーを
使って剥がしたら良いようです。

ゼウス デカール
で、ドライヤー登場。
どうやって剥がすか?ドライヤーの強力な風でデカールを剥がす?

いいえ、違います。

ドライヤーの熱風で、デカールの糊を溶かして剥がします。
はぁ~、糊って溶けるんだぁ~。
人生58年生きて初めて知る新知識です。

ゼウス デカール
こんな風に熱風を当てて糊を溶かします。
クロモリのフレームを触ると、熱くてつかめない程に熱するのが
コツのようです。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ゼウスという事にしましょう

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?さて、

ゼウス ロードバイク?
先日手に入れた、コルナゴとロゴが入ったロードバイク、
何だか怪しいです。

まず、どこにも COLNAGO の刻印とスペードマークが有りません。
また、シールも後で貼ったような感じ、さらには貼り方が、少し    
曲がっています。

さらに、ボトムの下側が溶接されています。
こんなの見た事がありません。

コルナゴジャパンに問い合わせ、二~三回のやりとりをメールで
行いましたが、その後連絡は有りません。
で、あちこちの自転車屋さんに伺ってみると、大体以下のような
事が判ってきました。

ゼウス ロードバイク?
・ボトムの幅と溶接が有るのはフレンチ規格なので、コルナゴで
 は考えられない。

ゼウス ロードバイク?
・エンドがゼウスなので、スペイン製と思われる。

ゼウス ロードバイク?
・amitiとあるがあまり聞いた事が無いブランドなのでスペイン
 の小さな工房での作品ではないか?

ゼウス ロードバイク?
・CAMPIONE EMILIANO 1959 とあるが、あまり大きなレースでは
 無いエミリアーノのレースで1959年に優勝したのを記念し、
 作られたモデルではないか?

ゼウス ロードバイク?
・直留めの溶接が無いこの仕様は、1960年代製と考えられる。

ゼウス ロードバイク?
・この時期のスペイン製ロードバイクは、フレームがレイノルズ
 531パイプを使っている事が多く、このバイクもそうなので
 はないか?

どうやら1960年代のスペイン製のバイクのようです。
ならばコンポーネンツもゼウスなので、いっその事ゼウスという
事にしようかと何件かの自転車屋さんに伺ったら、それでいいん
じゃないという事となりました。
ならば今のシールを剥がし、その時代のゼウスのシールを貼って
もらおうと、以前、ヴィンテージライドでお世話になった世田谷
のコルサコルサに相談したら、作ってくれますとの事。

さあ、シールを貼り直してなんちゃってゼウス完成させましょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

怪しいロードバイク

ゼウス ロードバイク?
またまた変なものをネットオークションで見つけてしまいました。
かなりのヴィンテージもののロードバイクです。

コルナゴのラベルが貼ってあり、シートチューブには amici と
ロゴが入っています。

コンポーネンツはゼウス製。
見る限りはかなりの年代物です。コルナゴに惹かれて、さらには、
今は無きスペインのゼウスのコンポーネンツに惹かれ、ついつい
入手をしてしまいました。そして、これが結構お手軽金額だった
のがさらにその気にさせてしまいました。
おかげでこれで、自転車4台目です。

さて、よくよく見ると何か変です。

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?
まず、COLNAGO のラベルですが、何となく曲がっています。
また、貼った時に細かい皺が寄ったのでしょうか、フレームと、
ラベルのシールの間に汚れが細かく入っています。コルナゴが、
自社の顔であるこの部分を、こんな貼り方はしないだろうと想像    
してしまいます。

ゼウス ロードバイク?
ステイの巻き方はコルナゴスポーツに似ています。

ゼウス ロードバイク?
フロントフォークの肩ラグはコルナゴスポーツとよく似ています。
が、その上のラグは、70年代のコルナゴスポーツにあるような
ハート型の抜き型がありません。

ゼウス ロードバイク?
また、 amici というシリーズをコルナゴでは出していないよう。

ゼウス ロードバイク?


ゼウス ロードバイク?
さらに CAMPIONE EMILIANO 1959 とありエミリアーノのロード
レースとコルナゴの関係も良く判りません。

ゼウス ロードバイク?
そして、ボトムには溶接の跡があります。
今まで、ここを溶接したバイクって見た事がありません。

ゼウス ロードバイク?
細かいところを見ていくと、ディレーラーワイヤーのボトム廻り
の処理は、古い年代の方式のようです。

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?
そしてフロントディレーラー、シフトレバー、ブレーキワイヤー
留めは直付けではありません。
また、ボトルをはめるボトルゲージの止め穴もありません。
写真にはありませんが、何故かリアディレーラーのワイヤー留め     
だけは直付けです。

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?
そして、クランク廻り、フロントとリアのディレーラー、シフト
レバー、トップチューブのワイヤー留め金具、ヘッドセットまで
全てゼウス製、さらにクイックレリーズ、サドルポストの留ねじ
に至るまでゼウス製、ついでにエンド金具もゼウス製です。

その他のコンポーネンツを見ると、

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?
ステムとハンドルは3T製。

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?
ブレーキはワインマン製。

ゼウス ロードバイク?

ゼウス ロードバイク?
そして、サドルはサンマルコのストラーダT。
亀の好きなサドルメーカーです。

さあ、この不可思議なロードバイク、どこ製なんでしょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR