FC2ブログ

ランドナーで行く北海道縦断 その1 トマム-新千歳空港

北の朝は早く、午前4時前から東の空は明るくなります。
今日は、北海道縦断その1 最後の日です。そして、今日は、
新千歳空港から飛行機に乗って帰るので、走る途中でトラブル
に見舞われて、乗り遅れたら大変です。更には、その走る距離
も今回の自転車旅行で最も長い距離となります。まあ、殆どが
下り基調なので楽ではありますが、もしも、途中でトラブルに
見舞われたら、飛行機に乗れなく、帰る事が出来なくなります。
なので、余裕をみて十分明るい午前5時に富良野を出発します。
余裕をみてはいますが、かなりの距離を走るので、心の余裕が
無い本日のサイクリングであります。

トマム-新千歳空港
と、いう事で、早朝に宿を出発します。
昨日は、最高気温26度と東京よりも高い気温となりました。
10日前に稚内に到着した時は、最高気温が7度と、真冬並み
だったのが、遥か昔の事のようです。そして、今朝はまた一桁
代の気温。年々気温の変化は激しくなっていくようです。

トマム-新千歳空港
雲の中を走ります。
早朝の道は、左右の森の中から様々な鳥の鳴き声が響き渡り、
気持ちの良いものです。

トマム-新千歳空港

トマム-新千歳空港
さて、占冠から道はふたつに分かれます。
どちらの道を進んだら良いか悩みます。暫し考え、遠回りには
なりますが、一番コンビニが近くて、川沿いのなだらかそうで、
山越えが無さそうな道を選んで進みます。

トマム-新千歳空港
暫く走ると、日高峠。

トマム-新千歳空港
しっかり山越えでありました。

山越え後は、下り基調の長い坂道となります。
この辺りの街道沿いでは、狩猟をする方が多いのか、狩猟犬を
飼っている家が多く見受けられます。何故なら亀がランドナー
で走っていると、あちこちから犬の吠え声が上がるから。
中には、リードを着けていない犬もいて、吠えながら走って亀
を追いかけてくる犬もいます。危なかっしいね。
でも、自動車には何故吠えないんだろう。

トマム-新千歳空港
さて、川沿いに下って行きますが、途中で、天気予報通りに、
雨が降ってきました。ポンチョを着て走ります。

トマム-新千歳空港
緩やかな下り坂です。

トマム-新千歳空港


トマム-新千歳空港
この辺りは競走馬の牧場が点在しています。

トマム-新千歳空港
川は、こんなに大きな流れになりました。
この辺り、アイヌ語を無理矢理に漢字に当て嵌めた地名が沢山
あります。
まるで「底之処世露死苦」みたい。

トマム-新千歳空港
可愛いバス停。

さて、海からは少し離れてはいますが、海と平行して走る、丘
の上の平坦な道を進みます。追い風に押され、ランドナーには
珍しく、時速30キロ以上で進みます。

トマム-新千歳空港
新千歳空港が見えて来ました。

トマム-新千歳空港
予定より、2時間以上も早く、新千歳空港に到着する事が出来
ました。今回の縦断の旅も無事終了です。

しかし、北海道って10%を越える坂道は稀なので、自転車で
走って楽しい所てすね。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く北海道縦断 その1落合-トマム

落合-トマム
さて、落合からトマム迄走ります。
その前に、今朝、富良野を出てからは順調に走って来たので、
この分だと、トマムにはチェックインのかなり前の時間に到着
してしまいそうです。なので、駅前の高台に在る神社の濡縁を
お借りして、軽く昼寝をします。

落合-トマム
高台に建つ小さな神社。この神社の佇まいを見て思い出した事
があります。
かつて、亀が高校生だった頃、高校の林間学校をクラブで借り、
何人かで合宿をした事がありました。その時の出来事です。
亀に好意を持っていた同じクラブの女の子から、クラブ合宿の
休憩時間に近くの神社に行かないと誘われました。亀はその時、
その女の子には、特段興味を持っていた訳では無かったのです
が、お断りするのも失礼に当るので、お誘いに乗ってその神社
迄散歩しながらのデートをしたのでした。
その神社が、今日の神社のような佇まいで、同じように高台に
在ったのでした。

で、そのデートですが、もう1人付いて来た人間がいました。
その女の子に好意を持っていた男の子です。
私達からは少し距離を開けて神社迄付いて来ます。私達の傍に
来る訳では無いので、追い払う訳にも行かず、自分も、神社に
散歩をしに来たんだと言われれば、それ迄です。

で、合宿が終わり少し経ち、この間のデートのお返しに、その
女の子に亀からデートを誘ったところ、彼氏が出来たからと、
断られてしまいました。
その彼氏というのが、先日の合宿の際に一緒に着いて来た彼女
に好意を持っていた男の子でありました。
そんな事を、この神社を見て、突然思い出してしまいました。
何だかこそばゆい感じのする思い出でありました。

さあ、昼寝をしてスッキリしたので、トマム目指して進みます。



落合-トマム
道は右と左に分かれます。
左は、昨年走った帯広に向かう道、右は、今回トマムに向かう
道です。

落合-トマム
道は緩いアップダウンを繰り返しながら、JR石勝線
に沿って森の中を進みます。

落合-トマム
途中、沢山の小川が本流に流れ込んでいきます。

落合-トマム
JR石勝線に沿って走ります。
線路が3本、面白い路線です。

落合-トマム
白樺も沢山見られます。
此処、北海道では、白樺花粉注意報が出される程です。

落合-トマム
暫く走ると、トマムに入ります。

落合-トマム
そして、背の高いふたつの建物が見えて来ます。
トマムリゾートです。
少し走ると、ヘリポートが見えて来ます。流石、トマム。

落合-トマム
そして、JRトマムの駅に到着しました。
駅は無人駅、此処に来る人の大半は、バスかハイヤーかヘリコ
プターのようです。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く北海道縦断 その1 富良野-落合

本日の宿はトマムで、そこまで走るのですが、ブログは途中の
落合迄。昨年、道東を走って、最東端の納沙布岬迄行った時に
出発したのが、その落合に在るJR落合駅であります。
その時に何故JR落合駅からスタートしたかというと、先々、
北海道最北端の宗谷岬から南に、北海道を縦断しようと思って
いたからであります。その際に落合を通るので、後々、宗谷岬
から落合迄下れば、北海道の最北端と最東端が、一本で繋がる
事となります。
更には、最西端と最南端迄行けば、縦断と東西南北の端っこを
征した事にもなります。

同じような事は、本州でも四国でも九州でもトライしていて、
既に九州はコンプリート済みであります。で、今日は、北海道
の最北端と最東端が繋がる日であります。

富良野-落合
と、言う訳で落合迄。

富良野-落合
昨晩遅くに降り出した雨は、明け方には上り今日も天気は良好
です。国道に出て、緩やかな上り坂を進みます。川沿いに上流
に向かって走ります。

富良野-落合
その川に流れ込む沢山の小川があります。

富良野-落合
今日も気持ちの良い森に囲まれた道です。

富良野-落合
さて、段々と山道となります。
しかし、付かず離れず、JR根室本線に沿って進むので大した
坂道ではありません。

富良野-落合
三の山峠というのだそう。手作り感満載の看板であります。
緩やかながらも、登坂車線がある坂道となります。
看板に書いてある通りです。

富良野-落合
長い坂道を上りここからは下り坂。
快調に進みます。
坂道を下って南富良野。道の駅でひと休みします。

そして、少し走ると、映画「ぽっぽ屋」のロケ地の看板があり
ました。今日は時間に余裕があるので立ち寄ります。

富良野-落合
駅舎。

富良野-落合
食堂。

富良野-落合
そして、ホーム側から見た駅舎。

富良野-落合
そして、映画のポスターにもなったホームから見た線路。

亀は、まだ、この映画を観ていませんが、帰ったら観てみよう
と心に決めたのでありました。

富良野-落合


富良野-落合
さあ、改めて出発です。緩い坂道が続きます。

暫し走ると以前来たJR根室本線の落合駅に到着しました。
昨年は、この駅から出発し、北海道最東端の納沙布岬迄行った
のでした。その時に落合駅を点検に来たJRの職員の方が言う
通り、まだJR釧路本線は、ここ迄、復旧していません。
しかし、亀は北海道最北端の宗谷岬から、自転車でここ迄来た
ので、鉄道に頼らずに最北端から最東端迄、繋げる事が出来た
のでありました。

さて、此処からは、北海道縦断をめざしてトマム迄走ります。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く北海道縦断 その1 旭川-富良野

今日は富良野迄。幸いな事に晴天、綺麗な景色が望める筈です。

旭川-富良野
旭川から真っ直ぐで平坦な道を進みます。流石に北海道第2の
都市、旭川だけあって交通量は多く、ひっきり無しに自動車が
ランドナーを追い越して行きます。

旭川-富良野
ても、路肩は広く、自転車の走行ラインのマークが道に記され
ています。

直線道路の先々には、残雪を残した大雪山が待ち構えています。
そんな道を暫く走ると、美瑛の町となりました。

JR美瑛駅近くの道の駅で、休憩しながら富良野周辺の見所を
確認します。富良野といえば、波打つ丘に色とりどりのハーブ
が咲き、他には観る事が出来ない景色が北海道を代表する景色
となっています。この時期、まだハーブの花は咲いていません
が、その波打つ丘の景色を見てみたくなります。
道の駅で調べると、此処には、「北西の丘」、「四季彩の丘」、
「青い池」という景色の良い名所が在るようです。

で、まずは「北西の丘」。駅の北側の丘の上に在るようなので、
丘を上がります。丘は40メートル位はありそうです。丁度、
三浦半島の「ソレイユの丘」と同じ位の高さの丘です。また、
その丘に上がる道も、京急三崎口駅に近い方から上がる、少し
キツい坂道と同じような傾斜のある坂道で、北海道では珍しい
少しキツい坂道でありました。

旭川-富良野
坂道を上がると、こんな景色。
まだ、季節が早く、畑の土起こしをしている最中なので、畑は
色とりどりではありませんが、麦の青々とした葉の色と空の色
のコントラストが綺麗です。

さて、「北西の丘」を目指します。

旭川-富良野
波打つ丘に沿って、波打つアップダウンのある道を進むと駐車
場があり、畑の向こうには大雪山が望めます。
看板に「ケンとメリーの丘」とあり「ケンとメリーの木」とも
書いてあります。昔、自動車を持つ事が若者のデートアイテム
の必須条件だった頃、誰もが憧れたデート自動車の最高峰の、
スカイラインのCMが撮られた場所なのだそうです。

旭川-富良野
折角なので、ランドナーで記念撮影。

そして、近くに在る「北西の丘」に向かいます。

旭川-富良野
見晴らし台からの景色。
これが夏になり、色とりどりのハーブの花々が咲き誇ったら、
さぞ見事だろうと想像されます。でも、そんな季節は人で溢れ
返っているので、綺麗な景色の写真は撮れても余計な人も一緒
に写ってしまいます。世の中、上手く行かないものです。

さて、この辺りは、自動車のCMだけでは無く、煙草のCMも
撮られた事で有名です。そんな場所を捜して走ります。

坂道を上がって、自転車を押して歩く女性の方を追い越します。
先程、すれ違い挨拶をした方です。その方を追い越して綺麗な
景色を撮っていたら、その女性がやって来ました。
電動ママチャリでもクロスバイクでも無くて、普通の軽快車を
押したその女性の方と暫し立ち話をします。
彼女は、この丘の坂道に体力が追いつかずに、自転車を押して
歩いていたんだそう。自転車に乗り慣れていない人にとっては、
この丘の起伏にとんだ坂道は、電動アシスト自転車でなくては
辛いかも知れません。

旭川-富良野

旭川-富良野

旭川-富良野
そんな彼女に、煙草のCMに撮られた場所を伺って、先を目指
します。
その方は、既に、その煙草のCMを撮られた場所には行かれた
そうなので、此処で失礼して進みます。
その場所は2箇所、ひとつは、丘を下りまた上がった遥か彼方。
もうひとつは見えてはいるものの、かなりの距離があります。
ふたつとも行ったら、その女性の方と同じように、ランドナー
を押す破目になりそうなので、此処から見える景色を撮影して、
丘を下ります。

旭川-富良野
先程、丘の上のアップダウンをうろうろ走ったせいか、もう、
丘の上をうろうろするのは十分堪能したので、もう良いかと、
いう事で「四季彩の丘」はパス。「青い池」を目指します。
丘を下り、川沿いのサイクリングロードを走ります。
川沿いの道を川の上流に向かって走るので、緩やかな上りが
地味に足に来ます。
そのサイクリングロード、走る先々に標識がありす。
「美瑛センチュリーライド」コースと書かれています。先程の
丘の上の道にも同じ事が書かれていました。あ~此処が、あの
有名なサイクルイベントのコースかと、感慨に耽りながらも、
地味に続く傾斜のあるこのコースに、皆様、御苦労な事だなと
他人事に感じる亀でした。

さて、その「青い池」。
地味に続く傾斜の緩い道が17キロも続きます。もういいかと
思った頃、ようやく到着です。

旭川-富良野
道は綺麗なんですけどね。

駐車場は、このコロナでの緊急事態宣言が出されたので閉鎖中。
それでも何台かの自動車は駐車場の外に路上駐車していました。
自転車は、その先にサイクリングロードが続いているので乗り
入れられました。

旭川-富良野

旭川-富良野

旭川-富良野
駐車場閉鎖という事で、そんなに混雑していない「青い池」の
前にランドナーを置いて記念撮影をする事が出来ました。

旭川-富良野
さて、時刻も良い時となったので、本日の宿泊地である富良野
に向かいます。

旭川-富良野
富良野とこの池は、美瑛からは向かう方角が違うので、県道を
峠越えで走ります。この峠越え、傾斜は 5% とさほどキツく
はないのですが、地味に長いので足に来ます。その分、下りも
緩い坂道が地味に長く続くので、ダウンヒルを楽しめます。

そして、国道よりは交通量の少ない県道を進み、富良野に到着
しました。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く北海道縦断 その1 名寄-旭川

今日は、北海道に来て初めての、緊急事態宣言重点地域である
都市部の旭川市に向かいます。

で、その前に、ランドナーのスポークが無事復旧出来たかが、
心配です。
昨日、訪ねた自転車屋さんの店主は、手組ホイールの経験豊富
だという事と、スポークのネジ切りの工具を持っている事は、
昨日の会話の中で確認済みですが、肝心のスポークの在庫が、
あるかどうかが心配です。今朝午前9時に電話を下さいとの事
だったので、その時点で、スポークの在庫が有るかどうかが、
この先の予定に大きく関わります。

で、電話をしたら「もう、直りましたよ。」との事。流石です。

最近は完組ホイールが多くて、手組みが出来る自転車屋さんも
少なくなっていると思います。ましてや、スポークのネジ切り
を持っている自転車屋さんも稀でしょうが、今回は運よく全て
パーフェクトでした。此処にこんな自転車屋さんがあるよって、
教える為にスポーク3本切れたとしか思えません。
でも、これからは、旅先でスポーク折れたら、自分で直すか、
旅行を取りやめるか、紐でスポーク縛って騙し騙し走るか、の
何れかになってしまいます。二番目の場合だと、自転車の後に
「日本縦断中」というサインでは無く、「自転車修理承ります」
とした方が良いかも知れません。しかし、それは、本来の主旨
では無いんですけどね。
もっとも、今現在、「日本縦断中」というサインも付けていま
せんけど・・・
でも、そのうち付けちゃうかも知れません。

さて、ランドナーも無事回復したので、予定通り旭川目指して
進みます。本日は昨日の雨とは打って変わって晴天、気持ちの
良い朝です。そして、今日は100キロ越えの距離ではないの
で、国道を避けて県道をのんびり走ります。

名寄-旭川
この辺りは米処のようで、手前に麦畑、その奥には、これから
田植えを行う水が張られた水田があり、代かきを行っている所
もありました。本州に比べて一月殆ど遅いのでしょうか?
そういえば、花々の開花も本州と比べると一月以上遅いよう。
鶯も啼いています。そして、この辺りでも、山々にはまだ雪が
残っています。

名寄-旭川

名寄-旭川

名寄-旭川
北海道らしい景色となりました。



名寄-旭川
丘陵地帯を過ぎ、国道に合流します。
昨日迄の国道とは違い、自動車の交通量が増えてきました。
ロール状にした牧草や、伐採した木材を積んだトラックが多く
なってきました。東北で見た木材を積んだトラックは、皆、後
に木材を積み上げたり下ろしたりするアームが付いていました
が、此処ではそれがありません。その地域地域で運搬スタイル
が違うようです。
また、浜頓別から此処迄、蝦夷鹿もキタキツネも見ません。
以前走った道東では、何処でも蝦夷鹿を見る事が出来たので、
何処でも居るものだと思っていたのですが、北海道は何処でも
蝦夷鹿やキタキツネが見られる訳ではないようです。

緩いカーブを描きながら、緩い起伏の丘が続くアップダウンの
道を進みます。

名寄-旭川
JR宗谷本線を跨ぎます。

名寄-旭川
やがて、JR宗谷本線の線路と平行して走る緩やかで長い坂を
上り塩狩峠となります。線路と並行して峠を越えるので大した
坂道ではありません。
此処はまだ八重桜が残っていました。

名寄-旭川
長い直線道路が続きます。

名寄-旭川
向こうに見えるは、大雪山。

暫く走ると旭川の市街に入ります。

名寄-旭川
そして、かなり走ってJR旭川駅に到着しました。今日の宿は
すぐ近くです。

さて、本来であれば今夜は旭川の居酒屋で地元の方と触れあい、
締めは旭川ラーメンを頂きたいところではありますが、本日も、
ホテルの部屋での孤食となってしまいます。
今迄、このコロナが蔓延していない頃は、地元の居酒屋さんで
「自転車で旅行しているんですよ」とお話をすると、10分も
しないうちに、お店にいたお客さん全員と、お友達になれたの
ですが、今はそれが出来ません。
また、この旭川には、以前仕事で半月程滞在していた事があり、
その間に、あちこちの旭川ラーメンを食べまくった事があり、
その時に一番好きになったラーメン屋さんに、また今回も食べ
に行きたいと思っていたのですが、それも、極力人との接触を
避けたいので我慢しなくてはなりません。

つまらない世の中になったものです。








にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く北海道縦断 その1 浜頓別-名寄

さあ、今回の北海道旅行で一ニを争う山道のコースです。

浜頓別-名寄
今日も小雨が降っています。おまけに濃霧、今日は、風が無い
せいもあってか暖かです。昨日の寒さを考えて使い捨てカイロ
をTシャツに貼り付けましたが、暖かでダウンベストやウインド
ブレーカーを脱いで、ポンチョを羽織って進みます。

浜頓別-名寄
道端を見ると、あちこちに水芭蕉が咲いています。そこいら中
が水芭蕉の群生地です。昨日、宿の方に伺ったら、此処ら辺り
の人は水芭蕉は雑草の類なのだそう。「夏の思い出」という、
尾瀬の水芭蕉を歌った歌詞を聞いて、何で雑草を見て有り難が
るんだろうだろうと不思議に思っているそうです。
さらに、花が落ちて葉が大きく成長すると、まるで、でっかい
白菜みたいです。どうやら見ていた夢は、大きな葉になる事の
ようです。

また、大きな蕗も北海道から東北にだけ生えている植物です。
この蕗の葉は大きく、雨が降ったら傘の代わりにもなるような
大きな蕗です。この大きな蕗の葉を持つ人の絵や写真を初めて
見た人は、小人が蕗の葉を持っていると勘違いしてしまいそう
です。
この大きな蕗の葉を見た人が作り出した話がコロボックル伝説
だと、亀は確信しています。

浜頓別-名寄

浜頓別-名寄

浜頓別-名寄
さて、霧雨の中を進みます。
山々には残雪が残ります。その山の稜線に沿って濃い霧が絡み
合い、それはそれで風情があります。が、出来れば、カラッと
晴れた青空を背景にした白い残雪の景色も味わいたいものです。

浜頓別-名寄
道は、昨日のような小さいアップダウンが続く道では無くて、
傾斜が緩やかながらも長い坂道が続きます。昨日、宿の方から、
アップダウンはそんなに無いので楽ですよと云われていたので、
気を抜いていたら裏切られてしまいました。
多分、その宿の方、自動車には乗っても自転車には乗らない方
かも知れません。自動車で楽に運転出来るのと、自転車で楽に
走れるのは訳が違います。以前も四国の最西端の佐田岬を走り、
その翌日、八幡浜方面に向かう際にも、宿の方から昨日よりは
楽ですよ。と云われてたのですが、佐田岬程ではありませんで
したが、決して楽ではありませんでした。
やはり、その方も自動車で走り慣れた道だったのでしょう。

浜頓別-名寄
そんな霧雨の中、道の駅に立ち寄ります。
温かい蕎麦を頂き自転車を点検すると、スポークが3本、頭の
部分が無くなっています。

浜頓別-名寄
以前、ハワイのホノルルセンチュリーライドの時にもスポーク
を折ってしまった事があり、その時はブレて振動するホイール
で何とか100km以上を走り終える事が出来たので、今回も、
無理をしなければ、今日の宿泊地の名寄迄は、頭が無くなり、
ブラブラとしているスポークを、紐で縛って、そのスポークが
ディレーラーに絡まないようにして進みます。

浜頓別-名寄
雨は止み、晴天と迄はいきませんが、雨は落ちてきてはいない
ので、ポンチョを脱いで走ります。

浜頓別-名寄
北海道らしい直線道路が続きます。
この丘を越えると名寄市街になる筈です。

そのうち、名寄の市街地となります。
予め、グーグルマップで調べた、本日宿泊するホテルの近くに
在る自転車屋さんへと向かいます。自転車屋さんの店主は、亀
より、一回り上とお見受けする白髪の方、頭の無いスポークを
見て、これだと何ミリかなと呟いています。この方にお願いを
して間違えないようです。ネジ切りして合う寸法のスポークの
在庫があるか調べて頂き、明日の朝、こちらから連絡して交換
が可能かどうか分かるようにして頂けるとの事で、ランドナー
を預けて宿泊するホテルに向かいます。

ホテルは、自転車屋さんから歩いて数分の距離、また、目の前
にはスーパーマーケットが在りました。一昨日より、緊急事態
宣言が北海道全土に出され、医療機関も逼迫している中、極力
人との接触を避ける為に、ホテルの部屋での孤食をと、思って
いたので助かります。
アクシデントは様々ですが、まあ、それに対応するお膳立ては、
しっかりと出来ているものです。
明日は、直ったホイールで走る事が出来ますでしょうか?

-------------------------------------------------

Today's topic is "Rare plants in Hokkaido"

Rare plants grow in Hokkaido.

First, skunk cabbage is Mizubasho.

Looking at the roadside, skunk cabbage is blooming here
and there in Hokkaido. In there, the puddle on the road
side is a colony of skunk cabbage. A ccording to locals,
people living in this area consider skunk cabbage to be
a kind of weed.
And when they heard the lyrics of a song the Honshu peo-
ple singing Oze's skunk cabbage,
That’s called "Summer Memories,"
People living in this area are wondering why the Honshu
people are fascinated.

When the flowers of this skunk cabbage fall and the lea-
ves grow large, it becomes like the large white vegetable
is Hakusai.

It seems that the dream that skunk cabbage had was to
become the big leaf of Hakusai .

And a big butterbur is called Fuki in japanese.

Large butterbur is also a plant that grows only from Ho-
kkaido to Tohoku. The leaves of this butterbur are large
and can be used as an umbrella when it rains.

People who see this big butterbur for the first time may
mistake it for a dwarf to have butterbur leaves.
I think that’s the origin of The legend of Koro-bokuru,
the story of the lie created by the person who saw this
big butterbur leaf .


That's all Thank you.






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

三連勝で行く ご近所激坂巡り

さて、三連勝姑息な大人のトリプル仕様。前回、その試し乗り
で、ご近所を緩くポタしたのですが、平坦な道での緩~いポタ
だったので、一度もトリプルチェーンリングのインナーの一番
小さな 30T に落とすことなく走り終えてしまいました。

これでは、試し乗りにはなりません。

なので、再度試し乗り。
今回は、嫌が応でも使わざるを得ないトリプルチェーンリング
のインナーの一番小さな 30T の有難さを感じる20%前後の
斜度の激坂を巡ります。ざっと数えただけでも、小1時間程度
で巡れる範囲で6つもあります。坂バカだったら、とても良い
住環境と思うのでしょうが、坂バカでは無い、亀にとっては、
とても良い住環境とは思えないのでありますが、今回のような
トリプルチェーンリングのインナーの一番小さな 30T の試し
乗りでは、とっても素晴らしい住環境といえます。

で、試し乗り。

ご近所激坂巡り
まずは、三ツ池公園近くの坂。
この間、散歩していて偶然見つけた坂道です。
初めて上がる坂道は、途中で足付きになってしまうかどうかが
分からずにとっても不安でありますが、流石、30T に 23 T
ゼーゼーはしましたが、問題無く足付きなしで上がれました。

この道、散歩の時は、道の突き当りを下ったので道に迷う事は
無かったのでありますが、上がる時は何の目印も無い、いくつ
か在る脇道の中のひとつを曲がり、その道の先にあるカーブを
曲がった見えない先の所からいきなり激坂となります。
上がった後で写真を撮っていたら、軽自動車のワゴンがグオン
グオンとエンジンを吹かせながらローギアで上がって来ました。
知らない人が、道を間違えて自転車で来てしまったら、間違え
なく後悔するであろう道です。

でも、その後に電動ママチャリに乗った女性の方がすいすいと
上がって行くのを目撃してしまいました。
電動ママチャリ恐るべしであります。

ご近所激坂巡り
さて、次は、下って三ツ池公園のいつものゼーゼー坂。
此処は、 42T の 23T でも、何とか上がれるので、特段不安に
なる事はありません。まあ、フロントをインナーの一番小さな
30T に落とす事は無いのですが、折角の試し乗りであります
ので、その 30T に 23T で上がります。
そのおかげか、写真を撮り終えた頃軽くゼーゼーし始めました。
なので、 30T で上がると、時間差ゼーゼー坂となります。

ご近所激坂巡り
三ツ池公園、いつも定点撮影ポイント。
今日は、雨上がりの絶好の晴天日です。

ご近所激坂巡り
で、その次。
此処も、前回、見つけた坂道ですが、足付きなくクリアー。
最初の坂道よりも、傾斜は若干緩いようです。

ご近所激坂巡り
さてさて、次は、東芝グランドを巡る兜塚の激坂。
まあ、此処も何度も来た坂道なので、特に心配は無し。
でも、42T の 23T だと、立ち漕ぎしないと、2回に1回は
足付きとなる、距離こそ短いながらも侮れない坂道です。
で、トリプルチェーンリングのインナーの一番小さな 30T
で上がると、案外楽に上がれます。

ご近所激坂巡り
そして、距離は2m弱ながらも最も斜度がキツい40%以上
あるミニ激坂。
此処からは、天気が良いと東京スカイツリーが臨めます。

ご近所激坂巡り
で、最後の坂道である大倉記念館の坂道。
大倉山駅の脇を上がっていくのですが、駅の脇のまっすぐな
坂道は、それなりにキツイのですが、角を曲がった先からの
坂道が傾斜が緩そうに見えて、実は、結構な傾斜が長く続く
侮れない地味ないやらしい坂道です。今回の6か所の激坂で、
一番キツく感じる坂道であります。
実は、この写真を撮った先にも樹々に囲まれて坂道の様子が
分かりにくい上り坂が100メートル近くも続きます。

でも、不思議なのは、地味ではありますが傾斜がきついこの
坂道は、激坂の特徴である、道路に沢山開いた丸穴がありま
せん。
最初に上った20%を超える激坂も道路に丸穴はありません。
しかし、その後で上がったみっつ目の三ツ池公園を出た後の
思った程キツくない坂道には丸穴がありました。

丸穴の基準って何なんでしょうね。

丸穴がないので、この坂は楽かもと自転車乗りをおびき寄せ、
予想に反して傾斜のきつい激坂を苦しむ自転車乗りの様子を
楽しむ、道路に面したお住まいの方々のご要望に応える行政
サービスの一環であり、また、そんな自転車乗りを貶める、
道路作りのお役所のご担当者のサディステックな役得なので
ありましょうか?

で、三連勝 姑息な大人のトリプル仕様の試し乗り。無事に
6つの激坂、足付きなしで上がれました。

おしまい。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保

昨年、まだ、こんなにコロナが蔓延していない頃、気を付けて
ではありますが、旅行にも行けた頃のお話しの続きです。

さて、本日は今回の旅行の目的地である九州最西端の神崎の鼻
に向かいます。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
今日は、昨日とは打って変わって、真冬のような寒さです。
また、北風も強くて走っていると涙が出てくる程です。念の為、
ダウンのベストを持って来たので、それをウインドブレーカー
の下に着て嬉野温泉から下りますが、全然暖かくなりません。
コンビニで、使い捨てカイロを買ってシャツに貼り付けますが、
大して変わりません。寒い思いをしながら国道34号線を走り
ます。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
新しい線路を造っているようです。
後で調べたら、九州新幹線を長崎迄、延長する工事をしていた
でした。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
海沿いの道に出ました。
大村湾を囲うように山並みが続きます。
明日はあの先の長崎市迄走ります。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
海沿いを走るJR大村線と平行した道を進みます。

此処迄の道は比較的緩やか。
走り易い道ですが、段々とアップダウンは厳しくなってきます。

やがて、本日宿泊する佐世保市に入ってきました。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
坂道を上がって下ると、立派な建物が見えて来ました。
ハウステンボスです。
ハウステンボスは、長崎市に在るとすっかり思い込んでいたの
ですが、佐世保市に在るんですね。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
そして、佐世保市街に入ります。
斜度10%近くある、傾斜のキツい長い上り坂を上って、一山
越えて下り、また、上がって下って佐世保駅が見えて来ました。
此処からまた海沿いのSSKバイパスから県道11号線を走り
ます。そして、岬に繋がる道を曲り、坂道を上がります。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
造船所、船を造るのをこんなに真近に見れる場所は、早々在り
ません。
皆さん、大きなプラモデルの船を造っているみたい。
楽しそうです。

形の良い山が見えます。
九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
段々と道は険しくなり、岬へと繋がる道を進みます。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
大抵の端っこに通じる道は、こんなものです。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
で、岬の稜線の上の道を走ります。
左手には、九十九島が見えます。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
そして下って港に着きました。
さて、九州最西端の看板を探しますがありません。
地図で確かめると、目指す九州最西端の神崎の鼻のひとつ手前
の岬でありました。

また、上がらなくてもよい坂道を上り、下らなくてもよい坂道
を下ってしまいました。

さて、戻ってアップダウンの続く道を走り、目的地である神崎
の鼻を目指します。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
また海沿いの道を進みます。先程の岬への道よりは緩やかです。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
目的地の看板が見えてきました。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
そして、最西端に到着です。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
此処は九州最西端であると同時に、島を除く、日本四州の本土
最西端の地であります。看板にも九州最西端とは書いておらず
に本土最西端と書いてあります。
 
此処は、漁港の端っこにちょこんと在り、最先端にはお馴染み
の灯台がありません。また、他の端っことは違って、ここ迄の
道筋には、ずっと民家や事業所の建物が立ち並んでいます。
何だかちょっと拍子抜けであります。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
そして、此処からの眺め。
五島列島が続きます。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
海中遊歩道。
海の中を歩くんでしょうか?

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
本土最西端と書いてある看板の脇に建つ本土最西端の民家。

九州最西端 嬉野-神崎の鼻-佐世保
そして、本土最西端の港。

さて、来た道を戻ります。
帰りは違う道、国道204号線で佐世保市迄戻ります。
この道、行きの県道11号線よりも山並みの中を走るのですが、
てっきり、行きよりもキツい坂道を、上がったり下ったりする
のかと思ったら、案外と緩やかな坂道でありました。
行きもこの道を走ればよかった。

そして、長いダウンヒルを下り、佐世保市街にと到着しました。
本日は、端っこに在りがちなトリプルのチェーンリングの一番
小さな 30T を使う事無く走る事が出来ました。
そして、九州縦断と、東西南北の最先端を極め、コンプリート
する事が出来ました。

これで、ひとつの目標を達成する事が出来ました。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

三連勝で行く 三浦春のパン祭り2021ならぬ春の三浦ヴィンテージライド

ようやく、自転車再開であります。
今日は、これまた久しぶりの三浦半島に向かいます。
1年振りでありましょうか?

昨年と同様、今年も「三浦春のパン祭り」と称して三浦半島の
美味しいパン屋さんと、長井のつみれ汁を頂きに、三浦半島を
4月になったら走ろうと思っていたのですが、そんな矢先の事、
ジャパンヴィンテージライドの、三浦ランイベントのお誘いを
頂きました。なので、「三浦春のパン祭り2021」ならぬ、
「春の三浦ヴィンテージライド」となりました。

集合場所は横須賀、自走で行こうかどうか悩みましたが、この
3ケ月一度も自転車に乗っていなかったので、久しぶりに長い
距離を走るのもどうよ?と思われます。更には、今回は決して
自分からは行こうとはしない、湘南国際村の上がりがイベント
に組み込まれています。なので、ここは無難に輪行とします。

横須賀中央駅で、三連勝を組み立てます。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
丁度、同じ電車で来られた方が自転車を組み立てていたので、
ご挨拶。この方はトーエーのスポルティーフで参加をされるの
だそうです。後で知ったのですが、今回のイベント参加者の中
で最高齢の70歳を少し超えた、ベテランサイクルストであり
ました。

さて、会場にはいつもの皆さんが集まっています。
今回は、以前、幻の東京オリンピックマラソンコースを一緒に
走ったKさんをお誘いして現地で待ち合わせをしています。
Kさん、お若いのに、ヴィンテージバイクにとても興味を持た
れていたので、お誘いしたら、ぜひ参加したいとの事でした。
またひとり、深い沼に引きずり込んでしまいました。
今回のライドイベントのドレスコードは、カーボンでの参加も
OKなので、Kさん、愛用のカーボンで参加であります。

本日のコースは、毎度お馴染みのコース。
三浦半島の先端に在る、マルコさんお気に入りの畑の中の砲台
跡に続く未舗装道路を走り三崎港から小網代でランチ。そして、
最後は湘南国際村迄の上りで、お腹いっぱいになるコースです。
天気が妖しいので、スタートを予定より早めて午前7時半出発、
解散は、午後3時と時間は軽めながら、中身は濃厚なコース。
坂道が好きな方には嬉しいコースですが、坂道の嫌いな亀には、
あまり嬉しいコースではありません。なので、今日のホイール
はスプロケット26Tでの参加であります。

今回も古い自転車が集まっています。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
2台のプジョー。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
本日のランは、皆、桜の造花を付けて走ります。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
本日のコースを説明するマルコさん。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
お馴染みTさんは、桜に合わせてピンク尽くめ。


天気予報とは裏腹に空が晴れてきました。さあ、出発です。




今日は以外と道が空いている三浦海岸沿い。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
松輪の坂道を上がり畑の中を少し走ると東京湾が見えてきます。




そして、畑の間を走る道。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
急な坂道を上がり、下ります。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
砲台の前で記念撮影。
ここはマルコさんの一番のお気に入りの場所なのだそう。

で、畑の周りの激しいアップダウンの道を楽しんだ後は、本日
のランチ会場である小網代に向かいます。
三崎港から海沿いを走り、またまた急な坂道を上がり、裏道の
アップダウンの重なる道を進ん到着します。
食事会場はコロナ禍を配慮して屋外のテラス席。樹々に囲まれ、
爽やかな心地で、ランチを楽しい会話を満喫します。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
地元の魚の海鮮丼。

さあ、食後のドルチェ、湘南国際村が待っています。

8%の坂を上がります。フロントインナー42T、リア26T
で上がります。しんどい思いをしながらも、途中のコンビニ迄、
頑張って足を着かずに上がりましたが、この3ケ月のブランク
は大きいものがあります。ギア2枚分はあります。

で、此処で休憩をして、最後の上がりを進むのかと思いきや、
天候を考慮して予定を短縮して下ります。
まだ、先があると思っていた亀は肩すかし。ちょっともの足り
ない思いであります。

ジャパンヴィンテージライド 三浦2021
で、無事に事故無く、集合場所迄戻ってきました。
最後にチューリップの咲く公園の花壇をバックに、1人ひとり
の写真を撮って解散となりました。
幸いにも雨に合わずに終える事が出来ました。このイベント、
回を重ねる毎に、スタッフの方の細やかな対応が充実し、安定
したホスピタリティでご対応頂けるので、毎回、安心して楽し
めるイベントです。人生を謳歌するのが信条とするイタリア人
のマルコさんを中心に、コルサコルサの方々、ヴィンテージの
自転車を愛する大人の参加者が相まって、楽しい一時を過ごす
事が出来ます。
今回も、大変楽しい思いをさせて頂きました。
皆様、ありがとうございました。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 九州縦断 その2 阿久根-鹿児島

さて、今日は鹿児島市迄の約80kmの道程を国道3号線に沿い
走ります。

阿久根-鹿児島
お洒落な外観の阿久根駅から出発します。

阿久根-鹿児島
暫くは、肥後おれんじ鉄道の線路に沿って、海の近くの高台の道
を走ります。

阿久根-鹿児島
遙か向こうが鹿児島市です。

阿久根-鹿児島
薩摩高城駅。
駅の向こうには、大きな鮃の養殖場が在ります。

そして、道は山間部に入って行きます。
今日は、強い追風に押されて軽快に走ります。
上り坂も電動自転車みたいに楽々と上がって行きます。
スプロケットのギア2枚分得した感覚です。

阿久根-鹿児島
そして、薩摩川内市に入ります。
原子力発電所が在る街です。此処も原子力発電所の在る街に共通
する、整備された広い道路と立派なビルが並んで建っています。
そして、人通りはありません。

阿久根-鹿児島
そんな街を後にして、更に進みます。

阿久根-鹿児島
此処では、登坂車線とはいわずにゆっくり車線というのだそう。
いいね。

阿久根-鹿児島
今日初めて見る、九州新幹線の線路。

阿久根-鹿児島
山沿いのアップダウンの道となりますが、追風と昨日の道よりも
アップダウンは緩やかなので、大した苦労もなく快適に走ります。
また、今日は土曜日のせいか、国道を走っているのに自動車の数
は少なくストレスが無いのも快適な理由のひとつかも知れません。

いちき串木野市を過ぎ、伊集院迄来ました。
鹿児島市迄はもうすぐです。

阿久根-鹿児島
いくつかの小さな峠を超えて、鹿児島市の看板が見えてきました。
これが多分、最後の峠になるはずです。
そして、傾斜は緩やかものの、長い下り坂を下って行きます。
こんなに高く迄上がっていたのかと驚く程の長い下り坂です。
途中、キャンプ道具を積んだ自転車で坂道を上がっていく、若い
男性に頭で挨拶をし合います。単独でのキャンピングです。
このところ、若い方が乗るキャンピングの自転車を、あちこちで
時々見掛けます。また、キャンピングでの自転車旅行が流行って
いるのでしょうか?

長い坂道を下ると街が見えて来ました。
鹿児島の市街地に入ります。

阿久根-鹿児島
川沿いの道を進み、鹿児島中央駅に到着します。

阿久根-鹿児島
そして、桜島。
写真で見るよりも大きく感じます。

さて、快調に走ってきたおかげで予定よりもかなり早く鹿児島市
に到着してしまいました。この時間ではホテルにチェックインは
出来ません。なので市内観光をしようと思います。
ちょうど本日の宿の近くに「鹿児島市維新ふるさと館」がある事
を知ります。なので、そこに向かいます。
と、西郷隆盛生誕の地の看板を見つけました。

阿久根-鹿児島
此処がその場所。
後で、「鹿児島市維新ふるさと館」での解説で知ったのですが、
西郷隆盛が生まれ育った家のすぐ近くで、大久保利通が生まれて
います。それだけでは無く、歩いて10分も掛からない場所に、
維新で活躍した人達が生まれ育っています。
いわば、皆、幼なじみの間柄。物凄い密集度であります。

阿久根-鹿児島
さて、「鹿児島市維新ふるさと館」を見学します。
受付をして、まず目に飛び込んで来たのが、受付脇のテレビ。
鹿児島市のプロモーションビデオが流れています。上野の銅像に
あるような浴衣姿の西郷隆盛に扮した若いお兄ちゃん達数人が、
鹿児島市のPRソングに合わせて踊りながら、鹿児島のあちこち
の名所で、おかしなパフォーマンスをするのですが、その動きが
体操選手並みのハイレベル。思わず釘付けになってしまいました。
後で調べたら、ユーチューブにもアップされていました。


ご興味ある方はどうぞ。

そして、館の展示内容やシアターの上映コンテンツ等、なかなか
の出来栄え。現役の頃の亀は、この手の仕事をしてきたので少し
は詳しいのですが、なかなかこんなレベルの高い展示館はありま
せん。すっかり良い時間を過ごされて頂きました。

阿久根-鹿児島
そのすっかり良い時間を過ごされて頂いて、良い気持ちになった
ので、この手の展示館には珍しいミュージアムショップで、西郷
隆盛が飼っていた「ツン」という名の愛犬をモチーフにした木製
マグネットを、ついつい買ってしまいました。
でも、「ツン」という名前、変な名前。

さ~て、これからホテルにチェックインして、ゆっくりお風呂に
入り、鹿児島の美味しい料理を頂く事とします。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 九州縦断 その2 蔵之元-阿久根

蔵之元-阿久根
さて、天草の牛深からフェリーに乗って長島という島の蔵之元に
渡り、その島からは橋を渡って、今日の宿泊地である阿久根迄、
向かいます。

フェリーを待つ間に、フェリー乗り場の休憩室の隣にある展示室
を拝見します。展示室の真ん中に、大きな地図があり、江戸時代
の海運航路が描かれています。

よく、「北前船」と呼ばれていますが、あれは間違えで、本当は
「北国廻船」と呼ばれた日本海側の海運航路を指します。
で、日本海側の海運航路だけでなく、太平洋側や瀬戸内海や九州
も含めた航路を走る船の名前は「北前船」ではなく、「弁才船」
と書いて「べざいせん」呼ばれていました。
で、ここの地図に描かれている航路の説明も、ちゃんと「弁才船」
となっていました。

更に、その地図には、各地の寄港地と各地の民謡の音頭が記載を
されています。そして、その音頭の発祥となったのが、この牛深
の「ハイヤ節」なんだそうです。
へぇ~。
この牛深の地は、江戸時代、海運の寄港地として、鹿児島と長崎
の間を繋ぐ重要な場所で、大変栄えた港だったそう。その栄えた
港で作られた「ハイヤ節」があちこちに拡がっていき、各地の音頭
のルーツとなったんだそうです。

蔵之元-阿久根
さて、フェリーがやって来ました。

蔵之元-阿久根

蔵之元-阿久根

蔵之元-阿久根
穏やかな八代海をフェリーは進みます。

蔵之元-阿久根
で、蔵之元港に到着しましたら、いきなりの大歓迎。

蔵之元-阿久根
天草とは違い、傾斜がキツくて長い坂道です。

蔵之元-阿久根
景色はいいんですけどね。

蔵之元-阿久根
あの尾根幹よりも傾斜がキツくて長い坂道のアップダウンが続く、
エグいローラーコースターロード。
こんなアップダウンが延々と続きます。
遙か彼方迄見通せる斜面に、一筋の道が下がって上がって斜面の
向こう側に消えて行きます。気持ちが萎えてきます。
そして、こんな道が延々25kmも続くのでした。
この道、ひとつもトンネルが無く Ride with GPS の獲得標高と
最大斜度は、正味の数字となります。以前走った、四国最西端の
佐田岬よりは楽ですが、やれやれです。

暫くそんな道を走ります。

蔵之元-阿久根
と、石垣と白い塀に囲まれた、まるでお城みたいな民家。
今迄、色々な豪邸見ましたが、こんなの初めて。すんごいな~。

まだまだアップダウンは続きます。
そんな坂道を上がっていると、展望台に停車している自動車の脇
で、双眼鏡を手にした男性の方から声を掛けられます。
走るのを止めて、展望台の方に向かいます。
お話をすると、亀よりも6歳程歳上のその方、若い頃ランドナー
を持って、あちこち走られていたそう。で、亀が、ランドナーで
走っているのを見て、懐かしくなって声を掛けられたんだそう。
あちこちをこのランドナーで走っていると、同じような事がよく
あります。ランドナーで走る楽しみのひとつでもあります。

蔵之元-阿久根
狭い海峡と渡ると、九州にまた戻ります。

蔵之元-阿久根
この橋を渡ると、九州です。
そして、鹿児島県に入ります。生まれて初めての鹿児島。
これで、まだ行ってない県は、高知県と宮崎県だけとなりました。

蔵之元-阿久根
さあ、国道3号線の表示が見えて来ました。本日の宿、阿久根迄
はもうすぐです。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 九州縦断 その2 黒川温泉-八代

さて、二日目は黒川温泉から阿蘇を巡って八代迄走ります。
今日は100km超えのコース、ランドナーにとっては少し長い
距離を走ります。そんなに走らなくてもその手前の熊本市迄でも
良いのですが、どうしても八代に泊まりたかったのであります。

その理由は、ユーモア溢れるエッセイを書いた亀が好きな作家、
内田百間の「阿呆列車」の中で、その八代の宿を絶賛されていて、
いつかはその八代に泊まってみたいとずっと思っていたのでした。
なので、少し無理して100km超えを走ります。
とはいっても、標高500メートル程の黒川温泉から、一旦は、
標高1000メートル近く迄上がりますが、その後は、下る一方
なので道に迷わなければ、陽があるうちに八代に到着する事が、
出来そうです。

九州 黒川-八代
と、いう事で黒川温泉を出発します。
風情ある温泉街でした。

九州 日田-黒川
すぐに10%近い坂道が延々と続きます。
フロントは3つあるうちの一番小さいインナーで上がります。

九州 黒川-八代
こんなに上がってきました。

九州 黒川-八代
瀬の本高原に到着しました。
ここが峠のようです。

と、思ったら、まだまだ上がります。

九州 黒川-八代
で、峠を越えると阿蘇に行く道の看板があります。

九州 黒川-八代
遠くに阿蘇山が見えます。

九州 黒川-八代
阿蘇くじゅう国立公園の碑の前で記念撮影。

九州 黒川-八代

九州 黒川-八代
外輪山の縁の、柔らかな曲線の丘が続きます。

九州 黒川-八代
こんな地形、初めて見ました。

Ride with GPS によれば、緩やかな下りとなっていたのですが、
短いアップダウンが続きます。

そして、外輪山を巡って大観峰という展望台に向かう道に曲がり、
進みます。

九州 黒川-八代
外輪山の縁に出ました。

九州 黒川-八代
遙か下に外輪山の中の町が見えます。

九州 黒川-八代
こんな崖っぷちです。

九州 黒川-八代
大観峰に到着しました。

九州 黒川-八代
サイクルスタンドがあります。
ヒルクライムが好きな人には堪らないでしょうね。

九州 黒川-八代
外輪山を巡るミルクロードはまだ続きます。

九州 黒川-八代

九州 黒川-八代
さて、ここから外輪山を下って行きます。

九州 黒川-八代
くねくねした九十九折の坂道の国道212号線を下り、内牧温泉
に到着します。

九州 黒川-八代
あんな上から下ってきました。

九州 黒川-八代
阿蘇の外輪山の大きな鉢の中の国道57号線と平行に走る一直線
の道を、熊本方面目指して進みます。

九州 黒川-八代
下から見た阿蘇外輪山。

暫く走ると深い渓谷の上の下り坂の道となり、大津の街を過ぎ、
熊本市街に入ります。この先約40Km弱で本日の宿泊地の八代
となります。
九州 黒川-八代

道は、国道57号線から国道3号線に変わり、新幹線の線路を右に
見て、真っ直ぐな道を進みます。
新幹線の車輛基地が在ります。

宇土を過ぎ、宇城を過ぎて、八代市街に入ります。
太陽は西に傾き、もうすぐ日没。
陽が沈む前に八代に到着しました。

---------------------------------------------------

October of last year, I visited Aso in Kyushu by bicycle.
The day before, I stayed at Kurokawa Onsen, and the next
day, I went up the long hill from there. There were some
road signs that warning about an animal caution.
In Hokkaido that's a picture of a ezo deer, but in Kyushu
that's a picture of a raccoon dog.
After crossing the pass, turn right and there was a road
sign for Aso. I turned there and headed for Aso.

I proceed between the soft curved hills on the edge of
the outer rim of the caldera It didn't seem to be a
Japanese landscape. Then, I turned around the outer rim
of the caldera and turned to the road to a place with a
good view called Daikanbo.

I went out on the outer rim of the caldera. I saw the
town from there far below. There was a vast plain.
Aso is one of the world's supercat caldera volcano. A top
of Aso volcano was four eruptions from 300,000 to 90,000
years ago. Then, the place where it blew off became a
large plain, and the edge of the mountain became a large
outer rim of the caldera. I cycled on the outer rim of the
caldera.

The slope of the edge of the outer rim of the caldera is
a steep cliff. I followed the road down the cliff to the
plains. Then, from the place where the edge of the outer
rim of the caldera was open,
I went down the steep valley and arrived at Kumamoto City.

I stayed in Yatsushiro, next to Kumamoto City.
That's a town loved by the famous essay writer "Hyakken
Uchida". I like his books, and I wanted to stay here
someday.
And that came true, and tonight I had a delicious fish
caught in the sea of Yatsushiro.

The dishes I received were Red snapper, Tuna, Horse
mackerel, Octopus, Local chicken, Horse meat, and finally
Kumamoto ramen.
Happiness means something like this.

That's all Thank you.







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 九州縦断 その2 日田-黒川温泉

さて、九州縦断その2であります。

前回の10月に引き続き、11月のお話しです。
GO TO トラベルが中止になる前のお話です。

九州を自転車で縦断する旅の第二弾であります。今回も、また
羽田空港から福岡空港迄、飛行機で飛び、そこからバスで前回
走った日田迄向かいます。そして、日田から黒川温泉迄を走り
ます。

当初の予定は、大分から黒川温泉迄走ろうと思っていたのですが、
地図をよく見ると、日田から黒川温泉迄走った方が距離が短い事
に気が付きました。黒川温泉では、宿で夕食を頂くので、あまり
遅い時間に到着する訳にはいかず、また、せっかくの温泉にのん
びりと浸かりたいものです。なので、前回走った日田迄、バスで
向かいます。

九州 日田-黒川
で、日田駅から出発します。
国道212号線を大山川に沿って上がって行きます。道は比較的
緩やかな上りです。辺りの風情は秋真盛り。関東と比べると空気
は涼しいものの日差しは初夏のよう。軽く汗をかきながら緩やか
な坂道を上がって行きます。

段々と傾斜はキツくなり、川沿いの斜面に沿った道はいくつかの
アップダウンを繰り返して上がって行きます。とはいっても傾斜
は10%迄は無く、3枚あるチェーンリングも真ん中のインナー
で、軽く上がる事が出来ます。

暫く走っていると、迂回路の表示があります。道が崩れて、その
復旧工事を行っているようです。でも、構わず進んでいく自動車
もあるので、何となく亀もつられて向かいます。
迂回路の道が急坂になっていたんで、そちらには行きたくはあり
ません。
で、自動車を捌いている工事関係の方に伺うと、道路は復旧して
いるのだけど、まだ今のところは通行止めにしているとの事。
でも、通れない訳ではないので、その道に用事があるのなら個々
の判断に任せますとの事。亀は、大型自動車では無くランドナー
なので、亀の判断でその道を進みます。

九州 日田-黒川
殆ど自動車が走っていない道を進みます。気持ち良いね。

九州 日田-黒川
山の斜面を削って採石しています。

九州 日田-黒川
で、暫く走って松原ダム。
ダム湖に沿った平坦な道を進みます。
そして、峠を越えて、国道212号線から分かれた387号線、
442号線を進みます。段々と、道の傾斜はきつくなりますが、
斜度は10%を越える事はありません。

九州 日田-黒川
綺麗な楓の紅葉。

九州 日田-黒川
で、また小さな峠を超えて、黒川温泉が見えてきました。
この辺りは、黒川温泉だけではなく、いくつかの温泉が集まって
います。その中でも此処黒川温泉は、その風情と湯巡りが出来る
場所として人気がある温泉です。深い渓谷の斜面に張り付くよう
に宿が連なっていて、台湾の九分を思い出します。

夕暮れ前に宿に到着する事が出来ました。
これから宿の温泉と料理が待っています。楽しみです。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 四国縦断その1 四国中央-高松空港

さて、今回の最終日となる高松空港迄の約60キロ程のコース、
昨日迄は快晴でしたが、今日は雨。その雨の中を走ります。



四国中央市の伊予三島駅から出発して、平坦な道を丸亀迄走り
ます。香川県に入ってからは、いきなり讃岐うどんのセルフの
看板が目に付きます。その看板は、コンビニの看板より多く、
街道沿い以外にも、讃岐うどんのお店は在るのでしょうから、
讃岐うどんのお店の数は、コンビニよりも多く在るのでしょう。
更には、ガソリンスタンドのセルフの看板も沢山見掛けます。
単にセルフとだけ書いてある看板を見ると、讃岐うどんのお店
なのか、ガソリンスタンドなのかの区別が付きません。

折角、讃岐うどんの県に来たのでうどん屋さん巡りをしながら、
高松空港へと向かいます。

四国 四国中央-高松空港
平坦な道が続きます。

四国 四国中央-高松空港
面白い形の山です。

街道沿いの道を丸亀迄走り、そこから高松空港に行く道を進み
ます。

四国 四国中央-高松空港
段々と、緩やかな丘を上ると、高松空港へ向かう看板が見えて
きました。高松空港迄、あと僅かです。

この丘の先に高松空港が在るのでしょう。

急な下り坂を下り、また急な上り坂を上ります。
地方空港に在り勝ちな、小さな苛めです。

四国 四国中央-高松空港
空港の管制塔が見えて来ました。
この坂道を上がると高松空港に到着します。

四国 四国中央-高松空港
高松空港に到着しました。

「ランドナーで行く 四国縦断その1」、今回は此処迄。また、
機会をつくって四国縦断を続けたいと思います。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 九州最東端 大在-佐伯

さて、九州最東端に行く道。
別府から大在迄の道程は前回お伝え致しましたが、今回は、その
続きの佐伯迄の道です。

大在-佐伯
大在駅から少し別府側に戻り、川沿いに沿って走ります。

大在-佐伯
緩やかな上り坂道を進みます。川がどちらからどちらにに流れて
いるのか分からない位のなだらかな坂道です。

そんな道を延々進むと、登坂車線が現れてきます。
他の道では、登坂車線作らないだろうかと思われる位の緩い坂道
です。そんな道を進んでいくとトンネルが在ります。

大在-佐伯
どうやら、ここが峠のようです。

ここから長い下り坂となり、佐伯の町に入ります。

大在-佐伯
佐伯の駅に到着しました。

九州縦断と九州最東端迄の道は、まだまだ続くのでありますが、
今回は、諸事情あって、本日横浜迄戻らなくてはなりません。
なので、次回は、ここ佐伯から再スタートとなります。
今回、3泊4日の自転車旅行、無事予定通り終了する事が出来ま
した。

無事終了したので、地元で有名なお鮨屋さんで佐伯の美味しい魚
を頂きます。



と、ここからは、自転車で走らなかった電車とバスの車窓からの
風景です。

大在-佐伯

大在-佐伯

大在-佐伯

大在-佐伯

大在-佐伯
電車から見た海辺の道、自転車で走りたくなりました。

大在-佐伯
バスからの風景。こんな高い所を高速道路が走っています。
九州の高速道路は、スケールが半端無い位、凄いです。
自転車では走る事が出来ませんが、この道と、一般道路を結んで
走るロードレース大会を開催したら、その雄大な景色から海外の
人々の話題になる事でしょうし、インバウンドで人を呼び込める
かも知れません。
そして、大分空港から羽田へと帰ります。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
見事に晴れた、「フェッロ・マリ・エ・モンティ2020」。
このコロナ禍の中で、久々に開かれたファンライドのイベント、
今年の「エロイカジャパン」が中止になったせいか、そちらに
出られなかった多くの方が、今回初めてこのイベントに参加を
されたおかげで、今迄の中で最大人数の参加となったそうです。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
早朝より、多くの人と多くの自転車が集まりました。


主催者のマルコさんの挨拶も終わり、明治・大正・昭和・令和
の年代毎に5名づつスタートします。

今回は、いつもご一緒のMさんはご都合が悪くて欠席。そして、
Wさんは、先日行かれたしまなみ海道で頑張りすぎて膝を悪く
されたそうで、ショートコースに行かれるそうです。
なので、今年は亀は途中からは独りで走る事となります。
でも、皆さん、知った顔の方が多く参加されているので、それ
程寂しくはありません。また、初めてお会いした方でも、この
イベントに参加される方はフレンドリーな方が多いので、すぐ
に打ち解けて楽しくお話ししながら走る事が出来ます。


快晴の中、保田から山道に入ります。


千枚田のエイドステーションに到着しました。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
ここでは、おにぎりとゆで卵と味噌汁と蜜柑を頂きました。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
千枚田で記念写真。


今回初めて上がる鹿野山。後ろのカメラの映像です。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
結構上がってきましたが、まだまだ上に上がります。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
ランドナーで参加されている方もいらっしゃいます。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
ふらふらです。
あまりのキツさに歩いてしまいます。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
もうすぐ山頂です。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
マザー牧場のエイドステーション。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
牧場がありました。マザー牧場だからね。


そして、一気に下ります。

さて、この先、ロングとミドルのコースに分かれます。
ロングでエントリーしたものの、かなり足を使った亀は、ここ
で心が折れて安易にミドルへと変更して、最後のエイドステー
ションに向かいます。道を間違えつつ、何とか辿り着きました。

ロングを走る予定だったせいもあり、早いペースでここまでを
走って来たので、最後のエイドステーションのカフェは、まだ
ガラガラであります。ゆったりとのんびり時間を過ごします。

此処でも食事が用意されているのですが、今迄のエイドステー
ションで提供された食事の品数が結構あり、また、宿の朝食も
豪華だったので、そんなに食べられません。更には昨年台風で
壊れてしまった、美味しい地元の魚が食べられるお寿司屋さん
が再開したので、本日の締めはそこで満喫しようと思っている
ので、此処で満腹となる訳にはいきません。

三連勝で行く フェッロ・マリ・エ・モンティ2020
なので、ご飯抜きで料理だけ頂きます。

ゆっくりとカフェのテラスで時間を過ごす中、今回初めてこの
イベントに参加された方とお話をします。今年初夏に行われる
はずだった「エロイカジャパン」が中止となってしまったので、
その代わりにこのイベントに初めて参加されたとの事。かなり
の方が同じような理由で参加されたそうで、今回の参加人数は、
過去にない位の参加者となったようです。

今年は、いつもご一緒する方とは最後迄、走れませんでしたが、
天候に恵まれた辛くも楽しい一日でした。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村
 

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 北海道 釧路より帰ります

7日目は、帰路に就く移動日。


午前中は釧路の街を散策して、空港迄ランドナーで走ります。

さて、今日は帰路となります。

天気は霧雨、あまり自転車で走りたくはないのですが、釧路たん
ちょう空港に行くのに、昨日走った湿原夢ロードを走る道を進ん
だ方が便利で安心快適なので、ランドナーで行く事にします。 
何故、便利かというと、空港方面に向かう道と並行しているので
最短距離を進む事。そして、自転車専用道路なので、自動車が脇
を走っておらず独立した道だという事。また、霧雨なので自転車
やジョギングや散歩する人が居らずに借切り状態なので、他の人
を気にせずに好きなように走る事が出来る事。で、あります。
なので、のんびりと自動車専用道路を進みます。

帰路
昨日と打って変わった湿原夢ロード。

帰路
原野の中を走ります。

帰路

帰路
湿原を縫う小川。 

牧場が在り、馬が居ます。

帰路
霧雨の中をポンチョを出して走ります。

この道を曲がると釧路たんちょう空港が在ります。
帰路

帰路
釧路たんちょう空港迄、6kmです。

帰路
一直線の道を進みます。

帰路
早くも紅葉。
緩くて長い坂道を上がります。
釧路平野の真ん中なので平地の空港かと思ったら、丘の上でした。

帰路
釧路たんちょう空港に到着致しました。
天候にはあまり恵まれませんでしたが、予定通り、帰路に就く事
が出来そうです。

帰路
帰りの飛行機はLCCのピーチエアー、成田空港行きです。

帰路
隣には、LCCのピーチエアーよりも5分早く飛ぶ、羽田空港へ
行くJALの飛行機がありました。あちらにすれば良かった。

帰路
夕暮れの中を飛ぶLCCのピーチエアー。

帰路
無事、九十九里の海岸を飛ぶLCCのピーチエアー。

事故も無く、熊に遭遇する事も無く、帰路に就きました。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 北海道 落合-帯広

さて、思い立って GO TO トラベルで宿を予約をして北海道の
最東端にランドナーで向かいます。

本州縦断を終えたので、残りの北海道、四国、九州を縦断したい
との思いです。そして、ついでに本州も含めた四州の東西南北の
端を極めたいとも思います。因みに本州は、北は大間、東は銚子、
西は下関と、角々を極めましたが、まだ最南端の串本には行って
はいません。が、これは後のお楽しみとして残しておいて、まず
は、北の北海道から攻めたいと思います。

ならば、まずは、北海道縦断コースだろうとなりますが、何故、
そちらを先にやらなかったかと言うと、コロナ禍でなかなか旅行
が出掛ける事が出来なくて、今年は、あっという間に秋となって
しまったので、この季節に北海道の最北端に行くのは危険が伴い
ます。

例えば、雪が降ったりとか熊が出たりとか。

更には、北海道縦断コースだと北と南と西は行けますが、東は、
単独のコースとなってしまいます。

と、いう事で、北海道でも、下側の太平洋側に位置する最東端を
目指します。

帯広

帯広
羽田から飛行機で帯広に向かいます。
普段見る事が出来ない、都心を飛んで帯広迄雲の上を進みます。

帯広
富士山が望めます。

帯広
広い十勝平野の帯広空港に到着します。

で、帯広駅に到着して此処から特急列車に乗って新得駅、そして、
此処から振返バスに乗って落合駅まで。もし、今後、北海道縦断
をした際に最東端のコースと繋げるにはこの落合駅からスタート
をしなくとはなりません。しかし、何年か前の台風で線路が分断
され、それ以降は、代行運行のバスが走る落合駅に行くのには、
乗り継ぎが悪く、帯広駅で3時間近く時間を過ごさなくてはなり
ません。

帯広
駅周辺をブラブラしていたら、駅前で見掛けたキャンピング。
乗り手は何処かに行かれたよう。居たら何処を走るのか話を聞こ
うと思ったのに残念。
また、他にも輪行袋を担いで歩いている人を何人か見掛けました。

帯広
さて、特急列車とバスを乗り継いで、落合駅に到着したのが午後
3時少し前。此処から帯広迄戻ると途中から夜道となってしまい
ます。

帯広
運行停止となった線路には、草がうっそうとしています。

無人駅となった駅舎の中で、ランドナーを組み立てます。
JRの作業員の方がやってきて、駅舎の点検と窓枠の掃除を始め
ます。いつ頃復旧する予定ですか?と、そのJRの作業員の方に
伺うと、少し考えてから「しないんじゃないかな」との事。

帯広
ランドナーも組み上がりようやくスタート。雨が降ってきました。

帯広
緩い上りの坂道を約10km程走って狩勝峠。
霧雨の中、あまり自動車も走ってはいない静かな道をゆっくりと
上がって行くと、その静寂の中、独りの世界が止まっているよう
な感覚になります。普段は経験した事が無い一刻でありました。

帯広
雲の合間から十勝平野が見渡せます。

此処からは、また緩くて長い下り坂。こちらは約17km程走って、
バスに乗った新得駅が現れます。
この峠道、雨の中走っても気持ちが良いので、もし晴れていたら
最高だろうなと思います。今日時点では、亀ランクNO1の坂道
でありました。

帯広
一面の蕎麦畑。

帯広
一面のとうもろこし畑。

さて、雨の中、一直線に続く道を進みます。
まあ、雨といっても弱い雨なのとランドナーなので、ポンチョを
被れば問題はありません。ロードバイクで一直線に続く道を爽快
に走りたいですが、こんなところが連泊して走るには、旅行用の
自転車であるランドナーの良いところ。問題があるとしたら靴の
中が雨水で濡れてしまう事。
これ、翌日迄残ると嫌になってしまいます。

走っていると何回か蝦夷鹿を見掛けます。熊じゃなくてよかった。

さて辺りは段々と暗くなります。
北海道の道は殆ど街灯が無く、漆黒の闇の中を走る事になるのか
と思いきや、夕方の時間となったせいか、ライトを点けた自動車
がひっきりなしに通過するので、案外明るく、そのうち、街灯が
ある帯広の市街へとやって来ました。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 瀬谷 農業研修 ぶどうの収穫

昨年から受講している横浜市の市民農業大学講座、二年目の今年
は実際の農家での研修となります。
で、今回はぶどうの収穫作業となります。

さて、このコロナ禍の中、電車に乗りたくないのと電車と自転車
で、瀬谷の果樹農家のお宅に伺うには、時間が大して変わらない
ので、もっぱら自転車で行く事としています。
でも、その向かう道は亀にとって結構難儀な坂道をなっています。

我が家から中山迄の道は比較的平坦なのですが、その先にある、
長い長坂谷の坂道が結構しんどいものがあります。さらにその先
にも、まあまあの坂道がふたつもあるのですが、そのふたつある
坂道の最後の坂道、保土ヶ谷バイパスの交差点から聖マリアンヌ
横浜西部病院に続く交差点のある坂道は、あまり楽しくない坂道
であります。

瀬谷の果樹農家に伺う時刻が、丁度、学校の登校時刻と重なるの
ですが、この保土ヶ谷の交差点で、いつも女子高生の方と一緒に
信号待ちとなってしまいます。
で、信号が青となり一緒に走り出すのですが、こちらは還暦過ぎ
のランドナー、かたや女子高生は電動ママチャリ。
一緒に坂を上がるのですが、どんどんその差は拡がって行きます。
坂を上がり終えた時には、およそ50mは突き放されています。
もちろん、突き放していくのは女子高生なのですが、亀にとって
は甚だ面白く無い気持ちがふつふつと湧き上がって参ります。

この先に、横浜県立瀬谷高校というのが在り、どうやらその高校
に登校する生徒のようであります。
我が家の近くもそうですが、何故か横浜の高校は坂道の上に在る
事が多いようです。まるで、バーミアンみたい。

なので、本日は、ルートを変えて瀬谷迄伺います。


これが、いつも女子高生にぶっちぎられる坂道のあるコース。


これが、今回変えてみたコース。

実は、この坂道の少ないコースの方が、獲得標高は高いのですが、
傾斜の緩い坂道が続くので、楽に感じられます。
そして、何よりも亀をぶっちぎる女子高生は走っておりません。

と、いう訳で、無事に楽々走って到着であります。
これからも、日和ってこの道を走ろうと心に決めた亀であります。

ぶどう収穫
で、収穫。

ぶどう収穫

黒くて大きい実を付けているのが「藤稔」という種類のぶどう。

ぶどう収穫
こんな感じで収穫してパック詰めします。

ぶどう収穫
此処では直売も行っています。
平日の直売でも、開始して30分で売り切れてしまう人気の高さ。
亀も、売りに出せない二級品を頂き我が家で美味しく頂きました。
二級品とはいっても、実の成り方が悪いだけで味は変わりません。

とても楽しい農業研修でありました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴで行く ご近所ポタ プチヒルクライム+1

特別坂道が好きでは無いのですが・・・

と、いうよりも出来れば避けて通りたいと思っているのですが、
我が家の近くには、横浜の丘の端となる「末吉海進河岸段丘面」
という有名な崖のような地層が在る事を知りました。
その崖に面して幾つかの坂道が散在しているのは、ひょとしたら、
貴重な恵まれた地形が在る場所に住んでいるという、坂道好きに
は堪らない住環境なのではないかと考えるようになりました。

亀は決して坂好きではありませんけど・・・

とはいえ、この貴重な地形の住環境に住んでいるいる恩恵を享受
すべきではないかと考えるようになりました。そういえば、最近
余り運動もしていません。
ならば、この際、朝ポタのコースに組み入れてみようと思い立ち
ました。

で、そのコースを走るようになって、丘の上から辺りを見回すと
其処らじゅうに、坂道コースに組み入れていない、緑の丘が点在
しているではありませんか!

グーグルマップで改めてみると、結構な数の小高い丘が点在して
います。縄文海進の頃は、この辺りは鶴見川と多摩川の流れが、
海に繋がり河口と浅い内海が南向きに拡がっていたようです。
そして、小高い丘は、岬や小島となって海に浮かんでいたようで
あります。
ならば、その丘を自転車で制覇したくなってきます。

決して、坂好きではありませんが・・・

で、とりあえず、かなり昔に訪れた事がある夢見ケ崎も朝ポタの
コースに組み入れてみようと思います。

この丘、鎌倉時代に加瀬城という山城が在った場所。室町時代に
太田道灌が此処に城を作ろうとしたのですが、ここで陣を敷いて
寝ていたら、悪い夢にうなされたので「夢見ケ崎」という名前に
なった丘であります。現在は、川崎市が管理する無料で楽しめる
動物園となっている場所であります。
川崎市、太っ腹であります。


お散歩
で、いつものように、まずは、鶴見高校と三つ池公園が隣接して
いる坂道を上がります。

朝ラン
そして、三つ池公園の中に在るゼイゼイ坂を上がります。

お散歩

朝ラン

朝ラン
アップダウンのある砂利道で三つ池公園を一周してから、今度は
池の周りを一周して、東芝グランドの在る坂道を上がり、下って
綱島方面に向かいます。

朝ラン 坂道三昧
綱島街道を進み、大倉山記念館が在る坂を上がります。

朝ラン 坂道三昧

朝ラン 坂道三昧
そして、梅の綺麗な公園の坂を下り、太尾見晴らしの丘公園へと
上がる坂道を進みます。

朝ポタ ミニミニヒル+1
公園の展望台からは鶴見川が見下ろせます。

で、今回+1となる夢見ケ崎に向かいます。

朝ポタ ミニミニヒル+1
此処にも貝塚の跡がありました。

朝ポタ ミニミニヒル+1
この丘に上がる坂は、案外と緩やかです。

朝ポタ ミニミニヒル+1
さあ、動物園に到着。
自転車に乗りながら、動物を見学出来る動物園って、他に聞いた
事がありません。

朝ポタ ミニミニヒル+1
鹿が居ます。

朝ポタ ミニミニヒル+1

朝ポタ ミニミニヒル+1

朝ポタ ミニミニヒル+1

朝ポタ ミニミニヒル+1
色々な鳥達も居ます。

朝ポタ ミニミニヒル+1
ペンギンも居ます。

さてさて、良い運動となる坂道を新たに組み入れてみました。
次は何処を朝ポタに組み入れましょうか?

決して坂好きではありませんが・・・

-----------------------------------------------

Today's Topic is "Neighborhood hiiis"

I don't like slopes, but sometimes I want to climb them
by a bicycle.

The slope going up to Tsurumi High School. 10 in 100 slope
The slope going up to Ferris College is same, and it seems
that Yokohama students have thick legs.

A slope in Mituike Park. 21 in 100 slope
When I go up this slope, I always breathe up for more than
a minute.

A slope beside Toshiba Baseball Grand. 21 in 100 slope

And the slope above it. Inclination 48 in 100 slope
We don't useally see that even on ski slopes for advanced
skiers.

The slope where the Okura Memorial is located. 17 in 100
slope
It's difficult, because the distance is long.

The slope of the Tao Miharasinooka Park. 12 in 100 slope
We can see The Tsurumi River from the top of the hill.

The slope of Yumemigasaki. There is no big deal here.
There is a zoo above which we can visit for free. Kawasaki
City Administration is generous.

By the way, the hill with this slope is a famous terrace
with the name "Shimosueyoshi Terrace".
There are two famous terraces in Kanto. One of them is this
terrace. A terrace that was adopted from a place name near
my home. "Shimosueyoshi Terrace" is a worldwide name.
About 7,000 years ago, the "Jomon period" the earth was
warm and the sea level was higher than it's now.
At that time, the hills around here would have been scatt-
ered over the shallow sea, becoming capes and islands.

It would be fun for you to ride up the slopes in the neigh-
borhood while imagining the situation at that.

That's all Thank you.








にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 瀬谷 農業研修 ぶどう袋掛け

昨年から受講している横浜市の市民農業大学講座、二年目の今年は
実際の農家での研修となります。

この市民農業大学講座は、野菜果樹と花きのふたつのコースがあり、
亀が受講しているコースは、野菜果樹ですが、野菜はある程度栽培
の経験が有り、大体の事は分かっているのですが、果樹については
全然分かりません。なので、二年目の農家研修は、果樹農家の研修
を希望したところ、瀬谷の果樹農家に伺う事となりました。
その農家の方は、横浜でも珍しいぶどう栽培の農家の方で、気さく
で、分かり易い説明をされ、市民農業大学講座の講師もされている
方で、亀にとっては幸運な農家研修となったのですが、ひとつ問題
があります。それは、通う道が結構な坂道という事です。

どの位の坂道かというと、「Ride with GPS」でルートを作成して
みたら、距離約25km、獲得標高約300m、平均勾配約6%
となっていました。還暦を数年前に迎えた亀にとっては、出来れば
あまり走りたくない道筋であります。

とはいえ、このコロナ禍の中、電車で通うのは避けたいところ。
また、電車で通った方が乗り継ぎを考えると余計に時間が掛かって
しまいます。

はて、どうしましょう?と悩んでみたのですが、これ、考えように
よっては、良い機会を与えてくれた事にもなります。

☆ その1:
この道、ベトナム料理の美味しい「タンハー」に行く道と途中迄、
同じ道、このコースを通い慣れれば「タンハー」に行くのも苦では
無いぞ!

☆ その2:
いつか行こうと思っている「日産ヘリテイジ博物館」も、この道を
通っていくので、走り慣れていれば、苦痛ではないぞ!

☆ その3:
厚木に行くのも、この道を進めば案外と早く着く事が出来るぞ!

☆ その4:
距離はこの4倍程はありますが、平均勾配が「エロイカジャパン」
のミドルコースに似ているので、「エロイカジャパン」の練習には
持ってこいのコースであるぞ!

☆ その5:
このコロナ禍の中電車に乗らなくても良く、かつ、電車賃も掛から
ないぞ!

いつつも良い事があります。まあ、世の中は考えようであります。

で、向かいます。

タンハー
まずは最初の関門、長坂谷の登坂。

タンハー
次の坂。遠目でみると坂が二段になっていて、ちょっと怯みますが、
信号を上手く使うと、下った勢いで最初の坂は、難無く上っちゃい
ます。また、遠目で見た程傾斜はありません。

タンハー
そして、保土ヶ谷バイパスを越えた登り坂。
此処も見た目程はキツくはありませんが、電動ママチャリと一緒に
なると、電動ママチャリを追い越せないのがちょっと悔しい。

瀬谷
そして、厚木街道を進むと、目的の瀬谷の農家のお宅に到着です。

瀬谷
本日はぶどうに透明の袋掛け。出荷目前の最終作業でありました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

雨に打たれて 長坂谷公園

2年目に入った市民大学講座、今年からは瀬谷で実習となります。
我が家から瀬谷に自転車で行くとしたら、いくつかの坂を上がり、
下りして行かなければなりません。

で、先日、試しに走って大体の所要時間を知り、これから自転車
にて通おうと思ったのですが、その実習の初日は、雨が降るかも
しれないので自転車で通うのは止めて、電車で向かいました。
そうしたら案の定、昼から強い雨。で、実習は中止となってしま
いました。

で、改めて、次の実習日。
天気予報によれば、梅雨中ながら、本日は日中は曇りで雨は降ら
ないとの事。
なので、ランドナーで向かいます。

走り始めると、弱い霧雨。
まあ、降っていという感じではありません。

起伏のある環状2号線を走り、新横浜を越えて、日産ドームの横
を走り、中山方面に向かいます。
今日は、水曜日という事もあり、道は比較的空いています。

この日産ドームの横の道は、いつもの鶴見川の朝ランで折り返す
道です。手前の交差点の信号が青に変わると同時にスタートして、
亀甲橋の交差点の信号が、赤に変わる前に、信号を渡り切れるか
どうかで、その時々の体力と体調を確かめる事にしています。

で、今日はどうかというと、あと3秒程足らず。
まあ、ランドナーで、かつゆっくりと走ったので、体力と体調は
まあまあといったところです。

で、中原街道に出て、中山方面には曲がらず大和方面に進みます。
この先は、長坂谷公園迄の最初の少しキツイ上がり坂となります

長坂谷公園
坂の上にある長坂谷公園で、小休止。
先程の降っているかどうかといった弱い霧雨が、本格的な雨にと
変わってきました。路面もしっかり濡れ、水溜まりも出来始めて
きました。

この雨では実習は無理のよう。

実習先に問い合わせると、本日は中止との事。
仕方無く戻ります。

ランドナーなので、ポンチョを着て走ります。
このランドナーで本州縦断の時を思い出します。
その際は、何日か連続で走っていたので、その何日かの中で雨の
日となる事があり、その日は予約している宿が在る町迄ポンチョ
を着て走りました。そんな当時の事を思い出すと、我が家の近く
を走っていても、遠くの地を走っているような錯覚を覚えて、旅
気分を味わえます。
雨の日のランドナーも悪くはありません。

とはいえ、ここのところの天気予報は、ハズレ続きであります。
なので、まだ一度もまともに実習出来ず。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く タンハーへの道

さてさて、久しぶりに走るサイクリング、まだまだコロナ禍の中
なので、ライドソロであります。

で、久しぶりのサイクリングなので、刺激のある坂道のコースを
走ります。で、向かうは無駄にアップダウンが続く中原街道。
で、念の為に度々申し上げますが、亀は、坂好きの変態ではあり
ません。

何故、無駄にアップダウンが続く中原街道を行くのかというと、
亀はリタイア後の昨年から、横浜市の市民大学講座に通っており
まして、昨年1年間は、保土ヶ谷で講義を受けていたのですが、
今年からは、実習となるので、別の場所で講義を受ける事となり
ます。その場所が、無駄にアップダウンが続く中原街道を行った
先にある、瀬谷となります。
まあ、瀬谷迄は、昨年開通した相鉄横須賀ラインの電車で行って
もよいのですが、これ、便利そうに見えて、全然便利ではありま
せん。我が家からは南武線に乗って武蔵小杉駅まで行って、そこ
から横須賀線に乗って向かうのですが、20分程前に通った我が
家の近くの横須賀線の袴線橋の下を潜って進みます。要はさっき
通った所をまた折り返すという無駄な事をしなくてはなりません。

それでも、鶴見駅近くの人よりもまあマシかなと思うのは、この
電車、鶴見駅を通過するのですがホームが無いので止まりません。
鶴見駅近くに住む人は、京浜東北線で川崎駅迄出て南武線に乗り、
武蔵小杉駅で横須賀線に乗り換えて、また鶴見駅を通過しなくて
はなりません。この間の時間、約40分程が経過しています。

何とも無駄であります。

そんな方は、横浜駅から相鉄線に乗り向かった方が早く行けます
が、鶴見駅に停車してくれればそれに越した事はありません。
亀は鶴見駅近くに住んでいる訳でもなく、鶴見駅に相鉄横須賀線
の電車が停車しても全然得にはなりませんが、いつもこの電車に
乗りたびに鶴見駅近くに住んでいる方が不憫に思えて仕方があり
ません。

で、そんな鶴見駅近くに住んでいる不憫な方の話はそれ位にして、
本題の無駄にアップダウンが続く中原街道を行くサイクリングの
お話であります。

電車に乗って瀬谷迄向かうのもよいのですが。このコロナ禍の中、
極力、密な状態は避けたいもの、なので、アクティブ・トランス
ポート、分かり易くいうと、自転車通学で行ってみようかと思う
のでありました。
で、実習で向かう前に自転車で向かうと、どの位時間が掛かるの
か?または遅刻しない為には、何時頃我が家を出掛けた方が良い
のか、事前に確かめておきたいと思うのでありました。
さらには、どうせ瀬谷迄、自転車で向かうのであれば、そこから
あまり遠くない距離にある、高座渋谷に在るベトナム料理のお店
「タンハー」に久しぶりに行ってみようと、思い付いたのであり
ました。
と、いう事で、向かいます。

タンハー
坂道を上がって、長坂谷公園で一休み。
今日から夏仕様。ツインボトルです。

この坂道、久しぶりだったので息が上がりましたが、心拍数は、
それ程上がらずに良い感じであります。

で、幾つかの坂道を上がって目的地の瀬谷に到着しました。
此処からはタンハー迄は、20分程で着いてしまいます。
通学という事では、結構な距離であります。
コロナ禍で、スタートが遅れた市民大学講座の二年目、これから、
約8ケ月通う事となります。自宅から山越え谷越え2時間の距離、
電車で通うのでは無く、自転車で何時迄通える事でしょうか?
当面はコロナ禍で、お籠り生活が続いていたので、頑張って体を
使うべく、とりあえず、自転車で通う事にしようと思います。

さて、此処まで来たので、タンハーに向かいます。

お店に行く前に、境川で一休み。
タンハー
相変わらず、鯉が沢山泳いでいます。

で、タンハーでお食事。

タンハー

タンハー

タンハー
ずっと外食を控えていたので、お腹いっぱいベトナム料理を堪能
します。

帰路は、不動坂から国道1号線に出て戻ります。
この道、多少のアップダウンはあるものの、中原街道に比べると、
全然平坦で快適な道であります。帰りは気持ちよく走って我が家
に到着。久しぶりのサイクリングでありました。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

朝ラン解禁

朝ラン
ようやくコロナ禍の緊急事態宣言が解除されて一週間、そろそろ
人出も落ち着いてきた頃なので、ここ2ケ月半続いたお籠り生活
も終えようと思います。併せてこれも謹慎していた、自転車での
朝ランを解禁致します。

この2ケ月半の間のお籠り生活で、見事に体重は4kgも増えて
しまいました。増えた体重で坂道を上がったなら、さぞ楽しい事
でありましょう。なので、朝ラン。

せっかくこの増えた体重なので、さらには久しぶりに走る自転車、
ちょっと弾けちゃおうかと、坂道を存分に楽しさを味わえる特別
な朝ランコースを選んでみました。

朝ラン
最初は、散歩で最近知った三ツ池公園迄の長い坂道。

朝ラン
斜度10%程で、約200m続く坂道です。
坂道は少し長いですが、余裕で上がります。

朝ラン
そして、三つ池公園の19%はあるゼイゼイ坂を上がって、砂利
道の丘を巡る道。
コルナゴ39と23の組み合わせで、立ち漕ぎせずに上がれます。

朝ラン
斜度を計ると、20%超えの21%。短い距離ながら、スペインの
「ブエルタ・エスパーニャ」を感じさせる坂道です。
此処も案外、難無く上がります。
久し振りのロードバイクでの朝ランと急な坂道、いんやぁ~、是
は楽しいね。

でも、亀は坂好きな変態ではありませんよ。

朝ラン
さあ、その次は、東芝の野球グランドがある兜塚の坂道。
こちらも斜度は19%、舐めてかかると足付きしてしまいます。

朝ラン
と、再度計ると、こちらも21%超えでありました。

今回は舐めてかからなかったので、こちらも案外楽に走れました。

朝ラン

朝ラン
さらにその上には、斜度48%というとんでもない坂道。

あの、転んだらリフト乗り場迄そのまま転んだ格好で滑り落ちる、
何の為にリフトに乗ったのか訳が分からない、車山スキー場の、
斜度が42度の急斜面の上級者コースよりも、更に傾斜がキツイ
坂道であります。
でもまあ、此処、距離は4m程しかありませんが・・・

朝ラン
遥か彼方にスカイツリーも見渡せます。
が、本日曇りでスカイツリーは見えず。

で、次は大倉山の駅前の坂道。
と思ったら、霧雨が降ってきました。
なので、ここで久しぶりの朝ラン再開は終了です。

ロードバイクで久しぶりに思い切り走ると楽しいね。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

何処の坂がお好き?

相変わらずのお籠り生活が続きます。




ユーチューブで、GCNを観ていたらこんなのがありました。

亀は、基本的には坂道は嫌いではありますが、コロナ禍で、自宅
で大人しくしていると、多少は刺激が欲しくなってきます。
骨に刺激を与えないと、骨粗鬆症になるのと同じように、心にも
刺激を与えないと、心がスッカスッカになってしまいます。
ちなみに、頭の中は既にスッカスッカですから、こちらには刺激
を与えてもあまり意味はありません。
で、まだ救いの可能性がある筈の心に刺激を与えるべく観ていて
思いついた事がありました。

亀の数少ないLINEの自転車仲間に、このユーチューブ動画を
伝えて、コロナウイルスのせいで私と同様に悶悶としている方々
に対して刺激を与え、かつ、心の安らぎとなればと思い、皆さん
にLINEをお送りしました。

何故、数少ないLINEの自転車仲間かというと、LINE操作
に慣れていない亀は、自分からLINE交換は致しません。
致しませんというよりも、交換の方法が判らないので出来ません。
なので、相手から「LINE交換しませんか?」と、声を掛けて
頂かなければ出来ないので、そのように声を掛けて頂いた方だけ
しか登録が出来ません。
そして、それは相手の方が、LINE交換の方法を知っている方
に限られます。

時々、私と同じように、LINEの交換方法が分からない方が、
「LINEの交換をしませんか?」と、声を掛けて頂く事があり
ますが、お互いにその方法が分からないので、1分以上もあ~だ、
こ~だと、すったもんだした末に、こりゃ~、駄目だぁ~という
展開になります。
この手の方は、私と同じ年代の方に多く見受けられます。

何とも無謀な方であります。

なので、数少ないLINE仲間となります。

で、ついでに、その数少ないLINE仲間に「あなたにとっての、
日本の坂道トップ10は?」とアンケートを実施しました。

で、亀も含めて、皆さんのご意見をまとめた結果がこちら。
北から行きます。

① 青森県 八甲田-酸ヶ湯-十和田湖


八甲田山の山裾を行く山岳コース。
標高差1,076m、距離約60km、
平均斜度4.5%、最大斜度12.4%の山岳コース。
途中には酸ヶ湯温泉があります。プールのような大きな混浴湯が
有名。下って上がって奥入瀬渓流に沿って十和田湖迄のコース。

② 埼玉県 山伏峠


標高差301m、距離約25km。
平均斜度6.6%、最大斜度13.6%、
南側から上がると、比較的楽だそうです。
近くには激坂28%が300m続く「子の権現」もあります。
峠のハシゴも楽しめる坂道です。

③ 東京都 東大和市の狭山丘陵に隣接する激坂

激坂
最大斜度37%、まるでスキーの上級者コースみたい。
東京にも、結構エゲツない坂道がありますね。

④ 静岡県 ふじあざみライン


標高差1,571m、距離約25km、
平均斜度約6.6%、最大斜度18.1%、
とにかく距離が長いのと、一気に1,500m以上を上がるツライ
坂道なのだそう。
漫画「弱虫ペダル」でも紹介された坂道で、その道の方々からは、
聖地として崇められているそうです。

⑤ 静岡県 西伊豆スカイライン


標高差885m、距離約35km、
平均斜度9.4%、最大斜度17.8%、
伊豆半島随一の坂道、仁科から仁科峠を上がり舩原峠から土肥迄
の道。頂上から見下ろすと、途中に牧場があります。
土肥から上がると、上がりの最大斜度は20.9%。

⑥ 静岡県 西伊豆 雲見-小浦


標高差279m、距離12.5km、
平均斜度6.5%、最大斜度11.9%、
最大標高279m迄、上りが約4.5km続く坂道。
ずっと上がりぱなし、疲れました。

⑦ 長野県 ビーナスライン


標高差1,104m、距離約45km、
平均斜度3.6%、最大斜度15.9%、
坂嫌いの亀でも、一度は行ってみたい坂道。景色は最高。
昔、よくドライブしたものです。
ちなみに、霧ヶ峰から北上して美ヶ原に至るコースは、さらに、
綺麗な高原の風景を拝めますが、かなりエグイコースとなります。

⑧ 乗鞍スカイライン


標高差1,726m、距離約20km、
平均斜度7.5%、最大斜度22.5%の山岳コース。
現在、自動車の乗り入れが禁止されているそうで。自転車で思い
切り走れる天空のサイクリングロードなのだそう。

⑨ 大阪府・奈良県 暗峠


標高差397m、距離約35km、
平均斜度16%、最大斜度41%
有名な坂道ですね。わっははは~です。

⑩ 熊本県 阿蘇外輪


標高差426m、距離約55km、
平均斜度5.7%、最大斜度17.2%、
阿蘇山をぐるりと回るコース。雄大だけどかなりエグそう。

ところで、貴方は何処の坂がお好き?

---------------------------------------------------------
Today's topic is
"Where are you goind to tray The Top10 claims in Japan ? "

Due to the spread of coronaviruses, we are still in a
state where we can't live our normal lives.
So, when I was watching it on YouTube at home, I found
this video.

"The Top 10 Road Cycling Climbs In the USA"

"The Top 10 Road Cycling Climbs In Italy"

basically hate slopes. However, when I stay at home all
the time, I want some stimulation.Just as we get
osteoporosis if we don't stimulate our bones,
our heart becomes full of holes if we don't stimulate our
hearts.
By the way, my brain is already full of holes, so it
doesn't make much sense to stimulate it.
So, I had an idea when I was trying to inspire my heart,
which should still have the potential for salvation.

I would like to inform my few LINE bicycle friends of
this YouTube video, and I hope that it will be a stimulus
and a peace of mind for those who are in agony because of
the coronavirus. , I sent LINE to everyone.

The reason why I'm a few LINE bicycle friends is that I'm
not accustomed to LINE operation and don't exchange LINE
by myself.I can't do it because I don't know how to
replace it.
Therefore, it's not possible to do so unless the other
party asks "Do you want to exchange LINE?", So only the
person who called in that way can register.
And it's limited to those who know how to exchange LINE.

Sometimes people like me who don't know how to exchange
LINE ask me "Do you want to exchange LINE?"
But We don't know how to do each other, so if it's more
than 1 minute or so, it'll be a waste of time after it's
been messed up.
This type of person is often found in people of the same
age as me.

What a reckless person.

Therefore, it becomes a few LINE friends.

Then, by the way, I conducted a questionnaire to the few
LINE friends, "Where are you goind to tray The Top10 claims
in Japan ?"

And there are the result of everyone's opinions including me.

1 Aomori,hakkouda-sukayu-laketowada

2 Saitama,yamabusi pass

3 Tokyo,a climb adjacent to sayamahill in
Higasiyamato-city

4 Shizuoka,fujiazami line

5 Shizuoka,nishiizu skyline

6 Shizuoka,nishiizu kumomi-koura

7 Nagano,venus line

8 Nagano,norikura skyline

9 Osaka-Nara,kuragari pass

10 Kumamoto,aso paddle wheel

By the way, where is climb do you recommend?





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 新治の里 野鳥観察

新治の里 野鳥観察会
里山の景色が残る「新治の里」には、季節毎によく行くのですが、
そこで野鳥観察の会があるというので、参加してきました。

亀は、自慢ではありませんが、今迄一度も野鳥観察会には、参加
した事がありません。ましてや鳥の名前なんて、烏を除いて雀や
鳩や鶏や鴨や駝鳥などの食べた事がある鳥の名前しか知りません。
それ以外の食べる事が出来ない鳥の名前は、殆ど知りません。
この歳になり食べる鳥しか知らないなんて、ちょっと恥ずかしく
感じる今日この頃、少しは教養を深めようと参加をしてみました。

で、野鳥を見に行くには、最低これだけは持参しようと手に入れ
たのがこれ。

三つ池こ公園
以前、ブログで紹介したこのカメラ付き双眼鏡と野鳥図鑑を持ち 
ランドナーで新治の里に向かいます。

新治の里 野鳥観察会
で、冬枯れた「新治の里」に到着。

新治の里 野鳥観察会
移築された屋敷では、藁で作った等身大の馬が居ました。
遠目には、本物の馬かと思いました。
屋敷の長屋門では、雛飾りの準備が行われていました。
もうすぐ、雛人形も飾られる事でありましょう。

ランドナーを駐輪場に置くと、ヴィンテージの自転車でいらした
方とご挨拶。この方も野鳥観察会にいらしたそうです。

新治の里 野鳥観察会
その方のロードレーサー。
この時代は、ロードバイクでは無くロードレーサーと呼びます。

新治の里 野鳥観察会
珍しいヘッドマーク。ナショナル製だそうです。

新治の里 野鳥観察会
さて、本題の野鳥観察会。
講師の方の説明を受けて新治の里を歩き、野鳥を探します。

新治の里 野鳥観察会
これはヤマセミの剝製。
神奈川県にもヤマセミは生息しているそうです。

新治の里 野鳥観察会
いざ出発。今回の野鳥観察会の参加者は、約20名。
亀のような、鳥の名前もろくに知らない方はいません。

新治の里 野鳥観察会
まずは谷戸を目指します。

新治の里 野鳥観察会
木の枝にコゲラがいました。
これがコゲラという名前の鳥だという事は、初めて知った亀。

新治の里 野鳥観察会
そして、ヒヨドリ。上に同じ。

新治の里 野鳥観察会
そして、畑にはシロセキレイ。
亀はセキレイだと思っていたら、シロセキレイ。
この後、キセレイを見て納得。これで鳥の名前を二つ憶えました。

新治の里 野鳥観察会
暫く歩くと、道端に糞の跡。鷺の糞なのだそう。ふぅ~ん。

新治の里 野鳥観察会
そして、こちらはカワセミの糞。
ここに集中しているのは、捕まえるお気に入りのポイントなのだ
そうです。こんな近くにカワセミがいるなんて驚きです。
鶴見川にもカワセミが来る木というのがあって、野鳥好きの写真
家が立てた杭なんだそうです。何時通っても、何人かのカメラを
持った方が居ますが、ついぞ、カワセミは見た事が無い、有名な
ポイントであります。
こんな処にカワセミなんて居るの?って思っていましたが、どう
やらカワセミが居るようです。

新治の里 野鳥観察会
で、カワセミを発見。
こんな都会で見るのは初めて。おまけに写真を撮るのも初めて。
いんやぁ~、野鳥観察会に参加してよかった。

新治の里 野鳥観察会
感動の余韻に浸りながら、野鳥観察会のまとめとなります。
ただ、カワセミを見て、やった~ラッキーだけでは終わりません。
定期的に野鳥の姿や数を調べる事で、生態系の変化を知る事が、
大切との事。それを基に、里山保全の方法を考える事が大切だと
知る事が出来ました。
これからは、単に景色を眺める為だけに訪れるので無く、定期的
に鳥や樹々の観察が出来そうです。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

デローザで走る フェロ・マリ・エ・モンティ2019

これも先月11月のお話しです。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
さて、快晴の中「フェロ・マリ・エ・モンティ2019」が始まり
ます。
このイベント、今年で5周年、亀は雨で中止となった年を除いて、
今回が2回目の参加となります。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
今日は、今年の「ジャパン・ヴィンテージライド」では珍しい快晴。
きっと今日、参加出来なかった人が雨男だったのでしょう。

亀は、今回、ロングでの参加。
で、少し楽をしようと42の26で臨みます。
結果的には、このギア比は大変楽でありました。途中、立ち漕ぎを
した所もありましたが、一度も歩かずに完走致しました。
来年の「エロイカジャパン」は、トリプル30の26で走っちゃい
ましょうか?

そして、今回もご一緒させて頂くのは、WさんとMさん。
同じペースで走る方々なので、楽しく走れます。

さて、今回もお宝自転車の数々。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
同じ宿となった方のルネエルス。
最近手に入れたそうです。
オーナーの代が変わり、また出てくるようになったんですね。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
葉山市場はダイスケさんのと同じ自転車。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
コルナゴ。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
片倉シルク。
海外では、大変人気が高いそうです。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
さて、レジェンドバイク組のスタートです。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
その後にみんなが続きます。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
今年は天気にも恵まれて、秋の日本の田園風景の中を走ります。
鳥肌が立つ程の爽快さです。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
とはいうものの、台風の爪痕はまだ残っています。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
最初のエードステーションは、大山千枚田。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
おにぎり、ソーセージ、林檎と柿、ゆで卵、そして味噌汁。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
晴れ渡る棚田の風景。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
次のエードステーションは、豚汁とパンと蜜柑。
豚汁が沁みます。

フェロ・マリ・エ・モンティ2019

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
そして、お寺のエードステーション。
距離は短いながらも斜度20%以上ある坂を上がります。
ご住職さんと、奥さんとの、ほんわかとしたお話しで心和みます。

ところで・・・
エイドステーションにコルサコルサの江口さんがやってきます。
今回の江口さんのお仕事は、ワンボックス車に乗ってメカトラ対応
と道に迷った人の道案をする役目です。
で、江口さんから、「いや~、こんな秋の良い天気にのんびりと
余裕をもって走り、景色を眺めるのは最高ですね。」
いえ、みんな、結構いっぱいいっぱいなんですけど・・・

フェロ・マリ・エ・モンティ2019

フェロ・マリ・エ・モンティ2019
そして、最後のお寺のエードステーション。
ここは、冷たく冷やした和菓子が最高でした。

このエイドステーションでも休憩していると、自動車に乗った江口
さんがやってきます。
何だか、後ろから急かされているようです。

今年はロングコースでの参加ですが、ミドルのコースよりも緩くて
長いアップダウンが続き、案外と楽なコースでした。
距離は約30km程長く、獲得標高も約300メートル程は多いの
ですが、10m程の緩いアップダウンが1kmに1回、合計にして
30回続けば、その数字となります。ミドルコースの、距離は短く
とも急坂が多い事を考えると、ロングコースの方が疲労度は少ない
のかも知れません。

考えてみると、昨年の「エロイカ・ジャパン」迄、坂道は走るもの
ではないと思っていました。が、「エロイカ・ジャパン」以降は、
坂道を走る事に勢いづいてきた気がします。
今回もこのコース、マルコさんの趣味であるグラベルロードが無駄
に沢山、散り嵌められていました。その道を走りながら、懐かしい
思いを感じるようになってきました。これって何だろう?と考えて
いたら、思い当たる事がありました。

それは、小学校の低学年の頃、乗り始めた自転車で冒険をしたくて、
近所の砂利道や土手の斜面を自転車で走り、転び、擦り傷を作り、
泥だらけとなり、時として、自転車を壊したりした頃の思い出が、
蘇ってきた事でした。
よい歳をしたおじさんが、砂利道や急坂をゼイゼイ言いながら走る。
まるで、腕白盛りの子供が、新しく与えられた自転車という玩具を
夢中になって乗り回して野山を走っている姿です。
そして、その頃のワクワクした感情が蘇ってくるのでした。

今年は、今迄の「フェロ・マリ・エ・モンティ」の中で一番楽しい
ライドとなりました。

ただ、帰りのフェリーに乗る前に頂こうと思っていた最後の楽しみ
であるお鮨屋さんが、この夏の台風で、屋根が壊れ休業中となって
いました。これ、亀的には、このイベントを締め括るお楽しみにと
思っていたのであります。それを果たせなかったのが、今回の唯一
の残念でありました。
一刻も早く、復旧して美味しいお寿司が頂ける事を願います。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 新潟 会津若松

さて、新潟は五泉から会津若松迄を目指して走ります。

新潟 会津若松
今日からは、山間部を走るコースとなります。

新潟 会津若松
阿賀野川に掛かる橋。

新潟 会津若松
長いトンネル。

トンネルを走っていると、カラカラと音がして何かを落としたよう。
その場で確認しますが、わかりません。

新潟 会津若松
トンネルを出て暫く走って、再度確認すると、スタンドの足の部分が
ありません。どうやらトンネルの中で落としたようです。
トンネルの中なので、取に行くのも危険です。そのまま足無し状態で
この先進む事とします。これで、亀の落とし物リストに新たに1品が
加わりました。

新潟 会津若松
山間部に向かいますが、道は走り易く上り坂もそれ程ではありません。

新潟 会津若松
ご親切にありがとうございます。

さて、順調に走って来たので、この分ではまた早く会津若松に到着を
してしまいそうです。なので、喜多方に寄り道しようと思います。

新潟 会津若松
紅葉が綺麗です。

新潟 会津若松
小野小町のお墓があります。
会津でただ一か所とあるので、全国各地にお墓があるんでしょうか?

新潟 会津若松
これがそのお墓。

で、走り易い道から離れ、アップダウンの激しい道を進みます。
と、新蕎麦祭りの案内がありました。
喜多方に寄り道するのならば、喜多方ラーメンを食べようと思ったの
ですが、新蕎麦はこの時期だけのもの。なので、喜多方ラーメンから
新蕎麦に変更です。

新蕎麦祭りの会場に向かいますがどんどんと上がって行きます。
本日一番の上り。ランドナーのフロントトリプルの一番小さいギアと、
リアは一番大きなギアで上ります。普段この組み合わせ、三ツ池公園
のゼイゼイ坂でも滅多には使いません。

新潟 会津若松
山の一番上の日帰り温泉の施設で、新蕎麦祭りは行われていました。
ところが、大人気で午前の部は満員で入れません。
午後の部は午後4時から。それを待っていたら、明るいうちには会津
若松には辿り着けません。
なので、ゼイゼイしながら上がった坂道を一気に下り、喜多方のラー
メン目指して進みます。

新潟 会津若松
と、また新蕎麦祭りの看板。
また、山の上まで行って満員かも知れません。騙されませんよ。
が、まっすぐ走って行くと、新蕎麦祭りの会場へと出ました。

新潟 会津若松
山都駅前の通りが会場となり、屋台が沢山出ていました。
此処で、十割蕎麦を頂きます。

新潟 会津若松
ロードバイクで食べに来た方々もいます。

新蕎麦を堪能して、喜多方に向かいます。

走って行くと、カメラを持った人達が鉄橋の線路に向けて、カメラの
三脚を立てています。磐越西線のSLが走る様子を撮影するようです。
スマホで調べると、あと20分程で先程の山都駅をSLが出発をする
ようです。

新潟 会津若松
なので、亀も記念撮影。

新潟 会津若松
こんな感じでした。

新潟 会津若松
笑えます。

新潟 会津若松
さて、喜多方に向かいますが、山裾のアップダウンの道を進みます。
結構楽しめます。

新潟 会津若松
会津盆地が見えてきました。
この坂道を下ると喜多方の街です。

新潟 会津若松
真っ直ぐの道を進みます。

新潟 会津若松
で、喜多方駅に到着。

さて、先程新蕎麦を頂いたので、喜多方ラーメンはパスしようかと、
思いましたが、新蕎麦は大した量がなかったのと、元々、この喜多方
ラーメンを食べたいが為の寄り道だったので、此処で喜多方ラーメン
を頂きます。

お腹がいっぱいになり、本日のお宿の会津若松に向けて一直線の道を
走ります。

新潟 会津若松
会津若松駅に到着しました。
本日の宿は、駅近くの日本旅館。外国人が喜びそうなレトロな雰囲気
の宿です。
その宿の目の前に日帰り温泉ね施設があります。
折角なので、此処の湯に浸かり、足の筋肉をほぐして疲れを取って、
すっかりご満悦になってロビーに出たら、知った顔の人が居ます。
リタイアする前に勤めていた会社の同僚の顔に似ています。世の中、
似た顔の人がいるんだなぁ~と思いながらも、ひょっとしたらと、
声を掛けたら、本人でした。

彼も旅行で、来たとの事。珍しい事もあるんですね。
こんな偶然は、30年前に渋谷のディスコで踊っていたら隣で踊って
いた中学の同級生とばったり会った時と、同じく30年前にハワイは
ワイキキの交差点で、偶然、友人と鉢合わせになった時以来です。

さあ、珍しい出会いの後は、今夜のお楽しみ、会津会席を頂きます。










にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 横手 新庄

さて、今日は横手から新庄迄走ります。国道13号線を進む山越えの
コースとなります。

横手 新庄
銀杏が色付く道筋を進みます。

横手 新庄
国道13号線を進むのですが、平行して走る道路の有料道路が、特別
処置として無料で開放していました。なので、自動車はその道を進み、
国道13国線は殆ど自動車が走っておらず、軽快にランドナーで走る
事が出来ます。ちなみに無料で開放されている道路は、自転車と人は
走れません。

横手 新庄
気温は、6度。結構寒いです。

横手 新庄
水田地帯が拡がります。

横手 新庄
路側帯が広い走り易い道です。

横手 新庄
そろそろ、山間部に入ります。

横手 新庄
晴天、最高。

横手 新庄
奥羽本線と川に沿って走ります。

横手 新庄
綺麗な流れです。

横手 新庄
鉄橋の下で一休み。

横手 新庄
せいぜい3%の長い坂が続き、時として5%程度の坂道もありますが、
短い坂道なので、それ程辛くはありません。

横手 新庄
峠のトンネルが在り、此処から下りとなります。

横手 新庄
秋田から山形となります。

下っていると、道端に沢山の野生の猿がいました。
目を合わせずに走ります。当然ながら写真を撮る余裕はありません。
この時期の猿は、餌の少ない冬に向けて食物を捜し、食欲旺盛です。
食欲の秋ですからね。人間も同じです。
ぼっとしていると、ランドナーのフロントバックを漁られます。

でも、熊ではなく猿でよかった。

で、これから下りとなりますが、平行して走っている自動車専用道路
から別れると、またまた上りが待っています。

横手 新庄
此処で、反対車線にパニヤバックを付けた自転車を見掛けます。
「何処からいらっしゃったんですか?」
と伺うと神奈川からとの事。亀と同じです。何やら親しみを感じます。
で、反対車線に伺ってお話をします。

この方、今回は神奈川を出て会津から山形県に入り此処迄来たとの事、
そして、五所川原から日本海側に出て、新潟から神奈川に戻るとの事。
亀のような、短い期間の尺取り虫ではない本格的なグランツールです。
お歳を伺うと亀より10歳近くも上の72歳。頭が下ります。

横手 新庄
さて、さらに進むと、またトンネル。
細かいアップダウンが続き、金山に到着します。
長い直線の道が続きます。昔は宿場町として栄えた事でしょう。

横手 新庄
林業が盛んな地域です。

横手 新庄
昔の街道沿いを走ります。
昔は宿場町だったのでしょうか?

横手 新庄
山々も綺麗です。

横手 新庄
で、道は広くなり、新庄駅に到着します。今日も早く到着してしまい、
まだ時刻は午後1時前。今日の宿のチェックインにはまだまだ時間が
あります。

なので、近くの日帰り温泉に入り、時間を潰す事とします。
この日帰り温泉、結構な高さの所にありました。
そのからの眺めは、まるで、山梨のほったらかし温泉みたいでした。










にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで行く 秋田 横手

さて、秋も深まりようやく涼しくなりました。
そろそろ紅葉を拝める季節ともなったので、以前から計画していた
東北をランドナーで巡ります。今年の5月の新緑の頃に青森は大間
から秋田迄をランドナーで巡りました。それ以前に、数年を掛けて
宇都宮から下関迄は走っています。なので、今回秋田から宇都宮迄
を走ると、本州を縦断した事となります。
なので、新緑の頃と同じ年の紅葉の季節に秋田から宇都宮迄を走り、
その本州縦断を達成させてみたいと思います。

で、紅葉を考慮して、10月半ばの三連休明けの10月15日に、
羽田空港から秋田空港迄向かいます。
この三連休は、関東上陸の大型台風が東日本を駆け抜けました。
そして台風後の仕事始めの今日は、羽田空港は早朝から大変な混み
具合、余裕をみて向かったものの、自転車を預ける有人の窓口が、
なかなか進まずに、何とかギリギリで飛行機に乗る事が出来ました。

秋田 横手
首都圏の河川も台風の雨で、泥水となっています。

秋田 横手
台風明けで天候は穏やか。鳥海山が見えます。

秋田 横手
で、無事に秋田空港に到着します。
気温は13度、昨日の関東の気温と15度も違います。

で、快適に下ります。
地方空港は、何処でも小山や丘の上にあり、空港に向うには上り坂
を行かなければなりませんが、今日は空港からの出発なので快適な
ダウンヒルを楽しめます。が、下ったと思ったらまた上り坂。
なかなか思うようにはなりません。

秋田 横手
地吹雪除け。

秋田 横手
雄物川を渡ります。
途中迄、この雄物川に沿って走ります。

秋田 横手
で、今日は手書きのルートをランドナーのフロントバックに入れて
走ります。曲る交差点の名前や国道や県道の番号を、目立つように
記載しておけば、ひと目で道筋が判ります。

が、そのルートが通行禁止、スマホのマップを見るはめとなります。
で、どうせ道順通りには走らない事になったので、脇道を進みます。

秋田 横手

秋田 横手

秋田 横手
秋です。

秋田 横手
大曲に入ります。

秋田 横手
途中、気になる施設があったので道草したら、本日は休館日。残念。

秋田 横手
ようやく色付いてきました。

秋田 横手
で、うろうろ走り、国道13号線に出ます。
後三年駅とあります。
昔の戦の名残りの駅名です。また、この辺りが納豆の発祥の地なの
だそうです。

そのうちに本日の宿が在る横手市内に入ります。時間は午後1時半
を廻ったところ、まだチェックインには早すぎます。なので、遅い
昼ご飯を食べようと思います。横手に来たなら、此処の名物の焼き
そばを食べようと思います。
実は、何故、秋田から内陸に在る横手に向かったかというと、地図
を見て、鳥海山がある海側よりも、まだ内陸の方が平坦な道筋かな
と思ったのがその理由でした。さらに、ただ自転車で走るだけでは
無く、ついでに綺麗な景色とその土地の美味しい食べ物を頂こうと
の思いもあります。そして、この内陸の横手には名物の焼きそばと、
マタギ料理があるのを知り、迷う事無く、横手を選んだのでした。
で、改めて、横手を焼きそばのお店を探してみると、有名なお店の
営業時間が午後2時迄となっています。此処からでは自転車で走る
とギリギリ間に合うかどうかの時間です。せっかく来たのだから、
その有名なお店で食べてみたいと思います。まあ、時間に間に合わ
なければ、まだチェックインには充分時間があるので、ゆっくりと
他に開いている焼きそばのお店を探せばよいので、このお店に賭け
てみる事とします。

で、閉店7分前に到着して、名物。焼きそばを頂きました。
今日は飛行機といい、焼きそばといい、ツイているようです。

秋田 横手
林檎が実っています。

秋田 横手
で、少し戻って、横手駅。
秋の東北旅、初日は無事終了。後はもうひとつのお楽しみ、マタギ
料理が待っています。

秋田 横手

秋田 横手

秋田 横手













にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR