FC2ブログ

ふたつめのランドナーの冬用手袋

今迄、使っていたランドナーの冬用の羊革の手袋が、破れてしまい
ました。羊の革は柔らかくて手に馴染んで使い易いのですが、革が
弱いので、すぐに破れてしまうのが難点でもあります。

冬用グローブ
で、少し丈夫な革の手袋をと、探して購入したのがこちら。
牛の裏革を使った黒の手袋です。
これ、とってもお安い手袋です。1000円しません。
どちらかというと自転車で使う手袋は消耗品なので、結構なお値段
のものだとお財布が痛くなってしまうのですが、この金額だったら、
1ダース買っても良い位です。
売っていたのは、モノタロウ。
作業用の手袋なので、羊革の手袋よりも丈夫なはずです。

冬用グローブ
また、裏革なので、遠目で見るとお高いセーム革にも見えます。

これで、この冬の自転車乗りも楽しくなりそうです。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴのトークリップ 革巻き

前回のコルナゴでの朝ポタの際、足元をふと見た時の事です。

トークリップの革巻き

トークリップの革巻き
コルナゴに付けているペダルのトークリップの革巻きの縫い糸が、
ほつれてしまいました。革自体も草臥れてきているので、新たに、
作り直しました。

トークリップの革巻き
まずは、今の草臥れた革巻きを外して、その大きさに合わせ新しい
革を切り揃えます。

トークリップの革巻き
で、縫い穴を開けて、針二本を使って手縫いでトークリップに革を
巻いて縫い付けていきます。縫い方は野球のボールを縫うのと同じ。
手順が少し複雑な手縫いなので、ちょっと面倒です。

トークリップの革巻き
で、こんな感じで出来上がりました。
これで足元も綺麗にすっきりとしました。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

ついでに、ランドナーのサドルバックも作ってみました。

ランドナー サドルバック
盗まれついでに、使い込んでいるサドルバックも作ってみました。
こちらも、今迄のサドルバックよりも大きくして沢山収納出来る
ように作ります。

ランドナー サドルバック
こちらもまずは材料の切り出し。
細かい革のパーツは、今のサドルバックから流用します。

ランドナー サドルバック
縁がずれないように、要所要所を仮縫いしていきます。

ランドナー サドルバック
そしてフロントバックと同じように、革の縁どりをしていきます。







にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

フロントバックを作ってみました

フロントバック
さて、フロントバックが無くなってしまったので、作ってみました。

元々、「自転車使い込んでいますね。」と何人かの方に言われて、
バーテープが汚いからとは思っていたものの、それだけではないな
と薄々は気が付いておりました。それは、フロントバックとサドル
バック。両方とも太陽に晒されて、色が褪せてきていました。
こちらも新調しなければとは思っていたのですが、まずは面倒臭い
なという事と、古くなった愛着のあるフロントバックを捨てる事に
躊躇していたのであります。
が、盗まれたとあっては、悔やむ事はあっても躊躇する事はありま
せん。また、悔やんでいても、どうにかなるものでもありません。
ある意味、盗まれた事が背中を押してくれたのでありましょう。

人でも物でも、出会いと別れはあります。
それが、世の中の理と必然なのだと考えると、気持ちを切り換える
事が出来ます。まあ、これも歳を重ねたおかげでありましょうか。

と、いう事でまずはフロントバックの製作にと取り組みます。

フロントバック
まずは、材料の切り出し。

フロントバック
そして、ベルトの作成。
このベルトは、革を二枚合わせて両端を糸で縫っていきます。
これ、一連の作業の中で、一番時間が掛かる地味な作業です。

フロントバック
で、こんな感じで出来上がりました。
買い物の荷物も沢山入るようにと、一回り大きく作ります。

フロントバック
盗難防止の為に、チェーンロックを繋ぐ取手も付けました。
どうだ!盗れるものなか盗ってみろ。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナー 革のバーテープ

最近、ランドナーでご近所をあちこち走りますが、お会いする人が
皆さん一様に「自転車、使い込んていますね。」といいます。
最初は、褒めてくれているのか思っていましたが、会う人会う人、
皆言うので、本当に褒めているのだそうかと不安になってきました。

ひょっとしたら、使い込んでいて草臥れた自転車と言われているの
ではないのかなと思い始めます。
綺麗な自転車とは、誰も言ってくれないんでね。

で、全体的に草臥れているのだろうけど。どこが一番草臥れている
のは、よくよく見ていると、どうやらハンドルのバーテープが一番
草臥れているように見えます。
なので、とりあえずバーテープを交換しようと思いますが、その前
に、そのバーテープを革で作ろうと思います。

バーテープ
で、作るのですが、これは簡単。
革を適当な幅に切って、端と端を縫って出来上がり。

そのうちに暇を見つけて、ランドナーのバーテープを交換してみる
事とします。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

カスク 新しくしました

手作りのカスクを使用して数年経過をいたしました。
幸い大事に至るような落車はありませんでしたが、それなりの落車
は何回かあり、数回は頭から落ちるという場面がありました。
幸いにもカスクのおかげで大事には至りませんでした。

で、そのカスクですが、何年も使用していると汗や雨で経年劣化が
激しくなり、ボロボロになってきました。
なので、新たに作ります。

作るのは、デローザ用とランドナー用。
このふたつの自転車によく乗っているで、その草臥れたカスク2個
を新調します。

カスク
まず、革を切り出します。

カスク
中には衝撃吸収用の緩衝材を詰め込みます。

カスク
で、チクチクと縫っていきます。

幸い、この時期、ブエルタ・エスパーニャがやっているので、それ
を観つつ、チクチクと縫っていきます。

カスク
で、こんな感じで出来上がり。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

予備の革ベルトの作成

7月、梅雨明けの頃の事です。
暑いので、自転車で走らずにツールド・フランスを観ています。
で、手元が暇なので、革の小物を作っております。

ここのところ、よくトークリップの革のベルトが切れてしまいます。
ゼウスしかり、コルナゴしかり。
それもサイクルイベントの時に限ってです。
いいとこ見せようと、普段はそれ程使わない引き足を使ってしまう
からでしょうか?

ともあれ、万が一の時を考えて、多めに予備の革ベルトを作ります。

予備ベルト
これ、トークリップのベルトだけではなく、フランスパンをトップ
チューブにぶら下げたり、バックのストッパーが切れた時に代替え
としても使えます。何本か携帯していると便利です。

予備ベルト
長さは36センチ。切れにくくする為には、革を二重にして、脇を
糸で縫って補強した方が良いのですが、面倒だし予備なので、まあ
このままで良い事とします。

予備ベルト

予備ベルト
リベットと、ベルトの留め具を留める穴を空けます。

予備ベルト
リベットを打って出来上がり。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

止り木

さて、自転車用のドライブレコーダー、フロント用とリア用の2台
を手に入れたのですが、問題発生であります。

フロント用は、ハンドルバーに付ける留め具があるのですが、リア
は、その留め具を付ける場所がありません。仕方無くシートステイ
に取り付けたのですが、画面が縦向きになるのと、ペダルを踏む足
が引っ掛かります。試しに走ってみたら、500m程走った所で、
足に蹴られて、道路に落ちてしまいました。
幸いにも早朝だったで、それ程自動車は走っておらず、その走って
いる自動車も道に落ちているドライブレコーダーに気が付いてくれ、
避けてくれていたので、無事回収する事が出来ました。
でも、ケースの継ぎ目に填まっていた防水用のシールが、外れて、
千切れしまいましたが・・・

さて、どうしましょうと夜も寝ずに昼寝して考えた結果、フロント
と同じように、ハンドルのバーに付ければよいと思いつきました。
でも、後ろにはハンドルがありません。後ろにハンドルがあったら、
どちらを向いて走ったらよいか迷います。

止り木
で、ハンドルのバーと同じようなものを後ろにも付ければよいでは
ないかと作ってみたのがこれ。止り木です。

止り木
まずは用意したのは、革と塩ビのパイプ。
一番下が、レコーダーを取り付ける留め具です。

止り木
さて、その作り方。
塩ビのパイプを短く切って、そこに革を被せます。
4本あるのは、各々の自転車のサドルバックに縫いつけておく為に
各々の分を作りました。

止り木
で、こんな感じでランドナーのサドルバックにレコーダーを着けて
みました。

止り木
で、フロントはこんな感じ。
さあ、これで事故があっても安心(?)です。






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

再度、ウエストポーチ

さて、前回は、大きなウエストポーチを作ってみたのですが、少し
大きいようです。ロードバイクで走る時のように、荷物が積めない
時は便利ですが、ランドナーで走る時は、フロントバックや大きな
サドルバックがあるので、必要最低限のものだけ入れば大丈夫です。
とはいえ、以前のウエストポーチでは手帳が入らないので、ついで
に、今迄使っていたウエストポーチとほぼ同じ幅で、縦を長くして
手帳も入るようにしようと思います。

ウエストポーチ
で、こんな感じで出来上がり。
ふたつあるのは、夏で汗をかくので、洗濯をして干している時に、
急にランドナーに乗りたくなった時用に、予備でもうひとつ作って
みました。




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

新しいウエストポーチ

リタイアする前迄は仕事中心だったので、スケジュールを管理する
手帳は仕事の時しか使わず、自転車に乗っている時は持ち歩く事は
ありませんでした。しかし、今は、日々のスケジュール管理をする
手帳は、いつも持ち歩かないと予定が分からなくなってしまいます。
なので、自転車に乗っている時も常に持ち歩くようになりました。

ところが、その為に困った事が起きてしまいます。
それは、手帳と筆記用具が増えたせいで、今迄使っていたウエスト
ポーチでは、収まりきらなくなってしまいました。

ウエストポーチ
このウエストポーチも、夏の何シーズンかを一緒に過ごしたせいか、
かなり草臥れてしまっています。なので、この際、少し大きくして
手帳も収まるようにしようと思います。

ウエストポーチ
で、こんな感じで、生地を裁断してみました。
今回は、ランドナーのフロントバックや、ロードバイクの小物入れ
と同じように、黒の帆布に革の縁取りで作ってみようと思います。

ウエストポーチ
仮留めをして、革の縁取りで縫っていきます。

ウエストポーチ
こんな感じで出来上がりました。

ウエストポーチ
今迄のものと大きさを比べてみます。
二回り位大きくなったかもしれません。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナー ボトルホルダーの革巻き

ボトルホルダーの革巻き
ランドナーに着けていた、ボトルホルダーの革巻きが、草臥れて
きたので、新たに作り直してみました。

ボトルホルダーの革巻き
今迄のはこんな感じ。
主に、ボトルが当たる所だけを革巻きにしていたのですが、革を
蒔いていない所もボトルが当たるようなので、作り直したものは、
全部革巻きにしてしまいます。

ボトルホルダーの革巻き
まず、ボトルホルダーを外して、今巻いている革を外します。

ボトルホルダーの革巻き
で、革の切り出し。
これ、革の幅が広かったので、後で半部の幅に切り直しました。

ボトルホルダーの革巻き
で、こんな感じで出来上がり。

ボトルホルダーの革巻き

ボトルホルダーの革巻き
取り付けるとこんな感じとなります。
さて、これで、ガタガタ音は少しでも小さくなるのでしょうか?




にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザのトークリップ 革巻きの交換

さてさて、これで「グラン・ツールせとうち」の準備も進んで
いますが、これもついでも直しておきます。

トークリップの革巻きも、1年半程履いていると、ボロボロに
なってきます。フレームの汚れを落とし綺麗にするのと同じく
こちらも新しい革を巻き直して綺麗にしておきます。

トークリップの革巻き
同じような色合いの革を切り出します。

トークリップの革巻き
二本の針で手縫いで縫っていきます。

トークリップの革巻き
こんな感じで縫い上げます。

トークリップの革巻き
ペダルに着けて出来上がり。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

再製作 サングラスとグローブの小型ケース

さてさて、「自転車に似合う革小物」ネタまだまだ続きます。

サングラスとグローブのケース
以前、コルナゴ用に造ったサングラスとグローブ入れ、小振りに
出来たので、改めて、デローザと、なんちゃてゼウス用に作って
みました。

photo_kawa_sunglassgrovecase_2_2_2016_0817.jpg
革を切り出します。ちゃんとロゴも入れちゃいます。

photo_kawa_sunglassgrovecase_2_3_2016_0817.jpg
革が厚いのでスクワイパーで削ります。
削りカスは沢山出ますが、その割にはあまり削れていません。

photo_kawa_sunglassgrovecase_2_4_2016_0817.jpg
蓋を付けて出来上がり。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ランドナー グローブの修繕 続き

以前、ランドナーで使用しているグローブの修繕をしましたが、    
今度は、反対側の穴が大きくなってきました。
なので、こちら側も修繕していまいます。

グローブのメンテ
今度は同じ色合いの茶色い革を用意します。

グローブのメンテ
穴が開いた部分を切り取ります。

グローブのメンテ
そして、こんな感じで補修します。

新しく補修したのは、本革なので、以前よりは長持ち
しそうです。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

ランドナー グローブの修繕

これも以前のお話であります。

ついでに、ランドナーのグローブも修繕してしまいます。

こちらも2年程、使っているうちに表面のメッシュが破れてきて    
しまいました。このメッシュの部分をロードバイクのグローブの
修繕で使用した、羊の革を使って修繕していきます。

グローブのメンテ
破れたメッシュに合わせて、革をカットします。

グローブのメンテ
このままだと蒸れるので、穴あきポンチで穴を開けていきます。
その上で、縫い穴を開けていきます。
上の小さなパーツは、この前に修繕したロードバイク用のもの。

グローブのメンテ
で、メッシュを取り去り、縫いつけて完成したのがこれ。
左の穴の大きさが不揃いなのは、最初に穴開けを行ったところ、
穴開けを失敗してしまいました。右は、その後に穴開けを行った
ので、少し慣れてきたせいか、左よりも綺麗に仕上がりました。

以前のグローブと比べると、ふた昔前の自動車レースのレーサー    
が使っているようなドライビンググローブみたいになってしまい
ましたが、それもご愛嬌です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ グローブの修繕

以前のお話であります。

グローブのメンテ

1年半程使っているコルナゴのグローブ、穴が開いてきました。
新しいものを買っても良いのですが、また、どうせ同じ所に穴が、
開いてしまうのでしょうから、そこだけ修繕する事とします。

本当は鹿革が欲しかったのですが、大きなものしか売っておらず、
修繕で使うような小さな端切れがありません。
なので、仕方が無いので、羊の革の端切れを買ってきます。

グローブのメンテ
グローブの革は薄手なので、スクレーパーで革を薄く削っていき
ます。実はこの道具、初めて使いました。やってみると、面白い
ように革が削れていきます。削れたカスは鰹節のよう、楽しいね。

グローブのメンテ
で、縫いつけて出来上がり。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

ついでのついで ランドナーのトークリップも手直し

トークリックの手直し
ついでのさらにのついで、ランドナーのトークリップも手直しです。
力が掛かるところはどうしても、傷んでしまうようです。ランドナー
のトークリップも縫糸がほどけてしまっています。これ、一度気に
すると、気になって仕方がありません。
なので、ランドナーのトークリップも手直しします。

トークリックの手直し
靴が当たって縫い付けている麻糸が刷り切れてしまっています。
コルナゴもデローザも、皆同じくこの部分の麻糸が擦切れています。
なので、この部分を重ね縫いします。

トークリックの手直し
後は、他のトークリップと同じく二本針で手縫いで縫っていきます。

トークリックの手直し
で、こんな感じで出来上がり。
革は傷も少ないので、そのまま使います。

トークリックの手直し
で、ペダルに取付けて出来上がり。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ついでにデローザ トークリップの革巻きも補修

トークリップ革巻きの補修
先日はコルナゴのトークリップの革巻きと革のツールケースの補修
をしましたが、今回はデローザのトークリップの革巻きも補修して
みます。

トークリップ革巻きの補修
このトークリップの革巻き、どうも靴が当たるせいか、麻の縫い糸
が切れてしまうようです。

この縫い糸、麻では無くて化学繊維を使う方も多いようですが、亀
は、ヴィンテージ物には極力自然のものを使いたいと思っているの
で、時々補修をしなくてはならないとしても、化学繊維では無くて
麻糸で補修を行います。

トークリップ革巻きの補修
一カ所を除き、残り全てを取り外します。
革は切れてはいないで、そのまま同じ革を使用します。
短い革は、トークリップのベルトを通す部分が磨り減ってしまって
上側だけがくるりと回りベルトが外れてしまうので、回らないよう
固定する為に巻いていたのですが、回る部分を瞬間接着剤で固定を
する事で回らなくなったので、ここは外してしまいます。
このあたりのいきさつは、「崩壊 トークリップ」lをご覧下さい。

トークリップ革巻きの補修
縫い終わってこんな感じに出来上がりました。

トークリップ革巻きの補修
ペダルに付けて出来上がり。

さておまけ。

ブレーキレバーパッドの革カバー
先日、再々度作り直したブレーキレバーパッドの革カバー、こんな
感じでデローザに付けてみました。

ブレーキレバーパッドの革カバー
いいんじゃない~と独りご満悦の亀でした。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ついでに革製品の補修

革の補修
革の手入れをしたので、ついでに補修もしちゃいます。

さて、補修その1 トークリップ革巻きの補修。

コルナゴで使っている、エアロペダル用のトークリップの皮巻きの
糸が解れてしまいました。

革の補修
糸を外してみました。革自体はまだ使えるので、新たに糸だけ新調
して縫っていきます。

革の補修
今回は二本針の手縫いです。

革の補修
こんな感じで仕上がりました。

革の補修
その2 ツールケースの糸の解れ

革の補修
デローザのツールケースの、革ベルトを通すガイドの革の糸が解れ
てしまいました。

革の補修
こちらも糸を取り除きます。

革の補修
で、新しい糸で縫っていきますが、今度は、ハンドミシンで縫って
いきます。

革の補修
こんな感じで補修完了です。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

革製品のお手入れ

ようやく凌ぎ易い季節となったので、久しぶりに革製品のお手入れ
をしてみようと思います。

革の手入れ
使う道具はこれ。
これ全て革製品のお手入れで使うのではありません。
上からチェーンの手入れをするクレ5-56と、グリスが入ったグリス
メイト、そして、フレームを綺麗に磨くワックスと、メッキを磨く
メッキクリーナー、細かいところのゴミや汚れを取るハケやブラシ、
そして革を綺麗にして革に栄養を与えるミンクオイルとなります。
革のお手入れだけ行うのであれば、ミンクオイルだけあれば良いの
ですが、定期的に行うチェーンのグリスアップとフレーム拭きとの
タイミングと革製品のお手入れの時期は重なるので、やる時は全部
一緒にやってしまいます。
その周期は、亀の場合2~3ヶ月に一回程度でしょうか。

で、今日は特にハンドル廻りを重点的にお手入れしていきます。

革の手入れ
まずはコルナゴから。

革の手入れ
ハンドルカバーが色褪せて細かな傷も出てきました。

革の手入れ
ミンクオイルを薄く塗って磨くと目立たなくなりました。

革の手入れ
次はランドナー。

革の手入れ
こちらは、結構目立ちます。

革の手入れ
こちらもこんな感じで目立たなくなりました。

革は生きているので、お肌の手入れと同じように栄養と保湿効果の
あるミンクオイルを定期的に塗ってあげる事で、その寿命はかなり
伸びます。長い間使っていればそれなりに風合いも出てくる革製品、
ヴィンテージバイクには良く似合います。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

再々製作 デローザ ブレーキレバーパッドの革カバー

この週末、「独りセンチュリーライド三浦半島」を実行しようと、
連チャンで朝ランをして膝のリハビリをしつつ、独りで勝手に盛り
上がっていたのでしたが、台風のおかげで雨模様となってしまいま
した。なので、「独りセンチュリーライド三浦半島」は延期、さら
には、日曜日に都内三カ所で行われる神社の大祭を、ランドナーで
御利益ポタしようと思っていたのも、雨の為中止する事にしました。

さて、空いた時間をどうしようと考えます。
で、雨でも家の中でも出来る事、それは「自転車に似合う革小物」
作りであります。

先日作成したデローザのブレーキレバーパッドの革カバー、使って
みるとあまり良くありません。
今まで作ったブレーキレバーパッドの革カバーとはちょっと違った
デザインにしてみたのですが・・・と云うよりも、デザインを変え
たのは今に始まった事では無く、今まで毎回違うデザインでひとつ
として同じデザインのものは無いのですが・・・
その結果、ゴムのブレーキレバーパッドの上の部分が、露出をして
しまいます。

革カバーを作った目的のひとつに、ヴィンテージのパーツの保護が
ありますが、露出していたら保護の意味がありません。
なので、雨で三連休が閑となるので、改めて作り直しをしてみよう
と思います。

レバーカバー試作3
今回、初めて作ったランドナーのブレーキレバーパッドの革カバー
のデザインで再度作り直しをしようと思います。
このデザイン、ボタン二カ所で止めるタイプでブレーキのワイヤー
ケーブルを外さなくとも交換出来るタイプです。
その時は、革はそのまま切り落としでしたが、今回は縁廻りを折り
込んで糸で縫っていきます。これは、ランドナー以後のコルナゴや
なんちゃってゼウスや、先日作ったデローザのものと同じ仕様です。

ブレーキカバー

ゼウス ハンドル革巻き
因みに・・・
コルナゴもなんちゃってゼウスもブレーキのワイヤーを外さないと
交換出来ないデザインです。

さて、デローザブレーキレバーパットの革カバー三代目を作ります。

デローザブレーキカバー
前回よりも少し大きく革を切り出します。

デローザブレーキカバー
これも前回と同じように革を水に浸した後で、新聞紙を詰めて形を
整えたブレーキパットに巻き付けて形を整えます。

デローザブレーキカバー
30分程でこんな感じに革が伸びてきます。

デローザブレーキカバー
で、こんな感じに出来上がり。

と、ところで・・・
なかなか雨が降って来ません。
で、再度天気予報を見てみたら、昨日は朝6時から雨となっていた
のが、今は午後6時から雨となっています。あれまぁ~。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

デローザ ブレーキレバーパッドの革カバー

ブレーキレバーの革カバー
こんな感じで、デローザの新しいブレーキレバーパッドの革カバー、
作ってみました。

ブレーキレバーの革カバー
この間、デローザのハンドルのバーテープを、革カバーへと換えて
みたのですが、以前に付けたブレーキレバーパッドの革カバーが、
汚れてきていて、それがかえって目立ちます。

ブレーキレバーの革カバー
もう数年使用してので、年期が入っています。

ブレーキレバーの革カバー
なので、ついでにブレーキレバーパッドの革カバーも作ってしまい
ます。

さて、革をブレーキレバーの形状に合わせて伸ばしていくのですが、
その型合わせをする為に、予備のブレーキレバーを引っ張りだして
みるとブレーキレバー本体と、ゴムのカバーが別々になっています。
革をブレーキレバーの形状に合わせていくには、このゴムのカバー
が付いたブレーキレバーの本体に、湿らせて柔らかくした革を巻き
付けて形状を合わせていきます。そうしないと、ブレーキレバーの
本体にはゴムのカバーが付いていないと形成出来ません。
なので、ゴムのカバーをブレーキレバーの本体に付けなくてはなら
ないのですが、このカバーをブレーキレバー本体に装着するのは、
力とコツが必要な、結構大変な作業となります。。
亀は不器用なので、無理に引っ張るとゴムのカバーに裂け目が入り
そうでちょっと自信がありません。

ブレーキレバーの革カバー
で、良くみるとこのカバー、カンパニョーロでは無くダイヤコンペ
であります。だったら、なおさら付けて外してをしなくてはなりま
せん。さて困りました。

で、悩む事6分50秒、良い方法を思い付きました。

ブレーキレバーの革カバー
それは、ゴムのカバーの中に新聞紙を詰め込んで形が崩れないよう
に革を巻き付け、整形してしまう事です。

ブレーキレバーの革カバー
と、準備は出来たので、革を湿らせます。
というより水に浸けて全体を濡らします。

ブレーキレバーの革カバー
そして革を巻いて整形するのですが、ここで一工夫。
以前、同じように整形した時、革の上から直接バンドで締め上げた
ら革にバンドの跡が付いてしまいました。なので、今回は革の上に
キッチンペーパーを巻き、その上にバンドで締め上げます。
そうすると、バンドの跡も付かず、またキッチンペーパーが適度に
湿った革の水分を吸い取ってくれるので、整形の時間も短縮する事
が出来ます。

ブレーキレバーの革カバー
で、30分程置いて整形したのがこれ。
革の種類にも寄りますが、比較的柔らかい革はこの程度の時間で、
綺麗に整形出来ます。また、整形した革には細かい皺がありますが、
これは後で、ブレーキレバーの本体に付ければ消えてしまいます。

さて、次はいよいよ革の細工を始めます。
今回のカバーも小口を綺麗にしたいので、端は折り込んで縫い付け
仕上げとします。

ブレーキレバーの革カバー
なので、まずは縫い目を作る為に菱目ポンチで縫い穴を開けます。
これを行うと、縫うのが楽なのと、縫い目が綺麗に仕上がります。

ブレーキレバーの革カバー
こんな感じで縫ってしまいます。

ブレーキレバーの革カバー
そして、革のカバーをブレーキレバー本体に固定する為に、ホック
を付けて出来上がり。
この時、フックの固定具合を丁度良くする為には、革の厚みをこの
フックの締まり具合にあった厚みにしなくてはなりません。その為
に厚みを合わせる為に、革のワッシャをフックの留め金の間に挟み
厚みを調整します。また、フックのパーツは4つ有り、そのうちの
ふたつをセットにして、革に挟み込むのですが、この組み合わせを
間違えると、フックが締まらなくなるので要注意です。

ブレーキレバーの革カバー
で、こんな感じに仕上がりました。
なんだか、前よりも高そうな自転車に見えてくるのが不思議です。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

デローザのハンドルも革カバーにしてみました

半月板損傷、痛みはだいぶ収まってきたものの、大事を取って
まだ走れません。

革カバー

革カバー
デローザに乗り続けて3年、前のオーナーからのハンドルのバー
テープがいい加減にくたびれて来ました。
全体に薄汚れてきています。

革カバー
また、ここのところの革が寄ってしまい、ハンドルの下地が出て
きてしまっています。乗ってるぞ!走ってるぞ!感はありますが、
あまり優雅ではありません。
なので、どうにかせねばとここ1年程、デローザで走る度に考え
ておりました。

でもこのバーテープ、ブルックスの革製なので、それなりに味が
有り、替えるのもどうかなぁ~と思います。今年の春にしまなみ
海道を走った後で、どうせここまで来たのだから少し足を伸ばし
てみようと広島に行った際に駅で出会った、北海道から自転車で
日本を縦断しているイギリスのご夫婦から「おお、ブルックス」
と喜んで頂いたので、なおさら替えるのもどうよ?と思います。
このテープを一旦剥がして、それを又巻いてみようかとも考える
のですが、汚れた所と、そうでない所の色具合が微妙です。
なので、この際思い切って我が家の残りのロードバイクと同様に、
バーテープでは無く、革カバーにしてしまおうと思います。

ここのところ雨降りが続き、折角、自転車で走ろうとお盆休みを
取ったのに、全然走れません。こんな時こそが交換のチャンス、
こんな機会が無ければなかなか、ハンドル外し革カバーを作る
気分も時間もが取れません。
そう考えるとこの雨、恵みの雨かも知れません。

半月板も調子悪いしね。

ちなみに、既に革カバーとなった我が家のロードバイクがこれ。

ハンドルカバー
コルナゴの革カバー

ゼウス ハンドル革巻き
なんちゃってゼウスの革カバー

革カバー
さあ、思い切ってブルックスの革巻きを外します。
脇にあるコルク抜きは、エンドカバーがコルク製なので、それを
外す為のものです。
さあ、これでもう元には戻れません。

革カバー
で、幅と長さを合わせて革を切り、縫い目を作る菱目打ちをして、
ステム側のエンドは、折り返して縫っておきます。

革カバー
エンドで使うコルクの候補達。
一番左が、今までデローザに付いていたコルク、その隣が以前に
コルナゴで使って失敗したコルク、そして、一番右側が何も手を
加えていないコルク。
で、色々と熟考した後に、今までデローザに付いていたコルクを
そのまま付ける事と致しました。

革カバー
ブレーキレバーのベースの為の丸穴開け、この位置を間違えると
大変です。

革カバー
で、この後はひたすら手縫いでハンドルに付けていきます。

革カバー
で、完成。

革カバー
以前より細身ですっきりとしました。





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ワインキャリア

自転車で何が運べるか?

ワインキャリア
ヴィンテージバイクの祭典、「エロイカ」の本場イタリアの写真
を見ると、自転車のトップチューブにワインを括り付けて走って
いる様子が伺えます。イタリアやフランスでは、自転車で郊外に
行き、ワインと共に、ピクニックランチを食べる習慣が有るよう
です。爽やかな季節に緑の中で頂くワインと軽食のランチ、これ
も郊外に自転車で遠乗りする楽しみのひとつです。

残念ながら日本では、お酒を飲んでの運転は法律違反となるので
呑んだら、自転車にも乗れませんが、その時は輪行という方法が
有ります。郊外で、ワインと共にピクニックランチを食べたら、
最寄りの駅まで自転車を押して、そこから輪行して帰るという手
が有ります。これなら、自転車にワインを括り付けて走っても、
なんら問題は有りません。
なので、自転車用のワインキャリアを作ってみました。

ワインキャリア
まずは革を切り出して、下縫いします。

ワインキャリア
お約束の亀印。

ワインキャリア
ソムリエナイフを持参出来るようにポケットを作ります。

ワインキャリア
革の裏地縫い。ソムリエナイフが入るポケットも縫い付けました。

ワインキャリア
持ち手を付けて後は底を縫います。

ワインキャリア
こんな感じでワインとソムリエナイフを収納します。

ワインキャリア

ワインキャリア
ピクニックランチに出掛ける際には、こんな感じで輪行袋も括り
付ける事が出来ます。

ワインキャリア
お持たせの場合は、こんな感じ。

ワインキャリア
さらに、薔薇などの花を一輪、携帯出来るようにしています。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってザウス トークリップ 革巻き

さてさてトークリップを交換するのですが、崩壊したMKSの
トークリップは持ち合わせがありません。今、手元にあるのは
買い置きのクリストフのトークリップ、でも左右違うメーカー
のトークリップを付けているのも、何だか恰好があまり良くは
ありません。
が、このトークリップ、靴が傷つかないようにと革巻きをして
していました。なので新たに付けるトークリップも革巻きして
しまえば、メーカー名が隠れて判りません。これ一石二鳥です。
で、ついでなので今まで革巻きしていた方のトークリップも、
新たに、革を巻き直してみます。

以前は、縫い目を表に出していたのですが、ごちゃごちゃして
いていて見苦しかったので、今回、新たなに革をまき直すのは、
縫い目を裏向きにしてみようと思います。

トークリップ革巻き
まず、以前と同じように青い革を切り出します。

トークリップ革巻き
そして、縫い目を裏にし、こんな感じで巻いて縫っていきます。

ゼウス トークリップカバー
以前巻いたのはこんな感じでした。

トークリップ革巻き
で、ペダルに取付けて出来上がり。
すっきりとしました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

デローザ用 トークリップベルト

先日都内をデローザで走ってた際、トークリップのベルトが二本
とも切れてしまったので、新しいトークリップのベルトを作って
みました。

トークリップベルト
これが切れたトークリップのベルト、ここから金具を取って流用
します。

トークリップベルト
出来合の皮のベルトにポンチで穴を開けます。

トークリップベルト
先を斜めにカットします。

トークリップベルト
今回は少し手を掛けて、スクワイパーで革の裏を削り、留め金を
付ける部分を折り返して二重にし、そこが厚くならないよう工夫
をします。
このスクワイパー、100円ショップで買ったもの。以前買った
何千円もした革専用のスクワイパーよりも綺麗に削れます。

トークリップベルト
で、コバ磨き。この道具を使って綺麗にします。
この道具とても便利、コバ磨きが楽しくなります。

トークリップベルト
で、留め金を付ける為に穴開け。

トークリップベルト
穴の間隔が狭すぎて、留め金付けられません。失敗。
なので、再度穴開け。

トークリップベルト
で、そこを糸で締めて出来上がり。

トークリップベルト
ペダルに取り付け完成です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コルナゴ用革の小物ケース

さて、サングラスも新しいものを買って、グローブも新しいもの
を手に入れたので、今まではデローザとコルナゴのサングラスと
グローブを兼用に使っていたのですが、この際、別々に使い分け
してみます。
だって、コルナゴにデローザのグローブは合いませんよね。

コルナゴ 小物ケース
なので、サングラスとグローブを入れる革のケースを作ります。

コルナゴ 小物ケース
作るのは、余った革。
余った革が少なかったので、今までよりも一回り小さいケース。
デザインも代えてみました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

楽ちん 革のトコ出し用ルータのビット作り

とこ出しビット
寒い冬自転車に乗れないので、今度は「自転車に似合う革小物」
の小話です。

防塵工作室
前回の「400円で出来る防塵工作室」の最後のくだりで、この
写真が一枚出ていましたが、その時、ルーターの先に付いていた
のが、この「楽ちん 革のトコ出し用ルータのビット」です。

革細工をやっていない人には、全くちんぷんかんぷんのお話です。
自転車に似合う革小物というブログのパートで、今までいくつか
革小物を製作してきましたが、いつも多くの時間と手間が掛かる    
のが、トコ出しという奴です。
このトコ出し、革の小口を滑らかにする作業。一番作業を必要と    
するのが、ベルト部分です。この革の小口に滑らかになるような
液を塗り、そこにプラスチックや木のへらで擦って、革の側面を
滑らかにしていくのですが、これが、とっても時間が掛かる作業
となります。
なので、今まで亀は、適当な所で作業を止めてしまっていました。
結果はベルトの小口はケバケバ状態。まあ、自分で使うのだから
あまり気にはしないのですが、時々、クラブランで一緒に走った
方から、見せて下さいと言われると、ちょっと恥ずかしい気持ち
になっていました。

で、何か良い方法はないかと、ネットを見ていたら、同じような    
悩みを持つ方が考案した方法が載っていました。

おお~、これだぁ!!

と亀も早速作ってみました。

とこ出しビット
まずは100円ショップで買った木の取手とネジセット。
取手の経は 28mm 長さは 46mm ネジは 経 3mm 長さ 40mm
です。
ネットで載っていた方法は、木の丸棒を使う方法ですが、生憎と
そのような丸棒が売っていなかったのと、この木の取手、予め、
中心にネジを止める穴が開いていたので、こちらにしました。
回転するルータに装着するので、木の棒の中心に穴を開けるのに
亀は自信が無かったからであります。

で、最初に取手の頭を取ります。

とこ出しビット

とこ出しビット
ルータにこの木の取手を装着して、バイスに止めて鋸を当てて、
頭を切り落とします。

とこ出しビット

とこ出しビット
これ、結構な時間が掛かりました。

後でよくよく考えてみたら、ルータで回転させて切ればもっと
楽だったのになぁ~と気が付きました。

次に、棒状になった木の取手に鑢で溝を入れていきます。
今度は、ルータを回転させて鑢を当てていきます。

とこ出しビット
で、こんな感じで出来上がりました。
これで、革の小口を擦らなくても、ミニルータの先の木のビット
が回転する事で綺麗に革の縁が仕上がるはずです。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

これで完成、ゼウスのハンドル革巻き

色々と時間が掛かりましたが、ようやくゼウスのハンドルの革
巻きが完成しました。

ゼウス ハンドル革巻き


ゼウス ハンドル革巻き

ゼウス ハンドル革巻き
ハンドルの色は黄色、ブレーキレバーのパッドの色は青、これ
でハンドルはカスクと同じツートーンカラーとなります。

ゼウス ハンドル革巻き
随分と派手なビンテージバイクになりそうです。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

チャリリン4

4台目の自転車なんちゃってゼウス、これにもチャリリンを、
付けちゃいます。なので、チャリリン4。

ゼウス ハンドル革巻き
今回はサドルバックで余った、緑の革バンドでチャリリン4を、
作ります。手抜きじゃありませんよ。

ゼウス ハンドル革巻き
こんな感じで出来上がり。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
リタイア後の時間をどのように
有意義に過ごすか?
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR