ランドナーで巡る七福神詣で 東海七福神

東海七福神
さてさて、今年は沢山の七福神巡りをしました。
そこで、最後に巡るは風情有るここ「東海七福神」。ここを巡り
ます。
コースガイドはこちらをご覧下さい。

東海七福神
品川の宿から、旧東海道沿いにある東海七福神、最初は寿老人を
祀る一心寺。

東海七福神
京都の町屋にあるような、風情あるお寺です。

東海七福神
そして、その前にあるのが、布袋尊を祀る梵願寺。

東海七福神
この辺りは電線を地下埋設し、道路も石畳で風情があります。

東海七福神
ここから国道15号線に出るとあるのが、大黒天を祀る品川神社。
石段を登ると辺りが見渡せます。江戸の頃は、ここから品川の海
がよく見えた事でしょう。

東海七福神
ところで、七福神とは全く関係がありませんが、品川神社のすぐ
近くでマリオカートの出発風景に出くわしました。
どうやら、ここがマリオカートのスタート地点のようです。

で、また旧東海道に戻り、恵比寿様を祀る荏原神社に向かいます。

東海七福神
早くも桜が綺麗に咲いています。

東海七福神
そしてまた、旧東海道を少し走って毘沙門天を祀る品川寺。
広い境内のお寺です。

この辺りから、七福神詣での人が多くなってきました。
もう松の内は過ぎたというのに、今までの七福神詣でで一番の人
です。ここ品川宿を、旧東海道沿いに歩くのが人気なのか、他の
七福神詣でが大抵、松の内までなのが、ここはまだ札所が開いて
いるからなのか、結構な賑わいです。
そんな人達が歩く旧東海道をさらに進みます。

東海七福神
次は、立会川沿いにある福禄寿を祀る天祖諏訪神社。
すっきりとした白いコンクリートの本殿がある神社です。

東海七福神
さて、最後は弁財天を祀る磐井神社。
鈴が森を抜けて、国道15号線に出た先にあります。

さあこれで、毎年詣でる、鶴見の七福神と東海の七福神を巡る事
が出来ました。さらに今年は、その他のいくつもの七福神を巡る
事が出来ました。今年はさらに良い年となる事でしょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで巡る七福神詣で 多摩川七福神

国道1号線の多摩川大橋とガス橋の間、多摩川を渡った大田区側
に点在する多摩川七福神、初めて走ります。
ここの道順はこちらをご覧下さい。

多摩川七福神
最初は、東急多摩川線武蔵新田駅脇にある、矢口渡中稲荷神社の
福禄寿。
ほとんど駅の構内のような場所にポツンとある神社です。

多摩川七福神
次は、線路沿いの道を走ってすぐの、矢口ノ渡頓兵衛地蔵尊堂の
布袋尊。
頓兵衛とは江戸時代、平賀源内が書いた浄瑠璃「神霊矢口渡」に
出てくる矢口ノ渡の船頭の名前。立派なお堂です。

さて次は、また武蔵新田駅に戻り線路を渡って進みます。

多摩川七福神
そして着いたのは新田神社、立派です。
ここは、新田義興を祭った神社。七福神は恵比寿様です。

多摩川七福神
次は、ほんの少し走って氷川神社の大黒天。
この辺り、七福神が密集しています。

多摩川七福神
次もちょっと走って十寄神社の毘沙門天。
朱塗りの神社です。

多摩川七福神
さあ次は、延命寺の寿老人。
延命で寿、語呂がめでたい七福神です。
ここは、この七福神の中で唯一のお寺です。

多摩川七福神
そして最後は多摩川沿いの朱塗りの鮮やかな神社、東八幡神社の
弁財天です。
この場所、矢口ノ渡があった場所なんだそうです。

この多摩川七福神巡り、散歩でも小一時間程で歩けてしまう程の
お手軽七福神です。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで巡る七福神詣で 羽田七福いなりめぐり

いつも行く穴守稲荷神社から始まる七福神巡りがある事を、つい
最近まで知りませんでした。
知ってしまった以上、七福神詣でに行かない訳にはいきません。
なので、早速お参ります。
ちなみにこちらがそのコースです。

が、その前に・・・
以前から気になっていた、穴守稲荷駅近くのラーメン屋さんへと
行ってみます。

あっさりした貝のだしが効いた、薄口の醤油味のスープです。麺
の太さも硬さも亀好みです。またここのカレーライスは、蕎麦屋
さんのカレーライスのように、だしが効いた懐かしい味。
初めて頂きましたが、一度ですっかり気に入りました。

羽田七福いなり
で、穴守稲荷神社。

羽田七福いなり
そして次が、少し走って弁天橋近くの白魚稲荷神社。
ここも以前、稲荷詣でで来た事があります。

羽田七福いなり
次は、多摩川の畔にある玉川弁財天。
この道はよく走るのですが、今まで全く気が付きませんでした。
ところで、この玉川弁天神社は、別格となっています。なので、
ここの七福いなり詣では八ヶ所巡る事となります。

羽田七福いなり
さて次は、鴎稲荷神社。

羽田七福いなり
分かり辛い所にありましたが、この前の道が羽田道といい、江戸
時代の東海道からの別れ道だったそうです。
先程の玉川弁天にお参りする人や、羽田で捕れた魚介類を江戸に
運んだ道だったそうです。

羽田七福いなり
猫が戯れています。

羽田七福いなり
さて、また走って産業道路を越えて来たのが、高山稲荷神社。
ここは天祖神社の境内にあります。

ところで、ここまで来て何となく解ってきたのですが、ここは、
七福神を祀っているのでは無く、七つの稲荷を巡る七福稲荷詣で
のようです。七福神に引っかけた便乗詣で、これを考案した人は
賢いなぁ~と感じ入る亀でした。

羽田七福いなり
さあ次は少し走って重幸稲荷神社。

ちなみに、「羽田七福いなりめぐり」は元旦午前9時から5日の
午後3時迄だそうです。

ところでこの稲荷で写真を撮っていると、亀のランドナーに興味
を持った方から声を掛けられます。亀より少し上の世代のようで、
お話しを伺うと、トーエーのランドナーが1台と、もう1台別の
ランドナーを持たれていて、ロードバイクも日本製をお持ちとの
事、ヴィンテージバイクのコンポーネンツの話で、すっかり盛り
上がってしまいました。
街走りのご利益ポタでは時々、こんな出会いがあるので楽しく
なります。

羽田七福いなり
次は、妙法稲荷神社。
ここも分かり辛い場所にあります。
さあこれで七つの神社を廻りましたが、あと一社残っています。
先程巡った弁財天は別格なんだそう・・・
なので、最後の東宮守稲荷神社に向かいます。

羽田七福いなり
で、最後の東宮守稲荷神社に到着します。
ここも、萩中神社という大きな神社の中に稲荷社があり、それが
東宮守稲荷神社となります。

さあこれで「羽田七福いなりめぐり」終了です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで巡る七福神詣で 池上七福神

今年は、近くの七福神巡りであちこち走っています。
街走りの軽いポタで、今まで知らなかった身近の場所を訪れて、
初めて知る感動を味わいながら、さらに御利益に預かれる大変に
お得なレジャーです。室町時代より始まったこのお手軽レジャー
をランドナーで堪能しています。
で、ここの池上七福神、その殆どが池上本門寺の別当で構成され
ています。なので、狭いエリアにかたまってあるのでランドナー
でなくとも自身の足で歩く散策でも、難なく廻れるお手軽七福神
といえます。
さて、ではまたランドナーで巡ってみます。
巡るルートはこちらをご覧下さい。

池上七福神
最初は二番の微妙寺の毘沙門天。
面白い名前のお寺ですが、この微妙という言葉は元々仏教用語。
ここ毘沙門天を祀るお堂は、コンクリート造りのしっかりとした
建物です。

池上七福神
さて、次は一番の曹禅寺の布袋尊。
ここは、大きな本堂のあるお寺です。

池上七福神
ペットの霊堂もあります。

池上七福神
次は、戻って三番の大黒天を祀る馬頭観音堂。
池上警察署の裏にある、つい見落としてしまいそうな分かり辛い
小さな入口のお堂です。

池上七福神
次は、池上本門寺の方に向かって進みます。
そして、呑川の畔にあるのが、七番の養源寺の恵比寿様。

池上七福神
さらに、呑川沿いを進んで六番の照栄院妙見寺の樹老人。
ここは、寿老人と書かずに樹老人と書きます。本堂の脇の石段を
登った先にお堂があります。

池上七福神
さあ、次は黒塗の門のある五番の本成院の福禄寿。
早くも梅が咲いています。
正面には池上本門寺の仁王門があります。

池上七福神
そして、最後となる四番の巌定院の弁財天。

こじんまりとした地域に点在するこの池上七福神、軽い散歩感覚
で楽しめます。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

なんちゃってゼウスでも初ラン

一応完成した「なんちゃってゼウス」でも初ランです。

ステッカーを貼って頂くのに預けておいた「コルサコルサ」へと    
電車に乗って伺いました。我が家から南武線に乗って武蔵小杉駅
で東横線に乗り換え、「コルサコルサ」がある祐天寺駅までドア
トゥドアで一時間係らずに行けちゃいます。
近いね!

で、「コルサコルサ」から「なんちゃってゼウス」に乗って帰る
のですが、そのまま真っ直ぐに我が家へ帰るのも、面白味が無い
ので多摩川に出てサイクリングロードを走ろうと考えます。
さらに、そのまま真っ直ぐに多摩川に出るのも、面白味が無いの
で、ぶらぶらと淡島通りを走って、仙川方面を目指します。

普段、こちら方面や多摩川を走る際には、必ずと言っても間違え
が無い程、深大寺の近くのお蕎麦屋さんへと立ち寄るのですが、
今回は、別のお店に立ち寄ります。

ゼウス 初ラン
それは、「武蔵野うどん」。
小麦の全粒粉で捏ねる噛み応えのある太めの麺、香りも味も楽し
めるうどんです。
そのうどんの名店が有るとの事で、頂きました。

ゼウス 初ラン
さて、砧から多摩川に出てサイクリングロードを走ります。
天気予報通りに風花が舞い、冷たい空気を身体いっぱいに浴び、
多摩川を下ります。
寒いけれども、心地良い走りです。

ゼウス 初ラン
雪がちらついても、何はともあれテニス。
雪がちらついても、何はともあれサイクリング。

これで一応完成した「なんちゃってゼウス」初ラン、終了です。
おしまい。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

目黒 味のある自転車屋さん ヴィンテージバイクショップ  コルサコルサ

コルサコルサ
ヴィンテージバイクによるライドイベントを主催している都内の
自転車屋さんです。
亀の「なんちゃってゼウス」のステッカーも、こちらでお世話に
なりました。

ゼウス コルサコルサ
このお店、価値あるイタリアを中心とした ヴィンテージロード
バイクの販売とメンテナンスを行っている貴重なお店です。亀も
大した事はないですが、ヴィンテージ物のロードバイクを3台程
所有しているので、「なんちゃってゼウス」のステッカー作りの
時のように、昔のロードバイクのステッカーを、忠実に再現して
頂いたり、困った時の相談に乗って頂いたり、ビンテージライド    
のイベントに参加させて頂いたりと、色々お世話になっています。

コルサコルサ
店内には、よだれが出そうな整備されたロードバイクが、所狭し
と置かれていて、いつまで居ても飽きないお店です。

コルサコルサ
亀のと同じ色のコルナゴマスター、でもこちらは初期バージョン。
こちらの方が値打ち物&綺麗。

「ビンテージバイクショップ CorsaCorsa」
10:00~18:00 月火定休
東京都目黒区五本木2-14-10
03-6914-7070





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

一応完成 なんちゃってゼウス

シール
コンポーネンツは今は亡きゼウス製ではありますが、フレーム
はゼウスと同じスペイン製の1960年代物とまでは判明して
はいるものの、何処で製作されたのかよく判らないこのロード
バイク「なんちゃってゼウス」。どうせ何処製か判らないので
あればコンポーネンツがゼウスなので、いっその事、ゼウスの
ステッカーを作って、このロードバイクに貼っちゃいましょう
という事で、その準備をしていましたが、昨年暮れにようやく
ステッカーも出来上がり、年末から年明けに掛けて貼り付けて
もらい、「なんちゃってゼウス」が一応完成致しました。

ゼウス コルサコルサ

ゼウス コルサコルサ
ステッカーを製作して頂いて、綺麗に貼り付けて頂いたのが、
ヴィンテージバイクを扱う目黒の自転車屋「コルサコルサ」。
ヴィンテージライドも主催されているこのお店、そのライドに
参加させて頂いたご縁で、今回お願いしてみました。

「コルサコルサ」にお願いしたのは、何処製のロードバイクか
判らなかった時に色々と親身になって教えて致いた事、また、
ステッカーを作る際に、その時代のゼウスのロゴを考証して、
忠実に再現して頂いた事です。
もちろん、オーダーメイドでロードバイクのステッカーを製作
してくれる自転車屋さんは、他には早々無いですし、何よりも、
ヴィンテージバイクを扱う「コルサコルサ」にお願いすれば、
まず間違えは無いだろうとの思いでした。そして、さらには、
「コルサコルサ」のお墨付きを頂ければ、この「なんちゃって
ゼウス」の価値が上げる事にも繋がります。

シール
この年代にしか使用されなかったデザインのヘッドマーク。

シール
元々貼ってあったラルカンシェルも再現して頂きました。
オリジナルは 1959 とあったのですが、こちらはそれは無し、
まあ~いいや。

シール
洒落ついでに付けて頂いたレイノルズのシール。

さあ、これで次のヴィンテージライドに参加してみましょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで巡る七福神詣で 鶴見七福神

今年は、都内の七福神をいくつか巡りましたが、地元の七福神
はまだお参りをしていません。出来れば、松の内にはお参りを
済ませておきたいところであります。
なので雨の降る成人式がある1月9日、お天気の様子を伺って
いると、どうやら午後には、青空が見え始めて来ました。これ
なら七福神巡りが出来そうです。
いそいそと準備をして、ランドナーで走り始めます。

今回はいつものルートとは逆に走ります。所謂、逆打ちという
お参りの仕方です。尤も、七福神巡りには、特にお参りをする
順番は無いんですけどね。
コースはこちらをご覧下さい。

鶴見七福神
で、最初にお参りするのは、鶴見駅前にある総持寺の大黒天。
雨上がりの石畳が綺麗です。

鶴見七福神
次は、総持寺の脇にある東福寺の毘沙門天。
ちょっとした坂の上にあるお寺です。高台の上にあるこのお寺、
昔はここから江戸の海が見渡せたんでしょうね。

鶴見七福神
さて、次は少し走って松陰寺の布袋尊。
年に一回位しか来ないので、またまた道を間違えて、上らなく
てもよい坂を上り、また下って松陰寺に到着します。

鶴見七福神
ここからまた戻って、生麦駅前にある安養寺の弁財天。
いつもと逆のコースなので、ついつい走りすぎてしまい戻って
お寺に到着です。
お天気が持ち直したせいか、この辺りから、七福神巡りをする
グループの方々が多くなってきました。

鶴見七福神
さて、ここから旧東海道を鶴見駅方面に向かって走り、正泉寺
の恵比寿様。
このお寺、入口が大変判り辛いのですが、今日は七福神の幟が
立っているので大変判かり易く、通り過ぎる事無く到着する事
が出来ました。

このまま、旧東海道を進みます。
この辺りは、我が家から最も近い昔の風情を残す街道の宿場町
です。市場駅周辺には魚さんが軒を並べていて、その風情と、
賑わいが、在りし日の東海道の賑わいを感じさせてくれます。

鶴見七福神
そして、鶴見駅前を過ぎて見えて来るのは、鶴見神社。
ここは、寿老人を祀っています。

鶴見七福神
ここから、鶴見川を渡って最後の七福神、熊野神社の福禄寿。

ここ鶴見の七福神、先日巡った「江戸最初山手七福神」と同じ
ように、あまり距離が離れてはおらず、ゆっくりと歩いて巡る
にも楽なコース、ここをランドナーで走ると2時間程で廻れて
しまうお手軽な七福神巡りです。
雨上がりの午後の一刻、のんびりとランドナーで走って江戸の
風情を堪能する事が出来ました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザでも初ラン 鶴見川

さて、今年になって、まだデローザでは走っていませんでした。
と、いう事で鶴見川沿いをデローザでも初ランします。

まず向かうは獅子ヶ谷。環状2号線を進み、三ツ池公園近くの
丘を越えて走ります。ここ数ヶ月の間、獅子ヶ谷を訪れた事が
無かったので、久しぶりとなります。

デローザ 初ラン
霜が降りた畑、栽培しているのはカリフラワーです。

デローザ 初ラン
そして、朝日に照らされた横溝屋敷。

ここから新横浜に向かってさらに環状2号線を進みます。
そして、新横浜から亀甲橋を渡り、鶴見川沿いの道を進みます。
この亀甲橋を渡った橋のたもとでは、以前よりずっと道路工事
が行われています。それは第三京浜から首都高横羽線に抜ける、
「首都高速横浜環状北線」を作る工事なのですが、どうやら、
今年の3月にその工事が完了して、開通すると看板に書かれて
いました。
この「首都高速横浜環状北線」、ゆくゆくは東名高速道路とも
繋がるとの事で、そうなったら、亀の自宅から東名高速道路へ
のアクセスはかなり良くなるので、楽しみです。
でもまあ、今、自家用車は無いんですけどね・・・

デローザ 初ラン
その亀甲橋を渡って、鶴見川の土手の上の道を進みます。

デローザ 初ラン
広々とした鶴見川の土手上の道を走ります。

寒いながらも風は無く、日差しが心地良いデローザでの初ラン
でした。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランドナーで巡る七福神詣で 港七福神

さあ次に巡るは、東京の真ん中、港区にある「港七福神」。
ベタな名前ではありますが、お洒落な街に点在する七福神です。      

ルートガイドはこちらをご覧下さい。

最初は、東京タワー近くの宝珠院に向かいます。

港七福神
いつもの撮影ポイント。
昼間の東京タワーを撮すのは珍しい事です。

港七福神
そして、宝珠院。ここは弁財天を祀っています。

港七福神
脇にあるのは弁天池。

港七福神
東京タワーが間近に見えます。

港七福神
次は、熊野神社の恵比寿様。東京タワーの脇の坂を上って、
下って、また上って下って到着です。
ショートカットしようと「うかい亭」の脇の坂を上がったら、
またすぐに下って東京タワーを越える道に突き当たりました。
余計な山上りをしてしまったようです。
この港七福神、東京の小山を上ったり下ったりの道中のよう
です。

港七福神
さて、次は飯倉片町の坂を上って、今度は溜池に向かう坂を
下りて、久国神社。ここは布袋尊を祀っています。
この辺りは神社仏閣が多い所、寺町の風情を残しています。

港七福神
さあ次は、天祖神社の福禄寿。
また、坂を上って、ミッドタウンの斜め前の道を下った大きな
ビルの脇にありました。

港七福神
さて、次は六本木ヒルズの脇を曲がって櫻田神社。
ここは寿老人を祀っています。
この辺りは小洒落た街の雰囲気が漂いますが、案外とお寺が
多く点在しています。江戸の古さと東京の新しさが混在して
います。

港七福神
さて、次は毘沙門天の氷川神社。
麻布の尾根道を進むとアルゼンチン大使館の前にありました。
この辺り、大使館が沢山在り、警備のお巡りさんが沢山います。

港七福神
さて、この道をまっすぐに進んで大法寺の大黒天。
坂を下った所にあります。

さあ、これで七福神を廻りましたが、ここ「港七福神」はもう
一ヶ所巡る神社があります。それは、宝船のある十番稲荷。

港七福神
ここを最後にお参りします。

港七福神
さて、これで「港七福神」巡りも終了となりました。で、折角
来たので、麻布十番名物「浪花屋」のたい焼きを買って帰ろう
とします。でも、たい焼きは1時間半待ち。
なので、こし餡を買ってわが家で正月のお餅を絡めて頂きます。

今年は東京七福神、三つも廻ったので、御利益十二分でしょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
そろそろ、リタイア後の時間を
いかに有意義に過ごすか?
考えてみる事にしました。
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR