雨の広島観光

広島
今日は、広島まで走るつもりでしたが、昼から雨との事なので、
輪行で尾道駅から広島まで向かいます。
宿の目の前の渡船で尾道まで渡ります。昨日の渡船より運河分の
距離が短いので、運賃は60円と、昨日の渡船より40円安くなって
います。ちなみに自転車運賃は10円と同じ。

今日は平日なので、自転車通学の学生が沢山乗っています。
尾道側から乗ってくる学生もいるので、この向島にも学校はある
ようです。

広島
尾道駅で、輪行仕立てにして広島駅まで向かいます。

広島
親切な駅です。

広島
やがて電車がやってきます。
これで、広島まで向かいます。

広島
広島に着いてデローザを組んでいると、クロスバイクを輪行して
いた外国人から声を掛けられます。
お話を伺うとロンドンから来た御夫婦で、北海道から3ヶ月掛け、
自転車で日本中を回っているそうです。
こちらのデローザが珍しいのか、さかんに亀のデローザの写真を
撮っていました。

広島
ホテルまでデローザで小雨の中を進み、ホテルにデローザを置き、
宮島に向かいます。

広島
さすがにサイクリストの聖地、しまなみ海道を持つ広島県です。
ホテルでは、何の抵抗も無く、部屋に自転車を持ち込めます。
これは、三原のホテルでも同様です。他の地域のホテルでは有り
得ない事です。
広島県は、サイクリストにとって天国のような県です。

さて、市電とJRを乗り継ぎ、宮島口駅まで向かい、フェリーに
乗って宮島へと渡ります。

広島

広島
雨の宮島。
外国人率高いです。

広島
雨に浮かぶ大鳥居。

広島
能が行われています。

広島
結婚式も行われています。
宮島、春の催物目白押しです。

広島

広島
古民家をリニューアルしたカフェ。
ここで、一休み。

広島駅に戻ります。
電車が来ると脇から割り込んだおばさんが四人掛けの席を陣取り、
外国人のおばさん達をここに座りなさいと手招きします。
少しムカッとした亀は、外国人のふりをして、「Excuse me」と
言って四人掛けの席に座ります。
外国人に親切にしているつもりなのでしょうが、単に自分が英語
で喋りたいだけに思えます。話を聞いていると、あちこち海外へ
旅行に行ったようで、あそこはよかったとか話しています。

こういうのを厚かましいっていうんでしょうね。
もっとも、そんな席に座る亀も相当厚かましいと言えますが・・・ 

さあ、明日は晴れて欲しいものです。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 「グラン・ツールせとうち」

グラン・ツールせとうち
さて、今日は「グラン・ツールせとうち」の当日です。
三原のホテルを午前5時に出発します。

昨夜の雨も上がり、路面は濡れてはいますが、水溜まりはところ
どころ、何とか濡れずに走れます。また、今日は風も無いせいか、
余裕を持って出発したものの「グラン・ツールせとうち」の出発
地点となる、向島に渡る渡船の始発まで40分も早く着いてしまい
ました。昨日の風は何だったんでしょうね。

さあ、渡船を待っていると、段々と「グラン・ツールせとうち」
に参加する方々がやってきます。中には、ランドナーで参加する
若い方もいらっしゃいます。
亀も東海道をランドナーで、京都まで走ったので、長距離をラン
ドナーで走る方には親近感を覚えます。なので、ご挨拶をして、
渡船が来るまでの間、暫しお話をします。
伺うと、昨日広島空港まで飛行機で来て、この「グラン・ツール
せとうち」の140kmコースを走るとの事、ランドナーでその距離
を走るなんて凄いですね。

やがて渡船はやって来て、向島に渡ります。乗り切れない程混雑
するかと思っていたら、それ程でも無く、無事向島に渡れました。

グラン・ツールせとうち
スタートの会場に到着すると、既に40台程の、ロードバイクが
集まっています。皆、カーボンやアルミのバイクばかり。鉄製の
バイクはいないかと辺りを見て見ると、すぐ後ろに亀と同じ鉄製
のクロモリのロードバイクで参加されている、亀と同年代の方が
いらっしゃいました。

グラン・ツールせとうち
お話を伺うと大阪の方で、地元では、ツーリングクラブの部長を
されているとの事、亀のように40年以上ブランクがある自転車
乗りでは無く、ずっと続けられている現役の方でした。

グラン・ツールせとうち
さあ、続々と人は集まってきます。
中には、小学生もいます。140kmを走るようです。凄いね。

グラン・ツールせとうち
で、午前7時30分少し前にスタートします。
朝一番に来たおかげで第一グループで出発する事が出来ました。
坂を下り海沿いを走って進ます。

グラン・ツールせとうち
昨日の雨のせいか、辺りは濃霧、まったく見えません。

さて、暫し走って最初の橋、因島大橋を渡ります。
橋の高さは60m、結構な高さですが、緩い傾斜の坂道を上るので、
それ程大変ではありません。

グラン・ツールせとうち
そして、橋の上は濃霧。
高所恐怖症の亀にとっては幸いです。また、午後には霧は晴れる
でしょうから、違うふたつの気色を楽しむ事が出来ます。

因島に渡って最初のエイドステーション、万田酵素の工場に到着
します。万田酵素は、この「グラン・ツールせとうち」のメイン
スポンサー、こんな瀬戸内の島に工場があるなんて、なかなかの
会社です。

グラン・ツールせとうち
先頭集団が早く就きすぎたので、出発時間まで暫し待機です。
奇しくも、亀も入れて三台のデローサが並んで発走待ちです。

規定時間内に走りきれるか心配だった亀は、先頭集団で走る事が
出来ましたが、その走るスピードは普段と同じペースです。
この分では、どうやら規定時間内に走れそうです。

グラン・ツールせとうち
霧の中からぼんやりと生口橋が見えてきます。

グラン・ツールせとうち
上に上がってくると、橋の下には雲海のような霧。

グラン・ツールせとうち
生口橋を渡ります。

グラン・ツールせとうち
生口橋を渡り、生口島を走ります。
霧はまだ残っていますが、上空には真っ青な青空が続きます。
何人かの集団が亀を追い抜いていきます。先を走るのは、先程の
小学生です。凄いね~。

グラン・ツールせとうち
薄く霧が残った多々羅大橋が見えてきます。

グラン・ツールせとうち
高い橋脚です。

グラン・ツールせとうち
多々羅大橋を渡り、大三島のエイドステーション、JAしまなみ
選果場に到着します。
ここで頂いたのが、鯛のそぼろ寿司。そぼろの甘さが体に嬉しい。

さて、第三島橋を渡って、伯方島に渡ります。

グラン・ツールせとうち
そして四つめのエイドステーション、伯方S・Cパークにと到着
します。素晴らしい景観が望める公園で、暫しの休憩です。

グラン・ツールせとうち
ここでは、バナナ、ひじきのおにぎり、きなこ餅を頂きます。
で、ここの補給食で、一番美味しかったのが、写真には写っては
いませんが、レモンジュレ。
体がクエン酸を欲しているのでしょう。

グラン・ツールせとうち
この辺りまで来ると、後から出発したロードバイクの集団にどん
どんと抜かれて行きます。皆、トレインを組んで走って行きます。
普段、集団で走る仲間の方々と一緒に参加させているのでしょう。

グラン・ツールせとうち
伯方・大島大橋を渡り、大島を走って、来島海峡大橋を渡ります。
ここは本日の最高地点で海抜80m弱、また橋も長く、走っている
と少し飽きてきます。

グラン・ツールせとうち
そして今治市に入り、折返し地点の糸島公園エイドステーション
に到着します。

グラン・ツールせとうち
ここでは、おでんが振る舞われます。
桜の下、持参したおにぎりと伯方S・Cパークで頂いたひじきの
おにぎりでお昼ごはんにします。

グラン・ツールせとうち
ここからは来島海峡大橋が見渡せます。今朝の濃霧はどうしたん
だろうと思うような晴天、また今日は風も無く、気持ちよく走り
やすい天気です。
おかげで順調なペースで折り返し地点までやって来ました。

復路は少しゆったりペースで走るとして、ここを午前11時半に
出発します。

グラン・ツールせとうち
復路のエイドステーション、伯方S・Cパークで見つけた、本日
一番の強者、キャンピング。
お話を伺うと、受けを狙ってキャンピングで参加されたとの事。
カーボンバイクの脇をこのキャンピングが、すいすいと追抜いて
いくと、カーボンバイクに乗った人がギョッと驚く顔を見るのが
最高に楽しいんだそうです。

グラン・ツールせとうち
島の間を走っていると、時々、歩いている方とすれ違います。
若い女性や、若く無い女性とすれ違うと、皆、柑橘系の良い香り
がします。ここは柑橘系の天国、毎日、柑橘系の果物を口にして
いると、自然と体から、柑橘系の良い香りがするようになるので
しょうか?
もし、そうなら、おっさんも柑橘系の良いががするはずです。
これは、是非とも確認をしてみたかったのですが、残念ながら、
おっさんとすれ違う事はありませんでした。

グラン・ツールせとうち
大三島を走り生口島まで戻って来ると、110kmコースの方々と、
一緒に走るようになります。
そして、行きは通らなかった生口島の北側を走って瀬戸田高校の
エイドステーションに到着します。

グラン・ツールせとうち
ここでは野菜たっぷりの豚汁を頂きます。また、色々な柑橘類も
頂きます。

グラン・ツールせとうち
で、登場したのがレモン娘。
ここは、瀬戸田高校なので高校生と思いきや中学生。
なんとか踊りの大会があるので、その踊りもご披露します。
皆、底抜けに明るい照れも無いアイドルのような女の子達でした。

グラン・ツールせとうち
橋まで上がる道はこんな緩やかな上りが続きます。

さあ、最後の因島を渡ってスタート会場目指して走ります。
最後の登り坂は、今まで緩い坂ばかりだったのと、走り通した疲れ
が溜まった足には、ちと辛い坂道です。
が、ここを上りきるとゴールなので、気合いを入れて走ります。

グラン・ツールせとうち
で、午後3時40分にスタートのゲートに戻って来ました。

走る前は規定時間内に走りきれるか心配でしたが、案外、余裕を
持って走りきる事がで出来ました。この分では、来年は行きたい
「ホノルルセンチュリーライド」も無事走る事が出来そうです。

グラン・ツールせとうち

グラン・ツールせとうち

グラン・ツールせとうち




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 福山-三原

「グラン・ツールせとうち」走ってきました。
その時の様子をブログアップいたします。

でもその前に・・・
「グラン・ツールせとうち」を走るには、前日に事前登録が必要
となります。その為に、「グラン・ツールせとうち」開催前日の
土曜日に尾道に向かいます。事前登録だけの為に、尾道に行くの
もつまらないので、早めに出掛けて福山駅まで新幹線で向かい、
鞆の浦を走って、事前登録会場まで向かう事とします。


福山-三原
で、福山まで輪行。

福山-三原

福山-三原
福山駅に着き、ロードバイクを組み立てます。
今回はピンクのデローザで走ります。どうも100km以上走るのは、
このデローザが疲れなくて良いようです。
また、このピンクのデローザ、イベント当日は目立つ事でしょう。

福山-三原
組み立てて、福山駅前の福山城で記念撮影。

福山-三原
さて、鞆の浦に行く前に「自動車時計記念館」に行って見ます。
ここは凄い施設です。
いきなり、南極観測隊の雪上車が置いてあります。
この施設にある物は、全て個人のコレクターが集めたものだそう
です。

福山-三原
ジェームスディーンとプレスリーの蝋人形がいます。
すでに「自動車時計記念館」の枠を越えています。

福山-三原

福山-三原

福山-三原
フォードやダットサンの昔の自動車。

福山-三原

福山-三原

福山-三原
日産ではなく、ダットサンのフェアレディ。

福山-三原
そのコックピット。

福山-三原
ブガッティ。

福山-三原
ベンツ。

福山-三原
ロータス?

すんごい自動車が展示されています。
これ、エンジンが掛かり、走る事が出来るんだそうです。

福山-三原
そして、自転車も・・・

福山-三原
もちろんオートバイも・・・

福山-三原
で、何故かセスナ機。

福山-三原
そして、馬車。

福山-三原
さらに木馬も・・・
でもこれ、本当の馬の剥製みたいです。

福山-三原
ここには、懐かしい日本の自動車が展示されています。

福山-三原
綺麗な塗装のダットサン。

福山-三原
広島を走っていた三輪タクシー。

photo_derosa_fukuyama_mukoujima_25_2017_0415.jpg
三輪のポンプ車。

福山-三原
懐かしのミゼット。

福山-三原
そして、時計の数々。

福山-三原
和時計も沢山あります。

福山-三原
で、何故かコンロ。

福山-三原
ストーブ。

福山-三原
ブラウン管型テレビ。

福山-三原
ランタン。

福山-三原
蒸気機関車の模型も・・・

福山-三原
鉄砲もあります。
本物の鉄砲って個人が収集しても罪にならないのでしょうか?

福山-三原
さらに大砲。
さすがにこれは、ミニチュアですが・・・

福山-三原
さらに、戦後の家電製品がずらりと並んでいます。
亀は昔、愛知万博の仕事をしていた際に、戦後の家電製品を展示
するのに、その家電製品を探していた方と、一緒に仕事をした事
がありましたが、その方、ここから多くの展示品を借りたのかも
知れません。

福山-三原

福山-三原

福山-三原

福山-三原
さらに、ここには、こんな超レアな雑誌が置いてあります。
「高速有鉛」いいタイトルですね。
こんな雑誌、見た事ありません。

福山-三原
そしてこれがミュージアムグッツのエコバック。。
亀は思わず買ってしまいました。

福山-三原
ボンネットバスの試乗もあるそうです。

福山-三原
で、「自動車時計博物館」を後にして、鞆の浦に向かいます。

福山-三原
瀬戸内の島々が見えます。

福山-三原
鞆の浦です。

福山-三原
風情有る街並み。

福山-三原
面白い形の信号です。

福山-三原
海沿いの坂道を上がると瀬戸内海が見渡せます。

福山-三原
そして、島並み。

福山-三原
さて、道は上り坂となり、山へと向かっていきます。

で、下って川沿いを走ります。
でも、この景色見覚えがあります。
先程通った、川沿いの道です。
半島沿いを走ったつもりでしたが、いつの間にか山を越え、また
元の川沿いに戻ってきてしまいました。

気を取り直して、尾道駅前の登録会場を目指して進みます。

福山-三原
桜がまだ咲いていました。

さて、今日は風が強くおまけに向風、ギアをふたつ落とします。
それでもなかなか前に進まず、心拍数が上がります。
風のせいだけで、なかなか前に進まないのも少し変だなぁ~と、
尾道の近くまで来てから、輪行の際に着け直した前輪を見ると、
前輪のリムにブレーキパッドに当たっていて、手で前輪を回すと、
5回転位で止まってしまいます。

これでは、向風が収まっても前には進みません。
今日に気がついてよかったです。

福山-三原
さらに走り、登録場所に到着します。

福山-三原
沢山自転車が有りますが、皆、カーボンかアルミ、スチールは、
見掛けません。

会場には、尾道ラーメンの有名店「東珍康」の屋台があります。

福山-三原
登録を済ませてから、尾道名物のラーメンを頂きます。

さてこれからは、一応、明日集合会場となる公園に向かいます。

福山-三原
この渡船に乗ります。

福山-三原
しまなみサイクリングコースの概要が、大きなパネルで紹介され
ていました。

福山-三原
船がやってきます。

福山-三原
渡船に乗り、向島に向かいます。

福山-三原
ここが集合会場の「尾道市向島運動公園」になります。
この集合会場に到着する直前に、雷が鳴り俄か雨となります。
雨宿りをする為に、東屋に行くと先客がいました。挨拶をすると、
亀と同じ140kmを走る方、下関と広島から来られた方だそうです。
雨が上がる間暫しお話をし、雨が上がったので、亀は一足お先に
失礼します。明日、またお会い出来ればと思います。

福山-三原
さて、本日の宿は向島に取れなかったので三原まで走ります。

福山-三原
瀬戸内の島々が見渡せます。

福山-三原
ここの側道は広くて、自転車で走る人にとっては嬉しい道です。

福山-三原
三原駅に着きました。

福山-三原
宿に着いて、参加証の確認です。
上から、背中に付けるゼッケン、その下が簡易マップ、その脇が
ヘルメットに付けるワッペン、その下がスタート票、これで当日
出走したかどうかを確認するんだそうです。
そして、一番右のピンクのリボンは地元の学生が一人一人手書き
した応援のリボン、これを自転車に付ける事で、イベント参加者
か、一般のサイクリストかを判別するんだそうです。

さあ、明日が楽しみです。

福山-三原

福山-三原

福山-三原




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トーキョー 拉麺屋さん巡り らぁめんかすが

らーめんかすが
以前、仕事場が近くにあり、お昼御飯を食べによく行きました。
亀のお気に入りは、とんこく味噌味に味玉。これランチタイムで
食べると、セットで餃子3個と小ライスというのがあり、お腹が
いっぱいになるので、サイクリングの際は要注意です。

らーめんかすが
昔は、「珍 珍 珍」という名前だったので、亀の好きな鶴見三大
ラーメンのひとつ、サンチンと同じ系列だったようですが、ある
日、「らぁめんかすが」となっていました。独立したんでしょう
でしょうか?店構えと店主は変わっていません。

ここも「珍 珍 珍」と同じく、江戸ダシとトンコク味があって、
選べるようですが、江戸ダシを選ぶ人は皆無、店主から「どちら
の味にしますか?」と聞かれた事は一度もありません。

桜の綺麗な頃、浅草から上野に抜けて、不忍池をぐるりと廻り、
本郷の東京大学の脇の坂を上って下りて、桜を堪能した後で、
立ち寄るには最高のロケーションにあるお店ですが、平日しか
やっていません。あしからず。

「らぁめんかすが」
11:30~15:00 18:00~25:30 土日祝休
東京都文京区本郷4-25-11



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

東丹沢 オーダーメイドの自転車屋さん 山音製輪所

山音製作所
ハンドメイドバイシクル展で、出展されるのを見て、気になって
いた自転車屋さん。クロモリフレームのバイクをオーダーメイドで
造ってくれるお店。ご主人はトーエーで修行された方だそうです。

フレームのオーダーはもちろん、修理や再溶接に再塗装、バッグ
やリフレクターなどの自転車小物の製作も行っている小さな工房
です。また、ここはフレームだけで無く、パーツやバックなども
製作して販売されているお店、亀もフレームをオーダーするまで
はいきませんでしたが、オーダーで世界にひとつしか無い、亀の
ランドナーに取付けるレフレクターを造って頂きました。

レフレクター
これがそれ。

山音製作所
今回訪れた際に、偶然お店にいらっしゃったお客さんが亀のデロ
ーザとほぼ同じコンポーネンツの仕様だったので、ちょっと話込
んでしまいました。その方は千葉にお住まいで、自動車で2台の
バイクを持ち込んでいらっしゃたようです。

山音製作所
亀のデローザと同じカンパニョーロヌーボレコードのクランク。

山音製作所
亀の仕様と違うのは、こちらはスーパーレコード旧タイプ。
亀はヌーボレコード、こちらは、スーパーレコード初期版です。
うう~ん亀も欲しい。ああ羨ましい。

リフレクターを付け終えて、亀が帰る際にも新たなお客さんが、
来店されていました。やはり行列の出来る自転車屋さんは、ラー
メン屋さん同様、人気が有り繁盛しています。

ご主人はまだ若い方なので、これからもスチールフレームの製作
を後々に継承して頂ける貴重なお店です。
今回、亀はリフレクターを製作して頂きましたが、いつかはここ
でシートステイ一本巻きで、肩ラグのフロントフォーク仕様の、
自転車をオーダー出来たら良いなぁ~と思っています。

「山音製輪所」
10:00~20:00 無休
神奈川県厚木市飯山3049-5
070-5568-688



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

鶴見川 行列の出来る自転車屋さん ○○

旧綱島街道
とあるきっかけで、お世話になっている自転車屋さんです。
そのきっかけは「ご難続き」「災難転じて福と成す」をご覧下さい。

この自転車屋さん、いつ行ってもお客さんがいます。
まあ、親切で頼りがいがあるんでしょうね。亀も毎回色々無茶な   
相談ばかりお願いしていますが、嫌な顔せずに相談に乗って頂い
ております。

亀のブログを見て、この自転車屋さんを紹介して欲しいという方
が何人かいらっしゃったので、個別にはご紹介をしていますが、
先日、この自転車屋さんに伺ったら、亀のブログを見てご自身で、
このお店を探し出して、スポルティーフをお買いあげになった、
お客様がいらっしゃったそうです。
亀も普段は、このお店に無茶な相談ばかりしていますが、少しは
お店に貢献しているようです。

ちなみにこのお店の詳細は内緒です。
お店のご主人に、ブログで詳しくご紹介をしてもよいですか?と、
伺ったところ、はにかみながら、勘弁して下さいとの事でした。
亀も実は詳細は内緒にしたいので、良かったと内心安堵しました。
これ以上有名になったら、亀がお店に行く度に毎回、行列が出来
ていると困ってしまいます。

なので、お店の名前・営業時間・住所・電話番号は内緒です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

桜満開 獅子ヶ谷横溝屋敷

さて、三ツ池公園を後にして坂を上がり、また下って獅子ヶ谷の
横溝屋敷へと向かいます。

獅子ヶ谷の桜
こちらも桜は満開です。

獅子ヶ谷の桜
菜花も咲いて綺麗です。

獅子ヶ谷の桜

獅子ヶ谷の桜
チューリップも咲いています。

横浜の住宅街の真ん中にぽつんと残る、里山と懐かしい田舎の家
のような佇まいを見せる獅子ヶ谷、季節の変わり目に訪れると、
その時その時の表情を見せてくれる、心休まる場所です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

桜満開 三ツ池公園

三ツ池公園の桜
ようやく桜が満開となり、その桜も散り始めてきました。
残りわずかな桜の季節を堪能しようとデローザで走ります。

まず向かうは、三ツ池公園。
先日は咲き始めでしたが今日は満開、すでに散ってしまった桜も
ありますが、池の廻りはまだ見事に桜が咲いています。

三ツ池公園の桜
ゼイゼイ坂の上り口にも桜が咲いています。

三ツ池公園の桜
池の周りの彼岸桜。

三ツ池公園の桜
水面に映える染井吉野

三ツ池公園の桜

三ツ池公園の桜
この時期の三ツ池公園は、桜一色に染まります。

折角、デローザで桜を満喫しようと出掛けてきたので、ついでに
獅子ヶ谷の横溝屋敷の桜も、愛でに向かいます。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

桜満開 鶴見川

鶴見川の桜
以前鶴見川の桜を見に来た時は、まだ桜は二分咲き程度でしたが、
今日は、満開から散り始めの桜となっています。

鶴見川の桜
いつもの休憩場所。

鶴見川の桜
この先に桜が咲いています。

鶴見川の桜
散った桜の花びらが絨毯のよう。

鶴見川の桜

鶴見川の桜
短い桜の季節を堪能します。

鶴見川の桜
青空に映える日産スタジアムの近くの桜は、見事に満開です。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

デローザで行く 江川緑道のチューリップ

今年は桜の開花から満開まで、かなりの時間を要していました。
例年では、桜が盛大に散ってしまう頃に、ようやくチューリップ
が咲き始めるのですが、今年はどうやら桜の様子が変です。

街のあちこちの花壇では、もうチューリップが咲き始めています。
中には、大きく花が開いたチューリップも見受けられます。
この週末から来週半ばにかけて、「グラン・ツールせとうち」の
イベントで走り、ついでに周防大島まで瀬戸内海沿いを走る予定
です。なので、その旅行から帰ってきてからチューリップを見に
江川緑道まで行くとすると、毎年見ていたチューリップを見る事
が出来なくなってしまうかも知れません。

なので、また桜は満開ですが、一足早く江川緑道のチューリップ
を愛でにデローザで走ります。この週末から来週にかけての旅行
は、デローザで瀬戸内を走るつもりなので、その最終調整を兼ね
てでもあります。

江川緑道の桜とチューリップ
まだ桜は満開です。

江川緑道の桜とチューリップ
桜と共に愛でるチューリップは、より一層艶やかです。

江川緑道の桜とチューリップ
日差しも射し始めてきました。
太陽の光に映えるチューリップの赤は眩しいくらいです。

江川緑道の桜とチューリップ
地元の方々が、毎年春先に球根を植えているチューリップなんだ
そうです。

江川緑道の桜とチューリップ
今年も見事なチューリップを愛でる事が出来ました。



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

亀次郎 kamejirou 1958

Author:亀次郎 kamejirou 1958
そろそろ、リタイア後の時間を
いかに有意義に過ごすか?
考えてみる事にしました。
考えた末の答え、
それが、昔憧れたランドナーと
ロードバイクによる
「自転車乗り」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR